June 14, 2019

おめでとう レイエンダ

 エプソムカップでレイエンダが優勝しました。

 レースから何日も経ってしまいましたが、やはり重賞勝ちはうれしいものです。

 ここ数戦は、謎の騎乗や、硬い馬場を気にしたなど、なんとももどかしいというか、理解しがたい敗戦が続いていただけに、ここでの変わり身には驚きましたし、うれしさもひとしおです。

 硬すぎない馬場も良かったのでしょうし、チークが効いたというのもあるでしょうし、展開が向いたというのもあるでしょう。

 月並みな言葉になりますが、「すべてが噛み合った」としか言いようがないです。

 逆に何もかも噛み合わなければ、前走や前々走のように大敗もありうるということなんですよね。

 それだけ、競走馬というのは繊細だし、レースというのは、あくまで「競走」であって、1頭で走るタイムアタックではないのだと、あらためて気づかされます。

 レースを見に行くことはできませんでしたが、あの走りができるのであれば、今後また大きなレースでその雄姿を見ることができそうな気がします。

 次は秋のレースになるだろうということですから、さらに飛躍できる秋になればいいなと思います。

 それよりも何よりも、まずは無事にですね。

 関係者の皆様優勝おめでとうございます。そして、ありがとうございます。

 

 

| | Comments (0)

«(有料)2019年度 社台・サンデー・G1 募集時評価