« 2013/1/5(土)結果 | Main | 種牡馬の実力について »

January 06, 2013

2013/1/6(日)結果

 今日も競馬場には行けませんでしたが、今日の3歳戦で気になったレースについてです。

【京都3Rダ1400m未勝利】

レッドファンタジア (Unbridled's Song) 8着
募集時評価 D-D-A-B

スタートは良かったのだが前が速く、外枠からでは行ききれず結局中団やや後方に。ダートの走り自体は悪くないように見えたが4角を回って直線に入ってもバテてはいないが、特に伸びるわけでもなく、そのままで8着。やはり1400mは短いのかなと思う。 デムーロもルメールもそう言っているわけだから、ダートにしてももう少し長い距離で前半ゆったり進められれば変わってくるはずだ。ただ芝の長めの距離はこの時期はかなり骨っぽい牡馬が出てきてしまうので、混合戦しか出走できないこの馬にとっては不利な面がある。メンバーが弱くなりそうなダート1800mか、芝でも、また短距離になってしまうが、メンバーが弱めの1400m以下を使っていけばチャンスがあるだろう。


【京都11R芝1600mシンザン記念GⅢ】

★レッドアリオン (アグネスタキオン) 5着
募集時評価 E-D-A-A

五分のスタートもさすがにマイル以下を使ってきた馬たちはテンが速く、無難に中団の位置取りに。思ったほど前がやりあわず平均的な流れに落ち着く。道中は外目を周りながら4角まで位置取りに変化はなく、4角では大外を回る。直線コースでは内のグリーンベルトに向かって切れ込んでいき、懸命に追うも先頭からは0.4秒差の5着が精一杯だった。昨日今日の内にグリーンベルトがある馬場状態で、後ろから大外を回ったら届かないということは鞍上も当然わかりきっていることであり、できれば何とか道中で内に入れたかったというのが本当のところだろう。道中では丁度目の前に引っかかって鞍上が踊り続けてしまっている馬がいたのもあり、無理に位置をとりに行けなかったというのもあるかもしれない。2着のヘミングウェイとの着差はそのまま4角で内外を回った差と言えるだろうし、道中でヘミングウェイの位置が取れていれば2着まではあったかもしれない。レースのレベル自体は昨年ほど高くはないものの、前日の金杯と0.8秒差だから、平均的で悪いということはないだろう。レースは生き物なので、残念ながら重賞制覇とはならなかったが、オープン級の力は見せてくれた。個人的には未勝利で2着だったときにフライング気味にオープン級とか言ってしまっていたので、岡田繁幸さん的に言うとホラ吹きにならないで良かったとちょっとホッとしている。この後どういう使い方をするのかはちょっとわからないが、自己条件のマイル戦なら次も当然勝ち負けだろう。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

|

« 2013/1/5(土)結果 | Main | 種牡馬の実力について »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2013/1/5(土)結果 | Main | 種牡馬の実力について »