« 2012年皐月賞出走馬 | Main | 2012/4/21(土)結果 »

April 15, 2012

2012/4/15(日)皐月賞結果

 2012年の皐月賞が終わりました。勝ったのは日高産のゴールドシップ。日高産ではあるものの、父ステイゴールド、母父メジロマックイーンという、オルフェーヴルと同配合。ゴールドシップもオルフェーヴルと同様、父の父から瞬発力を、母父からスピード、スタミナ、道悪適正を受け継いだ素晴らしい馬です。
 馬が素晴らしいのはもちろんですが、しかしながら今日に限っては鞍上の内田博騎手の好騎乗に尽きるでしょう。9R、10Rでも皆、4角では外に張り出してレースをしており、内は通ってはいけない場所のような感覚がありました。ところが内田騎手は4角であえて馬場の悪い内をつき、直線に向ききってからはギリギリ馬場の良いところを走って抜け出すという、まさに、これしかない、という最高の騎乗でした。
 振り返って考えると、ダイユウサクが、メジロマックイーンを破った有馬記念も、今日のような感じでした。必要以上に外を回ったメジロマックイーンをマークした有力馬が外に寄って、最内を真一文字に追ってきたダイユウサクが優勝。そのダイユウサクの厩務員だったのが今日のグランデッツァの調教師である平田調教師。勝ったゴールドシップは、母父メジロマックイーンからの天国からの応援があったのかもしれませんね。


ワールドエース (ディープインパクト) 2着
募集時評価 D-D-E-E

スタートしてから100mくらいで前の馬に触れて躓き、鞍上が落馬寸前となる不利。運が悪かったといえるが、精神力が強いのだろう、走り自体にはそこまで影響はなかった気がする。その後はグランデッツァをマークする形で4角まで進み、グランデッツァの手ごたえがあまり良くないのにようやく気づいて追い出したときには勝ち馬は完全に抜け出してしまっており、万事休す。最後は瞬発力を見せて2着に突っ込んだ。鞍上は考えていたよりも上手く乗ったと思う。馬も強かった。だがしかし、勝った馬にそれ以上の万全の競馬をされたということだろう。今日の競馬を見る限り、ダービーでは最も期待できそうだというのは間違いない。次は言い訳が許されないレースとなるので、馬にとっても騎手にとっても正念場となるだろう。


ディープブリランテ (ディープインパクト) 3着
募集時評価 E-E-B-C

スタートして1コーナー手前で口を割るような仕草で、やっぱりひっかかってしまった。今日のレースではそのまま行ききってもやっぱりダメだっただろう。結果として、岩田騎手が我慢に我慢を重ねて、最後は力尽きたものの3着という結果は、考えうる最良の結果だったろう。しかし、よくまあ、G1であんなに引っかかった状態で3着に来たなと思う。力があるのはわかりきっているが、おそらくスローになる東京のダービーではより一層レースは難しくなるだろう。


グランデッツァ (アグネスタキオン) 5着
募集時評価 B-C-E-C

思っていた以上に後方の位置取りに。デムーロ曰く、もう少し前に行きたかったが馬が進んでいかなかったと。スプリングSのときとは、また違った馬場状態で、馬場が合わなかったかもしれないと。まあ、色々考えられるとは思うが、結局のところは、いくらなんでも外外、大外を回って勝てるほど今日のメンバーは楽ではなかったということだろう。予想としてはいくらなんでももう少し前に行くだろうと思っていただけに、残念なレース展開ではあったが、受け入れるしかない。この馬の場合、東京が向くのかどうか、距離はどうなのか、ダービーに向けては色々と心配事が増えてしまうので、ダービーではかえって楽な気持ちでレースができると思う。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

|

« 2012年皐月賞出走馬 | Main | 2012/4/21(土)結果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2012年皐月賞出走馬 | Main | 2012/4/21(土)結果 »