« 2012/3/18(日)結果 | Main | 一口馬主の楽しみ方 »

March 24, 2012

2012/3/24(土)結果

 天の怒りなのか一体何なのか、これで5週連続で雨だとか。中山競馬場は本当にどうなってしまうんでしょうか。競馬歴20年の私も、こんなのは記憶にありません。確か1992年の函館競馬場が毎週雨で、馬場がどうしようもなかったのは覚えてますが、中山競馬場がこんな状態になったのは初めてです。中山競馬場の馬場がここまで悪くなったのは、ドクタースパートの皐月賞、あのサクラホクトオーが失速した1989年まで遡らないと無いのではないでしょうか。私も競馬を始める前の話ですから、当時どこまで雨が降ったのか覚えていませんが、異常だったのは確かでしょう。今年はその1989年以来のとんでもない馬場になりそうですので、穴党である私は、皐月賞への変な期待が高まっています。

 今日は日経賞がありました。戦前はルーラーシップの圧勝の予想が支配的で、私も正直ルーラーシップで決まりだろう、2着もウインバリアシオンでほぼ間違いないと思っていました。しかし勝ったのはまさかのネコパンチ。ルーラーシップの上がりで36.2。ウインバリアシオンが最速で35.7。今の馬場がどれだけ異常なのかがよくわかります。

 それにしても、勝った江田騎手はゴール版過ぎたあとも、にやけ顔がおさまりませんでしたね。非常に江田騎手らしい思い切った騎乗で、ある意味、江田だったら納得という勝ち方でしたし、本人もうれしいでしょうねえ。一方でルーラーシップの福永騎手は、指示通り乗ったのでしょうが、その「指示どおり」が今日も裏目に出てしまい、最後はウインバリアシオンにも差されての3着。結局、福永騎手が牡馬で大きなところを勝てないのは、今日のような競馬をしてしまうからだと思います。良く言えばソツなく乗って、優等生。悪く言えば機転がきかない。一方、年が明けてから気合の入り方が違う武豊騎手は、ルーラーシップをきっちりとらえて2着。さすがの武豊騎手もネコパンチのあそこまでの粘りは予想外だったのかもしれませんが、ルーラーシップをきっちり捉えるあたりは、さすがと言えるでしょう。G1では武豊騎手のほうが怖いかもしれません。


【阪神11R芝1800m毎日杯】

ダローネガ (ダイワメジャー) 8着
募集時評価 C-A-B-B

今日のレース振りを見ると、やはり思ったほど成長力がないのかなあとも思う。距離がもたないわけではないと思うので、皐月賞に行くのもアリとは思うが、正直、現状では皐月賞では掲示板も厳しいだろう。今日のような馬場がダメなら、より一層、今の中山はダメだろう。東京を目指すか、いっそのこと少しリフレッシュするというのも手かもしれない。一旦休ませて、また成長するというパターンもあるので、陣営がこの馬にとって最善の選択をしてくれることを期待したい。


 さて、今日の毎日杯で、皐月賞に向けてのレースはすべて終わったということになりますが、今の中山競馬場の状態を考えると、中山経験の無い馬は非常に不利だと思いますし、他の競馬場での成績は本番であっさりひっくり返る可能性もあります。今年の皐月賞のポイントは、①馬場適性、②指示に従わなくてよく自由に乗れる騎手、という2点がポイントかと思っています。とすると、やはり今の中山で勝ち星がある馬で、さらに皐月賞を2度も勝っているあの陽気な外国人が乗る馬が有力だろうという思いがより強くなりました。でも、正直なところ、もうこれ以上雨が降らないで欲しいですね。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

|

« 2012/3/18(日)結果 | Main | 一口馬主の楽しみ方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2012/3/18(日)結果 | Main | 一口馬主の楽しみ方 »