« 2012/3/17(土)結果 | Main | 2012/3/24(土)結果 »

March 18, 2012

2012/3/18(日)結果

今日はとんでもないレースがあって、とにかくドキドキした日でしたね。
とんでもないレースというのは、もちろん阪神大章典のオルフェーヴルのことです。ナムラクレセントにつられて行ってしまったところで、「ついにやったか」という感じでしたが、まあ、ここまでは予想の範囲内。正直このまま行ききって勝つだろうと思えました。もちろん、今後のこの馬のためにならないことは明らかですが、ああなってしまったら腹を括るしかないでしょうから。

ところが4コーナー手前でのあの「まさか」の逸走。フジのアナウンサーは故障発生かと言っていましたが、私も直感的に故障だと思いました。オルフェーヴルもやはり競走馬の業からは逃れることはできなかったか・・・とガックリきたところ、まさかの再加速。マルゼンスキー以来の珍事の発生に目を見開きました。いや、マルゼンスキー+サクラホクトオーの前代未聞の珍事と言っていいでしょう。再加速のマルゼンスキーは優勝、サクラホクトオーは文字通りの画面外からの差しで5着でした。今日のオルフェーヴルは両方を足して2で割った感じで結局2着。あれだけのデタラメをやったにもかかわらず上がり最速。本当に信じがたいことですが、この馬はもはや怪物の域を超えた、まさに化け物でしょう。

オルフェーヴルを御せなかった鞍上の池添騎手の責任は当然重いですが、やむを得ない部分もあったかなとも思います。同じ事をもう一度やってしまったら今度こそ切腹ものですので、陣営には天皇賞までにできる限りのことをしてもらいたいですね。

関係ないですが、レース後のフジテレビのレース回顧で細江さんが妙に興奮していたのが印象に残りました(笑)。対照的に井崎先生は落ち着いていましたね。


【中山6Rダ1800m新馬】

セプタードアイル (ロージズインメイ) 4着
募集時評価 E-E-C-D

ゲートでゴトゴトして後方からの競馬に。終始外を回ってしまい、今日の馬場ではチャンスゼロでもおかしくなかったが、直線で大外に持ち出すとなかなか良い伸びを見せていた。味のある競馬だったし、この後限定戦を使っていければ上位争いを続けていけそうだ。ダートのほうが向いていそうなので、ダート戦で注目しておきたい。


【中山11R芝1800mスプリングS】

アルフレード (シンボリクリスエス) 12着
募集時評価 C-E-C-D

道悪が合わなかったし、今の中山のような極端に時計のかかる馬場も向いていなかった。32秒台の上がりを出すような馬はやはりこういう馬場は向かないのだろう。何もかももっている馬というのは存在しないのだから、これはこれで納得して、次を目指すしかないだろう。今年の中山は馬場が回復する可能性はほとんどないと考えられるので、無理に中山にこだわらず、東京を目指すという手もあるのかもしれない。まあ、クラシックはそんな簡単に割り切れるものではないが、皐月に出ても馬場が奇跡的な回復を遂げない限りは掲示板が精一杯だろう。


グランデッツァ (アグネスタキオン) 1着
募集時評価 B-C-E-C

硬いパワータイプのタキオン産駒で、今日のような馬場が向きそうなことは札幌戦での活躍からもある程度予想できていた。なおかつ、満を持してのデムーロ登場でお膳立ては整っていた。レースではかかるディープブリランテ、道悪に苦しむアルフレードを横目に、スーっと外を上がっていき、直線でディープブリランテをあっさり捕まえる楽勝だった。さすが照哉氏がタキオンの最高傑作と言ったとか言わないとかだけのことはある。昨日のワールドエースも強かったが、今の中山向きということを考えればこの馬が本番の最有力候補と思う。しかし、デムーロというのは一体何者なんだろうか。乗り替わった途端に走り出すのは何度も見た(逆も何度も見たが)が、これほどまでに完璧に乗られたら他の騎手は立つ瀬が無い。なるほど社台の信頼も厚いわけだ。皐月賞ではぜひこの馬から買いたいと思う。もちろんデムーロが鞍上であることが前提だが。関係者の皆様優勝おめでとうございます。


ディープブリランテ (ディープインパクト) 2着
募集時評価 E-E-B-C

馬格もあるパワータイプのディープ産駒だけに、こういう馬場もこなしてくれた。東京で道悪の経験はあったが、今の中山は本当にボコボコなので、一抹の心配があった。道悪には対応したが、気性のほうは対応できなかった。結局また前走と同じように行きたがってしまい、これではG1では厳しそうだ。これからの調整で急にピッタリ折り合うということもゼロではないが、現実はそんなに甘くないだろう。グランデッツァ、ワールドエースに続く3番グループの一頭という扱いでいいだろう。馬場状態によってはあわよくば逆転もありうると思うので、本番に向けて気性面の調整に全力を注いで欲しい。

(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

|

« 2012/3/17(土)結果 | Main | 2012/3/24(土)結果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2012/3/17(土)結果 | Main | 2012/3/24(土)結果 »