« 「岡田繁幸のRun for the classic」(続き) | Main | 2013キャロット募集馬発表 »

July 15, 2013

2013/7/13(土)、14(日)結果

 今週土日の新馬戦で気になったレースについてです。

7/13(土)

【福島5R芝1200m牝新馬】

ケルシャンス (Dubawi) メス2,600万 3着
募集時評価 C-C-E-C

スタートでやや立ち遅れる感じも、すぐに押して行って前につける。そのまま3、4番手のままで4角を外目を回って直線へ。しぶとく伸びるも前の2頭には離され3着でゴール。まだ力が付ききっていない感じでこれからの馬だが、やはり短いところは向きそうな感じ。一息入れた後は再度短めのところで頑張ってくれるだろう。


【中京5R芝1200m新馬】

アルーリングアイズ (ネオユニヴァース) メス2,000万 6着
募集時評価 D-D-C-C

スタートは普通に出て楽にまえにつける。ただ、やや行きたがる感じで、終始騎手が手綱を引いたりして、色々とロスがある感じだった。体が小さい馬だが、しっかりと走れてはいた。直線半ばまでいい感じできてはいたが、最後は力尽きた感じ。気性的に問題が出ないことを祈りたいが、一回使って次は良くなるだろう。


7/14(日)

【福島5R芝1800m新馬】

プレミアステイタス (タニノギムレット) メス1,600万 13着
募集時評価 D-D-D-C

スタートからやや押して行って位置を取りに行くが、そんなに前に行くわけでもなく7番手くらい。ペースが上がったところでも何とかついて行っていたが、直線に入ると力尽きて13着。仕上がり自体どうだったのかなという気もするが、とりあえず、すぐにどうこうなる状態ではないだろう。


シーロア (ダイワメジャー) メス1,800万 6着
募集時評価 C-B-C-C

スタートで大出遅れというわけではないが、一完歩遅れる感じで、前に進んでいかず、あまりいい位置を取れなかった。後方3、4番手に控えて、3角でまくり気味に上がっていくが、4角手前では他馬と同じ脚色で進んでいかず、直線に入ってからはまた巻き返すが結局6着まで。今日は終始ちぐはぐな競馬で、力を出せなかった感じ。スタートを決めて、もう少しいい位置で競馬が出来れば変わってくるだろう。


レッドグルック (メイショウサムソン) 牡1,800万 8着
募集時評価 C-B-C-C

スタートは上手く出て、押して行って1角では7、8番手の位置取り。のこり800mくらいからペースが上がったところでも、今一つついて行けない感じで、加速が遅い感じ。バテている感じではないので、4角手前でまた前に詰めていくも、そのまま4角を回って伸びずバテずという感じで8着。この父の産駒だし、初戦からというタイプでもないだろう。勝負どころで一旦置かれるような感じになっていたし、この馬ももう少し距離が伸びたほうがレースがしやすそうだ。


マジックタイム (ハーツクライ) メス1,600万 2着
募集時評価 D-C-B-B

スタートで完全に出遅れ。後方3番手くらいで覚悟を決めて待機。3~4角中間地点くらいから徐々に仕掛けて行って、直線大外へ。勝馬が完全に抜け出した後ではあったが、3着以下は直線でまとめてかわして2着。この遅い流れを後方から2着まで詰めたのには見どころがあった。次走が非常に楽しみになった。ハーツクライ産駒は今年も堅実に走ってくれそうだ。


ポーラメソッド (チチカステナンゴ) 牡1,600万 7着
募集時評価 C-A-A-B

スタートは普通に出て、やや押して行って外を回って7番手くらい。残り800mくらいからペースが上がっても何とかついていって4角では4番手。直線に入っても完全にバテている感じではなかったが、伸びもなく7着。スピード、瞬発力ではあまり上位の存在とは言えない感じだが、今日も完全にバテてはいないし、もう少し距離のある番組が組まれてくるようになれば、距離伸びて変わってくるタイプのように思う。今のところはもう少し成長が欲しい感じ。


【中京5R芝1400m新馬】

ハープスター (ディープインパクト) メス4,000万 1着
募集時評価 C-B-B-B

大外からスタートは上手く出て、そのまま外の6、7番手を追走する。4角でも外から他馬に被されつつも余裕のある手応えで上がっていく。直線ではフラフラする感じもあって、他馬とぶつかって結局内に進路を取ると、残り100m手前くらいから一気に伸びて優勝。半兄は馬格がなく、出世が遅れているが、この馬牝馬としては十分な馬格があり、ディープインパクト産駒の良さが出ている。初めてのレースで子供っぽさは出していたが、レース振りはまだまだ成長しそうな感じだし、この走りなら距離もまだもつだろう。名牝ベガの血を引き継ぐ馬として、これからどんな活躍をしていくか非常に楽しみだ。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

|

« 「岡田繁幸のRun for the classic」(続き) | Main | 2013キャロット募集馬発表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 「岡田繁幸のRun for the classic」(続き) | Main | 2013キャロット募集馬発表 »