« 2013/4/6(土)結果 | Main | 注目すべき関東の厩舎 »

April 07, 2013

2013/4/7(日)結果

 今日はクラシックの第一弾、桜花賞のレース回顧です。クラシック本番で思うのは、やはり上位でない種牡馬の産駒は人気になっても疑うべきということでしょうか。それにしても関東馬の桜花賞優勝は個人的にうれしいことだし、優勝馬の所属厩舎は着実に実力をつけています。


【阪神11R芝1600m桜花賞 GⅠ】

レッドオーヴァル (ディープインパクト) 2着
募集時評価 C-D-D-D

 プラス体重で出てこれた。この時点で戴冠に大きく近づいていた。レースではスタートしてすっと控えて当然のように後方から。アンカツはテレビで緩い流れと言っていたが、それは4ハロン目、5ハロン目で若干緩んだだけで、レース全体としては毎年の桜花賞同様のハイペースだったし、この後方4番手の位置取りが常識的にはほぼベストの位置取り。4角でも外を回って余裕の手ごたえ。おそらく鞍上はこの時点でほぼ勝利を確信していたはずだ。直線でも大外から他馬が仕掛けるのを待つ余裕を見せて残り300mくらいから一気に仕掛ける。一旦はアユサンをかわしたように見えたが、坂を上りきったところでまさかの差し返しにあって2着。
 正直言うと、なんでこの競馬で負けたのかよくわからない。鞍上もさすがはM.デムーロというベストの騎乗をしたし、流れも完全にこの馬に向いた。どう考えても差し返される理由はないのだが。。昨日にアユサン騎乗予定の丸山騎手が大変な大怪我をされ、その代打としてC.デムーロ騎手が騎乗したわけだが、その、ある意味、代打としての気楽さというか、そういう心理も重なって、また、怪我をした丸山騎手の気持ちもアユサンに乗り移って大仕事をやりのけたのかもしれない。コース取りとしては、距離損もなかったアユサンのほうがベストだったとも言えるが、そういうことも含めてC.デムーロ騎手のファインプレーだったと納得するしかない。
 さて、次走はどこを目指すのか定かではないが、やはり距離はマイル以下がベストと思う。ただし、この時期の牝馬は実質マイル以下が得意の馬でも2400mをこなすこともよくある。オークス向きではないが、オークスに出れば上位争いは可能であると思う。


サンブルエミューズ (ダイワメジャー) 6着
募集時評価 A-C-C-C

 今日は鞍上もまったく迷いがなく、スタートして抑えて最後方待機。直線でも大外に出して懸命に追うが6着まで。頑張ってはいたが、現状では力は出し切れたというところだろう。今回は前も流れてこの馬にも流れが向いたと言えるが、こういう競馬を続けていけば、これからもっと出世できるだろう。次走はどうなるのかわからないが、血統的にはオークスは厳しい感じなので、やはり短いところを中心に使って行ったほうがいいのかもしれない。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

|

« 2013/4/6(土)結果 | Main | 注目すべき関東の厩舎 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2013/4/6(土)結果 | Main | 注目すべき関東の厩舎 »