« 2013東サラ募集時評価(その5) | Main | 定跡 »

August 23, 2013

カタログ

 東サラの募集時評価も終わりましたし、今日はまったりと。

 一口馬主のクラブに入って募集馬に出資する際に、当然ですがカタログとDVDを見ます。人によってはカタログのみとかDVDのみという方もいるでしょう。スーパーひとし君で有名なあの方はカタログのみをじっくり見ると本で語っていましたし。
 多くの人は全部見るかどうかは別として、カタログとDVDの両方を見るでしょう。
 で、その見終わったあと、募集が終わった後が問題です。多分一旦は本棚とかに置くかもしれませんが、年末とかに大掃除をする際に、粗末な扱いになってしまう可能性があります。

 クラブも一つだけに所属しているならいいですが、たくさんクラブに入って、年数が経過していくと、どんどんカタログも増えていきます。
 そうすると、どうしても、「捨てちゃうか・・」ということになりかねません。

 声を大にして言いますが、カタログ・DVDは絶対に捨ててはいけません。
 このブログを普段から見ている人は、多分そうそう簡単にカタログを捨てたりしないと思いますが、ご本人は捨てたくなくとも、家族から捨てるよう圧力がかかるかもしれません。
 そういう圧力に屈せず、できるかぎり捨てずに頑張りましょう。

 私の場合、実は以前引っ越しの際、社台・サンデー・キャロットの古いカタログを捨ててしまい、後で非常に後悔しました。社台・サンデーは会員WEBで過去のカタログを見れますが、キャロットはカタログと同じ写真は会員WEBでも見れないですし、失敗したなあと思っています。
 社台・サンデーについては、昨年からPDFでカタログをダウンロードできるようにもなりましたので、最悪、カタログは捨ててしまっても仕方ないかもしれませんが、他のクラブの分は絶対に捨てないほうがいいでしょう。
 経験上、後になって、ちょっと見たいなってときが必ず来るんですよね。

 三国志で例えるなら、名医華佗からもらった「青嚢の書」並みに、大事に扱いましょう。
 呉押獄のように、油断しているうちに家族に燃やされないようにも注意してください(笑)。

 ということで、とにかく、捨てないようにしましょう~。

|

« 2013東サラ募集時評価(その5) | Main | 定跡 »

Comments

競馬悟空さん、こんばんは。
カタログは大事ですね。うちは圧力に負けています。今年から取って置きます。何処かに隠して(笑)
華佗、久々に聞きました。このネタは何か忘れていた物を思い出させてくれます。またやって下さいね。

Posted by: パパディー | August 24, 2013 at 12:10 AM

競馬悟空さん、おはようございます!

私は過去に加入していたラフィアン・大樹・ローレルのカタログも後生大事に書架に置いてるのですが、家内からしたら退会したクラブのものは邪魔だから捨てろ嫌みを云われます(笑)

これからも一口を趣味とする以上は青嚢の書ですから嫌み云われても保持していきます!

忘れかけてた言葉の重みを感じました!

Posted by: ねこだねこきち | August 24, 2013 at 09:24 AM

パパディーさん、こんばんは!
ぜひ、今年からカタログはとっておいてください。三国志ネタで、まさに華佗の話がぴったりきてしまいました(笑)。パパディーさんならきっと共感していただけると思いました。またチャンスを見て?ネタを放り込みたいと思います(笑)。

Posted by: 競馬悟空 | August 24, 2013 at 10:01 PM

ねこだねこきちさん、こんばんは!
そうでししたか、すでに嫌味の圧力が来ていましたか(笑)。嫌味を言われてもカタログは守り通してください。青嚢の書のように、勝手に捨てられてしまわないように気を付けてくださいね。でも捨てたら捨てたで、「あなたが無駄遣いしないように捨てたのです!あなたのためなのです。」とか言われそうで怖いですよね(笑)。

Posted by: 競馬悟空 | August 24, 2013 at 10:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2013東サラ募集時評価(その5) | Main | 定跡 »