« 東サラカタログを見てのとりあえず感想 | Main | 2013東サラ募集時評価(その2) »

August 18, 2013

2013東サラ募集時評価(その1)

 さて、本日から東サラ2013年度の募集時評価を5回に分けて行っていきます。
 データの見方は、以下のリンクを参考にしてください。

募集時評価の説明

※厩舎ランクは2012年のデータをベースにしたものです。また、血統・厩舎のデータはすべて2013年5月末のデータを基に作成してます。
※体重等は、左から、馬体重、体高、胸囲、管囲の順です。

 毎度のことですが、競馬好きのバカが勝手に作ったデータと、単なる妄想に過ぎない評価ですので、枯葉も山の賑わいということで受け流していただければと思います。


1 サセッティ12
父 ディープインパクト
牡 6,000 万
東 藤沢和雄
募集時評価 C B B B
厩舎ランク 39.8
血統レベル A
母年齢 9
ノーザンF
誕生日 2月12日
体重等 409 154 173 20
血統 66.2% 0.250 0.125 0.083
厩舎 83.3% 0.450 0.050 0.050
総合 74.7% 0.350 0.088 0.067
指数 4484

 前後のまとまりがあって、バランスは良い。トモの大きさはディープ牡馬としては良いほうだと思う。すごく柔かいという動きでもないが、全体としてリズムよく歩けている。立ち姿は全兄にかなり似ていて、そういう意味では全兄くらいの活躍は見込めるだろう。ただそれ以上の活躍を見込めるほどの大物感があるかというと、そこまではどうか。あと、2月生まれで現在410kgくらいだと、そんなには大きくならないかもしれない。
 繁殖自体はオーナーの預託馬だが、ノーザンF産のディープ牡馬だからデータ的には常に長打の期待はある。
 さらにこの厩舎は打率が非常に高く、三振率が極めて少ないのが特徴であるので、この馬が全然ダメになる可能性は極小といえるだろう。
 最近は以前の神通力はなくなりつつある厩舎だし、元からクラシックとはなかなか縁のない厩舎だけに、クラシックで活躍することを最大目標にすると間違うかもしれない。


2 スカーレットドレス12
父 ディープインパクト
牡 4,200 万
東 久保田貴士
募集時評価 B B B B
厩舎ランク 35.2
血統レベル A
母年齢 8
吉田ファーム
誕生日 3月13日
体重等 390 151 170 20
血統 96.7% 0.133 0.067 0.067
厩舎 58.1% 0.158 0.000 0.158
総合 77.4% 0.146 0.033 0.112
指数 3250  

 非常に筋肉質だが、硬くはない。あまり無駄肉がつかないタイプなのだろう。トモの部分の半腱半膜様筋の筋がくっきりとしている馬は結構いるが、何もしていない状態でこの馬のように腹筋の筋まで見せている馬はそうはいない。まだ腰高なので少しぎこちなく見えるが、動きも良好。馬体はまだまだ大きくなるだろう。ただ、カタログでも動画でも左前がやや弓脚に見えるので、その点は気になる。
 データ的には特筆すべき内容はないのだが、血統的には叔父にオウケンブルースリがいて筋が通っている。リファールのクロスもあって期待ができそう。
 厩舎は馬に対して真摯で色々考えている厩舎だが、預かっている馬の値段に見合う結果を出せていないのが現状。この馬で名を上げられれば最高だろう。


3 マンダララ12
父 ディープインパクト
メス 3,400 万
東 手塚貴久
募集時評価 C B B B
厩舎ランク 22.9
血統レベル AA
母年齢 15
ノーザンF
誕生日 5月22日
体重等 372 149 164 19
血統 153.1% 0.276 0.069 0.172
厩舎 157.8% 0.375 0.125 0.125
総合 147.8% 0.325 0.097 0.149
指数 5024

 全体としてすごくバランスがいいというほどではないが、前後のバランスはとれており、まとまりがある。少なくとも、このクラブで募集された上2頭に比較すれば、この馬のほうがかなり良く見える。動き自体は柔らか味があってリズムよく、期待が持てる。やや胸前が薄い感じもするが、ディープ産駒の牝馬だし、前から見たときに妙に幅があるよりは、これくらいスッキリしていたほうがかえっていいかもしれない。5月生まれでこれくらい動けていれば十分とも言えるし、馬体も、まだこれから大きくなりそうだ。静止しているときに結構耳を動かしていたので、やや神経質なところはあるのかも。
 この馬もオーナーの預託牝馬の産駒だが、ノーザンF産のディープ牝馬は最も走る組み合わせ。母系の血統の良さは言うまでもないし、データ的には買いの要素が満載ということになる。
 関東ではクラブ馬で成績を出している厩舎に入ることになった。ディープ牝馬で桜花賞を獲った厩舎だし、実にタイムリーではある。その辺の勢いも考慮に入れたい。


4 エリモピクシー12
父 ディープインパクト
メス 8,000 万
西 安田隆行
募集時評価 C C B A
厩舎ランク 38.6
血統レベル A
母年齢 14
エクセルマネジメント
誕生日 3月7日
体重等 382 151 167.5 19
血統 36.8% 0.231 0.000 0.154
厩舎 130.9% 0.250 0.063 0.438
総合 83.8% 0.240 0.031 0.296
指数 6705

 立ち姿からも良血らしい品の良さが伝わってくる。前後のバランスが良く、胸の深さ、繋ぎの角度、トモの形や飛節の角度も丁度いい。ディープ産駒だし、相当な瞬発力を秘めているだろう。半兄のレッドアリオンは非常に柔かい馬だったが、さすがにそこまでの柔かさはないものの、リズムよく歩けている。女性が引いていて、しっかり歩けているので気性が悪いということはないと思うが、静止時にややキョロキョロしていて、少し神経質なところはあるのかもしれない。3月生まれで現在380kgくらい。まだもう少し大きくなると思うが、成長しても440kgくらいまでだろう。ディープの牝馬だし、それくらいでも十分勝負になるだろう。
 半兄はいずれも重賞勝ち又は重賞級であり、母はダンスインザダークがついても非凡な瞬発力を見せるような産駒を出す名繁殖牝馬。この馬は現在考えられる最高の種牡馬であるディープインパクト産駒なのだから、当然兄以上の活躍が期待される。データ的には特筆すべき内容はないのだが、ディープインパクト産駒で活躍馬が多く出ているリファールのクロスを持っている点は強調できる。
 所属厩舎は短距離で多くの活躍馬を出している関西の一流厩舎。そう考えると、この馬の目標は桜花賞。価格から考えて、桜花賞を勝てれば成功で、2着以下なら残念ということにもなるのかもしれないが、これだけの馬がクラブに出てくること自体に感謝したい。


5 フェルメールブルー12
父 ディープインパクト
メス 3,400 万
西 石坂正
募集時評価 C B B C
厩舎ランク 37.0
血統レベル A
年齢 15
大北牧場
誕生日 2月8日
体重等 449 152 177 20
血統 36.8% 0.231 0.000 0.154
厩舎 159.2% 0.324 0.162 0.216
総合 96.2% 0.278 0.081 0.185
指数 3270

 腹袋がぽってりしている牝馬で、肩はやや立ち気味。ただ、それでも動き自体はそこそこ柔らか味もあって、脚取りもしっかりしている。目立つ動きというわけではなく、バランスも良いとまでは言えない感じ。
 ノースフライトから続くボトムラインだし、肩も立ち気味で背も短いことを考えると、血統どおりマイル前後の馬だろう。こういう体型はあまり好みではないが、他クラブのディープ牝馬で新馬勝ちしたハープスターに体型的には似ている感じで、これはこれでいいのかもしれない。
 厩舎はクラブ馬と相性抜群のところで、このクラブからも牝馬で活躍馬を出しているところ。データ面から考えれば非常に楽しみの多い馬ということになる。


6 マウントコブラ12
父 ディープインパクト
メス 2,800 万
西 藤原英昭
募集時評価 D D D C
厩舎ランク 45.1
血統レベル A
母年齢 12
社台F
誕生日 3月10日
体重等 407 153 167 19.1
血統 117.2% 0.182 0.091 0.182
厩舎 60.2% 0.136 0.091 0.227
総合 88.7% 0.159 0.091 0.205
指数 2484

 ディープインパクト産駒らしい細身の馬体で、肩は立ち気味だが、前後のバランスはそれなりに取れている。ややトモが貧弱に見えてしまうが、ディープの牝馬だし、こんなものかもしれない。肩の出も含めて、全体のリズムは今一つに感じる部分はあるが、桜花賞で2着したレッドオーヴァルもこういう感じだったので、これはこれでいいのかも。ただ、右後ろの球節から下が掻き込んだ後にやや内に入るのは少し気になる。
 叔父に米G1馬もいて、血統的にはしっかりしている。データ上は特筆すべき点はないのだが、所属厩舎も一流のところだし、素直に血統面を信じたほうが良いかもしれない。


7 アイシーサイレンス12
父 キングカメハメハ
牡 3,000 万
西 松田国英
募集時評価 C C D C
厩舎ランク 30.7
血統レベル A
母年齢 15
社台F
誕生日 4月30日
体重等 387 153 168 19.7
血統 75.2% 0.200 0.200 0.100
厩舎 43.8% 0.190 0.048 0.381
総合 55.7% 0.195 0.124 0.240
指数 1671

 まず、キンカメ産駒ならば、もう少しトモの大きさが欲しいところ。肩は立ち気味で、この種牡馬の産駒にありがちな硬さもある。動き自体は悪くはないが全体として目立つところがない。
 データ的に可もなく不可もなく、運が良ければ長打があるかもという感じだろうか。キンカメ産駒は母系が優秀だったり、重賞勝ち馬だったりで、結局高額な馬が活躍している傾向にあることを考えると、あまり大きなところを狙うというタイプではないのかも。
 所属厩舎は以前の種牡馬級の馬を輩出するレベルに比べると成績が下がってきているし、以前のように超一流のレベルとは評価できなくなってきている。この厩舎が好きならばというところだろうか。

|

« 東サラカタログを見てのとりあえず感想 | Main | 2013東サラ募集時評価(その2) »

Comments

競馬悟空さん、こんばんは^^

いよいよ始まりましたね!よろしくお願いしますm(_ _)m
ディープ産駒が今年は多いですが、僕は現実的な選択として、この中から選ぶのであれば、マンダララかな~と思います(*^_^*)
なんか品がありますよね。やはり血統でしょうか。その良さを感じることができます(^_^)v
この中からクラシックへ顔を出す馬はいるのか?今から楽しみです(^^)/~

Posted by: レプティリア | August 18, 2013 at 10:35 PM

ご無沙汰しております。私は買うならマンダララ仔かな〜と思います。
サセッテイ仔は、セインツとカイザーと持っておりまして、今回のサセッテイ仔は…セインツに似てますが、セインツの募集時よりも前脚のさばきが硬いかなぁ〜。

Posted by: しんちゃん | August 19, 2013 at 12:14 AM

競馬悟空さん、こんばんは。
価格面も考慮した選択肢としては、当方もこの中ではマンダララかなと思います。
この血統は仕上がりが遅そうなことに加えて遅生まれでもあり、多分藤澤厩舎で3歳夏デビューだろうと当初は全くノーマークでしたが、DVDを観て印象が変わりました。毛色のせいもあるのでしょうが、すごく気品が感じられます。(気がするだけかもしれませんが・・・)
ただし、当方は調整具合や馬体重等、ある程度様子見をしてから出資したい方なので、本馬に出資するチャンスは恐らくないと思います。現実的には16、17、20、23、24あたりを様子見しつつ、シルク勢を眺めながらというところでしょうか・・・。

Posted by: レッドスター | August 19, 2013 at 12:14 AM

いよいよ検討記事が始まりましたね。
楽しみに読ませていただきます。
時を同じくして私も検討記事書き始めましたが、楽しくもあり、しんどくもありですね。労力かなり使いますから(笑)

Posted by: youchan | August 19, 2013 at 05:36 PM

レプティリアさん、こんばんは!
ようやっと始まりました(笑)。マンダララいいですよね。今年のマンダララ産駒は面白そうです。半姉2頭はどうも動きが今一つな感じだったのですが、この馬は良さそうに思います。そもそも血統的には折り紙つきの良血馬ですから、楽しみです。ただ、全兄の成績が振るわなかったのが少し気になりますが。。先行募集ではギリギリ埋まらないのではないかなと思っていますが、どうでしょうか。

Posted by: 競馬悟空 | August 19, 2013 at 08:48 PM

しんちゃんさん、お久しぶりです、こんばんは!
先週はレッドカイザー優勝おめでとうございます!やはりこの繁殖の仔は安定感がありますよね。サセッティ12はやはりレッドセインツと比較してどうかということになりますね。出資されていた、しんちゃんさんが、前さばきがやや硬いと感じるということは、やはりそうなのかもしれませんね。厩舎も近年勢いがなくなってきた感じなのも気になりますね。

Posted by: 競馬悟空 | August 19, 2013 at 08:53 PM

レッドスターさん、こんばんは!
マンダララ12は品もありますし、動きも良いですよね。半姉たち以上の活躍を期待してしまいます。この血統は仕上がりが遅い感じですが、この馬はそんなことは無い気がしますし、ぜひ頑張って欲しいです。16番も結構いいですよね。ゼンノロブロイ産駒が欲しいかどうかというのはありますが、面白そうです。23番も立ち姿は魅かれましたが、動かすとちょっと案外かなとも感じました。

Posted by: 競馬悟空 | August 19, 2013 at 08:57 PM

youchanさん、こんばんは!
記事早速楽しく読ませていただきました。自分以外の方の書いた分析や印象を読むのは楽しいです。明日以降も楽しみにしています!本当に、こういう記事を書くのって、思った以上に労力がかかりますよね(笑)。私も毎回途中で、何でこんなバカなこと始めたんだろうって反省してしまいます(笑)。

Posted by: 競馬悟空 | August 19, 2013 at 09:00 PM

フェルメールブルーの仔が募集されているんですね。フェルメールブルーは、ターファイトで1億円という高値で募集された馬です。
馬代金を回収できなかったことは想定内としても、その仔らが1頭もターファイトに募集されずに今日に至っています。
ノースフライトが好きで好きでたまらないという会員が、出資したんですがね。
なんかこうやって、他のクラブで募集されるのを目にすると複雑な心境になります。それも、とてもターファイトには縁のありそうもない優良厩舎で。

Posted by: きむたか | August 23, 2013 at 12:34 PM

きむたかさん、おつかれさまです!
東サラは色んなところから馬を引っ張ってこれるのが素晴らしいです。一方、欲しい産駒が募集されなくなってしまうクラブもあるわけで。。難しいですね。確かに今のターファイトですと、この厩舎はなさそうですね。本当にフェルメールブルーの産駒が欲しい人はクラブを移動するということもあるかもしれないですよね。ターファイトでもいい馬が募集されるといいんですが。。

Posted by: 競馬悟空 | August 23, 2013 at 07:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 東サラカタログを見てのとりあえず感想 | Main | 2013東サラ募集時評価(その2) »