« April 2012 | Main | June 2012 »

May 2012

May 27, 2012

2012/5/27(日)東京優駿

 何だかんだと忙しくて久しぶりになってしまいました。今日は東京優駿(日本ダービー)を観戦してきました。

 天気が良かったこともあり、競馬場は熱気があふれ、これぞG1という感じでした。ブームの頃とは比べるべくもないですが、それでも人波に押されて観戦すると、これがG1だなあと感慨深く思います。感覚的には11万~12万人くらいの感じでしょうか。

 大相撲はチケットが余ってしまい、オートレースはついに禁断の払戻率の引き下げを行う状況など、伝統的なレジャーはどれも危急存亡の秋を迎えていますが、ありがたいことに、競馬はダービーや有馬記念など必ず人が集まるイベントがあるので、まだマシなほうでしょう。とりあえず増えはせずとも、ファンがこれ以上減らないように競馬界全体で努力して欲しいものです。

 さて、前置きが長くなりましたが、ダービーは絶対にひっかかると思われていたディープブリランテが岩田騎手の豪腕に導かれて優勝。フェノーメノが2着。クラブ馬、それもサンデーRの馬が1、2着という結果になりました。まあダービーでも近い将来こういうことが起きるだろうなとは思っていましたが、思っていたよりも早くその機会が訪れました。今後も社台グループ、特にノーザンファームの上位独占はたびたび起こるでしょう。

 今日のレースの上位馬で特に印象に残ったのはトーセンホマレボシ。前哨戦でレコードで走ってしまうような馬は本番は潰れるのが常なのですが、今日は先行してレースを引っ張り、最後まで粘って3着。この馬は怪我しなければ将来必ず活躍するでしょう。


Photo

ディープブリランテ (ディープインパクト) 1着
募集時評価 E-E-B-C

馬はもちろん強かったが、今日の勝利は、レースが前半上手い具合に速い流れになってくれたことも大きい。矢作師もレース後に言っていたが、好スタートからハナに立ってしまうかというところで、うまい具合にゼロスが行ってくれてトーセンホマレボシもついていってくれたため、この馬にとっては「やった!」と言える展開。直線に入って早めに仕掛けて前をとらえ、ゴール寸前フェノーメノに猛追されるもなんとかしのぎきって優勝。乗り方としても、これしかない、と言えるものだったし、今日はすべてがうまく行った。この馬はノーザンファーム生産ではなく、他所から買ってきて募集された馬。生産馬でも走るし、他所から買ってきても走るしでは、サンデーRの勢いは当分続きそうだ。関係者の皆様優勝おめでとうございます。


Photo_2

フェノーメノ (ステイゴールド) 2着
募集時評価 C-C-C-E 

惜しい、悔しい2着。位置取り、仕掛けどころもベストだったろうし、100%の力を出した。しかし残念ながら2年連続のステイゴールド産駒のダービー制覇は達成できなかった。青葉賞のレース振りは確かに強かったが、メンバーも強くなる本番でそのまま通用するかとなると疑問で、馬券では軽視してしまった。勝った馬は展開を味方につけられたので、その分の差であるとも言えるが、じゃあどういう展開だったらこの馬が勝つのかといわれても悩む。ハナ差2着で負けた蛯名騎手の気持ちを慮ると気の毒ではあるが、これが競馬。また秋に向けて頑張って欲しい。


Photo_3

ワールドエース (ディープインパクト) 4着
募集時評価 D-D-E-E

やってしまったか、という感じ。その言葉しかない。タメて差す、タメて切れる、そのための訓練を重ねてきたが、それがかえって呪縛になったというか、馬が勝手に仕掛けどころを遅らせてしまったのかもしれない。馬の具合は万全だったと思う。パドックでも一番外側を回って、好調子をアピールするかのようだった。勝負どころで少しモタモタしてしまい、4角で、これはダメだという位置取りに。今日の馬場ではあの位置取りでは空でも飛ばない限り万事休すだろう。それでも最後は4着まで詰めて能力をアピールしたが、勝負付けが済んだ後でのことなので、どう評価するか。騎手が言うには直線でジリジリとしか伸びなかったとのことだが、あの位置からあの脚を使って、上がり最速の33.8でジリジリ?ワールドエースはしゃべれないので、ワールドエースの名誉のために代わりに言ってあげよう。ジリジリはお前のほうだと。


Photo_4

ベールドインパクト (ディープインパクト) 9着
募集時評価 E-C-C-C

デキが悪いということはなく、当然万全の仕上げだったとは思うが、パドックではちょっと硬さがある感じだった。実力は出し切ったという感じだろう。秋に向けての成長に期待したい。


Photo_5

グランデッツァ (アグネスタキオン) 10着
募集時評価 B-C-E-C

期待していたが、残念な結果だった。明らかに距離が長い感じの止まり方で、やはり2000mまでの馬ということか。マイルのほうがかえって向くかもしれない。馬自体は初めて実物を見たが、流れるような歩きをする馬で、いい馬であるのは間違いない。クラシックでは戴冠はならなかったが、まだまだこれから頑張ってくれるだろう。


Photo_6

アルフレード (シンボリクリスエス) 13着
募集時評価 C-E-C-D

硬い馬場を気にして全力を出し切れなかったとのこと。距離かな、という気もするが、今回のところはいずれにしても仕方ないだろう。秋以降どうなるのかは不明だが、短めの距離を使っていったほうが良さが生きる気がする。


| | Comments (0)

May 13, 2012

2012/5/13(日)結果

今日はヴィクトリアマイル(GⅠ)に行ってきました。

Photo_5

レースを盛り上げる白馬とドレスの女性が現れました。


1

優勝したホエールキャプチャです。クラシックでは惜しい競馬が続きましたが、ようやっとのG1勝ち。これくらいやれて当然の馬でもありますし、今日は鞍上も好騎乗でした。やはりクロフネの仔は牝馬は走りますね。関係者の皆様優勝おめでとうございます。


2

最後の直線コース。敢然とホエールキャプチャが先頭に立ちました。


3

喜びを爆発させた横山典騎手。


Photo

2着のドナウブルーです。ディープインパクト産駒はやはりマイルは特に強いですね。


Photo_2

3着のマルセリーナ。この馬もディープインパクト産駒。桜花賞馬の意地を見せました。今回は田辺騎手とのコンビで臨み、3着に食い込みました。


Photo_3

4着のキョウワジャンヌです。ここ2戦は不振でしたが、秋華賞2着馬の復活の兆しが見えました。


Photo_4

5着に終わったアパパネ。力は抜けていますが、やはり調子が万全ではなかったのでしょう。牝馬は一旦落ち込むと難しいですね。それでも5着に入ったのは地力のある証拠。ただ、以前のような状態に戻すのは、ちょっともう難しいのかもしれません。

馬券はホエールキャプチャから行ったものの、ドナウブルーが抜けてしまいハズレでした。まあ3連単しか買ってなかったので、外れて納得でした。

| | Comments (0)

May 07, 2012

2012/5/6(日)結果

 NHKマイルカップを見に行こうと思い、外に出た瞬間から急に大雨に。自転車で突撃するのは無謀だし、かといって、今から電車では間に合わない、ということで結局見に行けませんでした。関東では竜巻も起きるような不安定な気候でしたが、レースはカレンブラックヒルが鮮やかに逃げ切り優勝。2着以下に決定的な差をつけました。
 近年は、道中タメて、直線で差す、というのが王道となっていますが、やはり強い先行馬が現れると、レースの面白さ、複雑さが倍増します。優勝したカレンブラックヒルの半妹は東京サラブレッドクラブでまだ募集中。3着のクラレントの半弟も東京サラブレッドクラブの募集馬でこちらはすでに満口。2着のアルフレードを一口持っていて、さらに前記2頭に出資している人がいたら、ある意味最高の一日だったかもしれません。
 一つ残念だったのは、一番人気マウントシャスタの斜行による失格。結局のところ実力的に通用したのかどうかは不明ですが、鞍上の岩田騎手は腕は達者だが、こういうラフプレーが多いのが残念。これで4日間に騎乗停止となり、来週、再来週の競馬は乗り替わりとなってしまいます。関係者、馬券ファン、一口の出資者、みんなガッカリです。


【東京11R NHKマイルC GⅠ 芝1600m】

アルフレード (シンボリクリスエス) 2着
着募集時評価 C-E-C-D

先行策で2着。外枠からだったが鞍上の好リードもあり、無理なく前につける。今日の流れを考えれば前につけなければ勝負にならなかったと考えられるし、鞍上は完璧に乗った。今日は勝ち馬にすべてが味方したような馬場、流れになってしまい、2着が精一杯だった。レース直前の大雨がどれだけ影響したかはわからないが、直前まで晴れていたので、できれば好天のままレースをさせてあげたかった。ただまあ勝った馬は素直に強かったわけだし、この馬もマイルならやはり強いということを再確認できた。次走はダービーなのか安田記念なのかは未定のようだし、やってみないとわからない部分ももちろんあるとは思うが、マイル路線を進んだほうが良さが出る気がする。

| | Comments (0)

May 06, 2012

2012/5/5(土)結果

午前中にちょっとだけ東京競馬場に行ってきました。

ワイルドアプローズ (ワイルドラッシュ) 9着

Photo

2

馬体重は大きく減っていたが、細すぎるという感じはなかった。ただ、毛艶を含めて、万全の状態とは思えなかった。レースではうまく流れに乗れていたような感じだったが、直線半ばで力尽き9着。食べたものが身になっていない感じで、道中の行きっぷりを見ても能力はあると思うが、体調面がもう少ししっかりしてきて欲しいところだ。

| | Comments (0)

May 04, 2012

競馬王POG

デイリーPOG、ギャロップPOGに続き、競馬王POG本も発売になりました。

競馬王POGは、これらの中では一番読み物的な要素が強く、一覧性よりは詳細な内容が重視されています。東サラだとやはりレッドアリオンが色々と取り上げられていました。その他、取り上げられる馬はだいたいどの本でも同じで、良血、兄弟が活躍している馬、デビューが早そうな馬、というところです。牧場ごと、厩舎ごとのインタビューも結構充実しているので、買って損はないかなと思います。個人的には、追分ファームリリーバレーのマンガが面白かったです。

| | Comments (0)

« April 2012 | Main | June 2012 »