« キャロット厩舎ランク(関東) | Main | 競馬最強の法則10月号その他 »

September 10, 2012

2012年キャロット注目馬

 今日はキャロットの注目馬についてです。
 今年から最優先で埋まってしまったら、一般で申し込んでも意味がないため、人気馬の場合、実質的に希望する馬で取れる可能性があるのは1頭のみとなってしまいます。人気がない馬であれば問題ないですが、やはり良さそうな馬には人気が集中すると思いますので、どの馬に最優先で行くかが非常に重要になりますね。

 その大事な最優先を使うとしたら、及び、1億以上稼げそうな活躍できそうな、という視点で考えた場合の注目馬について、厩舎、血統、馬体の面からもう一度見直しておこうと思います。
 高い馬ばっかりになってしまいましたが、まあそれも仕方ないかなという感じです。


15 トキオリアリティーの11 ネオユニヴァース 牡 4,000万
堀 A B B A

【厩舎】
 関東では今や完全に抜けた存在感のある堀厩舎に所属する。本当に最近は色々と話題に事欠かない厩舎であり、確かに行き過ぎている面はあるとは思うが、それは出る杭は打たれるということでもある。ムラ社会以外の何ものでもない競馬サークルにあっては、かつての藤沢師がそうであったように、変わったことをする人間は常に異端視される。一方では、完全に閉塞し行き詰ってしまった現在の競馬界に風穴を開けられるのはこういう人物でないとダメなのも確かだと思う。調教師自身の経営感覚、スタッフの能力は疑うべくもなく最高レベルでもあり、常に勝利を意識している厩舎。だが一方で勝ちにつながらない馬は厩舎に入れてもらえないし、そのため出走回数も減ってしまう。この厩舎に所属する場合は、やはりある程度確かな能力の裏付けがある馬でないと寂しい競走生活を送ることになりそうだ。
 本馬については、自厩舎のG1馬の半弟でもあるし、順調でさえあれば、きっと能力を開花させてくれるだろう。

【血統】
 父のネオユニヴァースは当たり外れの大きい種牡馬であるが、今のところ牡馬に活躍馬が集中している。また、社台系に限れば、ある程度高額な馬でないと活躍できておらず、4,000万円以上の馬でないと良い結果がでていない。本馬は4,000万円であり、その点をクリアしている。
 また、本馬は母が17歳のときの産駒であり、母の年齢が高齢であることが一番の問題点となる。通常は16歳以上となるとかなり活躍の可能性が下がってしまうのだが、母のトキオリアリティーはG1馬リアルインパクト及び重賞勝ちのアイルラヴァゲインを産んでおり、名牝であると言っていいだろう。名牝からは高齢であっても活躍馬が生まれる可能性がある。迷うところだが、この点もクリアとしたい。

【馬体】
 半兄のリアルインパクトもディープ産駒の割にはトモが立派な馬だったが、本馬もトモは良い。ネオユニヴァース産駒はトモが大きくないと走らない傾向にあるので、この点はプラスだろう。柔軟な動きをしているし、馬体的には期待できるだろう。


40 ココシュニックの11 ディープインパクト 牡 7,000万
藤原英 C B B B

【厩舎】
 関西でも池江厩舎や角居厩舎と争っている超一流厩舎。大レースでは、目標に合わせてきっちり仕上げて結果を残している。この厩舎もレースを絞って使う厩舎なので必然的に出走数は少なくなる。また、昔からいわゆる「放置」で色々言われていたように、ダメそうな馬はなかなか入厩させてもらえない。あと、新馬や未勝利馬の場合は、将来を見越してビッシリ仕上げないで使うことも多く、勝ちきれず2着が連続したりすることもある。要するに十分強い馬が入厩する分には問題ないが、中途半端な能力の馬がこの厩舎に所属すると、まさかの時間切れ引退になることもありうるので注意したい。
 本馬については、そんな心配は無用だろう。

【血統】
 母父クロフネのディープ産駒はサンデーRの同い年に超高額馬がおり、お互い無事なら、その馬といずれは対戦することとなる。こちらはクロフネが出たタイプでサンデーRのほうはディープが出たタイプ。どちらが上かはもちろんわからないが、ディープインパクト産駒には上には上がいるということを忘れてはならないだろう。ディープ産駒も、もちろん高額馬が値段どおりに走る傾向が高いので、7,000万のこの馬はその条件は当然クリアしている。
 祖母のゴールドティアラは南部杯を勝った名牝だし、血統的にはダート色が強くはあるが裏づけはしっかりしている。

【馬体】
 母父のクロフネが出た馬体で、繋ぎの感じや全体の印象もディープインパクト産駒という雰囲気ではない。ディープは母方がパワータイプの馬と交配したほうが、良駒が出る可能性が高いと考えるならば、母父クロフネはベストマッチングの可能性はある。もしかすると母父の影響が強すぎてダートに出る可能性もあるかもしれないが、基本は芝向きであろう。この値段だから、とにかくクラシックに乗ってもらうことが何よりも重要だが、丈夫そうなのできっと期待に応えてくれるだろう。


48 ブルーメンブラットの11 チチカステナンゴ 牡 5,000万
石坂 B B B B

【厩舎】
 成績的には、関西の最上位クラスの池江、角居、藤原、といったところに比べると一歩足りないのだが、この厩舎は何と言ってもノーザンファーム生産馬との相性がよい。信頼と実績の石坂ブランドと言ってもいいくらいだ。それだけノーザンファームからの信頼が厚いから、いい馬が入ってくるのだろう。この馬の場合は母を預っていたのだから当然この厩舎ということになるのだが、そういうのを抜きにしてもこの厩舎所属のノーザンファーム生産馬というだけでプラス材料だ。

【血統】
 母はG1馬でマイル戦で力を発揮したし、繁殖の能力自体は相当高いと期待される。母父アドマイヤベガというのも貴重だ。ただ、なんといっても父のチチカステナンゴがまだ結果が出ていない種牡馬であるので、どういう結果が出るのは未知数だろう。

【馬体】
 ツアーでもかなり人気だったようだし、誰が見ても良いと思う馬だろう。コロンとした馬体ではあるが、バランスよく、何より変な胴伸びがなくまとまっているのが良い。未知数な部分はあるが、期待のほうが大きい馬だ。


51 トゥザヴィクトリーの11 キングカメハメハ 牡 10,000万
池江 B B B A

【厩舎】
 現在関西ナンバーワンの厩舎。調教師となって十分に活躍していたところに加えて、さらに名伯楽だった父の引退により父の厩舎の有力馬を引き継ぐなど恵まれた面も確かにあったが、そうでなかったとしても父の名に恥じない経営成績を残している。ノーザンファームとのつながりも深く、ノーザンファームしがらきを最大限利用して好成績を残している。当然のことながらノーザンファームの信頼も厚く、毎年良い馬が入厩してくる。なぜだかわからないが、牝馬では活躍馬が出ておらず、好成績を挙げているのは牡馬に偏っている。
 本馬は牡馬であるので、その点は心配ない。何より全兄を預っているのだから、これ以上信頼できる厩舎はないということになるだろう。

【血統】
 キングカメハメハ産駒は瞬発力勝負ではディープインパクト産駒に対して分が悪いが、その分重馬場や荒れ馬場には強いので、上がりがかかったり、雨が降ったりすれば今後もG1馬を出すだろう。本馬の全兄も中山競馬場の有馬記念で上位に来ているように、この馬も血統的には皐月賞と有馬記念が一番タイトル奪取に近くなりそうだ。一方、東京競馬場ではやはりディープ産駒の当たるべからざる勢いに押されてしまいそうだ。
 キンカメ産駒は活躍馬の母からオープンレベルの馬がたくさん出ており、本馬も母は超のつく名牝だから期待がふくらむ。

【馬体】
 繋ぎがやや立ち気味なのと、馬体が大きめで、何かあったときに仕上げに手間取るかもしれないというところが心配な点ではあるが、それ以外の部分では大物感があってやはり値段どおりの馬と思う。全兄よりも安いのだから、普通に考えれば全兄ほどではないと評価すべきところだが、首さしなどは、湖から首を出すネッシーのような美しさで、非常に目を引く。マイナスポイントを気にするか、良い点を評価するかは人それぞれとなるだろう。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

|

« キャロット厩舎ランク(関東) | Main | 競馬最強の法則10月号その他 »

Comments

募集ツアー行ってきました!
ここ2年くらい行っていますが、同じ顔ぶれですね(笑)

触って確かめたりクラブの営業部長やらに馬体の見方を教えてもらいますが、繋ぎのくらいしかわかりません^^;

友人(元NF)と前の日に打ち合わせしましたが、写真を取る技術が絶妙らしいですよ。
上手い具合に脚元が見えないとか言っていましたね。

買おうと思った馬は教科書に出てくるような背ったれらしいので、辞めました(笑)

後、NFのNさんがある馬(兄も募集されています)について会員の方が兄に比べて安いとか言ったら、Nさんが不安を払拭させるために値段を上げましょうかとか(笑)

牡1頭をどれにするかで悩んでいます・・・

Posted by: 松 | September 11, 2012 at 03:12 AM

松さん、ツアーお疲れ様でした!
楽しまれたようでよかったです。

確かに写真の技術は高そうですよね~。まあどうしても脚元見たい奴はツアーに来いということかもしれませんね(笑)。

背ったるの馬は調教が進んでいくうちに腰がどうとか始まってしまう可能性があるので、確かになるべくなら避けたいところですね。

価格もその時々の経済情勢も考慮して設定しているのだから、安くなった=悪くなったと決め付けてはいけないんでしょうね。結局は自分自身で判断するしかないってことですよね。

私は多分ほとんど牡馬で行こうかなあと思ってます。最優先はだいたい決まりつつあるのですが。。今日の夜には決断したいなあと思っています。

Posted by: 競馬悟空 | September 11, 2012 at 12:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« キャロット厩舎ランク(関東) | Main | 競馬最強の法則10月号その他 »