« シルク2013年度募集馬第一印象メモ | Main | 2013年ノルマンディーOC募集馬レビュー(牝馬) »

September 15, 2013

2013年ノルマンディーOC募集馬レビュー(牡馬)

 2013年度ノルマンディーOC募集馬のレビューです。
 今日は牡馬7頭についてです。

 今年のノルマンディーOCは目玉的な馬はいませんが、そのかわり粒ぞろいというか、結構価格が安めの馬が多いのでお買い得感がありますね。さらに先行で出資すれば10%引きになるのもうれしいですね。

 なお、データについては、社台系牧場生産馬(社台F、ノーザンF、白老F、追分F)のデータを除いて集計したデータになっています。その点が他クラブのデータと違いますのでご注意ください。
 また、マツリダゴッホ、エンパイアメーカー、ハービンジャー、ヴァーミリアン、ショウナンカンプについては、有効な種牡馬データがありませんので、全馬平均データを使用しています。


1 キョウエイトルースの12
父 フレンチデピュティ
母父 フジキセキ
牡 2,200 万
高木登
募集時レビュー B B B B
厩舎ランク 18.9
血統レベル C
母年齢 15
岡田スタッド
誕生日 5月20日
体重等 403 149 168 19.5
血統 13.7% 0.000 0.000 0.400
厩舎 85.3% 0.200 0.000 0.333
総合 48.8% 0.100 0.000 0.367
指数 1074

 フレンチデピュティ産駒としては非常に良さそうな馬ですね。筋肉質て硬そうに見せるんですが、動かしても硬さは感じません。この馬はトモがかなり良い感じで、前後にまとまりもあります。他クラブのフレンチデピュティ産駒と比較しても、これが一番良く見えます。母は高齢なんですが、この馬自身は5月生まれでこれだけ見栄えするのですから、これからの成長に期待できそうです。400口募集だったらかなり売れると思うんですが、なんで40口にしたんでしょうかね。
 厩舎は社台系の生産馬では成績を出せていませんが、その他の牧場産の馬では平均以上の成績を出せていますので心配ないでしょう。
 全兄がそれなりの結果を出せているのも心強いですし、募集馬の中では一番確実性が高そうです。


3 ザッツザウェイの12
父 マツリダゴッホ
母父 フサイチコンコルド
牡 1,400 万
栗田博憲
募集時レビュー C B D C
厩舎ランク 13.5
血統レベル D
母年齢 9
岡田スタッド
誕生日 3月8日
体重等 442 155 176 20
血統 77.0% 0.228 0.019 0.317
厩舎 0.0% 0.000 0.000 1.000
総合 38.5% 0.114 0.009 0.659
指数 539

 トモの感じは普通ですかね。マツリダゴッホ産駒は結構トモに良さがある馬が多いので、悪くはないのですが、そういう中ではちょっと見劣りする感じはあります。動かすと少し硬さがありますね。あと、歩きを見ると、ちょっと集中力に書いてる感じもありますので、ちょっと成長を見守りたいです。
 このクラブならマツリダゴッホ産駒に注目したいところですし、牡馬でこの値段なのでリーズナブルですね。ただラインアップの中ではもう一頭のほうが良いかなと思ってしまいます。
 厩舎は最近はクラブ馬では社台系以外ではまったく結果が出ていませんね。まあ社台系でも結果が出ているとは言い難いのですが、今年は2歳で活躍馬も出そうな感じですし、安定感はあるところです。
 まあ、値段なりということでいいんじゃないでしょうか。


4 サルガソシーの12
父 ステイゴールド
母父 Affirmed
牡 1,600 万
昆貢
募集時レビュー C C C C
厩舎ランク 30.3
血統レベル D
母年齢 14
浦新徳司
誕生日 3月3日
体重等 407 152 166 20
血統 128.4% 0.211 0.053 0.263
厩舎 87.5% 0.286 0.000 0.190
総合 108.0% 0.248 0.026 0.227
指数 1727

 そこそこのステイゴールド産駒というところですね。ステイゴールド産駒がたくさん生産されるようになって、この世代では良血繁殖からも産駒が出てきていますので、そういうのと比較すると良いとまでは言えない感じですが、この馬自体はまとまりがあります。馬体の感じも、よくいるステイゴールド産駒という感じです。動きは良くも悪くも普通。若干硬い感じもしなくはないのですが、ステイゴールド産駒の牡馬は、動き自体はやや硬質な感じなほうが走っている感じがするので、そういう面では良いと思います。
 この馬のウリはやはり厩舎ですね。社台系の馬は預らずに、G1馬も複数出している素晴らしい厩舎。それだけでも出資する価値はありそうです。
 ただ、血統的には近いところには活躍馬もいませんし、結局は種牡馬の能力と厩舎の力頼みと言うことになると思います。でも、もう今後そうそうこの値段でステイゴールドの牡馬が出てくることはないと思うので、一発に賭けるのはアリかもしれないですね。


5 スプリングボードの12
父 マツリダゴッホ
母父 アサティス
牡 1,600 万
国枝栄
募集時レビュー A C D C
厩舎ランク 38.5
血統レベル D
母年齢 12
岡田スタッド
誕生日 2月29日
体重等 430 152 172 20.5
血統 77.0% 0.228 0.019 0.317
厩舎 36.3% 0.100 0.000 0.250
総合 56.6% 0.164 0.009 0.284
指数 906

 この馬はやはりトモが素晴らしいですね。ただ、見た感じでもわかりますが、かなり硬い感じですので、ダート向きになるのかなと思います。トモのパワーだけでもそこそこやれそうな感じですので、確実性は高そうです。
 厩舎はクラブ馬ではあまり成績を出せていないのですが、美浦の重鎮ですし、信じるしかないでしょう。
 マツリダゴッホ産駒の中では一番注目したい馬です。


6 ナショナルフラワーの12
父 ホワイトマズル
母父 アグネスタキオン
牡 1,000 万
牧光二
募集時レビュー D C C C
厩舎ランク 25.2
血統レベル B
母年齢 5
岡田スタッド
誕生日 2月18日
体重等 429 149 170 20.5
血統 91.7% 0.143 0.071 0.286
厩舎 84.0% 0.200 0.000 0.400
総合 92.4% 0.171 0.036 0.343
指数 924  

牡馬ですのでもう少しトモがあったほうがいいなと思いますね。動きは可もなく不可もなくで、全体のバランスは今一つの感じです。ホワイトマズルの牡馬はなかなか出てこないので、面白そうなのですが、他のクラブにもっといいのがいる気がするので、相対的には値段なりかなと思いますね。ただ、データ的には血統データ、厩舎データともに悪くないので、コツコツと頑張ってくれそうな感じではあります。


7 ミッドキャップの12
父 マンハッタンカフェ
母父 アントレプレナー
牡 1,400 万
鈴木孝志
募集時レビュー B C C C
厩舎ランク 17.9
血統レベル A
母年齢 10
岡田スタッド
誕生日 3月20日
体重等 405 151 170 19
血統 75.3% 0.235 0.000 0.353
厩舎 73.2% 0.125 0.000 0.750
総合 74.2% 0.180 0.000 0.551
指数 1039

 立ち姿はまとまりがあって結構良く見えます。トモも結構良さがあって、脚長な馬体ですし、まだこれから大きくなるんじゃないでしょうか。他にこれといった良さもないのですが、この値段でマンハッタンカフェ産駒が手に入るなら悪くないかなと思います。上は走ってないですけど、祖母はG1馬ですし、牝系はしっかりしています。きちんと仕上がってくれば面白そうな馬です。
 厩舎は開業してそんなに経っていない若手ですが、成績を上げてきています。三振率は尋常じゃない高さですが、これは転厩分とかもあるでしょうから、あまり気にしなくて良さそうです。
 値段の割には結構面白そうな馬ですね。


8 リトルビスケットの12
父 エンパイアメーカー
母父 タニノギムレット
牡 2,000 万
松永昌博
募集時レビュー C B C C
厩舎ランク 25.6
血統レベル D
母年齢 7
岡田スタッド
誕生日 3月29日
体重等 430 154 171 20
血統 77.0% 0.228 0.019 0.317
厩舎 49.4% 0.286 0.000 0.571
総合 67.0% 0.257 0.009 0.444
指数 1341

 歩かせると踏込みに力強さはありますが、目立つのはそれくらいですかね。総じて普通の馬という印象です。エンパイアメーカー産駒はこれだけなので、欲しい人にとっては魅力的だと思いますが、2,000万なら牡馬でも色々と選べる価格帯なので、ちょっと割高に思いますね。
 厩舎は成績自体は悪くないですが、三振率が非常に高いところです。好き嫌いが分かれそうですね。血統的にも特別な魅力はなさそうです。

|

« シルク2013年度募集馬第一印象メモ | Main | 2013年ノルマンディーOC募集馬レビュー(牝馬) »

Comments

競馬悟空さん、おはようございます。

レビューありがとうございます。
私は4,5に出資予定です。
ただ、競馬悟空さんのおっしゃるようにキョウエイトルースの12が400口だったら人気出るだろうにと非常に残念です。
競馬悟空さんは今年はノルマンディーに出資予定はございますか?

Posted by: じろう | September 16, 2013 at 06:30 AM

じろうさん、こんにちは!
4番、5番は私も注目しています。4番はステイゴールド産駒の牡馬がこんな値段で出てくることは今後ないですからねえ。しかも厩舎も最高レベルのところ。これは注目ですよね。5番はトモが良いと思います。確実性は高そうですので、あとはどこまで上に行けるかですね。今年はノルマンディーOCについては、私はシルクの募集が済んだ後で考えようかと思っています。シルクの募集馬が思った以上に魅力的だったですし、シルクは実績制のため、来年以降も考えると今年はシルクに資金を振り分けたいというのもあります。ノルマンディーは10%引きギリギリのタイミングで決断するか、さもなくば、割引は無視してできるかぎり様子見するかのどちらかにしようかと思っています。

Posted by: 競馬悟空 | September 16, 2013 at 11:56 AM

こんにちは☆
私もキョウエイトルースはアンケートでも希望した馬でしたが、40口ときいてショボーン。
頭数が元々少ないのに40口で選択肢が減るのはちょっと不満です。
リトルビスケットは芝ダどちらの適正と思われますか?

Posted by: コズン | September 16, 2013 at 04:38 PM

コズンさん、こんばんは!
40口募集馬を設定する意味は私もわからないです。昨年の募集馬が40口馬から売れたというならともかく、今年も売れるとは思えないんですがねえ。400口ならば魅力的ですが、私もノルマンディーで40口に出資するつもりはないので残念です。リトルビスケットの12は繋ぎの感じからしても芝ダート共用ではないでしょうか。特徴がないのが特徴という感じの馬なので、潰しはききそうですよね。ただ中途半端になってしまう可能性もあるかもしれませんが。。難しいですね。

Posted by: 競馬悟空 | September 16, 2013 at 08:14 PM

競馬悟空さん、こんばんは!

確かに今年の牡馬は悩ましい限りです。
しかもサルガソシーを一括で購入すれば10%オフってことは、セールでも落札価格を考えると出血大サービスですよね♪

だからこそ悩ましいです…本当に!あと一週間悩みますね…。

Posted by: ねこだねこきち | September 16, 2013 at 11:18 PM

ねこだねこきちさん、こんにちは!
おっしゃるとおり、10%引きを考慮したらサルガソシーの12はかなりお買い得ですよね。私も複数のクラブに入っているので、その兼ね合いとかが難しいのですが、ノルマンディーもリーズナブルな馬が多くて悩みますよね。私も色々とよく考えて、焦らずに行こうと思っています。

Posted by: 競馬悟空 | September 17, 2013 at 12:47 PM

孫悟空さん
こんばんは!
貴重な評価ありがとうございました!

今年は、いっても5,6かなと
考えております。
4も行きたいのですが、関東に住んでるので
なるべく関東馬を考えたいのです。

みなさんがおっしゃるように
フレンチの40口募集は、いただけないですね。
みんな400口にすればいいのに。
追加募集に期待します。

Posted by: マイスター | September 17, 2013 at 11:25 PM

マイスターさん、こんにちは!
5番はいいですよねえ。マツリダゴッホ産駒に出資するならこれがいいなと私も思っています。6番は、ホワイトマズル産駒自体は魅力なのですが、やはり値段なりかなあと思ってしまいます。ホワイトマズル産駒は他クラブでも募集があったので、そちらのほうが良く見えてしまったというのもあります。4番は、やはり厩舎が魅力ですよね。40口募集の馬はどちらもいい馬だと思います。何で40口にする必要があったのかは、確かに疑問ですよね。クラブには失礼だとは思いますが、もう少し商売上手になって欲しいですね。

Posted by: 競馬悟空 | September 18, 2013 at 12:53 PM

吾空さんはノルマンディーのかただったんですね笑
コメントから伝わってきましたよ笑
そんなにマツリダゴッホや
フレンチデピュティ産駒を
推さなくても笑
キャロットからレビューを見てて、
少しがっかりしました。

Posted by: | September 18, 2013 at 10:18 PM

?さん、こんばんは!
私がノルマンディーOCを贔屓にしてるということでしょうか?そんなつもりはないんですが。。ノルマンディーOCで募集される馬は血統的なレベルが社台系のクラブには劣ると思うので、獲得賞金が1億円を超えるようなレベルの馬はそうゴロゴロ出てくるとは思っていません。ただ馬体だけで見た場合は、今年は悪い馬?っていうのはほとんどいないように思いました。マツリダゴッホやフレンチ産駒を推しているように見えるのは、このクラブでなら、やはりそういう種牡馬の産駒を狙ったほうが良いのではないかと思うからです。社台系牧場産のコンデュイット産駒を買うよりはラフィアンのコンデュイット産駒を買ったほうがいいような気がしますしね。何事も適材適所があると思います。いずれにしても、私のレビューなぞ何の参考にもならないバカの戯言なので(笑)、軽く笑い流しておいてください。

Posted by: 競馬悟空 | September 18, 2013 at 11:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« シルク2013年度募集馬第一印象メモ | Main | 2013年ノルマンディーOC募集馬レビュー(牝馬) »