« 募集取り下げ | Main | キャロット2013年度(12年産) 残口ありの注目馬(12月) »

December 08, 2013

2013/12/8(日)結果

 今日はようやっと少し競馬に行く時間が取れたので、中山で、5R~7Rまで見てきました。

 今日は牝馬の2歳G1がありました。1着がステイゴールド産駒で、2着がディープインパクト産駒。人気の一角だったゼンノロブロイ産駒は9着でした。データ面から、ゼンノロブロイの種牡馬能力に疑問があると考え、私はゼンノロブロイ産駒からは活躍馬は出ないというほうに賭けて、出資の方針を考えてきました。今日の結果だけなら、ある程度正しかったと言えるのかもしれませんが、これからまだクラシックまでの半年間でどうなっていくのか、この点にも注目していきたいです。


【中山5R芝2000m新馬】

レッドレギオン (キングカメハメハ) 牡3,000万 3着
募集時評価 C-C-C-C

131208region

馬は良かったですね。見た感じ、パドックでは一番目立ってましたし、このメンバーなら勝てるだろうと思ったのですが、詰めが甘い感じで3着まで。このメンバーなら差し切って欲しいところでしたが、もう少しレースでの立ち回りが上手くなればこのクラスは勝てるでしょう。


アムールスキー (ゼンノロブロイ) 牡2,500万 4着
募集時評価 E-E-C-D

131208amuru

馬体重はあるのですが、薄く感じるというか、良く言えば品があるという感じですし、悪く言うとパワー不足かなと思いました。正直上位は難しいかなと思ったのですが、スタートの出遅れ、最後の直線で寄られるという不利がありながら4着は立派ですね。母系の血の良さが出ているのでしょうか。今日のメンバーのレベルが正直ちょっと怪しい感じなので次どうこうはわからないですが、見た目以上に走りそうかなと思えました。


【中山6R芝1600m牝新馬】

フォワードカール (ゼンノロブロイ) メス1,400万 1着
募集時評価 D-D-B-B

131208forward

良く言えば牝馬らしい綺麗な馬ですが、ちょっと華奢な感じもしました。パドックでも悪くはないのですが、目立つところもなかったです。レースでは鞍上が上手く立ち回ったのもプラスになったと思いますが見事優勝。流れに乗れたのが良かったように思いますし、毎回こういうレースができるとはちょっと思えないので、上のクラスですぐ通用するかはちょっとわからないかなと思いました。でも、まだ仕上がり切っている感じでもないですし、今後の上積みは期待できそうな感じでした。関係者の皆様優勝おめでとうございます。


【中山7Rダ1800m500万下】

アスペンツリー (スペシャルウィーク) 牡2,000万 2着
募集時評価 E-D-D-D

131208asupen

実馬を見たのは初めてだと思いますが、いい馬ですね。そんなに体全体が目立つタイプではないのですが、トモに良さがあります。スペシャルウィーク産駒はこういう成長力を見せる馬も多いですね。パドックでは上位争い必至と思えました。レースでは最後の最後に首の上げ下げで負けてしまいましたが、このクラスを勝ち切れる力を持っていますし、次のレースも楽しみです。


ジャッカスバーク (シンボリクリスエス) 牡1,800万 4着
募集時評価 D-E-C-E

131208jack

馬体はシンボリクリスエス産駒らしく目立ちます。馬体もまとまっていて、いかにもダートで良さそうな感じの馬です。トモがさらに良くなってくれば、さらに上を目指せそうに思えましたし、この馬もこのメンバーの中では上位争い必至と思いました。ただ、レースでは、終始インコースを回った割には、伸びずバテずという感じで結局4着。小回りが合わないのか、ちょっと残念でした。新馬戦の2、3着馬がすぐに未勝利を勝っていただけにちょっと人気になりすぎていた感はあります。展開次第で、またコース次第で、このクラスでも再度上位争いできると思いました。


グランドサッシュ (ハーツクライ) 牡1,800万 7着
募集時評価 D-D-D-E

131208grand

人気の馬の中では、この馬は今日は消しだろうなと思いました。馬格もなく、正直ダートに向くとは思えないですね。新馬戦はダートで勝ち上がりましたが、新馬戦だから勝てたのであって、ダート馬ではないでしょう。同じレースの上記2頭相手に今後ダートで好勝負できるとはちょっと思えないんですよね。少なくとも冬場のダートは向かないでしょう。

|

« 募集取り下げ | Main | キャロット2013年度(12年産) 残口ありの注目馬(12月) »

Comments

自分も競馬悟空さんのデータを見て、ロブロイ、ネオユニの高額馬はリスクが高いと我慢しているのですが、血統的にトニービンの血が入ってる馬が好きなので、アルウェン12は気になりますね。

Posted by: うりうり | December 09, 2013 at 02:37 PM

うりうりさん、こんばんは!
ロブロイは2歳は勝ち上がりは多いものの、クラシックとなるとどうかなと疑っています。ネオは牝馬は厳しいと思うのですが、日曜のG1では3着に来てました。そういうこともあるでしょうが、やはり難しい種牡馬には違いないと思います。ロブロイの母父トニービンは確かに走る組み合わせです。全姉2頭は勝ち上がってますし、アルウェンの12は気になりますよね。まだ様子見できそうですし、もう少し待ちたいですね。

Posted by: 競馬悟空 | December 09, 2013 at 10:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 募集取り下げ | Main | キャロット2013年度(12年産) 残口ありの注目馬(12月) »