« June 2012 | Main | August 2012 »

July 2012

July 30, 2012

雑談

今週半ばまで、かなり多忙でして、更新が滞っております。
東京サラブレッドの残り2頭の動画が出たら、その分だけはなんとかしたいと思っていたのですが、なかなかUPされないですね。
今日以降ますます忙しくなるので、残りの2頭については週末くらいに補完できたらいいなと思っています。
その後締め切りまでに、注目馬を抜粋して取り上げたいと思っています。

| | Comments (0)

July 25, 2012

2012年 東京サラブレッド募集時評価 その4

引き続き、東京サラブレッド募集時評価のその4です。
33番と34番はまだ動画がないので、評価できない状態です。
動画がUPされ次第、加えたいと思っています。


25 ディクシージャズ11 (スペシャルウィーク) メス 2,200 音無
募集時評価 C D E E

すごい曲飛の馬で、飛節に力があればよいが、どうもそういう感じではない。肩も硬く、全体のリズムも残念というほかない感じ。半兄があれだけ活躍しているのだから、血統的にひょっとしてということはあるのかもしれない。一方で、悪いほうに出れば、出遅れを繰り返し前にもつけられず付いて周るだけということもあるかもしれない。


26 ディオニージア11 (フジキセキ) 牡 3,000 久保田
募集時評価 C B D C

ほぼ確実にダートだろう。繋ぎは短く太く、硬いタイプでダートなら計算が立つ馬だ。厩舎もダート向きの厩舎で適材適所と言えるだろう。悪くない馬なのだが、今年のこのクラブの募集馬はなぜかダート馬が豊作なので、無理してコレを選ぶ必要もないかも。


27 ブライダルスイート11 (チチカステナンゴ) 牡 2,400 大久保洋
募集時評価 C C C B

後脚の踏み込みは力強く、動き自体は好感が持てるのだが、後脚のブレがちょっと気になってしまう。成長を見守って問題なさそうなら、未知の血統の魅力もあるし非常に面白そうな馬だ。


28 クラシカルテースト11 (メイショウサムソン) 牡 1,800 手塚
募集時評価 C B C C

母自身懐かしい感じの血統馬なのだが、いかんせん歳を取りすぎたか。後に力強さはあり、全体的にまとまってはいるのだが、血統的にあまり大きな期待はできなさそう。


29 ベルモット11 (スウェプトオーバーボード) 牡 1,600 尾関
募集時評価 D B C C

半兄のレッドシュナイトはダートで勝ちあがり、半姉はつい先日地方でデビューして新馬戦2着。ダートなら確実性の高い血統だ。ただ、この父の産駒で、かつ、この馬体で中央で通用するのかどうか。地方と違い中央は期限があるので、早めにデビューできそうだったら面白いかもしれない。


30 リトルディッパー11 (トワイニング) 牡 1,600 大竹
募集時評価 B B D C

注目されるような血統ではないが、安い馬の中では良いと思う。トモもしっかりしていて後も力がある。現状は芝・ダートどちらになるのか、ちょっとわからないが、ダートのほうが出世の可能性は高いように思う。こう言っちゃナンだが、売れるはずのない血統なので、じっくり様子見して適切なタイミングで判断したらいいだろう。


31 クーデンビーチ11 (Medaglia d'Oro) メス 1,400 安田
募集時評価 B C C C

謎の持ち込み馬。安いのでどんなにひどいのかと思っていたら、馬体自体は十分魅力的。ただ日本になじみのない血統なので、どんな距離、コースに向くのかも全くわからない。開けてびっくりのギャンブル馬として気にしておきたい。ただまあ、こういうタイプの持込が、最近は走ったためしがないので、変な期待はしないほうが良いとは思うが。


32 モトメチャン11 (ステイゴールド) 牡 2,200 二ノ宮
募集時評価 C B B B

やや重心が前に寄っているが、動き自体は良いと思う。後脚もしっかりしているし、全体としてまとまっている。ただし血統面から考えると、大きな期待をするのは厳しい感じ。コツコツ頑張ってくれれるタイプだろう。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

| | Comments (0)

July 24, 2012

2012年 東京サラブレッド募集時評価 その3

今日も引き続き、東京サラブレッド募集時評価のその3です。
変に芝のクラシック向きを探すよりも、ダートの大物を狙うのもいいのかなあと思う今日この頃です。


17 ハトシェプスト11 (ステイゴールド) 牡 3,000 戸田
募集時評価 C C E D

小さくまとまっていて、肩が硬く動き自体もダイナミックさというものはない。ステイゴールド産駒は正直言って馬体からは読めない部分が多々あると思うので、これでも走るのかもしれない。ただ血統的に見ても特にこの値段になるような要素はない気がする。割高と感じる。


18 ディソサード11 (ステイゴールド) メス 1,600 須貝
募集時評価 C C D C

馬体的には特別悪いところもないが、柔らかい感じというわけでもない。好調の厩舎に所属し、その点は期待が持てる。ただいくらなんでも母が高齢すぎるし、そもそもステイゴールドの牝馬を好き好んで買う必要があるのかどうか。じっくり様子をみて、動きが良いようなら考えてもいいと思う。


19 ミスユーフラン11 (ネオユニヴァース) 牡 1,800 松田国
募集時評価 C B C C

ネオユニヴァース産駒としては普通の感じ。血統的な裏づけがないので安めの値段になっているが、馬体的には後に力強さもあるし、特に硬いわけでもなく値段的にはお買い得な感じはする。ただ、マツクニ好みの馬かどうかという点では、ちょっと疑問。ビシビシやってもらってぶっ壊れても後悔しないという想いがあるのなら面白い感じの馬かもしれない。


20 マニエラ11 (ハーツクライ) メス 1,600 古賀
募集時評価 B D C B

半姉のマニエリスムは700万円で社台地方オーナーズで募集され、南関東で重賞勝ちしている。半兄はこのクラブで募集され、やはりダートで勝ち上がっている。ということは、普通に考えればダートのはずだし、ダート向きなら半姉が重賞勝ちしているのだから引き続き地方オーナーズに出せばいいはず。中央に配属させるということは芝向きなのか、それとも地方ではもったいない馬なのか。まあ地方所属で1,600万円の牝馬というのは割に合わないので実際にはありえないが、色々と考えると面白い要素を持っている馬だと思う。良いトモをしており、歩くリズムも良い。唯一、後脚が頼りないのが残念だが、このまま順調に成長するようなら楽しめるかもしれない。


21 スターベゴニア11 (ハーツクライ) 牡 1,800 友道
募集時評価 C C C C

馬体的には、現在のところ小さくまとまっているが、4月後半の生まれなので、まだ大きくなるだろう。良く言えばまとまっているし、悪く言えば大物感は感じないということになる。この値段でこの厩舎だと、果たしてまともに使ってくれるのか、という疑問が残る。馬体とか血統以前にリスクがある馬だ。


22 サンデーピクニック11 (コンデュイット) 牡 2,400 鹿戸
募集時評価 C C D C

馬体的には特に強調点はない馬。ただ背から腰にかけての感じはあまり好きなタイプではない。個人的にはコンデュイットの産駒が欲しいならば、産駒を大量生産しているクラブで買ったほうがいいと思っている。社台系のクラブでどうしても産駒が欲しいなら悪くはないと思う。


23 アドマイヤリッチ11 (ジャングルポケット) メス 1,400 平田
募集時評価 C C C D

今年G1を勝った厩舎でもあり、馬体的にも特に問題があるわけでもないので、安めの馬を望むなら悪くないかも。母父サンデーのこの父の産駒からは活躍馬が出ているだけに、血統的な後押しがありそう。じっくり様子を見てから考えてもよい気はするが。


24 シェアザストーリー11 (スペシャルウィーク) 牡 3,600 石坂
募集時評価 A B C A

カタログの段階ではちょっと高いなあという印象だったが、DVDを見て気持ちが変わった。DVDのほうが断然良く見える。現時点で体もあるのでトモもその分大きいというのもあるが、なんにしても良いトモをしている。全体のバランス及び動きのダイナミックさでは、今まで上から順に見てきた中では一番と感じる。繋ぎは立っていて、恐らくはダート向き。スペシャルウィークの牡馬からは結局いつまでたっても大物は出なかったが、この度やっとゴルトブリッツというダートの大物が出現した。この形がスペシャルウィーク産駒の成功のパターンなのかもしれない。所属厩舎もダートの超大物を輩出している厩舎だし、変に寄り道せずダート路線を突き進んでくれたら最高だ。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

| | Comments (4)

July 23, 2012

2012年 東京サラブレッド募集時評価 その2

今日も引き続き東京サラブレッド募集時評価のその2です。
抜けた感じの馬はいないので迷いますが、かえって選び甲斐があるというものかもしれません。


9 ダンスーズデトワール11 (ゼンノロブロイ) 牡 3,600 藤沢和
募集時評価 C B C B

クズが出ない血統で、兄弟姉妹もだいたいが勝ち上がっている。全兄のルルーシュは将来的には重賞に届く器でもあるし、全弟であるこの馬は確実性は相当に高そうだ。品のある馬で歩くリズムも良く、後脚も狂いはない。欲張りすぎかもしれないが、血統的には特別な存在ではないし、ゼンノロブロイ産駒は今年は特にいい馬が多数いるので、色々と冷静に比較するとちょっと割高なのかなあという気もしてしまう。確実に勝ちあがる馬という観点で見るなら、相当に可能性は高いと思う。


10 マンダララ11 (ゼンノロブロイ) メス 2,000 藤沢和
募集時評価 D D C B

トモもあまり迫力はなく、後脚も頼りない感じ。一つ上の半姉はタキオン産駒で硬かった印象があるが、この馬はそれなりに柔らかく、歩くリズム自体は良いほうと思う。上も走っていないし、ちょっと割高かなという気もする。


11 アルウェン11 (ゼンノロブロイ) メス 1,600 鹿戸
募集時評価 B D E D

良いトモをしていて、期待したのだが、肩は非常に硬い。ダート向きということであれば硬いこと自体はよいのだが、この馬の場合歩くリズムもよくないし、後脚も頼りない感じ。ただ、将来的に変わってくる可能性もあるので、成長を見守りたい馬だ。


12 サセッティ11 (ゼンノロブロイ) 牡 2,600 角居
募集時評価 C B C D

人気厩舎に所属し、トモはまあまあ。後脚は力強さがあり良い感じ。横から見ると肩の出が左右で一定でない感じで、そのせいか全体の動きも今一つと感じる。人気厩舎所属だけに様子見はできないだろうが、本当なら成長を見守りたい馬だ。


13 フェアリーバラード11 (ゼンノロブロイ) メス 2,000 松田国
募集時評価 D C C C

Haloの3×3というかなりキツいクロスが入っており、それをどう判断するか。馬体的には可もなく不可もなくという感じ。所属厩舎は今年からまた以前のようにビッシリ調教するようになって成績も上向いてきたが、牝馬はそんなにビシビシやらないので故障の心配はあまりする必要はないだろう。


14 スタイルリスティック11 (マンハッタンカフェ) 牡 3,200 国枝
募集時評価 B B C B

母父Storm Bird はショウナンマイティという成功例がいる配合で期待が高まる。ただし馬体自体は切れで勝負する先輩とは違い、アメリカ系のパワーが前面に出た感じ。マンハッタンカフェ産駒は緩い馬が出ることが多く、この馬はそれをアメリカ系の硬いガッシリ系で補ったタイプか。大型馬だが、マンハッタンカフェ産駒は大型のほうが走る。問題は一つ上の半姉が気性面で問題を抱えており、この馬もそういう面で苦労しないかどうか。DVDからは、なんとなくイヤな感じがするのだが。


15 マチカネハヤテ11 (マンハッタンカフェ) 牡 2,000 松永幹
募集時評価 B D C C

良いトモをしており、馬体はそこそこまとまっている。少し後脚が頼りない感じはする。馬体は小さめだが5月生まれだからまだまだ大きくなるだろう。血統的には短いところで活躍を見込みたいが、牡馬でこの値段ということは、あまり大きな期待はするのは厳しいということだろう。


16 バルドネキア11 (マンハッタンカフェ) メス 2,000 石坂
募集時評価 C C C C

全体的に悪いところはなく、血統的にも重賞馬の半妹だから割安感はある。ただし母ももう高齢になっているし、さすがに半姉のような活躍は見込めないのではないか。成長を見守りたい。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

| | Comments (2)

July 22, 2012

2012年 東京サラブレッド募集時評価 その1

東京サラブレッドクラブのカタログ・DVDも一通り見終わりましたので、今日から何日かかけて、自分勝手に募集時評価をしたいと思います。例のごとくではありますが、枯葉も山の賑わいといった感じで、軽い気持ちで受け流していただければと思います。


1 リーチフォーザムーン11 (ディープインパクト) 牡 3,600 藤沢和
募集時評価 B B B B

まとまりのある馬体で、柔らか味もあって良いと思う。兄弟からはコレといった馬は出ていないが、叔父にはアグネスデジタルなどがいて、血統的には筋が通っている。芝向きだと思うが、距離は2,000mまでの感じか。所属厩舎が嫌いでなければ、悪い買い物ではないと思う。


2 ヴァレンティン11 (ディープインパクト) 牡 3,400 矢作
募集時評価 B D B B

タイキゆかりの血統にディープインパクトがついて、所属厩舎も旭日の勢いの関西有力厩舎。トモもディープインパクト産駒にしては良いほうだと思うし、全体のリズムも悪くない。ただ右後が若干気になる。血統的には曾祖母から連なるところまで遡らないと活躍馬はおらず、ややパンチ不足か。有力厩舎だが、その分芳しくない成績の場合は後回しや追放処分の対象にあるかもしれないことを考えると難しい部分はある。


3 ニアメ11 (ディープインパクト) 牡 2,400 藤原英
募集時評価 C E C C

DVDで見る限りかなり小さそうな感じで、一瞬牝馬かなと思ってしまう。ある意味ディープインパクトらしい馬体で仕上がり早そうな点は好材料か。トモはまあ及第点といったところだが、後脚に力がなく、飛節のブレが大きいのが気になるところ。仕上がりは早くとも、ビッシリ仕上げない厩舎での調整となると、思うような使われ方がされないかもしれない。


4 シンディ11 (ディープインパクト) メス 2,000 角居
募集時評価 C D D D

こぢんまりとまとまった感じで、全体のリズムもどこかギクシャクしている。後脚も棒足気味で力強さに欠ける。名門厩舎に所属するので、厩舎の技術でポンポンと行ければよいが、くすぶった場合には真っ先に追放処分の対象になりそうなのが心配。


5 ダラバンカ11 (キングカメハメハ) 牡 3,000 藤沢和
募集時評価 C C C C

母系は結構優秀で、濃いクロスもないし、血統的には面白いところがある馬だが、トモ、全体のリズムなど、総合して感じるイメージは中庸な感じ。キングカメハメハ産駒ならばもう少しトモがあって欲しい。悪いところは一つもないが、キンカメ産駒なら他のクラブにも似たような値段で良さそうなのがいそうな気がするので、ぜひコレをとまでは行かないか。


6 マイノチカラ11 (キングカメハメハ) 牡 3,000 松田博
募集時評価 C C D C

まだ子供っぽい感じでこれからトモなどもまだ成長すると思う。キンカメ産駒らしい硬さがあって、ある意味確実性は高いかもしれない。ただ特別な良血というわけでもないし、パンチ不足な感じは否めない。成長次第で変わってきそうな馬ではある。


7 ウインドハック11 (ダイワメジャー) メス 1,600 宗像
募集時評価 C E C B

歩くリズムはよいし、トモも牝馬としてはそこそこあって良さそうなのだが、後脚が頼りない感じ。関東牝馬だし、こういうタイプは様子見してから決断してもいいだろう。うまく仕上がれば楽しませてくれそうな馬だ。


8 タッチフォーゴールド11 (ダイワメジャー) メス 2,000 橋口
募集時評価 B D D D

トモも丸みがあって牝馬としては非常に良い感じで、立ち姿もバランス良く期待が高まったが、歩かせてみると、そうでもないという感じ。何だか歩くリズムが終始ギクシャクしているし、後脚も頼りない。関西の名門厩舎所属だけに様子見できるかどうかわからないが、成長を見守ってから判断したい馬だ。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

| | Comments (4)

2012年東京サラブレッド募集馬の印象

カタログ、DVDともに一通り見てみました。全体の印象としては、これは!というような、唸るほど素晴らしいと言える馬はいないものの、逆に、なんだこれはという変なの(失礼)もいないという印象です。と、同時に、やはり値付けに比例して高い馬は総じて良さそうに見えます。

2010年産が大量に売れ残っているためか、価格的にはかなり良心的というか、中庸な馬は総じて去年より値引きがされているように思えます。ただ、実は1頭あたりの平均価格は2,400万と、去年とそんなに代わってないんですが。

今日の夜から何とか時間をみつけて、早速募集馬評価にとりかかろうと思っています。

| | Comments (0)

July 21, 2012

2012年東京サラブレッド 厩舎・価格

本日東京サラブレッドクラブのカタログが届きました。
忙しくて、まだざっとしか見ていないのですが、14番、34番が気になりますね。
来週以降8月の頭あたりまで忙しいので、募集時評価をいつできるか定かではないのですが、締め切りまでにはなんとかしたいと思っています。
とりあえず、厩舎と価格の一覧です。


1 リーチフォーザムーン11 牡 3,600 藤沢和
2 ヴァレンティン11 牡 3,400 矢作
3 ニアメ11 牡 2,400 藤原英
4 シンディ11 メス 2,000 角居
5 ダラバンカ11 牡 3,000 藤沢和
6 マイノチカラ11 牡 3,000 松田博
7 ウインドハック11 メス 1,600 宗像
8 タッチフォーゴールド11 メス 2,000 橋口
9 ダンスーズデトワール11 牡 3,600 藤沢和
10 マンダララ11 メス 2,000 藤沢和
11 アルウェン11 メス 1,600 鹿戸
12 サセッティ11 牡 2,600 角居
13 フェアリーバラード11 メス 2,000 松田国
14 スタイルリスティック11 牡 3,200 国枝
15 マチカネハヤテ11 牡 2,000 松永幹
16 バルドネキア11 メス 2,000 石坂
17 ハトシェプスト11 牡 3,000 戸田
18 ディソサード11 メス 1,600 須貝
19 ミスユーフラン11 牡 1,800 松田国
20 マニエラ11 メス 1,600 古賀
21 スターベゴニア11 牡 1,800 友道
22 サンデーピクニック11 牡 2,400 鹿戸
23 アドマイヤリッチ11 メス 1,400 平田
24 シェアザストーリー11 牡 3,600 石坂
25 ディクシージャズ11 メス 2,200 音無
26 ディオニージア11 牡 3,000 久保田
27 ブライダルスイート11 牡 2,400 大久保洋
28 クラシカルテースト11 牡 1,800 手塚
29 ベルモット11 牡 1,600 尾関
30 リトルディッパー11 牡 1,600 大竹
31 クーデンビーチ11 メス 1,400 安田
32 モトメチャン11 牡 2,200 二ノ宮
33 ハリウッドドリーム11 牡 2,400 友道
34 チャールストンハーバー11 牡 5,800 安田

| | Comments (0)

July 20, 2012

一口馬主の金言その5

今日は久しぶりに一口馬主の金言を。まあ今回のは金言というより、心の持ちようといった感じですが。


【金言その5:戸山師の金言】

「馬を見る目というのは、プロになればほとんど同じで、優秀なのから高値で姿を消していく」

-「鍛えて最強馬をつくる」 戸山為夫著より

20年前、短距離血統で、絶対に2400mはもたないと言われたミホノブルボンを鍛えに鍛えて無敗のダービー馬に育て上げた戸山師の言葉です。

こう言われてしまっては、身も蓋もない気もしますが、これが真実でありましょう。

馬は血統で決まる。戸山師はその本質をわかりすぎるほどわかっていたからこそ、大牧場の良血馬に対抗するには、馬を鍛えるしかないと感じていたのだと、20年経った今になって改めてわかった気がします。坂路調教、インターバルトレーニング、持ち乗り制度、今でこそあたりまえのように行われているこれらの「調教技術」を生み出し、それによって、生まれながらの「素質」の差分を埋めようと努力した戸山師は、日本競馬史上の大改革者と言ってよいでしょう。戸山師が行った「改革」は、20年経った今まで続く西高東低の基礎をつくったのです。

しかし、現在は戸山師が新たに開発した調教技術も、あたりまえのことになってしまいましたし、今はそういう技術面では大牧場のほうがより優れていると言えるでしょう。そうすると、ますます血統どおり、値段どおりに馬が走る傾向が強くなるのではないかと思います。

一口馬主でもその傾向は今後強まっていく気がします。もちろん安い馬の中にもそれなりに走る馬は出るでしょうが、かつてのオグリキャップやミホノブルボンのような重賞を総なめにするような馬の出現を期待するのは難しいのではないでしょうか。

では、我々、プロでもないただの素人である人たちはどんな心構えで一口馬主の世界と付き合っていけばいいのでしょうか。戸山師は、その答えも20年前に教えてくれています。

「馬にはリスクがついてまわる。順調に行ってある程度の賞金をとっても、馬によほどの才能がなければトータルするとマイナスになる。しかし、馬を持って、その馬が勝てば天下を取ったような気分になれます。仲間の間でもいくらか株が上がるかもしれない。そういうことを秤に乗せて考えていただければ馬を持った値打ちがございますよ。」

興味がある方は、「鍛えて最強馬をつくる」を古本で手に入れてぜひ読んでみてくださいね。きっと人生の役に立つと思いますから。。

| | Comments (2)

July 16, 2012

東京サラブレッド募集馬発表

東京サラブレッドクラブの2012年度の募集馬が発表されました。
個人的な印象としては、期待以上であったと感じています。
2011年募集で大量の売れ残りが生じたゼンノロブロイ産駒は5頭と控えめになり、ディープインパクト産駒は牡3頭、牝1頭と、期待以上のラインナップ。キングカメハメハ産駒が2頭しかいないのはやや残念ですが、その他もG1馬の弟や妹もラインナップされており、面白いメンバー構成になったと思います。シンボリクリスエス産駒が1頭もいなくなったのも、ある意味、色々と考えているなと思います。

話がちょっとずれるのですが、ここでキャロットについて。あくまで、私の現時点での予想ですが、今年はキャロットクラブは昨年に比べて満口率が下がる気がします。1次募集の制度改正によって、キャロットでは最優先の馬に申し込んで外れた場合に、翌年以降の抽選で優先権が発生することになりました。その改正により、今年は人気馬には最優先での申込みが極端に集中するのではないかと思っています。で、運悪く外れてしまった人は、優先権がもらえたんだから無理に今年「次善の馬」に出資するよりは、お金をキープして来年「本当に欲しい馬」に出資したほうが良いと考えるのではないかと。そうすると、一部人気馬は1次募集で当然満口になるも、中庸な馬から安めの馬は結構様子見できそうな感じがします。

とまあ、そういうことを前提に考えると、東京サラブレッドは最優先枠とかはない完全抽選ですし、会員数も今のところあまり多くないので、抽選も通りやすいでしょうから、結構参加者が増えるのではないか?と考えています。キャロットだったら、ディープインパクト産駒は多分どうやっても1頭しか買えないでしょうが、東京サラブレッドなら4頭全部に出資することも可能ですから。

今のところの自分の希望としては、キャロットでは最優先1頭のみ、おそらくディープインパクト産駒に申し込むでしょうから、その予算をキープしつつ、残りは東京サラブレッドに傾けようかなと思っています。

私が今のところ注目している東京サラブレッドの募集馬は、スタイルリスティックの11(マンハッタンカフェ)の牡馬ですね。母父がStorm Cat でショウナンマイティと同配合。母系は大変優秀ですので、期待が膨らみます。なんにしても、早く募集価格と馬体を見たいものです。楽しみが広がりますね。


| | Comments (6)

July 14, 2012

キャロット募集馬発表

本日キャロットクラブの会員サイトで2012年度の募集馬が発表されました。

同時に、抽選制度も改正されました。

実質、社台・サンデーと同様に、第一希望(最優先枠)が絶対的な強さで、最優先で埋まった馬には、第2希望以下(一般枠)では申し込めないという内容のようです。

あと、最優先枠で外れると、翌年の最優先枠で優遇されることになるようです。
これで毎年最優先が外れてしまうという悲しい出来事を回避できることになりそうですね。

その他もろもろの細かい条件はあるようですが、まあ、その他はそんなに大きくは変わらないようです。

さて、注目の募集馬についてですが、ディープインパクト産駒が牡牝、各4頭。キングカメハメハ産駒が牡5頭、牝2頭、その中にはトゥザグローリーの全弟も含まれます。注目のディープインパクト産駒は、牡が、ココシュニックの11、ディスカバリングビューティーの11、フォーシンズの11、スキッフルの11。牝が、オールザウェイベイビーの11、ヒストリックスターの11、ドルチェリモーネの11、ディアデラノビアの11。

なかなか良さそうな産駒が揃いました。
後は厩舎と馬体を早く見てみたいですね。もちろん値段も重要です。

やっぱりディープ産駒に票が集まりそうな気がします。トゥザグローリーの全弟のトゥザヴィクトリーの11も、もちろん注目ですが、さすがに母も高齢になってきたので、ちょっとどうかなという気がします。

いずれにしても、楽しみになってきました。

| | Comments (0)

July 12, 2012

産駒の特徴 ステイゴールド

今日はステイゴールドです。

★ステイゴールド

1.血統面

・母父メジロマックイーンの牝馬とは言わずと知れたニックス。ドリームジャーニー、オルフェーヴル、フェイトフルウォー、ゴールドシップと、すでに4頭の重賞勝ち馬、そのうち3頭は3冠馬を含むGⅠホース。ニックスの見本のような奇跡の組み合わせだ。

・ノーザンダンサー、ノーザンテーストのクロスは歓迎材料。オープン馬のうち、5代内にノーザンダンサーのクロスがないのは、パーフェクトジョイ、トゥニーポートの2頭のみ。ノーザンテーストのクロスは、ドリームジャーニー、オルフェーヴル、バウンシーチューン、コスモプラチナ、レジェンドブルー。

・基本的には成長力のある晩成タイプだが、アメリカ型の筋肉質の血を持った肌につけると、それなりに早い時期から活躍する傾向。ただし、その場合古馬になると成長が止まる可能性あり。

・気が強く手におえない場合もあるが、精神的にタフな馬も多く、道悪など悪天候に強い。


2.馬体面

・サンデーサイレンスの後継種牡馬の中で、最もサンデーサイレンスに近い質の筋肉を持っている。

・闘争心のある鋭い目つきで、父似の顔立ちの馬が良い。

・総じて軽量で、骨格自体も細め。パワーよりもスピードを活かした芝馬が多い。

・前から見た馬体の幅が薄く、繋も細い。

・小柄でも胴の長さがあり、中距離以上に向く。腹袋もしっかりしている馬が良い。

・体高は低めで、サンデーサイレンスの血特有の薄い皮膚を持つ。

・高さのある蹄で、道悪適正のある馬が多い。


| | Comments (0)

July 06, 2012

産駒の特徴 ダイワメジャー

今日は初年度からG1馬が出た、ダイワメジャー産駒の特徴です。

★ダイワメジャー


1.血統面

・ノーザンダンサー系との相性が良い。

・ダンシングブレーヴ系、特にホワイトマズルの入った繁殖相性が良い。

・ディープインパクト産駒やステイゴールド産駒に比べ瞬発力で劣る。

・出走回数、出走頭数が多く、仕上がりが早い傾向。

・仕上がり自体は早いが、成長力は今のところ不明。


2.馬体面

・ダイワメジャー自身はノド鳴りで苦労したが、骨格がしっかりしており体質自体は丈夫。産駒にもそれが伝わっている。

・筋肉は柔らか味があり、量が豊富。

・サンデー産駒は薄い皮膚が特徴的だったが、本馬の産駒は厚めで繊細さに欠ける。

・顔立ちも含め父似の産駒が活躍傾向。

・トモが大きく丸みを帯びて筋肉量が豊富な馬がよい。

・胸が深く心肺機能が高そうな馬がよい。

・骨太でパワーがありそうな馬がよい。


3.その他

・初年度産駒は2歳戦で31勝し、初年度産駒の勝利数としては歴代2位の優秀なものだった。

| | Comments (0)

産駒の特徴 キングカメハメハ

今日はキングカメハメハについての産駒の特徴です。


★キングカメハメハ

1.血統面

・ネヴァーベンド系、グレイソヴリン系との相性が良い。
→フィフスペトル、ローズキングダム、ルーラーシップ、レディアルバローザ等

・ミスタープロスペクターのクロスは100頭近くいるが、オープン馬は1頭のみとなっており、マイナス材料。

・ノーザンダンサーのクロスは活躍馬が多い。

・ノーザンダンサーとセクレタリアトを併せ持つ繁殖ならなお良い。

・ヌレイエフのクロスは、オープン馬はトゥザグローリーのみだが、28頭中、16頭勝ち上がり。

・ニジンスキー、ロベルト、ダマスカスを持つ繁殖もよい。

・サンデー系牝馬で母自身が重賞勝ち馬の場合、仔もオープン級が多い。
→トゥザグローリー、ローズキングダム、エオリアンハープ、トーセンアドミラル、ベルシャザール

・つまり著名な母の産駒は素直に走る傾向。


2.馬体面

・この父系特有の筋肉の硬さがあり、関節も硬め。

・サンデー系牝馬と交配され柔らか味が出た馬が活躍している。

・顔が短く首の付け根の太い馬が良い。

・トモが大きく丸みを帯びている馬がよい。

・前腕部の上部が太い馬が良い。

・骨格が細めで、トモが小さく、やせている馬は良くない。


| | Comments (4)

July 05, 2012

産駒の特徴 ディープインパクト

まだまだこれからも募集は続きます。
今後のために、色々な本から抜き出した産駒の特徴をまとめておきたいと思います。
私の好きな競馬最強の法則をはじめ、青本、赤本、黄本、黒本の各POG本その他の本を参考にまとめました。中には都市伝説っぽい内容もあるかもしれませんが、とりあえず書き出せるだけ書き出してみました。
今日は、まずディープインパクトからです。


★ディープインパクト

1.血統面

・ノーザンダンサー、リファール、ヘイローなどのクロスがあっても関係なく走る。
→トーセンラー、ディープブリランテ、フレールジャック、アダムスピーク等

・全姉、全兄が活躍している場合は、全妹、全弟も活躍する可能性が高い。
→ドナウブルー→ジェンティルドンナ、トーセンレーヴ→ジョワドヴィーヴル

・輸入繁殖牝馬の仔が走る。つまり持ち込みの下が走る。

・日本で最も高速馬場に向くタイプの種牡馬。

・グローリアスソングの全兄弟(デヴィルズバッグ、エンジェリックソング、セイントバラード)を含む繁殖との相性がよい。
→ダノンバラード、フレールジャック、アダムスピーク、ヴィルシーナ

・カーリアンを含む繁殖とも相性がよい。
→トーセンレーヴ、ジョワドヴィーヴル、ボレアス、マウントシャスタ、パララサルー

・その他、フレンチディピュティ、ラストタイクーン、ヴェイグリーノーブル、ダンジグ、ヌレイエフなどとも相性がよい。

・母方の血を伝える傾向にあるので、母方の血を尊重して適性判断するのが吉。

・マイナーな血統、要するにドイツ血統、南米血統から出世馬が出ている。


2.馬体面

・パワー型の筋肉を持つ血統との相性が良い。

・筋肉の量自体は少なめで、筋力で走るのではなく効率の良さで走る。トモが小さめでも走る馬は走る。

・体が小さい馬は仕上がりが早く、早段階から使い出せる。

・一方体が大きい馬は仕上げに時間がかかる。

・2歳の夏から秋にかけてすごく成長する馬が多い。あまりにも仕上がりが早すぎるのはかえって割引かも。

・細長い首にコンパクトな頭部の馬が良い。

・芝向きの薄い蹄及び細長い柔軟な繋ぎが良い。

・繋ぎは総じて細く長く立ち気味の馬が多いが、角度は立っていても着地したときに柔らかく沈む込むような感じがベスト。

・太く長い尾がよい。

・脾腹が細くとも父似なだけで減点する必要なし。


3.その他

・ディープ、池江、ノーザンファームの組み合わせは鉄板
→ワールドエース、マウントシャスタ、トーセンレーヴ、トーセンホマレボシ


| | Comments (0)

July 04, 2012

2012年G1サラブレッド 募集時評価 関西

今日はG1サラブレッドの関西です。
面白そうな馬もいるので注目ですね。


9 シルヴァースカヤの11 (ディープインパクト) 牡7,000万 池江
募集時評価 B-B-B-B

馬体面ではこれといって抜けた要素はない感じだが、この馬の場合はなんと言っても血統面が魅力。半兄は欧州で活躍しており、かつ、近親にはシックスセンスがおり、日本への適正も間違いなさそうだ。厩舎もこれ以上ない厩舎で、社台グループで本年この厩舎に入る貴重なディープ産駒。値段どおり走る可能性は高いと思う。


10 ボンバルリーナの11 (ディープインパクト) 牡5,000万 長浜
募集時評価 C-C-B-C

ディープインパクト産駒らしい馬。牝馬のようにも見える気品のある馬だが、その分力強さは感じない。母父シンボリクリスエスもどう出るのかわからないので不安。所属厩舎も実績ある厩舎だが、さすがに成績が下降傾向になってきた。こっちに行くならもう2,000万出したほうがいい気がする。


11 マウンテンエンジェルの11 (ダイワメジャー) メス1,800万 中尾正
募集時評価 C-D-D-C

ダイワメジャー産駒らしい馬だが、硬いし、あまり力強さも感じない。厩舎も成績が上向いてきているし、値段なりにはやってくれそう。


12 ケイティーズギフトの11 (ゼンノロブロイ) メス1,800万 角田
募集時評価 C-D-C-D

ゼンノロブロイ産駒は今年はやたらと良血馬が多いのでどうしても見劣りする。力強さも全体のリズムも、もう一つという感じ。


13 ニキーヤの11 (ゼンノロブロイ) メス3,600万 池江
募集時評価 C-D-E-D

硬さを感じる馬でやはりダート向きだろう。血統馬で、これからどんどん良くなっていくのかも知れないが、母も高齢だしどうだろうか。


14 グレースランドの11 (マンハッタンカフェ) 牡4,000万 松田博
募集時評価 C-C-C-B

リズム良く歩けているし、良い馬には違いないが、半兄がディープ産駒で5,000万に対して、こちらはマンハッタンカフェ産駒で4,000万。どうしても損した気分になってしまう。


15 エミネントピークスの11 (ネオユニヴァース) 牡2,000万 西浦
募集時評価 C-B-C-C

後に力強さがあってよいが、大物感は乏しい馬。ダートが凄く良さそうとも思えないし、中途半端になるかも。


16 メモリアルサマーの11 (シンボリクリスエス) メス3,200万 浅見
募集時評価 C-C-C-C

品があって、さすが兄にG1馬を持つだけの血統馬ではある。数年前だったら飛びついてしまいそうだ。私も含め皆学んだと思うが、この父の産駒のこういうタイプは思ったほど結果が出ていないのが残念。


17 オルティアの11 (チチカステナンゴ) 牡3,600万 角居
募集時評価 C-B-C-B

バランスよく、後に力もあって、まとまっている。普通にいい馬という感じ。血統的には未知の部分もあり、厩舎人気で実力以上に評価してしまいたくなるが、そこまで特別な馬という感じはしない。もちろん未知の魅力に賭けるという手もあるが。


18 アルスノヴァの11 (ウォーエンブレム) 牡3,600万 池江
募集時評価 D-B-D-C

昨年募集された一つ上の兄が非常によかったので、どうしても比較してしまう。値段は高くなったし、トモはあまり迫力はない。悪い馬ではないと思うが、あとは好みの問題か。


19 シーカーマの11 (Curlin) 牡3,000万 藤岡健
募集時評価 B-B-C-C

トモもそれなりにあるし、力強い歩様で、ダートなら結構やれるのではないか。芝は未知数だが、新種牡馬の持込だけに、ギャンブル的な未知の魅力にはあふれている。所属厩舎も好調だし面白そうな馬だ。


20 ゴールデンドックエーの11 (Smart Strike) メス3,000万 松田博
募集時評価 C-C-C-C

ダート寄りだとは思うが芝でもやれるのではないか。牝馬で実績のある厩舎で、父も日本でそれなりの結果を出しているし、成長次第では面白そう。ただこの値段は少々割高な気もするが。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

| | Comments (0)

July 02, 2012

2012年G1サラブレッド 募集時評価 関東

今日はG1サラブレッドクラブの関東馬です。


1 オリジナルスピンⅡの11 (ディープインパクト) メス3,000万 国枝
募集時評価 C-B-B-C

馬体的には可もなく不可もなくといったところ。そこそこまとまりもあって、ディープ牝馬らしい馬だ。血統的には特別な良血というわけでもないので、現在のディープ産駒人気を反映しての値付けだろう。手ごろな値段のディープインパクト産駒がどうしても欲しいならという感じ。


2 ビーチフラッグの11 (キングカメハメハ) 牡3,000万 田中剛
募集時評価 C-C-C-C

大物感はないものの、非常に堅実な血統で、確実性は高そうだ。一方、馬体的にも血統的にも中庸な感じで、大きな夢を見れるという感じではない。


3 ホリデイオンアイスの11 (キングカメハメハ) 牡2,400万 鹿戸
募集時評価 B-B-C-C

遅生まれの割にはまとまりがあるし、後に力強さがある。血統的にも筋は通っているので、活躍する可能性は秘めている。父キングカメハメハ、母父ダンスインザダークの組み合わせにはショウリュウムーンという成功例がすでにあるのも頼もしい。面白そうな馬だ。


4 サンヴィクトワールの11 (キングカメハメハ) メス2,400万 斉藤誠
募集時評価 D-D-C-C

トモに迫力がなく、いくら牝馬とはいえ、もう少し後に力があって欲しい。牝馬としては安いわけでもないので、お買い得とは言えない感じだ。


5 テイクミーハイヤーの11 (ダイワメジャー) 牡3,600万 大久保洋
募集時評価 A-A-D-C

非常にダイワメジャー産駒らしい産駒で、トモもこの時期でこれなら素晴らしい。後に力もあるし確実性は相当高いだろう。やや硬さのあるタイプなので距離はあまりもたないと思うが、マイル前後で計算が立つ馬だ。数を使ってくる厩舎に所属なのも、確実性という面では頼もしいところだ。


6 ハートサムデイの11 (ゴールドアリュール) メス1,400万 高木
募集時評価 C-D-D-C

硬さがあって、後にもあまり力を感じない。ダートの短いところで前に行って粘るというようなタイプか。値段相応ということでよさそうだ。


7 ヴァルパライソの11 (チチカステナンゴ) 牡3,000万 二ノ宮
募集時評価 C-C-D-C

アルゼンチンの母系にチチカステナンゴということで未知の魅力は感じるが大ハズレの危険性も秘める馬。馬体的には特別これといったところもなく、手を出しづらい馬だ。


8 テイクワンズアイの11 (ジャングルポケット) 牡2,800万 奥平
募集時評価 C-D-B-B

まとまりがあって、母父もサンデーサイレンスだし、この父の産駒が欲しいならという感じ。ただ私的には論外厩舎に所属なので興味はない。

(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。


| | Comments (0)

« June 2012 | Main | August 2012 »