« サクラバクシンオーの実力 | Main | 2013/4/14(日)結果 »

April 14, 2013

2011年産シルク募集時評価 (完全版関西その2)

 今日はシルクの募集時評価の続きです。今日は関西その2となります。

 すでに出資されている方もおられる状況ですので、下記を読んで不快な思いをされた方がいらっしゃいましたら大変申し訳ありません。愚か者の妄想にすぎませんので、どうか枯葉も山のにぎわいとして受け流していただければと思います。


58 スーパーバレリーナの11 ブラックタイド 牡 3000万 松永昌
募集時評価 B C B C

 半兄のウインバリアシオンの伸びのある馬体とは違い、少し寸詰まった感じの馬体。そのかわり、トモはなかなか良いものを持っていて、全体としてまとまってはいる。この父をどう判断するのかが非常に難しい。基本的に半兄の父ハーツクライより上という評価はありえないと思うが、重賞勝ち馬も輩出するなど、侮れない活躍を見せてはいる。ただ、近年において、競走成績が今一つでありながら種牡馬となった馬が、種牡馬として爆発するというのは考えにくいことでもあるので、あんまり変な期待をするのも危ない気がする。そう考えると種牡馬のランクが低下していながらこの値段ということになると、やっぱり割高かなとも思う。一方で、この馬の半兄は、同世代にあんな化け物がいなかったらもっともっと評価されていただろう馬なだけに、半弟のこの馬にはやはり期待したくもなる。何にしても難しい判断になってしまう馬だ。


60 クイーンオブタイムの11 キンググローリアス 牡 1300万 加用
募集時評価 C C C C

 かなり繋ぎが寝ている馬で、長さもあるので普通に考えて芝向きだろう。このクラブゆかりの血統で、馬体も前後のバランスがとれていて悪くない。ただ、今時この種牡馬から長打が出るとも思えないので、値段相応の活躍を見込めればというところだろう。


61 ハッピーチケットの11 ホワイトマズル 牡 800万 飯田雄
募集時評価 D D E E

 ホワイトマズル産駒らしく、正姿勢でも頭が高く、ものすごく肩が硬く見える。血統面にも特に目立つところはなく、値段なりの馬だろう。


62 シルキーウィズの11 シルクフェイマス 牡 1100万 鮫島
募集時評価 C E E E

 後脚の送りが非常にぎこちない。クラブゆかりの血統ということで募集されることとなったと思うが、中央競馬では厳しそうな感じだ。


36 レトⅡの11 ディープインパクト メス 3500万 大久保龍
募集時評価 C D D C

 素晴らしい血統なのだが、牝馬にしてもちょっと細すぎる感じ。馬体はまとまっているのだが、若干硬さもあり、後ろにもあまり力を感じない。ディープ産駒の牝馬だからそれでもいいのかもしれないが、難しいところだ。最近の写真だとさらに細くなって体重も増えていないのが気がかり。


37 スナッチドの11 ディープインパクト メス 3000万 岡田
募集時評価 C C C C

 とにかく体が小さいのが難点だったが、4月生まれということもあって、だんだんと体が増えてきたのは好材料。馬体は小さめながらもまとまっていて、立ち姿は36番のほうが品があって見栄えがするが、こちらのほうが使い減りする心配は少なそう。動きもディープ牝馬としては平均的な感じ。所属厩舎は、期待している馬は大事にするが、馬脚をあらわした馬に対してはきめ細かな対応はしないという印象。社台G生産馬でもあまり成績は残せていない。同配合のアユサンが桜花賞を制したこともあり注目されるが、判断が難しい馬だ。


38 サマーナイトシティの11 キングカメハメハ メス 2800万 西園
募集時評価 A D C C

 トモが非常に目立つサダムパテックの半妹。半兄に比べてこちらのほうが背が短く、兄同様マイル前後が適正な馬だろう。トモには張りがあり、前後のバランスも整っている。背は短いが、短距離馬としては確実性は増すだろうし、早い時期に勝ち上がればクラシックを目指せそう。ただし、ミスタープロスペクターの3×3という非常に望ましくないクロスがあり、ミスタープロスペクターのクロスのあるキンカメ産駒に出世馬がいないことをどうとらえるか。さらには、キンカメの牝馬はアパパネの印象が強すぎて過大評価されがちだが、社台Gからはそんなに活躍馬は出ていない。ディープ牝馬と比較するとよくわかる。その点もどうか。また、後ろにやや不安があるのか、調整もあまり進んでいないので、できるかぎり様子見したい馬ではある。


40 ストロングメモリーの11 ダイワメジャー メス 2200万 荒川
募集時評価 A C C C

 トモが大きく、素軽いというよりは肉厚のパワータイプ。要するに父似ということだ。脚元に問題が生じなければかなり高い確率で1勝はするだろう。それ以上は血統的な助けも必要かと思うが、叔父、叔母にG1馬もいるし、血統的にも期待してよいのではないかと思う。兄弟の成績は奮わないが、この馬は違うと思いたい。所属厩舎も社台G生産馬ではそれなりに成績を出しているので信用できる。


41 ダイワオンディーヌの11 ダイワメジャー メス 1800万 中尾秀
募集時評価 D D D D

 小さくまとまった感じの馬で、動きが小さく、あまり後ろにも力を感じない。しかし、ダイワメジャー産駒の牝馬では、こういう体つきで結構走っている馬もいるので、これはこれでいいのかも。父も母もダイワで、何でクラブに出てくるのかを考えると少し躊躇してしまう部分はある。


44 ストームホイッスルの11 ゼンノロブロイ メス 1600万 宮
募集時評価 E D D D

 牝馬とはいえ、単純にトモが薄すぎる。動きも小さく、後ろに力もない。この年はゼンノロブロイ産駒はいくらでもいいのがいるので、それらと比較するとどうしても見劣りする。半兄が重賞勝ちしているが、あまり過信しないほうがよいかも。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

|

« サクラバクシンオーの実力 | Main | 2013/4/14(日)結果 »

Comments

競馬悟空さん、おはようございます!
血統が好きだと贔屓目に見てしまい良い所に目が行きます。オンディーヌは昔好きだったダイナマイトダディの近親。フレンチデピュティやトニービンは父と相性が良さそうな印象。メジャーの牝馬で頭が高い走りですが恵まれた馬格を生かし、早期デビューしてトランドネージュみたいに短距離で稼いでくれないかなと思います。

Posted by: うりうり | April 14, 2013 at 07:08 AM

うりうりさん、こんばんは!
ダイワオンディーヌの11はローガンサファイアに馬体が似ている感じなので、牝馬だし馬体はこれでかえっていいのかもしれません。早期デビューの可能性も高いみたいだし、これから結構売そうですね。短いところが向きそうなので、夏から活躍できるかもしれないのも魅力ですね。ただ血統的にはちょっと活躍馬から遠ざかり過ぎかなあ~と個人的には思ってしまいます。

Posted by: 競馬悟空 | April 14, 2013 at 09:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« サクラバクシンオーの実力 | Main | 2013/4/14(日)結果 »