« 2013年キャロット募集時レビュー(関西その3) | Main | 2013年キャロット募集時レビュー(関東その2) »

September 04, 2013

2013年キャロット募集時レビュー(関東その1)

 今日からは関東馬分です。今日は関東のその1で、1番から14番までです。関東馬か関西馬か毎年迷います。関東にもノーザンF天栄ができましたし、これから関東馬の巻き返しが続くことを期待したいです。

 毎度のことですが、競馬好きのバカが勝手に作ったデータと、単なる妄想に過ぎないレビューですので、枯葉も山の賑わいということで受け流していただければと思います。


1 ヴィートマルシェの12
父 ディープインパクト
母父 フレンチデピュティ
牡 7,000 万
藤沢和雄
募集時レビュー B B B B
厩舎ランク 39.8
血統レベル A
母年齢 10
ノーザンファーム
誕生日 2月4日
体重等 476 158 178.5 21.2
血統 66.2% 0.250 0.125 0.083
厩舎 83.3% 0.450 0.050 0.050
総合 74.7% 0.350 0.088 0.067
指数 5232

やや詰まった感じの筋肉質な馬体で、非常にまとまった馬体です。前後のバランスも良く、背中も短めなので確実性は非常に高そうです。筋肉質ですが柔らか味のある動きをしているので、母系を考えるとマイル前後がベストのような気もしますが、もう少し距離の融通はききそうです。母父フレンチデピュティのディープインパクト産駒にはカミノタサハラがいてすでに結果が出ているのは心強いところです。所属厩舎は打率の高さが特筆ものです。勝ち上がる可能性は非常に高いですし、順調に進めばクラシック路線に乗って行けるでしょう。ただし、近年はクラシックで結果を出せていないですので、そのへんは微妙なところですね。


2 ムーンライトダンスの12 父
ディープインパクト
母父 Sinndar
メス 4,400 万
加藤征弘
募集時レビュー A B B B
厩舎ランク 26.6
血統レベル A
母年齢 10
ノーザンファーム
誕生日 4月13日
体重等 426 150 180 20.5
血統 153.1% 0.276 0.069 0.172
厩舎 89.8% 0.190 0.048 0.095
総合 121.4% 0.233 0.058 0.134
指数 5342

カタログの立ち姿だけを見ると、トモの容量こそ凄いですが、寸詰まっていて、まったく見栄えしません。しかし、動かすと、キビキビとした歩様で、リズム良く歩けています。2頭の全兄ともまったく違う馬体なので、良いのか悪いのか迷うところですが、私は面白いんじゃないかなと思います。4月生まれで、まだまだ子供っぽい馬体ですから、これからの上積みが大きそうです。所属厩舎は全兄も預かっているところです。クラブ馬で特別好成績をあげているわけでもないのですが、このクラブとは相性も良さそうです。データ上走っている、ディープの牝馬なので期待したいです。


3 キューの12 父
キングカメハメハ
母父 フレンチデピュティ
牡 5,000 万
戸田博文
募集時レビュー B B B B
厩舎ランク 22.8
血統レベル B
母年齢 15
白老ファーム
誕生日 2月16日
体重等 459 157 177 20.6
血統 82.7% 0.100 0.100 0.400
厩舎 94.7% 0.111 0.037 0.296
総合 84.6% 0.106 0.069 0.348
指数 4229

トモの良さが目立つ馬です。完璧とまでは行かないのですが、相当良いと思います。動きもキンカメ産駒にしては硬いところがなく、リズムよく歩けていて、全体として好印象です。ただ、母も高齢ですし、最近の産駒からは気性的に問題がある馬が出てきているのが気になるところです。所属厩舎は半兄も預かっていたところなので良いでしょう。それなりに高額馬を預っているにもかかわらず、打率がギリギリ1割超えというのは少し心配ではありますが。総じて、気性的に問題がなければ期待できそうな馬です。


4 エレガントマナーの12
父 キングカメハメハ
母父 シンボリクリスエス
牡 3,600 万
木村哲也
募集時レビュー B A C B
厩舎ランク 14.4
血統レベル D
母年齢 6
ノーザンファーム
誕生日 5月11日
体重等 457 153.5 170.5 20
血統 165.5% 0.304 0.217 0.087
厩舎 22.4% 0.000 0.000 0.429
総合 102.2% 0.152 0.109 0.258
指数 3680

力強い蹴りが印象的です。トモは良いです。ただ欲張りすぎかもしれませんが、キンカメ産駒ならさらにもう一歩良さがあってもいいかなとも思います。全体のバランスも整っていて、リズムよく歩けていますし、まとまりのある馬です。血統的にはバレークイーンから続くボトムラインは魅力なのですが、活躍馬からは少し離れているかなと思います。その辺も考慮してこの値段なのでしょう。所属厩舎は今年ノーザンFから多数期待馬が入厩するところ。所属する馬が本当に期待されているのか、どうなのかは個別に考えていくしかありませんが、この馬はどうでしょうか。何とも判断がつかないですね。


5 ドルチェリモーネの12
父 キングカメハメハ
母父 サンデーサイレンス
メス 2,400 万
久保田貴士
募集時レビュー C D D C
厩舎ランク 35.2
血統レベル A
母年齢 11
白老ファーム
誕生日 2月4日
体重等 435 155 174 19.4
血統 42.5% 0.077 0.000 0.462
厩舎 58.1% 0.158 0.000 0.158
総合 50.3% 0.117 0.000 0.310
指数 1206

前後はバランスは整っていますし、まとまりはあります。トモはキンカメ産駒としてはもう一歩足りない感じです。動かすとキンカメ産駒らしい硬さがあり、可もなく不可もなくと感じます。所属厩舎はクラブの高馬を預っている割には、もう一つ結果が出ていないところ。どこかのタイミングで結果がでるかもしれませんが、いつなのかはわかりません。あと、単純な話ですが、キンカメ牝馬が欲しいかどうかというのが一番の決め手になりそうです。


6 ライラックレーンの12
父 キングカメハメハ
母父 Bahri
メス 2,800 万
加藤征弘
募集時レビュー B B B B
厩舎ランク 26.6
血統レベル A
母年齢 15
白老ファーム
誕生日 6月4日
体重等 401 148 171 19
血統 42.5% 0.077 0.000 0.462
厩舎 89.8% 0.190 0.048 0.095
総合 64.0% 0.134 0.024 0.278
指数 1791

おなじみの血統でおなじみの組み合わせ。今年は牝馬です。この組み合わせでは、やはりフィフスペトルが素晴らしかったというのもあり、さすがにそこには及ばないかなと思います。また、キンカメ産駒は牝馬は信頼度が落ちますので、その点もマイナスです。さらに、母も高齢になってしまいましたので、悪くない馬なのですが、手は出しにくいかなと思います。実際、全兄、全姉でも走っていない馬もいますから。この馬もキンカメ牝馬が欲しいかどうかというところでしょう。


7 ディアデラノビアの12
父 ハービンジャー
母父 サンデーサイレンス
牡 5,000 万
国枝栄
募集時レビュー C B C B
厩舎ランク 38.5
血統レベル A
母年齢 10
ノーザンファーム
誕生日 3月4日
体重等 479 156.5 176 21
血統 88.8% 0.235 0.070 0.161
厩舎 69.5% 0.258 0.032 0.161
総合 79.1% 0.246 0.051 0.161
指数 3957

トモの容量はもう少しあってもいい気がしますが、筋肉のつき方なんかは結構いいと思います。ただ、この父の子はどれもそういう感じなんですが、ちょっとゴツいかなあという気はします。馬体は前後のバランスも取れていますし、毛ヅヤもよく見栄えしますが、やっぱりちょっと頭が大きく感じるんですよね。これも、この父の産駒全体的にそうなので当然と言えなくもないのですが。所属厩舎は成績の割にはクラブ馬では今一つ満足な結果が出ていない感じです。単なる巡り合わせかも知れないですが、少し気にかかりはしますね。いい馬ですが、この馬も安くないです。同じハービンジャーの牡馬なら、倍以上の値段がする49番のほうが良さそうな気がしてしまいます。


8 メジロルルドの12
父 ハービンジャー
母父 サンデーサイレンス
牡 1,800 万
小笠倫弘
募集時レビュー B C C C
厩舎ランク 17.5
血統レベル A
母年齢 10
レイクヴィラファーム
誕生日 5月3日
体重等 445 157 172.5 21.5
血統 77.0% 0.228 0.019 0.317
厩舎 80.8% 0.250 0.000 0.250
総合 78.9% 0.239 0.009 0.284
指数 1420

この馬もこの父の産駒らしくやや硬い感じです。トモは牝馬としては良いほうだと思いますが、全体的にややゴツい感じです。動きは可もなく不可もなくで特に悪くもないですが、目立つところもありません。前脚の出し方にバラつきがあるのが少し気になるくらいでしょうか。所属厩舎は成績的には可もなく不可もなくという感じです。メジロドーベルから続く牝系ですが、繁栄しているとは言い難い母系ですし、少なくとも牧場からの期待があるとは思えないです。


9 ビスクドールの12
父 ハービンジャー
母父 サンデーサイレンス
メス 2,000 万
田中剛
募集時レビュー C C D C
厩舎ランク 18.2
血統レベル A
母年齢 14
ノーザンファーム
誕生日 1月25日
体重等 444 157 177 20.5
血統 93.7% 0.193 0.024 0.291
厩舎 124.1% 0.167 0.167 0.000
総合 108.9% 0.180 0.095 0.145
指数 2178

半姉もそうだったが、前が勝っている感じで、後ろは少し物足りません。トモも牝馬としては悪くはないのですが、もうワンパンチ欲しい感じです。あと、動かすと、やはり少し硬い感じがします。血統的には叔母にトゥザヴィクトリーがいる文句なしの良血ですが、この父と合うのかどうか。所属厩舎は今年クラシック制覇して波に乗る厩舎で、その点はいいですね。ただ、総じて値段なりかなという気はします。


10 パーフェクトマッチの12
父 ハービンジャー
母父 サンデーサイレンス
メス 2,000 万
木村哲也
募集時レビュー D C C D
厩舎ランク 14.4
血統レベル C
母年齢 10
ノーザンファーム
誕生日 1月27日
体重等 438 160.5 176 20.5
血統 93.7% 0.193 0.024 0.291
厩舎 22.4% 0.000 0.000 0.429
総合 58.0% 0.096 0.012 0.360
指数 1161

垂直に近い立ち肩で、首から肩にかけてがいかにも窮屈です。前後のバランスも良いとは言えないです。トモの容量もそんなにないですし、また、動かしても肩周りが硬いです。右前の出し方も少し気になります。所属厩舎は例の大量入厩厩舎。これはあまり期待されてないグループに属するのではないのかなと思ってしまいます。それにしても、ハービンジャー産駒は総じて高いですね。


11 シアトルサンセットの12
父 ネオユニヴァース
母父 Belong to Me
牡 1,800 万
上原博之
募集時レビュー B D D D
厩舎ランク 16.2
血統レベル C
母年齢 13
ノーザンファーム
誕生日 1月31日
体重等 464 156.5 177 21
血統 123.4% 0.350 0.150 0.050
厩舎 36.9% 0.091 0.000 0.364
総合 80.2% 0.220 0.075 0.207
指数 1444

トモはいいですね。飛節が後ろに流れてしまっているのがネオユニヴァース産駒の特徴ですが、これならなんとかなりそうな気がします。ただ、歩かせると硬いですね。体を大きく使えていない感じですし、1月生まれでこれだと正直厳しいかなという気はします。厩舎はG1馬も出しているところですが、最近のクラブ馬の成績はあまり芳しくないですね。総じて値段なりという感じです。


12 ゴレラの12
父 ネオユニヴァース
母父 Grape Tree Road
牡 4,000 万
木村哲也
募集時レビュー C C C B
厩舎ランク 14.4
血統レベル B
母年齢 10
ノーザンファーム
誕生日 5月1日
体重等 422 155.5 171 19.7
血統 123.4% 0.350 0.150 0.050
厩舎 22.4% 0.000 0.000 0.429
総合 72.9% 0.175 0.075 0.239
指数 2916

まとまった馬体で、全体のバランスも良いですし、普通にいい馬だと思います。動かして特に目立つところはないのですが、リズム良く歩けていると思います。全兄はPOG本でも取り上げられていた期待馬でしたが、気性の問題で今のところ燻っている感じです。この馬は今のところ心配なさそうですが、この父の産駒は競馬に行ってどうなるかわからないので、安心はできないですね。所属厩舎は、この馬もこの厩舎かという感じですね。上が他厩舎で期待馬だったという馬が多数来ている感じです。サンデーRで関西の有力厩舎所属だった馬の全弟が、関東の若手に来る。どういうことなのかはよく考える必要がありそうです。


13 タイムウィルテルの12
父 ネオユニヴァース
母父 ブライアンズタイム
メス 1,400 万
中川公成
募集時レビュー D D C C
厩舎ランク 17.5
血統レベル C
母年齢 12
ノーザンファーム
誕生日 2月14日
体重等 430 153 175.5 19.5
血統 47.5% 0.158 0.053 0.474
厩舎 48.6% 0.286 0.000 0.286
総合 48.1% 0.222 0.026 0.380
指数 673

牝馬とはいえ、トモがちょっと薄い感じですね。ネオユニヴァース産駒でトモが薄いのは基本的に厳しいと思います。動き自体は悪くないのですし、今のところ気性的に問題がなさそうなのは良いですね。所属厩舎は若手で可もなく不可もなくという感じのところです。データ的にも厳しい感じですし、ネオの牝馬を買う必要があるのかよく考えたいところですね。


14 ピューリティーの12
父 ネオユニヴァース
母父 パントレセレブル
メス 1,800 万
小島茂之
募集時レビュー D C D B
厩舎ランク 24.0
血統レベル C
母年齢 9
ノーザンファーム
誕生日 3月7日
体重等 428 156 175 19
血統 47.5% 0.158 0.053 0.474
厩舎 64.1% 0.200 0.000 0.250
総合 55.8% 0.179 0.026 0.362
指数 1005

この馬もトモが薄いですね。リズム良く歩けてはいるのですが、それ以外に見どころはない感じです。母系の血統的にも特別な良血というわけでもないですし、所属厩舎も最近クラブ馬であまり活躍馬を出せていないです。ネオの牝馬ですし、この値段でもやや割高に感じます。

|

« 2013年キャロット募集時レビュー(関西その3) | Main | 2013年キャロット募集時レビュー(関東その2) »

Comments

競馬悟空さん、こんばんは。
悟空さんのレビュー、楽しみにしていました。
やはりデータを数値化すると客観的に評価がしやすいですね。
そしてヴィートマルシェの12の評価が待ち遠しかったです(笑)
私も悟空さんと同じで、なかなかバランスの良い馬体だなぁと思いました。
最近いろいろと話題の多い厩舎ですが、成績上位には変わらないので気にしないことにします。
私は迷いが生まれないうちに既に申し込みしてしまいました。
あとは無事に抽選に通ることを祈り続けます。
悟空さんはこれからじっくり検討されるのでしょうか?
悩ましくも楽しい時間を堪能して下さい!

Posted by: akibon | September 04, 2013 at 10:56 PM

akibonさん、こんばんは!
ヴィートマルシェの12は本当にバランスが良くて好馬体ですよね。私はこの厩舎は好きです。色々とポリシーのある厩舎なので、合わない人は合わないかもしれませんね。すでに申し込みをされたとのことですが、母優先+最優先ならきっと間違いないですよね!私は最後まで色々悩みつつ決めると思います(笑)。

Posted by: 競馬悟空 | September 05, 2013 at 07:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2013年キャロット募集時レビュー(関西その3) | Main | 2013年キャロット募集時レビュー(関東その2) »