« 2012/2/12(日)結果 | Main | 募集時評価の傾向と対策 »

February 16, 2012

キャロット残口ありの注目馬(2月)

今日は久しぶりのキャロットの残口ありの注目馬についてです。

キャロットの場合は残口ありの馬はだいぶ少ない状況ですが、それでも面白そうな馬はいると思います。ここまで待った分順調そうな馬に出資できるというメリットもあるはずですしね。

86. ポイントアシュリーの10 (Ghostzapper) 牡4,000万
募集時評価 C-C-C-A

この馬は一次募集の時には実は注目していたのですが、募集時評価のところで書いたように、私も、高い、父産駒の実績なし、及び、ダート向きという点が気になり結局やめたんです。この馬の場合後ろもしっかりしていて十分良いのですが、前駆が特に素晴らしい。肩はやや硬めであるものの非常に力強く、特に前腕部の迫力はすごい。ここは先天的なもので後からは筋肉がつかない部分ですから頼もしいところです。こう考えると、短く太い繋ぎも含めて、やはりどう考えてダート向きということになるでしょう。しかし逆に考えれば路線的にはほぼ確定しているわけですし、その分確実性は増すとも考えられます。出資馬にダート路線に進みそうなのがいないのであれば、面白い存在になれるのではと思うのです。欲を言えば地方交流戦まで考慮に入れれば関東馬であればなお良かったのですが、こればっかりは仕方ありません。ここまで非常に順調のようですし、注目しておきたい馬です。


28. ジェリクルの10 (ネオユニヴァース) 牝1,200万
募集時評価 B-C-C-A

この馬は前回も注目していましたが、ここまで非常に順調のようで、クラブ側のコメントでも最近はかなりプラスなコメントをもらっていますね。まあ、そういうコメントは話半分に受け止めておくのがよいと思いますが、実際に褒める部分が見つからない馬もいるわけですから、それだけ順調だということでしょう。牧場側で評価が急上昇というのは決してG1狙えるとか、そういう評価になったということではないと思います。値段なりの評価だったのが、結構やるじゃないか、というような評価になったと考えるのが妥当でしょう。芝のマイルから中距離くらいで勝負できると思うので、早期デビューからなんとか一つ勝って、あわよくばクラシックに参戦というのが理想の将来でしょうか。最近はキャロットでは牡馬の低価格馬は走っていませんが、牝馬は低価格の馬からも相変わらずそこそこやれる馬が出ています。この馬も続いてもらいたいものです。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

|

« 2012/2/12(日)結果 | Main | 募集時評価の傾向と対策 »

Comments

競馬悟空さん、お久しぶりです☆

ジェリクル10順調なようですね!
牧場での評価が急上昇しているようで、この先成長が楽しみですね。

私はキャロのキャンセル募集に向けての出資は見送ることにして、ジェリクル10を含め残口ありの馬達を春頃まで様子見することにしました。

いろいろな制約がなくなった!?勢いでシルクのスペリオルパール10を追加出資してしまいました。
最近のディープ産駒の活躍に影響されまくりです…

Posted by: stage | February 17, 2012 at 10:39 PM

stageさんこんばんは!

シルクのスペリオルパールの10に出資されたんですね。キャロットのキャンセル募集は宝くじみたいなものですから、冷静な選択だったと思います。この時期にディープ産駒に出資できるというのもシルクの魅力ですね。所属厩舎も一流ですし、これは楽しみですね!

私はディープ産駒は結局一頭も持っていないのでうらやましいです。来年はディープ産駒を買いたいなと思っていますが、この調子だとかなり値段も上がりそうですし、今年がお買い得だったかもしれません。

ジェリクルは相変わらず順調のようで、クラブの評価も高まっているようです。ただ、キャロットは特に褒め殺し(笑)するクラブなので、話半分に考えておいたほうが良いと思います。でも順調なのは間違いないので、これからの成長が楽しみです。

Posted by: 競馬悟空 | February 18, 2012 at 01:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2012/2/12(日)結果 | Main | 募集時評価の傾向と対策 »