« 注目のマンハッタンカフェ産駒(2011年産) | Main | ゼンノロブロイの実力 »

January 12, 2013

2013/1/12(土)結果

 今日は競馬場には行ってませんが、今日の3歳戦で気になったレースについてです。

【中山11R芝1600mフェアリーS GⅢ】

サンブルエミューズ (ダイワメジャー) 3着
募集時評価 A-C-C-C

外枠からだったが、ゲートも二の脚も速く楽に2番手につける。若干かかり気味ではあったが持って行かれるほどではなく、そのまま2番手の位置をキープ。前半600m通過が35秒7とマイル戦の重賞としては遅い流れとなる。残り400m地点で先頭に立ち、直線に入って追い出して抜け出しにかかるも、坂で後続に捕まり惜しくも3着。今の中山は後から行ったら絶対ダメというわけではないが、このレースは前半の流れが遅かったので、結果として後ろからの馬は全滅だった。今日は前に行ったが、この判断は正しかっただろう。結果的にはもうワンテンポ仕掛けを遅らせていればよかったということになるのだろうが、今日のところはベストに近い競馬だったように思う。上位2頭を含め、このレースのメンバーが強かったかというと、やや疑問を感じるが、タイム的には可もなく不可もなく平均的なレベルだと思うので、力は示せたのではなかろうか。牝馬路線はかなり混迷を極めているので、この馬のように色々なパターンの競馬を経験しているタイプは本番で有利になる可能性は十分にある。賞金加算ができなかったのは残念だが、運が悪くなければ本番にも出れると思うし、桜花賞に出走できれば面白い存在になると思う。次のトライアルで権利が取れるよう頑張って欲しい。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

|

« 注目のマンハッタンカフェ産駒(2011年産) | Main | ゼンノロブロイの実力 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 注目のマンハッタンカフェ産駒(2011年産) | Main | ゼンノロブロイの実力 »