« 2013年 社台RH 募集時評価(関西その1) | Main | 2013年社台ツアー1日目 »

June 07, 2013

2013年 社台RH 募集時評価(関西その2)

 今日は社台RHの関西馬の64番以降です。関西所属にはいい馬が多くて目移りしますね。

※たまたま馬名を検索されて不快な思いをされた方が、もしいらっしゃいましたら申し訳ございません。私はただの競馬好きで、何かの特別な能力・情報を持っているわけではありません。読まれた方にとって不快な内容も含まれているかとは思いますが、単なるバカの個人的な妄想でしかありませんので、枯葉も山の賑わいと受け流していただければと思います。


 データの見方等は以下をご覧ください。

2013社台・サンデー・G1募集時評価の説明

2013社台G募集向けデータの簡単な"おさらい"


64 シングライクバードの12
父 マンハッタンカフェ
母父 シンボリクリスエス
メス 2400万円
西 友道康夫
募集時評価 C B B C
血統レベル C
母年齢 7
社台F
血統 696.8% 0.250 0.250 0.500
厩舎 105.8% 0.286 0.143 0.000
総合 436.2% 0.268 0.196 0.250
指数 10468

 ゆったりと体を大きく使えてはいるが、少し頼りない感じもする歩き方ではある。バランスもすごく整っているというわけではない。まだ腰高だし今後の成長次第で変わってくるだろう。
 血統的には、データ上回収率がとんでもないことになっているのは、社台F産のこの父の牝馬のデータが少なく、レッドディザイア1頭に引っ張り上げられてしまっているから。まあ、そういう偉大な先輩と似た出自というのは素直に受け取ればいいのではないか。
 厩舎は、これまた好き嫌いの分かれるところだが、この厩舎は全然論外厩舎というわけではなく、社台G生産馬で成績も残している。ただし、この厩舎も堀厩舎などと同様に数を使わないところなので、なるべく多く出走して欲しいと思う人にとっては受け入れられない厩舎となることだろう。


65 パーソナルレジェンドの12
父 ゼンノロブロイ
母父 Awesome Again
牡 1億円
西 藤原英昭
募集時評価 B B C A
血統レベル A
母年齢 12
社台F
血統 89.8% 0.167 0.167 0.167
厩舎 60.2% 0.136 0.091 0.227
総合 75.0% 0.152 0.129 0.197
指数 7501

 非常にバランスが整っている馬で、怪我しにくそうだ。動きは柔らかいという感じではないが、目指すところがクラシックではないはずなので、むしろある程度硬さがあったほうが良いはず。
 血統的には、ミラクルレジェンド、ローマンレジェンドの下で、ゼンノロブロイ産駒。カタログコメントにも芝云々は一切書かれておらず、暗黙の了解の上のダート馬ということだろう。社台F産のゼンノロブロイ牡馬は、データ上では唯一そこそこの成績を出せている組み合わせだが、過信は禁物だろう。ただ、ゼンノロブロイはダート向きの産駒をこれから出していくと思っているので、もしかしたらこの馬は怪物級ということなのかもしれない。ただ、ダート向きでこの値段ということだと破格と言わざるを得ない。
 厩舎はリーディング上位陣の中でも最上位グループに属する。ただ、意外に社台G生産クラブ馬では、あまり結果を出せていない。まあこれは単なる巡りあわせだと思ったほうがいいだろう。いい馬を預かれば、いい結果を出せるはずだ。


66 アグネスショコラの12
父 クロフネ
母父 サンデーサイレンス
牡 4800万円
西 浅見秀一
募集時評価 B B C C
血統レベル A
母年齢 16
社台F
血統 70.9% 0.200 0.000 0.000
厩舎 55.3% 0.182 0.000 0.182
総合 59.5% 0.191 0.000 0.091
指数 2858

 クロフネ産駒らしいやや硬さのある馬。トモのボリューム感はあるが、あまりバランスが良い馬ではない。
 血統的に見ると、クロフネ産駒がクラブ馬で結果を出せていないのが気になる。要するに活躍の割に値付けが高いということになるだろう。この馬もまさにその例に当たると思われる。もちろん走って見なければわからないに決まっているが、過去の傾向と合致する高めの馬ということになる。
 厩舎は、このクラブでG1馬を出している厩舎ではあるが、最近ちょっと元気がないというか、今一つな感じ。全然ダメというわけではないが、高額馬で今一つ突き抜けられないというか、そういう感じ。データ的には好んで選びたくなるところではない。


67 プリンセスゴールドの12
父 シンボリクリスエス
母父 サンデーサイレンス
牡 2200万円
西 浜田多実雄
募集時評価 D D E D
血統レベル A
母年齢 10
白老F
血統 262.2% 0.400 0.200 0.100
厩舎 86.1% 0.205 0.042 0.254
総合 174.1% 0.303 0.121 0.177
指数 3831

 非常に硬い馬で、シンボリクリスエス産駒でもさすがにここまで硬い感じだとどうか。肩も立ち過ぎな感じで写真でも歩かせても見栄えがしないというか、見るべきところがない。
 血統的には白老産のシンボリクリスエスの牡馬は当たりの組み合わせで、アリゼオ、サンカルロといった最上級の産駒と出自が同じというのは嬉しいところ。
 厩舎は新人厩舎であり、この馬を出世させられるかどうかで今後の信頼度も変わってくるというところだろう。ただまあ、普通に考えて、新規開業厩舎にいきなり期待馬を預けるのかというと、そういうことはないはずと考えるのが自然な考え方だろう。


68 ハイエストホワイトの12
父 シンボリクリスエス
母父 アグネスタキオン
牡 2000万円
西 岡田稲男
募集時評価 C D E D
血統レベル A
母年齢 7
社台F
血統 113.3% 0.444 0.222 0.111
厩舎 52.5% 0.118 0.059 0.353
総合 88.6% 0.281 0.141 0.232
指数 1772

 この馬も非常に硬い馬で、まさに母父タキオンがでてしまったかなという感じのする馬だ。シルエットはシンボリクリスエス産駒によくいる、父に似ている馬。あまり好ましいとは言えない。
 血統的には、祖母が仏G1馬の割には、近親からはその他にあまり活躍馬は出ておらず、まあ値段なりかなというところ。ただ、この父社台F産牡馬もやはり当たりの組み合わせであり、サイレントメロディなどの長打も出ている点はプラス材料だ。
 厩舎はあまり人気のないところだが、走る馬ならきっちりやってくれるだろうし、その辺の判断は難しい。


69 アルティマトゥーレの12
父 シンボリクリスエス
母父 フジキセキ
メス 2800万円
西 音無秀孝
募集時評価 B C C C
血統レベル A
母年齢 8
社台F
血統 103.8% 0.353 0.000 0.118
厩舎 98.6% 0.368 0.105 0.105
総合 101.2% 0.361 0.053 0.111
指数 2833

 牝馬にしてはトモも容量があって良いし、動きも悪いところは特にない。
 ただ血統的に考えると、シンボリクリスエスの牝馬から長打が出ることは考えにくい。値段的にも牝馬としてはそこそこ高いほうだし、長打率がゼロというのはちょっと残念。
 厩舎はリーディング上位の信頼できるところで、回収率等どれも良い値となっている。どんな馬でもそこそこ結果を出せているというのは素晴らしい。
 結局はシンボリクリスエスの牝馬を買うか否かという結論になりそうだ。


70 インコグニートの12
父 ネオユニヴァース
母父 Gone West
メス 1200万円
西 河内洋
募集時評価 D B C C
血統レベル B
母年齢 13
追分F
血統 32.1% 0.000 0.000 0.333
厩舎 23.6% 0.000 0.000 0.333
総合 27.8% 0.000 0.000 0.333
指数 334

 馬体的には硬さもなく、トモはやや薄目ではあるがしっかりと歩けているし、弱いところもなさそう。
 ただし、血統的には、ネオユニヴァースの牝馬というだけですでに厳しい。
 また厩舎のデータも厳しい。総合すると非常に寂しい結果になってしまう。何を重視するかによって変わってくると思うが、このデータを覆す活躍を期待するのは少し酷な気がする。


71 シークレットコードの12
父 ネオユニヴァース
母父 Fusaichi Pegasus
メス 2000万円
西 野中賢二
募集時評価 E D C C
血統レベル A
母年齢 9
社台F
血統 140.8% 0.214 0.071 0.357
厩舎 36.5% 0.000 0.000 0.200
総合 88.6% 0.107 0.036 0.279
指数 1772

 トモが非常に薄い幅のない馬。後にも全然力が感じられない。
 血統的には、社台F生産牝馬のデータが高くなっているのは、単純にイタリアンレッドが引っ張り上げているせい。ネオの牝馬は総じて三振率が非常に高く、データ的には常にリスクがあるということを忘れては名r内。
 厩舎は大して社台G生産馬は預かっていないとはいえ、全然結果は出ていない。データ的にはやはり厳しいという感じだろう。"


72 オリエンタルアートの12
父 ステイゴールド
母父 メジロマックイーン
牡 1億8000万円
西 池江泰寿
募集時評価 S A B A
血統レベル AA
母年齢 15
白老F
血統 646.5% 0.571 0.429 0.000
厩舎 161.7% 0.200 0.200 0.233
総合 371.7% 0.386 0.314 0.117
指数 66913

 一瞬ダイワメジャー産駒かなと思うくらいトモのボリュームがあって、これでステイゴールド産駒だというのだから恐ろしい。脚も真っ直ぐ、歩きも真っ直ぐ、飛節の角度も丁度良いし、全体のバランスも素晴らしい。1月生まれだからよく見えるというだけの馬ではなく、真に素晴らしい馬だということだろう。
 血統的には何も語る必要もないくらいの有名な全兄を持つわけだから、すべてのデータが高くなるのは当たり前のこと。
 厩舎は当然に全兄と同じ厩舎。すべての条件はそろっている。
 ただし、怪我、病気及び事故のような内容は誰も予想のしようもないことも残念ながら起こりうるわけだし、そういうリスクがあることを分かった上で突っ込める、精神的余裕が出資者側に必要になる馬だろう。


73 ビーチアイドルの12
父 ステイゴールド
母父 ファルブラヴ
牡 3000万円
西 加用正
募集時評価 B B D C
血統レベル C
母年齢 7
社台F
血統 71.3% 0.333 0.000 0.000
厩舎 65.0% 0.273 0.000 0.364
総合 71.7% 0.303 0.000 0.182
指数 2152

 整ってはいるが、ステイゴールド産駒としては普通の馬と見える。トモはステイゴールド産駒の割には容量があるし、後ろに力強さもある。やや硬い感じだが小さめの馬だし、こんなもんだろう。
 血統的には、活躍馬からはかなり離れてしまっているが、ステイゴールド産駒は血統的裏付けがなくても走っている馬も多いのであまり気にする必要はないかも。
 厩舎はこの血統に縁のあるところで、社台G生産クラブ馬で最近実績をあげているとは言い難いが、そんなに悪くもない成績だ。


74 グレイトフルデイの12
父 ステイゴールド
母父 Seeking the Gold
メス 1400万円
西 笹田和秀
募集時評価 D C C B
血統レベル A
母年齢 13
追分F
血統 29.8% 0.000 0.000 0.000
厩舎 93.9% 0.286 0.000 0.143
総合 61.9% 0.143 0.000 0.071
指数 866

 トモは薄目だが、バネのある動きで、歩くリズムは思いのほか良い。肩は立ち気味だが、前後のバランスはそれなりにとれているので、これはこれでいいだろう。
 血統的には、ステイゴールドの牝馬は長打がないものの、そこそこは走れている。追分産の牡にはフェノーメノがいるが、牝馬のこの馬はどうだろうか。
 厩舎はG1を取っている割には目立たないところだが、社台G生産クラブ馬でも、長打はないものの、そこそこの成績を出せている。安い馬の中では面白いかも。


75 レインダンスの12
父 ジャングルポケット
母父 ダンスインザダー
牡 3600万円
西 宮徹
募集時評価 B B B B
血統レベル B
母年齢 8
社台F
血統 26.8% 0.000 0.000 0.333
厩舎 15.4% 0.000 0.000 0.000
総合 21.1% 0.000 0.000 0.167
指数 759

 ジャングルポケット産駒の中では良く見せている馬で、トモもそこそこあって、動きも柔らか味があっていかにも芝で良さそうな馬だ。5月生まれでこれだけ良く見せているのは素晴らしい。
 血統的には、元々、ジャングルポケット産駒全体的に当たり外れが大きい感じであり、社台F生産の牡馬では、クラブ馬での活躍馬が見当たらない。
 また、厩舎も社台G生産クラブ馬では実績を残せていないところなので、そこがどうか。


76 ファイブスターの12
父 ジャングルポケット
母父 クロフネ
メス 1200万円
西 小崎憲
募集時評価 D C D D
血統レベル D
母年齢 7
社台F
血統 391.6% 0.500 0.250 0.500
厩舎 57.4% 0.167 0.000 0.333
総合 244.1% 0.333 0.125 0.417
指数 2929
 柔らか味を感じず、トモも動きも小さめな感じ。
 血統的には、この父の社台F生産の牝馬にはアプリコットフィズがいて、期待が持てそうな感じではある。
 ただ、厩舎が私的には論外のところであり残念だ。


77 ジェルミナルの12
父 メイショウサムソン
母父 アグネスタキオン
メス 1600万円
西 高橋義忠
募集時評価 C C C C
血統レベル B
母年齢 6
社台F
血統 105.5% 0.262 0.037 0.257
厩舎 6.0% 0.000 0.000 0.000
総合 61.0% 0.131 0.019 0.128
指数 976

 可もなく不可もなくという感じの馬。母父タキオンだが硬いという感じはせず、全体としてまとまってはいる。
 血統的にはメイショウサムソン産駒ということでデータはないのだが、初年度産駒の走りを見る限り、短いところでは出番はなく、長めの距離で真価を発揮する馬が多く感じる。そうすると、牝馬だけに使うレースが限られたり、混合戦に出ざるを得なくなったりと、苦戦が予想される。
 厩舎データは、開業してから何年もたっていない若手厩舎だけにほとんど意味のないデータになっている。こういう条件的に難しい馬で実力が試されているのだろう。


78 フローラルカーヴの12
父 メイショウサムソン
母父 アグネスタキオン
メス 1000万円
西 中村均
募集時評価 D B C C
血統レベル C
母年齢 8
社台F
血統 105.5% 0.262 0.037 0.257
厩舎 39.4% 0.139 0.000 0.306
総合 72.5% 0.200 0.019 0.281
指数 725

 トモは薄いが、後ろに力は感じるし、歩くリズムも悪くない。4月生まれだし、これから成長してくれば面白い。
 血統的には前の番号の馬と同様、どこに活躍の場を見出せばいいのかということがそもそも問題だ。
 厩舎は社台Gのクラブ馬を預かるのは非常に珍しい厩舎に所属する。色々と馬房制限の影響などがあって珍しい組み合わせとなっているのかもしれない。


79 ブラッシングプリンセスの12
父 ウォーエンブレム
母父 Crafty Prospector
牡 3000万円
西 村山明
募集時評価 E C C C
血統レベル B
母年齢 16
白老F
血統 81.1% 0.300 0.000 0.200
厩舎 18.6% 0.000 0.000 0.250
総合 45.8% 0.150 0.000 0.225
指数 1375

 牡馬にしてはトモが薄く、ちょっとどうかなと思う。動き自体は悪くないのだが、一番大事な部分だけにあまり妥協したくない。
 数少ないウォーエンブレム産駒だけに血統的には面白い馬なのだが、母の年齢も結構高齢だし、兄姉もかなり前の1頭を除くと活躍馬と言える馬は出ていない。そう考えるとちょっと値段設定が高めかなと思う。
 厩舎は低価格帯の馬ばかりではあるが、そこそこ預かっているものの結果は出せていない。
 色々考えるとやはり割高に感じる。


80 グランパドドゥの12
父 スウェプトオーヴァーボード
母父 フジキセキ
メス 3000万円
西 鮫島一歩
募集時評価 D C D C
血統レベル B
母年齢 15
社台F
血統 199.0% 0.500 0.000 0.500
厩舎 43.5% 0.125 0.000 0.125
総合 111.3% 0.313 0.000 0.313
指数 3339  

 歩き方が頼りない感じで、トモにも力を感じない。重賞勝ち馬を半兄に持っており、同じ厩舎に所属することになるが、その厩舎自体がクラブ馬では成績を出せていない。オーナーズの馬で半兄が活躍してるんだから大丈夫だろうと思うかどうかは、考え方の分かれるところだろう。


81 ホットレッグスの12
父 ソングオブウインド
母父 Galileo
牡 1000万円
西 清水久詞
募集時評価 D D D D
血統レベル B
母年齢 9
社台F
血統 71.9% 0.199 0.070 0.210
厩舎 60.3% 0.250 0.000 0.250
総合 66.1% 0.224 0.035 0.230
指数 661  

 あまり動きに力を感じない。血統データのほうは全馬平均を使用しているのでそこそこの数値になっているが、実際はもっと低くなるだろう。こういう種牡馬で活躍馬を見出すのは砂浜で砂金を見つけるくらいの難易度だと思う。厩舎は全然ダメという成績ではないが、あまり大きな期待のできるところでもない。


82 オジャグワの12
父 Smart Strike
母父 Pure Prize
メス 3000万円
西 池江泰寿
募集時評価 C B C B
血統レベル A
母年齢 7
社台F
血統 38.2% 0.078 0.020 0.451
厩舎 161.7% 0.200 0.200 0.233
総合 101.8% 0.139 0.110 0.342
指数 3055

 そんなに硬い感じの馬ではなく、リズムよく歩けていて、馬体的には面白そうな馬ではある。
 持ち込み馬で、マル外ではないのがまだ救いだが、今まで何度も調べてきたとおり、こういう馬で近年活躍するためしがない。
 厩舎は超一流のところではあるが、使ってもらえるという保証があるわけではなく、適当なところで追放ということもあり得るということを、あらかじめ覚悟しておきたい。


 明日、明後日はツアー参加のため、募集時評価の続き(次回は社台RH関東分その1)は月曜になる予定です。明日は何かおもしろい情報があったら雑談として更新しておきます。

|

« 2013年 社台RH 募集時評価(関西その1) | Main | 2013年社台ツアー1日目 »

Comments

競馬悟空さん、こんばんは。気をつけて行ってらっしゃいませ。面白い情報、期待しております。

Posted by: パパディー | June 07, 2013 at 09:17 PM

パパディーさん、おはようございます!
ありがとうございます。何か面白い情報がありましたら、夜にUPしますね。

Posted by: 競馬悟空 | June 08, 2013 at 09:12 AM

悟空さん、おはようございます。昨日から楽しく見せて頂いています。相変わらず厩舎に関するキレのあるコメントが良いですねsign02(笑)

Posted by: 。 | June 08, 2013 at 10:04 AM

。さん、こんばんは!
楽しく見ていただけたようで良かったです。厩舎に関するコメントはこれでもかなり気を遣ってるつもりではあります。行間を読んでいただければより楽しめるかと(笑)。

Posted by: 競馬悟空 | June 08, 2013 at 11:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2013年 社台RH 募集時評価(関西その1) | Main | 2013年社台ツアー1日目 »