« 2012/11/25(日)結果 | Main | キャロット2012年度(11年産) 残口ありの注目馬(12月) »

December 04, 2012

東サラ2012年度(11年産) 残口ありの注目馬(12月)

 今年もあと1か月を切ってしまいました。できれば全馬年内デビューといきたいものですが、なかなかそうもいきません。出資馬がなかなかデビューできない場合は、気を長く持って、かわりに1歳馬のことを考えましょう。

 今日は東サラ1歳馬の現時点で残口のある注目馬についてです。今回は牝馬2頭になりましたが、どちらもこれからが楽しみです。

20 マニエラ11 (ハーツクライ) メス 1,600 古賀
募集時評価 B D C B

バランスの良い好馬体が目立ってきました。動画で説明があったように、怪我がなければ間違いなく早期に仕上がりそうな感じです。近年の番組構成からしても、また未勝利で終わらないためにも、早期デビューできそうというのは何にも勝るアピールポイントですね。特に牝馬の場合は、早めに勝ち上がらないと先がない場合もあります。逆に早めに勝ち上がれればクラシック出走のチャンスもあるかもしれません。この馬の場合は、芝・ダート含めて、今のところどういう条件が合いそうなのかわからないですが、母方の血統から考えるとダート、馬体から考えると芝向きと思えます。地方ではなく中央に来たことを考えると、芝向きと期待して良さそうな気もします。まだ様子見できそうですが、今後が楽しみな馬です。


11 アルウェン11 (ゼンノロブロイ) メス 1,600 鹿戸
募集時評価 B D E D

父ゼンノロブロイ、母父トニービンの3歳以上の馬は16頭いて、そのうち、この馬の全姉を含む3頭がオープン馬。ギンザボナンザ、モンテエン、ハートビートソングの3頭ですが、なかなかもって打率の良い組み合わせであると思えます。しかもこの馬の場合は全姉がオープン馬なのですから心強い限りです。牝馬らしい線の細さはありますが、トモに力がついてきたのか、全体の動きも良くなってきました。募集時から比べて、ずいぶんと馬体があか抜けてきたなという印象です。馬体の印象からはダートという感じはしないので、全姉同様芝での活躍を望みたいですね。脚元も心配なさそうですし、この馬も今後が非常に楽しみになってきました。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

|

« 2012/11/25(日)結果 | Main | キャロット2012年度(11年産) 残口ありの注目馬(12月) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2012/11/25(日)結果 | Main | キャロット2012年度(11年産) 残口ありの注目馬(12月) »