« ノルマンディー | Main | 2013~2014POG用(社台RH) »

May 15, 2013

2013年度募集に向けて(その4 母年齢)

 前にも母年齢について話したんですが、今日の話はその続きというか、まあ一つの無理やりな結論という感じになるでしょうか。

 今年の募集馬については、回収率にも注目して比較したいなと思っています。このブログをご覧いただいている方なら見慣れていると思いますが、種牡馬の実力のところでも、基本データとして回収率にこだわってきました。

 データとして比較するためには、何とかして数字に落とし込みたいわけですが、その一つの手段が回収率ということです。回収率が、個々の募集馬を比較すべきデータとして最良かどうかについては正直わからないですが、とりあえず、何らかの度量衡を統一しないことには比較のしようがありませんので、今年は回収率に注目していくことにします。

 実は、今年の募集時評価では各馬の予想回収率的なものを出そうと思っていて、ここ最近ずっと試行錯誤していました。その予想回収率的なものに、母年齢のデータも反映させたいわけです。

 母年齢の話云々については、以前の記事をご参照ください。

母年齢その1

母年齢その2

母年齢その3

 以前の記事では、結局はっきりした結論づけまではできなかったのですが、回収率に関係させようと考えた場合には、うやむやのままでは困ってしまいます。
 ウソでは困るのですが、多少データが歪むリスクがあったとしても、母年齢のデータを回収率に反映させるべく、係数として使用したいと思います。

Hahakeisu

 ということで、いきなりですが、結論付けました。
 結論から先に言うと、以下の通りとなります。

「全体の平均に対して、母年齢が19歳以上の場合は回収率に与える影響は-30%。17~18歳の場合は、-20%。15~16歳の場合は-10%。8~14歳の場合は影響なし。4歳~7歳は+10%。(競馬悟空調べ)」

 急に一体なんなんだという感じですが、上記の表を見てください。以前母年齢で使用した過去の社台・サンデー及びキャロットの募集馬のデータを使って、回収率の平均値を求めました。それを母年齢別で見て言った結果、上記の表の区分が一番データとして整合性があるものとなりました。

 母年齢の記事のところでも言いましたが、クラブによって差があったりする部分もあるので、傾向を掴むのは難しいところもあります。たた、細かすぎても色々不都合なので、クラブに関係なく、全体を見ていった結果、総じて上記表中の年齢での区分がスッキリいったということです。
 馬も生き物ですから、年齢が上がるにつれて繁殖能力が下がっていくと考えるのが妥当です。あとはどれくらい下がっていくのかというのを、回収率と関係させなければなりません。そう考えた場合に、年齢区分で回収率を調べた結果、上記区分になりました。

 その年齢区分ごとの回収率(当該年齢平均回収率)を、全体の回収率(全体平均回収率)で除したのが、「母係数」です。年齢が上がるにつれて、係数も下がっていくという、綺麗な相関関係になりましたので、これで妥当だと思っています。
 表中の「母係数」をそのまま使っていっても良いのですが、キリが悪いですし、なるべく直観的な係数にしたいと思ったので、今後の募集時評価で使っていく係数は綺麗な値の「使用する係数」のほうにしました。

 ということで、さっきのカッコ書きの内容になるわけです。19歳以上だと、係数として0.7になるので、1.0に対して30%のマイナス効果ということです。まあ、すごく簡単に考えれば、19歳以上のような極端な高齢母馬からの産駒は、3割引程度で考えたほうがいいということでしょう。
 3割引きで見ても、それでもいい馬だと思えるなら19歳以上の高齢繁殖からの産駒を買うのもアリなのかなとか、色々考え方はありますね。 

 あくまで一つの考え方ですので、この考え方が正しいかどうかはわかりませんし、募集時評価のために、私が勝手に作った係数ですから、汎用性があるかどうかもわかりません。募集時評価の際に、いきなりこの係数みたいなのが出てきても意味不明になると思ったので、今日説明しました。
 役に立つかどうかはわからないですが、今年度のこのブログの募集時評価を見る予定だという方は、今日の話をどこか頭の片隅に残しておいていただければ、後でスムーズにデータを見ることができるかと思います。

|

« ノルマンディー | Main | 2013~2014POG用(社台RH) »

Comments

競馬悟空さん、こんばんは^^

僕も母年齢に関してはかなり気にしてるので、この結果には頷いてしまいました(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪
やっぱ若ければ若いほどいいんですね~(* ̄ー ̄*)
よっぽど有名な母馬でなければ、初仔を狙ってみるのもありかもしれませんねヽ(´▽`)/

Posted by: レプティリア | May 15, 2013 at 11:27 PM

レプティリアさん、こんにちは!
色々調べましたけど、母年齢については、結局若いほどいいというのはほぼ確実だと思います。まあ、あたりまえの結果と言えばそうなんですけど。。確かに、繁殖のポテンシャルというかフレッシュさを重視するなら若い繁殖の初仔を狙うっていうのもアリかもしれないですね。母年齢が7歳までに生まれた馬は平均値より高い値ですから。血統、馬体と組み合わせて、どのへんで折り合いをつけるのかが難しいところです。

Posted by: 競馬悟空 | May 16, 2013 at 12:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ノルマンディー | Main | 2013~2014POG用(社台RH) »