« December 2011 | Main | February 2012 »

January 2012

January 29, 2012

2012/1/29(日)結果

【東京5R芝2000m新馬】

Photo_2

レーゲンスブルク (シンボリクリスエス) 11着
募集時評価 B-D-B-A

一目見て良い馬体をしているなと感じるが、今日はパドックでは歩きが硬く、これでは力が出せないだろうと感じた。レースでは終始後方のままで残念な結果に。騎手も体を使って走れていないと言っているように、本来の動きではなかったということだろう。物見もしていたようだし、一度使って変わってくるはずだ。少なくともパッと見の雰囲気だけなら未勝利の馬でないことは確かだ。次に期待したい。


Photo_3

トレーロマタドール (ハーツクライ) 5着
募集時評価 A-C-C-B

冬毛も出ていたし、胴長で基本的に見栄えはしない馬だった。体もまだ若干緩い感じがした。レースでは先行して折り合うと、直線では一瞬いい脚を見せた。しかし超スローだったこともあり、瞬発力勝負ではさすがにかなわず。それでも最後まで伸びて5着。新馬戦としては上々の内容だろう。まだ身が入っていない印象なので、しっかりしてくれば楽しみがありそうな感じだ。この馬も次は大きく変わる可能性があるだろう。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。


| | Comments (0)

2012/1/28(土)結果

【東京6R芝1400m新馬】

Photo

カフヴァール (デュランダル) 1着
募集時評価 B-C-E-E

スタートを決め、先頭に立つかという勢いだったが控えて内に入れる。4角まで内を回って直線で外目に出す。残り400mくらいからグイグイ伸びて、坂上で突き放して完勝。強い競馬だった。坂路でそこそこ時計を出していたから、それなりにやるだろうとは思っていたが、ここまで良い競馬をするとは予想外だった。素質を感じさせる走りだし、ぜひクラシックに向かって欲しい。この値段の牝馬が新馬勝ちをするというのも夢があっていい。次のレースが非常に楽しみだ。関係者の皆様優勝おめでとうございます。


【京都6Rダ1200m新馬】

ベルラピエル (シンボリクリスエス) 6着
募集時評価 A-D-A-A

若干タイミングが合わず後手を踏んだスタートも、大きくは遅れず。中団につけて4角手前から上がっていこうとするも前とは差は詰まらず。しかし直線ではこの馬なりに伸びていた。まだまだこれからの馬だし、初戦はこれくらいでいいだろう。子供っぽいところが抜け切れていない馬なので、一度使っての変わり身は大いにあると思うし、次で頑張ってほしい。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

| | Comments (0)

January 22, 2012

2012/1/22(日)結果

【中山9R芝1800m若竹賞】

エネアド (ディープインパクト) 2着
募集時評価 C-C-D-C 

慎重に折り合いをつけながら道中は我慢。直線は外目を通って一気に伸びてくるが、坂で脚色が一緒になり、僅差の2着。今日は折り合えただけで収穫と言っていいだろう。今日の不良馬場ではこの馬の持ち味を最大限に発揮することは難しかったと思うし、上々の結果だろう。パンパンの良ならもっと良いレースができたと思う。なんだかこの馬が走る日は天候が荒れることが多い気がするが、そうそう何度も雨も降らないと思うので、次は鋭い末脚を見せて欲しい。こういうタイプの馬は一つのきっかけで急に強くなる場合があるので、常にマークが必要だ。


【小倉5R芝1800m新馬】

ヴァリディオル (Dynaformer) 3着
募集時評価 E-C-E-E

中団を折り合って進み、直線で外に出すと鋭く伸びて3着に突っ込む。綺麗なフットワークをする馬で、軽い馬場のほうが合いそうだ。牝馬らしい良い軽さをもった馬なので、馬場を選ぶとは思うが、未勝利はすぐに勝ち上がるだろう。この馬がいい走りをしてくれたことで、自然と弟に対する期待度が上がる。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

| | Comments (0)

January 21, 2012

2012/1/21(土)結果

【中山6R芝1600m新馬】

アスクマイカクテル (タニノギムレット) 14着
募集時評価 E-F-C-C

今日は物見をしてレースにならず。それでも直線では最後はいい脚を見せていたので、レース慣れすればもっと良いレースができるようになるだろう。ただ、勝ち上がるには少し時間がかかりそうな気がする。あせらずやっていったほうがよさそうだ。


【中山9R芝1600m菜の花賞】

トランドネージュ (ダイワメジャー) 3着
募集時評価 A-A-C-C

今回も果敢に逃げ直線では一瞬やったか、という感じだったが、坂で捕まり3着。今日の走りっぷりをみると、残念ながらやはり距離がやや長いのかなという印象。個人的には桜花賞に出て欲しかったので残念な感じはするが、陣営も距離短縮で行く方向らしいし、馬自身のベストの条件で戦ったほうがいいだろう。短距離なら今よりもっとやれるはずだ。このクラスで終わる馬ではない。次戦は短いところを使ってくるはずなので、こちらも馬券で勝負をかけたいところだ。


【京都4Rダ1800m新馬】

ブラッドサクセサー (スペシャルウィーク) 14着
募集時評価 A-B-E-C

行き脚が遅く後方から、そのまま終始後方のまま14着。仕上がっていない感じだったし、これからの馬だろう。いいトモを持っているのだし、これからの稽古で変わっていって欲しい。芝とダートとどちらが良さそうなのかは今日のレース振りからは判断できないが、芝でもやれる気はする。


【京都6R芝1600m新馬】

アプリコーゼ (シンボリクリスエス) 4着
募集時評価 B-A-B-D

1,2着馬が次元の違う競馬をしてしまったので、なんとも難しいレースになったが、この馬も最後まで良く走っての4着。この馬場だし、前に行くのは正解だった。かつ、変に前を追いかけなかったのも良かったかもしれない。上々のデビューだったと考えていいだろう。この父の血統は滅多なことで新馬勝ちもないわけだし、次は当然上積みがあるはず。今日の2着馬が出てこられると困るが、次走はもっとよいレースを見せてくれるはずだ。期待したい。


アンティール (ネオユニヴァース) 7着
募集時評価 D-B-C-E

今日のレースは勝馬が異質な競馬をしたせいもあり、厳しい流れだった。この馬もスタート直後から後手を踏んだ割には、自分なりに最後まで良く走っている。モタれたりと色々難しいところのある馬のようなので、レース慣れして、次はもっといいレースを見せて欲しい。


【京都9R芝2000m若駒S】

ワールドエース (ディープインパクト) 2着
募集時評価 募集時評価 D-D-E-E

5頭立てだから確賞、楽勝という考え方と、5頭立てだからかえってレースが難しいという考え方と両方あったし、結局は後者のようになって2着に沈んだ。レースは折り合いに専念していたら、仕掛けが遅くなり、前に残られるという馬券を買っている側としては暴れたくなるようなレース振りだった。しかし馬の将来的なことを考えると、折り合い重視はやむを得ないことだ。いずれにしても、傍で見るよりも乗り難しいレースだったことは確かだろう。上がりは最速だったわけだし、今日のレース振りで悲観する必要は全く無い。逆に、ディープに似てるだの、ワールド級だの、そういう雑音が減ってこれからは厩舎側もかえって楽になるだろう。次走できっちり巻き返して欲しい。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

| | Comments (0)

January 15, 2012

2012/1/15(日)結果

今日、WIN5当たりました。200点買いで、払戻しが16,000円くらい。当たって負けです。悲しいです。

【中山6Rダ1800m新馬】

ハーコット (ゼンノロブロイ) 3着
募集時評価 E-C-E-E

積極的にハナを奪う。3角から競りこまれるも、簡単には譲らずそのまま4角へ。直線に入っても粘りに粘るが、最後は2頭にかわされて3着。乾いたダートだけに前に行ったのは正解だろう。厩舎で目をぶつけるなど、気性の荒さを見せていたが、レースでは前向きさを見せてよくがんばった。レース慣れしてくればもっとやれるだろう。ただ気性面についてはまだまだ注意が必要で、これから悪くなっていかないことを祈りたい。


【中山11R芝2000m京成杯GⅢ】

ベストディール (ディープインパクト) 1着
募集時評価 B-D-E-C

ディープインパクト産駒としてはやや大きめくらいの馬だが、一戦ごとに成長している。ディープ産駒としてがトモがしっかりしていて、これが走るディープ産駒の牡馬の特徴だろう。レースでは中団を進むが、3,4角から仕掛けていき4角を回って一気に先頭にとりつき後は楽勝だった。最後は2着馬に迫られるも、今日の時点では完璧なレース振りで期待が高まる。切れ味鋭いというほどのタイプではなさそうなので、中山のほうが合うのかもしれない。皐月賞と同距離同コースのこのレースを制してクラシック戦線の1番手に躍り出たと言ってもいいだろう。次はトライアルになるだろうが、とにかく楽しみだ。関係者の皆様優勝おめでとうございます。


アーデント (ディープインパクト) 4着
募集時評価 D-E-C-C

中団からレースを進め、折り合いに気をつけて乗り、実力は出し切ったと思われる。相手も強かったのでよく4着に頑張ったと褒められていい内容だ。ただ、現時点では上位馬とは差があるということも感じる一戦でもあった。現状の力ではクラシックで上位争いは難しそうだが、逆に言えば、これからの成長次第で上位とは差を詰められると思う。人間側の努力で、次はより一歩先に進めるようアシストして欲しい。


【京都6R芝1800m新馬】

シャムローグ (ディープインパクト) 14着
募集時評価 E-E-C-B

400kgギリギリの馬体で、明らかに非力なタイプ。馬場を選ぶタイプだろう。今日はまったく力を出せていない感じだったから、新潟とかの軽い馬場のほうが合う感じがする。ディープ産駒の牝馬はトモが薄くても走るのもいるので判断が難しいが、この馬の場合はもう少し身が入ってこないと、すぐに勝ち上がるのは難しそうだ。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。


| | Comments (0)

January 14, 2012

2012/1/14(土)結果

【中山6R芝2000m新馬】

テナシティー (ゼンノロブロイ) 8着
募集時評価 E-C-C-B

パドックの映像でもやはりトモが物足りない感じ。今日は明らかな余裕残しの馬体だったし、パドック解説でもそのように指摘されていた。レースではスタートからモタモタして後方から、勝負どころで反応が悪く下がっていくかと思ったが、直線では意外にもそれなりに伸びていた。悪くない初戦だったのではないか。陣営も使ってからと考えていたようだし、ここを叩いて次は当然良くなるだろう。次で勝負をかけてくるようなら注目だ。

【中山9Rダ1800m黒竹賞】

セイファート (ファルブラヴ) 16着
募集時評価 E-C-C-D 

中団よりやや後方からレースを進める。外々を回って中団まで押し上げていくが4コーナーでは余力なく、そのまま馬群の最後方をついていっただけで最下位で入線。中山で勝ってはいるものの、こういう乾燥しきっていて時計のかかる馬場がダメなのだろう。それしか原因が考えられない。消耗戦で前に行った馬が残るレース展開でもあったし、今日のところは仕方ないだろう。こういうタイプは東京開催になると急に変わる可能性もあるので要注意だ。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

| | Comments (0)

January 09, 2012

2012/1/9(月)結果

【中山3Rダ1800m新馬】

アンマリアトーレ (ダイワメジャー) 7着
募集時評価 C-E-C-D

今日は物見をして競馬にならなかったようだ。良い馬体に成長してきたと思うし、次に期待したい。鞍上が言うには、すぐに勝てるらしいのでマークしておきたい。


ピグマリオン (ダイワメジャー) 1着
募集時評価 B-E-A-C

ダイワメジャー産駒らしい好馬体の持ち主で、ダート戦を楽勝して見せた。良いパワーを持っているとのことで、中山のダートも向いていたのだろう。スローの流れで時計が参考外なので結果を鵜呑みにはできないが、当初は芝でデビューの予定だったし、芝でも行けるはずだ。ぜひ芝の走りを見てみたい。関係者の皆様優勝おめでとうございます。


【中山6R芝1600m新馬】

アンスポークン (シンボリクリスエス) 3着
募集時評価 A-C-A-B

スローの流れの中、後方からになってしまう。4角手前から一気に仕掛けて行くも、前も止まらず3着まで。かかりそうだったとのことで、鞍上が意識的に控えていったため、前に残られてしまったが、初戦としては合格点だろう。この父の産駒にしては切れる脚が使えそうなのも頼もしい。次に注目したい。


【中山11R芝1600mフェアリーS GⅢ】

アイスフォーリス (ステイゴールド) 7着
募集時評価 C-E-C-E

積極的に前に行くが、ややかかり気味に。いい感じで4角を回って坂で突き抜けてくるかと思えたが、そこからが脚色が伸びず結局7着。1着から13着までが0.5秒差の大接戦だっただけに、着順ほど負けてはいないのだが、このメンバーならもう少しやれてよかったのではないかというのが本音だ。これが血統の差なのかとは思いたくないが、クラシックを戦っていくにはワンパンチ足りないかも知れない。それでもいい馬には変わりないので、次にまた期待をしたい。


パストフォリア(シンボリクリスエス) 16着
募集時評価 E-C-A-C

ゲートでガタつき大出遅れ。即万事休すの大出遅れで、終始最後方のまま16着。重賞で大チョンボをしでかしてしまったが、きちんとスタートが決まっていればここでも通用していたはずだ。今日のことは忘れて、次に向けて頑張って欲しい。

ラシンティランテ ( アグネスタキオン) 6着
募集時評価 E-E-C-E

鞍上はソツなく乗って、直線も一団の中で頑張るも6着まで。実力は出せていると思うが、絶好調というわけではなかったようで、一息入れてまた変わってくるだろう。次はトライアルらしいので頑張って欲しい。

シャンボールフィズ (キングカメハメハ) 8着
募集時評価 A-F-A-B

相変わらず美しい馬で、馬体を大きく見せるいい馬だ。痛恨の出遅れで道中は最後方に近い位置取り。4角は外を回って直線では懸命に追うも8着まで。外枠も仇になった。一息入れるらしいが、ここで賞金を積めなかったのは厳しくなった。次はおそらくトライアルになるだろうが、ぜひクラシックに出て欲しい馬なので、頑張って欲しい。


【京都5R芝1600m新馬】

ランフォージン (タニノギムレット) 8着
募集時評価 E-C-C-B

後方からの競馬で終始内々の経済コースを通って直線へ。伸びずバテずという感じで8着。とりあえず使っただけという感じで8着なら上出来だろう。レース経験を積んで次は変わってくるかもしれない。


ローゼンケーニッヒ (シンボリクリスエス) 2着
募集時評価 E-E-C-C

後方から4角では大外を回り、いい脚を長く使って2着に突っ込んだ。1億円だけにこの成績で満足はできないが、初戦としては、まあよかったのではないだろうか。次はきっちり決めて欲しい。

(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

| | Comments (0)

January 08, 2012

2012/1/8(日)結果

【中山9R芝2000m寒竹賞】

セコンドピアット (ハーツクライ) 3着
募集時評価 C-E-E-C

後方から外々を回る。乗り難しい馬で、序盤で覚悟を決めて直線だけの競馬に徹した感じ。終始外を回らざるをえず、直線だけで3着に来たのは立派。しかも牡馬に混じっての3着だけに大したものだ。いいものは持っているので気性面さえ成長すれば、クラシックでも通用しそうだ。次が楽しみになった。


【京都11R芝1600mシンザン記念GⅢ】

グラーネ (ネオユニヴァース) 12着
募集時評価 E-C-C-A

他馬を怖がる気性の馬が最内枠に入ってしまい、まったく力を出せず。さすがに重賞では未勝利戦のように好きな位置取りをさせてはもらえないし、気性面で成長しないと、いくら力があってもこの先は厳しいだろう。レース経験を積んでいって少しずつ成長していって欲しい。


ピュアソウル (ディープインパクト) 14着
募集時評価 E-B-C-C

この馬も気性の問題。今日は入れ込んでいて競馬にならなかった。ある程度前に行って競馬をしたほうがよいのかもしれないが、今日の内容からは何も言えない。次走は違う走りを見せてくれることを期待したい。


ジェンティルドンナ (ディープインパクト) 1着
募集時評価 D-E-B-C

強かった。正直こんなに強いとは思っていなかった。飛ばしてくれた馬がいたのも良かったのだろうが、最後までよく伸びていた。前半ややかかり気味だったが、折り合いがついてからは万全の競馬で楽勝だった。この馬といい、例の馬といい、桜花賞は今年もディープ産駒中心で揺るがないだろう。この馬はディープ産駒の割には馬体重があるほうだが、ディープ牝馬は基本はやはり「軽さ」が重要ということだろう。頓挫なくクラシックに向かって欲しい。関係者の皆様優勝おめでとうございました。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

| | Comments (0)

January 06, 2012

2012/1/5(木)結果

年明けからは、新馬戦及び特別戦のみにコメントしていきたいと思います。

【中山6R芝2000m新馬】

カーライル (マンハッタンカフェ) 13着
募集時評価 D-A-B-A

スローの流れを前につけて、ベストの競馬と思えたが、直線では余力なく後退し13着。現状では力不足と言わざるを得ない内容だった。少しリフレッシュを挟んで、気分転換をしたほうがいいかもしれない。


アンレヴマン (キングカメハメハ) 5着
募集時評価 D-E-C-D

行き脚が悪く後方から、スローに流れて、結局直線だけの競馬も上がり最速で5着に突っ込む。道中スローで、レースの上がりが12.0 - 11.7 - 11.4と速くなっていく流れだったので、5着に突っ込んだだけでも立派と言えるだろう。少し競馬に慣れてくれば、もっとよいレース振りを見せてくれそうだ。


【中山9R芝1600mジュニアカップ】

アーカイブ (ディープインパクト) 5着
募集時評価 A-A-B-B

前と後では流れが違い、明け3歳のマイル戦としては厳しい流れのレースだった。3-4角で動きたいところでスッと動けず、直線では沈むかとおもいきや盛り返して何とか掲示板を死守。この流れで後方から、またコーナーで外を回ったのもあって、上位とは差のある5着だった。ただ、一旦は完全に沈むかと思うところからもう一度伸びており、馬がしっかりしてくればもっとやれるだろう。人間側の力でこの馬を今後も支えて行けば、どこかで一気に化ける可能性もありそうだ。また次に期待したい。


ステージナーヴ (ファルブラヴ) 6着
募集時評価 E-E-E-E

後方から流れに乗るも、前も止まらず6着まで、上でも書いたが、厳しい流れでもあったし、この馬としては頑張っていると思う。いい走りをしているし、ファルブラヴの牡馬としては、将来、代表産駒となるくらいのところまで行くかもしれない。次もいい走りを期待したい。


【京都6R芝2000m新馬】

エキストラエンド (ディープインパクト) 4着
募集時評価 E-C-A-A

馬体の大きめのディープ産駒。超スローのなかでの瞬発力勝負で見劣ったというよりは、4角でやや置かれ気味だったのが影響した印象だ。流れ一つで着順は変わっていただろう。ただ、特別良いフットワークとか走りではなかったし、値段的に納得できる走りではない。まだまだこれからではあるが、前に行ったほうが持ち味が出そうな気もする。次に注目したい。


クロスミッション (シンボリクリスエス) 7着
募集時評価 E-E-D-E

ハナに立ってしてやったりの流れかと思われたが、何度も見たことのある、この父産駒特有の瞬発力不足で7着に沈む。終始もたれて走っていたとのことなので、次は変わって欲しい。スピードはあるが瞬発力が今ひとつの典型的なタイプかもしれないので、勝ち上がりには意外と手間取るかもしれない。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

| | Comments (0)

January 01, 2012

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

2012年になりました。今年も競馬が継続されることに感謝したいです。
私、競馬悟空自身の競馬歴は約20年になりますが、20年前には予想もできなかった現在の競馬の衰退振りに心を痛めています。

20数年前に突如として現れた一頭の芦毛の馬、オグリキャップ。私は特にオグリキャップのファンだったわけではありませんが、オグリキャップがいなければ競馬ブームも起きなかったし、現在の競馬を取り巻く情勢もより一層厳しくなっていたことでしょう。そのオグリキャップは一昨年に死亡しました。

そして、もう一方の競馬ブームの立役者、武豊騎手のJRAの連続GⅠ勝利が昨年途絶えました。武豊騎手については色々と毀誉褒貶がありますが、間違いなく言えることは、もう武豊騎手がリーディングに返り咲くことはないということです。

2011年で競馬は一つの区切りがついたと思っています。つまりは競馬ブームから続いた一つの時代が終わり、2012年からは新たなパラダイムに突入すると考えます。

競馬ブームの時代には、常に10万人以上が訪れていた天皇賞秋でも、今年は8万人程度。G1の日は、メインレース終了後に売店で売れ残っていたのは豆乳のみという笑い話も、昔の話。今はG1の日でも並ばずに焼きそばでもアメリカンドックでも買えます。

昨年のJRAのGⅠレースのCMも、まさに競馬ブームの頃を露骨に意識したつくりでした。確かに、あの頃のファンは皆一体どこに行ってしまったのか。。

再び競馬が活性化するには、何か大きなイベントの発生を望むほかありません。

私が考える、再び競馬が活性化するイベントとは。。

①スターホースの登場
②スター騎手の登場

やはりこの2つしかないでしょう。競馬というのは、馬と人のドラマですから、この2つの要素が揃わないと、良いレースは提供できないと思います。

①については、単なるスターホースではダメです。現に昨年も3冠馬オルフェーヴルが誕生しましたが、大した話題にすらなっていないのが現状です。やはり、あっと驚くような血統、出自、の馬が活躍しないとダメでしょう。血統が更新された今では、オグリキャップのような馬を望むのは非常に困難ですが、人智を超えた奇跡を祈るほかありません。

②については、武豊騎手の後を継ぐ存在として期待されたM騎手はマスコミにも取り上げられ競馬会にとっての明るい話題となっていましたが、芸能人と結婚という点だけを継いだだけで、成績は振るわず。彼にはもうこれ以上の期待はできません。

やはり新たなスター騎手の登場を祈るしかありません。私が競馬復活の可能性として一縷の望みを賭けたいのは、「女性騎手」です。

バカを言うなと怒られえそうですが、一般の人にも訴求できる話題としては、もうこれしかありません。

確かに過去、JRAの女性騎手の成績は振るいませんでした。しかし、牧原(増沢)騎手は、元はといえば、同期の福永、和田を差し置いてアイルランド大使賞をとったんです。女性だからダメということはないはずです。

ただ、現実的に、女性騎手が活躍するためには何らかのハンデが必要でしょう。GⅠレース以外の国内レースにおいて永久2kg減くらいの大盤振る舞いが必要と思います。ハンデを与えることを前提に、騎手候補生を集めて欲しいです。

競馬はたった一頭のスターホース、たった一人のスター騎手でもう一度起爆できると信じたいです。

夢物語ではありますが、競馬が永遠であることを祈りつつ、微力ながら一口馬主として、また一馬券ファンとして、今年も競馬道に邁進する所存です。

堅苦しい挨拶となりましたが、webのほうは、昼休みに軽く見れる程度の感じで頑張りたいと思います。

2012年の競馬界及びこのwebをご覧いただいている方々の発展をお祈りいたします。


| | Comments (5)

« December 2011 | Main | February 2012 »