« 2011年産シルク募集時評価 (完全版関西その2) | Main | 競馬は故障との戦い »

April 14, 2013

2013/4/14(日)結果

 今日は牡馬クラシック第一弾の皐月賞でした。社台オーナーズのロゴタイプが4連勝。レコードで優勝しました。ローエングリンの2年目の産駒からクラシックホースが誕生しました。最近は1年目の産駒が期待通りとは行かなくても、2年目の産駒がブレイクすることがよくあるので、今回のケースもそれほど驚くには当たらないのかもしれません。それでも、正直あまり期待されていなかった種牡馬ですし、こういう種牡馬から活躍馬が出るというのも競馬の面白さですね。
 そう考えると、現在1年目の産駒が不振のあの種牡馬の産駒も、もしかすると2年目の産駒から爆発があるかもしれないなと思いたくなります。
 また、桜花賞に続き、皐月賞も関東馬が制しました。両方関東馬が制したのは2004年のダンスインザムード及びダイワメジャーのとき以来でしょうか。田中剛調教師は当然クラシック初制覇となりますが、今年はいい馬が回ってきそうですね。
 それでは、皐月賞のレース回顧です。


【中山11R2000m皐月賞 G1】

エピファネイア (シンボリクリスエス) 2着
募集時評価 C-B-C-C

 TVで見た限り、力強く落ち着いて歩けていたし、仕上がりは万全だったように思う。ただ、この馬の場合パドックで落ち着いていたからといってレースでも折り合えるというわけではなく、レースでは案の定引っかかった。制御不能というほどではなかったが、外枠だったこともあり、ポケットに入れることもできないため少しずつ消耗して最後に響いたということだろう。能力的には勝ち馬と同じか、むしろそれ以上の素質もあるとは思うが、競馬は馬だけで走るものではないため、折り合いがつかないとG1では難しい。
 この後は当然ダービーを目指すことになると思うが、ダービーでも気性面の心配が付きまとうので、今回以上の着順は、より難しいだろう。ただ、昨年のダービー馬であるディープブリランテも、この馬同様に折り合いが難しい馬だったが、レース本番では奇跡的に折り合って優勝した。基本的には難しいとは思うが、残りの期間でどれだけ折り合い面に進境を見せられるかのみがカギとなるだろう。


レッドルーラー (キングカメハメハ) 18着
募集時評価 D-B-A-C

 TVのパドックで見る限りは仕上がりは万全だったし、戦前の予想では展開も向くだろうと思われた。レースでは残念ながら途中でトモを滑らせたそうで、最後は鞍上も追わずに最下位でゴール。今日の馬場ではおそらく直線一気は決まらなかったとは思うが、それでもまともに走れていたら見せ場はつくれたかもしれない。今のところ大事には至っていないようだが、とにかく無事を祈りたい。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

|

« 2011年産シルク募集時評価 (完全版関西その2) | Main | 競馬は故障との戦い »

Comments

競馬悟空さん、こんばんわ!
ルーラー無事であればいいですが・・・
サムソンズプライドも特別勝ちしましたし、ローエングリンで皐月賞馬が出るのなら、サムソンも配合しだいで大いに期待して良いのかなと思います(笑)

Posted by: うりうり | April 14, 2013 at 10:38 PM

うりうりさん、こんにちは!
レッドルーラーは心配ですね。長く一口をやっていると怪我や事故は避けられないのですが、私も以前同様な感じで故障した馬がいたので、本当に心配です。無事を祈りたいですね。
 ローエングリンは自身が超良血馬だったというのも大物を出せた要因なのでしょうかね。でも2年目のメイショウサムソン産駒からも活躍馬が出ても不思議はないですよね。チチカステナンゴもそうですが、あとはどれだけリスク覚悟で突っ込めるかというところでしょうか。考えれば考えるほど難しいです。

Posted by: 競馬悟空 | April 15, 2013 at 12:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2011年産シルク募集時評価 (完全版関西その2) | Main | 競馬は故障との戦い »