« すごい差し脚 | Main | 競馬最強の法則2013年4月号 »

March 15, 2013

ステイゴールドの実力【改版】

短評:イチロー+松井(秀)のような奇跡のスーパーホース

 種牡馬の実力の第1回目で取り上げたステイゴールドですが、1回目にやったときは、まだどういうデータを出すか迷っていたこともあり、その後に取り上げた種牡馬のデータと項目に違いがありました。
 ここでもう一度、ステイゴールドのデータを、まとめ直したいと思います。

Staygold_kai

(注)
・母集団は2006年産から2009年産までの4世代の社台RH、サンデーR、キャロット、東京HR、G1、グリーン、シルク及びウインで募集の社台グループ生産馬です。
・募集馬のうち原則として、社台F、ノーザンF、白老F及び追分F生産馬のみを対象としています。
・馬主・・・社台GO→社台グループオーナーズの略です。
・回収率・・・募集価格に対する獲得賞金の割合です。100%を超えていれば募集価格分は回収したことになります。ただし維持管理費などは考慮されていない値なので、100%超だから利益が出ているというわけではありません。
・表中ピンク色は回収率100%以上、グレーは未出走馬を示します。。
・打率とは、募集馬全体のうちに、回収率100%以上馬の占める割合のことです。
・長打率とは、募集馬全体のうちに1億円以上獲得した馬の占める割合です。
・三振率とは、募集馬全体のうちに獲得賞金が0円の馬が占める割合です。獲得賞金0円の馬とは、レースに出走したものの1回も掲示板に載らなかった馬及びデビューできなかった馬の合計となります。


1.全体の回収率

全体 260.9% (450.8%)

 まず最初に、ステイゴールドの場合は母集団が少ないので、オルフェーヴルを含んでしまうとただでさえ凄い値がさらにとんでもない値になってしまいます。そこで、オルフェーヴルを含まない値を基本とし、オルフェーヴルを含む値はカッコ書きとしてあります。
 今までたくさんの種牡馬を見てきた中で、改めてオルフェーヴルの値を見ると心底驚いてしまいます。オルフェーヴルを抜いても260.9%という規格外の値です。はっきり言ってしまえば、今のこの勢いなら、ステイゴールドの産駒だけ買い続ければ回収率的にはかなり優位になるでしょう。まあ実際は、今年の募集以降は人気が集中することが避けられないと思いますので、募集された産駒の中でどれを選ぶのかということが大事になるでしょう。


2.牡牝別

牡馬 276.2% (503.6%)
牝馬 198.4%

  牡牝別では、前にも書きましたが、一般に言われている通り牡馬のほうが優勢です。しかしながら、牝馬は募集価格が安いので、回収率という点では思ったほど差が出ませんでした。ただ、牝馬では1億円を超えるような馬は出ていませんので、牝馬で大きな夢を見るのは難しそうです


3.東西別

東 286.0%
西 235.9% (578.3%)

 東西別ではオルフェーヴルを除くと東が優勢になります。シンボリクリスエスとステイゴールドだけは、東を狙うのもありということになります。


4.生産牧場別

社台F 72.0%
ノーザンF 109.8%
白老F 360.9% (851.4%)
追分F 483.7%

 意外な感じがしますが、社台F産が一番低い値になってしまいました。追分Fはフェノーメノが引っ張ってしまって高く出ています。やはり白老F産が一番狙い目かも知れません。特に白老F産牡馬は全馬回収率100%超という素晴らしさです。


5.クラブ別

社台RH 238.2%
社台GO 407.7%
サンデーR 319.4% (767.9%)
キャロット 2.5%

 クラブ別では社台RHもサンデーRもどちらも素晴らしい成績です。一方でキャロットは今までのところ、まったくダメです。この傾向が続くのかどうかはわかりませんが、実績があるのは社台RHとサンデーRということになります。


6.打率・・・0.609

 ステイゴールドはなんと、驚異の6割バッターです。母集団が少ないにしても、マンガのキャラクターのような成績です。


7.長打率・・・0.217

 さらに長打率は2割を超えています。打率の間違いか?と思うくらいの驚異の長打率です。今回のデータ上では、5頭に1頭は1億円を稼ぐという信じがたい結果となりました。


8.三振率・・・0.174

 三振率も低めです。打率が高いですから当然とも言えますが、ここにも死角はないです。 


9.デビュー率・・・0.957

 デビュー率も高めで、十分な値です。


10.総評

 今回のデータ上で、ステイゴールドの成績を見てしまうと、他の種牡馬の成績がすべて霞んでしまいます。打率6割超かつ長打率2割超。まさに野球だったらイチローと松井が合体したようなスーパーバッター。本当に今のところの成績はスーパー種牡馬というにふさわしいと思います。まだ細かいデータは出していないですが、ディープインパクトですら、さすがにこの成績には及びません。
 もちろん、今まで募集された産駒が少なく、母集団が少ないため偏りが出る可能性は否めません。しかし、それでもここまでの値が出るということは、単に偏りがあるかもしれないということでは済まないでしょう。明らかにステイゴールドの実力が素晴らしいということだと思います。
 狙い目ということを考える場合、長打を狙うならもちろん牡馬を狙うべきです。しかし、牝馬も今までは価格が安かったというのもあり回収率は非常に高い値です。牝馬だからダメということにはならないと思います。
 ただ、今後は募集価格も上がるでしょうし、募集価格が上がれば、ここでいう回収率は当然下がっていくことになります。今後は、ここまでの好成績が続くとは限りません。その点は注意が必要でしょう。
 逆に、ようやっと実力が認められたところでもありますので、今後社台グループの良血繁殖につけられたら一体どんな産駒が産まれてくるのか楽しみでもあります。もちろんその場合はお値段も張るということになるでしょうが。。
 いずれにしても、産駒が募集されたら、真っ先に注目すべき種牡馬と言えるでしょう。


|

« すごい差し脚 | Main | 競馬最強の法則2013年4月号 »

Comments

競馬悟空さん、こんばんは

前の記事で名前を書き忘れてすみません。
 表中にある馬主孝行なゴールドスパークルに出資してました。一口的には掲示板に乗ることの大事さを教えてくれた馬です。今血統を見ると母父プルラリズム、母母父パーソロンの血が有りました(笑)。
 モトメチャンは、厩舎とステイ産駒にしては前の繋ぎがやや硬めな感じがして早めの決断が出来ませんでした。

 競馬悟空さんはハトシェプストの方がより好みなのですね。

Posted by: うりうり | March 15, 2013 at 01:41 AM

次元が違う数字ですね・・・

迷ったらクリスエスかステイ選ぶと 最悪の結果は避けられそうですね!?

特にクリスエスはそこまで人気にならないので穴ですよね~

余談ですが、地方馬は厳しいですよね!?
聞いたところ南間だと預託が40~50万と聞いたような気がします。
道営で20万くらい。

元牧場の友人が、期待しているなら地方には回さないと言っていましたね^^;

金銭的に言うと地方馬は厳しいですかね?

Posted by: 松 | March 15, 2013 at 01:49 AM

はじめまして。
キャロットで一口ライフを楽しんでいるバングルといいます。
関西で募集の2011年産ステゴ産駒2頭に出資しています。
ステゴ産駒の分析ということで興味深く拝見させていただきました。
キャロ募集のステゴ産駒成績は飛び抜けて悪いんですね(^_^;)
お買い得度が高いのは2011年産までかなと思い2頭
行きましたが、どーでしょうか。

スーパーサイアーのステゴですが、高齢となって来て
今後も良い産駒を出し続けることが出来るのかが、
気になりますが、繁殖の質が良ければでカバー出来て
しまうんでしょうか、気になります。

Posted by: バングル | March 15, 2013 at 12:25 PM

競馬悟空さん、こんちは!
ステゴ産駒の優秀さはすごいですね!
このブログ影響でさらに人気が高まるかも?
そうなると、さらに競争率が高くなり、籤運のない僕には辛いですね!
となるとノルマンディーOCで、良さげなステゴ産駒募集してくれないかな?

Posted by: MarsAttacks! | March 15, 2013 at 12:45 PM

うりうりさん、こんにちは!
いえいえ、うりうりさんからのコメントだったんですね。どうもありがとうございました。
 ゴールドスパークルに出資されていたんですね!確かにパーソロンの血が入っていますね~。私がハトシェプストがいいなと思ったのは、やっぱりパーソロンの血が入っていることなんですよね。あと相性の良さそうな白老F産でしたし。正直馬体はモトメチャンのほうがいいと思いましたが、今回は血の面白さに期待してみました。

Posted by: 競馬悟空 | March 15, 2013 at 12:50 PM

松さん、こんにちは!
特に関東なら、ステイゴールドとシンボリクリスエスが良さそうですよね。ステイゴールドのほうは人気になるでしょうから面白味はないですが、シンボリクリスエスは良さそうなのがいたら毛嫌いせずに狙いたいですよね。

 地方ですが、金銭的、回収率的に言えば、むしろ中央よりも確実性は高いと思います。確かに道営は賞金が安すぎるので一口ではちょっと厳しいでしょう。
 一方、南関東なら賞金も高いですし十分元は取れると思います。南関東は安いところで40万くらい、川島正行厩舎など高いところだと50万以上かかると思います。
 南関東は預託料も高いですが、賞金も高いので、そこそこ数が使えて、Bクラスの常連(中央だと500万条件で勝負になるくらいの実力)になれれば元は取れると思います。
 特に、南関東は牝馬の重賞が充実していますが、クラーベセクレタなどの例外的な馬を除けば強い馬はあまりいません。中央の1000万条件の牝馬で十分重賞を勝てます。地方馬なら牝馬が狙い目かも知れませんよ。
 牧場側としては地方にいい馬は回さないというのが本音でしょう。社台Gも地方向けに生産しているわけではなく、中央では能力的に厳しいか、血統レベルが低く明らかに力のいるダート向きと思える馬を地方に出してきてると思います。
 しかし、私の個人の感想では、地方の場合は馬の能力よりも、厩舎や騎手の力量で強くなるかどうか決まる割合が高い気がします。誰もが良いとは思わない馬でも、地方のゆっくりした育成ペース・調教ペースで大事に育てられて開花するケースはたくさんあります。
 そういう意味では、中央のようにどの厩舎に入るか最初からわかってれば買いやすいのですが、現状は北海道又は南関東(笑)ということしか募集時には明らかにされていないので、やはり選ぶ際は難しい選択になりますね。

Posted by: 競馬悟空 | March 15, 2013 at 01:07 PM

バングルさん、はじめまして!コメントいただきありがとうございます。
ステイゴールドは今までの募集頭数が少ないのもあり、クラブ別に見ると偏りがでてしまいますね。ステイゴールド産駒に関しては、キャロットに恣意的に変なのを配置しているわけではなく、単なる偶然だと思います。ステイゴールドの今の勢いなら、当然期待のほうが大きいと思います。
 確かにステイゴールドも高齢になってきましたが、今まで良血繁殖にはほとんどつけられていないので、これからでも社台Gの良血につければ期待以上の産駒が産まれてくると思います。まあ、あらゆる意味で規格外の種牡馬なので、予想することも無意味なのかもしれませんが。。また遊びに来てくださいね!


Posted by: 競馬悟空 | March 15, 2013 at 01:14 PM

MarsAttacks!さん、こんにちは!
ステイゴールド産駒の勢いはまだまだ続きそうですよね。人気は高まるでしょうが、このブログにそのような影響力はありませんのでご安心を(笑)。
 ノルマンディーOCは、今年は間違いなくステイゴールドの牡馬を入れてくると思いますよ。それが目玉ということになると思います。私が勝手にそう思っているだけですが、でも楽しみにしたいですよね!

Posted by: 競馬悟空 | March 15, 2013 at 01:18 PM

競馬悟空さん、こんにちは^^

改めてステイゴールドを取り上げていただき、ありがとうございますm(__)m
もっと一発大物タイプなイメージがありましたけど、
こうして見るとおっしゃる通り、アベレージの高い長距離バッターという感じで、
種牡馬会の王貞治と言っても過言ではないように思いますね(-o-;)
もし社台が最初から力を入れて生産したいたら、どうなってたでしょうね?f(^_^;
こういうタイプはなかなかお目にかかれないでしょうd(⌒ー⌒)!
今年からステイ産駒の値が上がりますよね~、だとするとモトメチャンや
ハトシェプストを逃したのは痛恨だったかもしれませんね(/_;)/~~

Posted by: レプティリア | March 15, 2013 at 02:52 PM

レプティリアさん、こんばんは!
今のところステイゴールドに死角はなさそうです。あるとすれば、気性が悪すぎてどうにもならない可能性があるということくらいでしょうか。本当に良血繁殖につけられていたらどうなっていたんでしょうね?まあ、これから出てくる可能性もあるので、楽しみに待ちましょう。ハトシェプストもモトメチャンも頑張って欲しいですが、さすがのステイゴールド産駒でも、全部走るわけではないですから。。実際私はキャロットで数少ないハズレを過去に引いてしまってますし(笑)。でも期待したいです!

Posted by: 競馬悟空 | March 15, 2013 at 07:45 PM

競馬悟空さん、こんばんわ!
流石にステゴは凄いですね。
こうしてみると今年の社台・サンデーは低実績の私はシンクリに絞るのが賢明かも知れませんね。

Posted by: ねこだねこきち | March 15, 2013 at 07:57 PM

データ見ると、やはりステゴ産駒欲しくなりますね。今年の募集馬にどんな仔がでてくるか楽しみですね。ただ価格もお高くなりそうですしねえ・・・。

Posted by: youchan | March 15, 2013 at 10:47 PM

ねこだねこきちさん、こんばんは!
ステイゴールド産駒は社台・サンデーでも当然人気になるでしょうねえ。昨年も人気でしたし。。ただこの後のクラシック戦線でどういう種牡馬の産駒が活躍するかでも変わってきそうですね。シンボリクリスエスはエピファネイアがクラシックで活躍すれば見直しが入るでしょうが、そうでなければ、やっぱりダメかということで人気がさらに落ち込みそうですよね。その場合は実に狙い目になるかも知れませんね。

Posted by: 競馬悟空 | March 16, 2013 at 12:05 AM

youchanさん、こんばんは!
そうなんですよねえ、データだけ見てると、本当に全部のステイゴールド産駒が欲しくなります。。今年は確実に産駒が値上がりしますし、そのへんの折り合いが非常に悩ましいですね。でもどういう産駒がどのクラブに配置されるのか、今から楽しみですね。

Posted by: 競馬悟空 | March 16, 2013 at 12:07 AM

質問に答えてくださり、ありがとうございました^^

早期デビュー出来そうで、丈夫なら価値ありそうですかね!

厩舎は道営では1つ!?南関でも大体 入れるとこ決まってますよね~

これからは地方馬も見てみたいと思います。

やはり長持ちする牡が良いのでしょうか?

Posted by: 松 | March 18, 2013 at 03:29 AM

松さん、こんにちは!
キャロットの地方馬の場合はなかなか船橋に入れてくれないのが難点ですね。。大井や川崎は個人的にちょっとな。。と思っていますので。でもカイカヨソウのように強ければ川島厩舎に入るわけですし、今は馬次第ということでしょう。
 地方の場合は牝馬も良いと思いますよ。南関東は牝馬の重賞も充実してますから。中央ではダートの牝馬だと出るレースが少なくて困りますが、南関東ならそんなこともないですし、良さそうな牝馬は積極的に考慮すべきと思います。

Posted by: 競馬悟空 | March 18, 2013 at 09:52 AM

自分、大井や川崎の方が良いと思っていました^^;

確かに船橋の厩舎は凄い厩舎ですからね。

これからは、丈夫そうだと思ったらチェックしてみたいと思います♪

ありがとうございました。

Posted by: 松 | March 19, 2013 at 03:29 AM

松さん、こんにちは!
単なる私見ではありますが、何かの参考になれば。地方馬も楽しみですね!

Posted by: 競馬悟空 | March 19, 2013 at 12:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« すごい差し脚 | Main | 競馬最強の法則2013年4月号 »