« 東スポザッツPOG | Main | 2013/4/27(土)結果 »

April 26, 2013

大駒

 最近、プロ棋士がコンピュータに負けたりして、色々と話題の将棋界ですが、将棋で何と言っても活躍するのは大駒。「飛車」と「角」という大駒は盤上をところ狭しと駆け回ることができる、非常に頼りになる駒です。非常に頼りになりますが、大切に扱わないと相手にとられてしまうので、気を遣います。

 一口馬主で考えた場合にも、やはり大駒がいたほうが楽しいですよね。まあ大駒がいたらいたで、怪我をしないだろうかとか、かえって心配が増えて気がすり減るというのもありますが。。私の思う大駒の条件というのは、やはり重賞で2着以内に入っていて、オープンでそこそこやれている馬でしょうか。そういう馬が毎年1頭でもいれば、最高に楽しいクラブ生活が送れるのではないでしょうか。毎年と言わずとも、2年に1頭程度いればかなり楽しくなるでしょう。

 話はそれますが、たまに、理想の分布というのを考えます。出資馬全馬が重賞勝ち馬とか、G1馬とかだったら最高なんですが、まあ、残念ながら、何年もクラブ生活を送っていると、さすがにそれは無理なんだということが理解できます。現実的には、10頭の出資馬がいたとしたら、1頭がオープン馬、2頭が1,600万下、3頭が1,000万下、4頭が500万下というのが現実的かつ理想的な布陣なのかなと思います。
 これでもかなり夢に近い布陣ですが、不可能ではないと思います。
 いずれにしても重要なのは、1頭でいいのでオープン馬が出てくれるということです。そうすれば楽しさも倍増しますし、維持費のやりくりも結構楽になると思います。1頭のオープン馬で2頭の未勝利馬を賄うという感じで、儲かりはしなくとも大駒が活躍してくれれば自然とうまく回っていくものです。

 じゃあ、その大駒はどうやったら手に入るんだという話になるわけですが、よくわかりません(笑)。すいません。
 でも、最近色々調べて、おぼろげながらわかっていることは、大駒は当たり前のことながら基本的に高額だということです。
 そして、次が最も大事かもしれませんが、大駒は基本的に上位厩舎にしかいないということです。つまり、募集価格はさておき、とにかく中位以下の厩舎の所属馬ばかり狙っていたら、かなり難しいでしょう。もちろん可能性がゼロというわけではないでしょうが、普通に考えて厳しいでしょう。

 私がもし、今から一口馬主を始めたいという人に相談されたとしたら、「まず、実績制ではないクラブに入って、最優先枠でとにかく大駒を狙え」と言うと思います。もちろん、大損の可能性もあるわけですが、3頭の低額馬に出資するよりは、結果として大駒一頭に絞ったほうが、損失は少なくて済むと思います。仮に活躍できなかったとしても、POG本や新聞などでデビュー前から注目されて、期待感で楽しむことはできそうです。
 何が正解なのかなんて誰にもわかりませんが、何事も色々経験して初めて分かることもあるんだなあと思います。


|

« 東スポザッツPOG | Main | 2013/4/27(土)結果 »

Comments

競馬悟空さん、こんばんは。

自分はまだ3年目ですが、最初はウイニングポストの様にすぐに勝って重賞も取れるだろうと言う甘い考えでした。馬の事は余り判らずに。ここから勉強の始まりでした。色々と他の人のブログを見たりして。確かに走る馬はある程度、高額馬に偏ります、特に社台系は。今年の2歳の布陣はかなり良いと思います。ただ、キャロットクラブ1つだけだと、辛いと思い、G1レーシングの資料請求をしてしまいました。入会金無料ですから。ちなみに審査は厳しいですか?よく判らないので。また遊びに来ます。

Posted by: パパディー | April 27, 2013 at 01:04 AM

競馬悟空さん、こんばんは^^

僕は去年それに気づきました(^_^;)(笑)
それまで5万以下の馬に毎年1~2頭行っており、
デビュー遅い、未勝利ということを繰り返してました(>_<)
だから「よし!今年(11年産)は高くてもいいから1頭行こう!」と決め、
ラウディーに行った次第です(*^_^*)
思えば、3.5万と5万の馬に行った初年度に迷った
デイヴィスに行っとけば、充分楽しめたな~と(。>0<。)

Posted by: レプティリア | April 27, 2013 at 01:31 AM

競馬悟空さん、おはようございます。

おっしゃられるとおりですね。
私の場合、ノルマンディーだけなのですが、ここで言う大駒はやはりラテラルアークですよね。
確かに話題性には事欠かず、POG特集にも必ず取り上げられていますよね。

私は現在1クラブの1頭のみ。予算の関係もあって大駒狙いばかりでは、毎年1頭の出資のみ。下手すると3年で2頭の出資ペースも考えられます。
競馬悟空さんの言われる事を理想にしながらも、初めはある程度持ち駒がいないと楽しめないですよね?
そう言う事で、ノルマンディーのキャンペーンにノって追加出資しようか悩んでいます。

Posted by: じろう | April 27, 2013 at 07:10 AM

競馬悟空さん、こんにちは!

大駒、極端にいえばディープインパクト、キングカメハメハ、ステイゴールドに社台産の良血繁殖牝馬をつけて角居、藤原、池江、藤澤、安田降に預かってもらっている馬みたいな感じでしょうか、書いてて思いましたが自分も何頭か持ってますねw

確かに楽しみですが、やはりお値段が高いのがネック>< 4000万の馬だったら1000万の馬が4頭買えてしまいますし、

最近は逆に1000万くらいの馬で血統配合を考えて掘り出し物を探すのが楽しみになってきました、まあ数打てば当たるっていうやつです、補償がなくても外れたときのダメージも少ないですし、ただ増えすぎて維持費にこまるという問題もありますがw

Posted by: つよし♪ | April 27, 2013 at 09:05 AM

パパディーさん、こんばんは!
そうですよね。私も馬券から競馬に入って、競馬の知識はあるので、一口でもいい馬を簡単に見つけられるのかと思っていたらとんでもない勘違いでした(笑)。少なくとも、私には安い馬から重賞で活躍できるような馬を見抜く目はなさそうなので、やはり高額馬を中心に考えようかなというのが、最近の自分の傾向です。
 G1レーシングも社台・サンデーも普通に生活している人ならば、審査で引っかかるというようなことはほとんどないはずです。ここn2年G1は落選で入会できてないので、私も今年こそは出資して入会したいと思っています

Posted by: 競馬悟空 | April 27, 2013 at 11:56 PM

じろうさん、こんばんは!
今回の大駒の話は、社台G生産馬を前提にして考えていました。日高生産の馬中心である、ノルマンディーやラフィアンとかだと、考え方は大分変ってくると思います。少なくとも、ラフィアンはむしろ低額馬から活躍馬が出ている傾向ですし、私の言っていることはあてはまらない可能性が高いです。
なので、ノルマンディーOCの場合は、あまり馬の値段にはこだわらないほうがいいのかなという気もします。まあ、まだ走ってもいないので何とも言えないのですが、キャロットで低額馬に何頭も出資するよりは、ノルマンディーで複数出資したほうが良いかなとは思いますよ。

Posted by: 競馬悟空 | April 28, 2013 at 12:02 AM

レプティリアさん、こんばんは!
私も最初はレプティリアさんとまったく同じような感じで、キャロットでは安い馬でいい馬を探そうと思って頑張ってました。たまたま800万の馬が1,000万条件までいって、そこそこ走ってくれたりしたラッキーもあったため、勘違いが続いて、その後結構悲しい目にあいました(笑)。大駒狙いでも怪我したりしたら大損になることもあるのですが、最近はそういうリスクをとっても、やはり社台G生産馬では高めの馬を狙っていきたいなと思っています。

Posted by: 競馬悟空 | April 28, 2013 at 12:07 AM

つよし♪さん、こんばんは!
大駒とは、まさに、おっしゃるとおりの感じですね。値段も高いし、怪我で引退とかになるとショックは大きいのですが、そういうリスクがあっても、やはり大駒を狙ったほうがいいかなと最近は思っています。おっしゃるとおり、低額馬でも維持費は同額ですので、低額馬でも頭数が増えると維持費で結構ダメージが来ます。
私の感覚では、社台G生産馬では、牡馬の1000万円で走る馬を見つけるのは本当に至難の業と思います。牡馬なら最低1800万円以上で、できれば2000万円以上。牝馬はもう少し安い馬でも可能性はあるのですが、できれば1600万円以上の馬を選べば、まだ可能性があるかなと。。もちろん、見る目があれば安い馬からも活躍馬を選べるのでしょうが、私には残念ながらそういう能力はなさそうです(笑)。

Posted by: 競馬悟空 | April 28, 2013 at 12:15 AM

競馬悟空さん、おはようございます。
条件面を検討して走る馬を合理的に探して出資することも大事ですが、
頭数を減らしてもやはり夢が見れそうな金額の馬や、走らなくても愛情を持ち続けられる好きなタイプの馬に出資する事が幸せに繋がると言う事でしょうか。
この時期のクラシックのトライアル出走となると、権利が取れるか否か、こちらの方が入れ込みが激しいです(笑)

Posted by: うりうり | April 28, 2013 at 07:56 AM

うりうりさん、こんばんは!
色々考えると、何を重視するのかっていうのは本当に難しいですよね。ただ、やっぱりデタラメに選んでいたのでは、すぐに資金的に行き詰ってしまうというのは自明なので、自分のこだわりや想いと、現実的なデータとを整合させるのが大事なのかなと思います。
 クラシックはやはり特別ですよね。同じG1でもクラシックかそうでないかでは、盛り上がりというか、緊張感が違う気がします。クラシックで人気になる馬に毎年出資していたら、かえってそれで気がすり減るかもしれませんね(笑)。

Posted by: 競馬悟空 | April 28, 2013 at 09:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 東スポザッツPOG | Main | 2013/4/27(土)結果 »