« 今年も残り少し | Main | 究極の二択 »

December 28, 2013

シルク検討会動画の感想

 検討会が行われた日から少し間が空いてしまいましたが、今日は、先日行われたシルクの募集馬検討会の動画を見た感想を徒然に書きたいと思います。

 まず、今回の検討会では、それなりに頭数を絞ってノーザンFの方々が募集馬について語ってくれました。その募集馬のピックアップは妥当と言えるもので、本当に売れるべき馬を選別して解説してくれていたように思いました。もちろん、牧場の方々を含め、クラブ主催の検討会であるわけですから、基本的にその馬の「良い点」について述べるのみになるのは致し方ないというか、当然だとも思います。良い点は素直に信じて、あまり良くないと思われる点については自分自身で考えるしかないでしょう。

 以下、各馬についての個人的な感想です。


アーマインの12

 この検討会の後まもなく満口になりましたね。牧場の方もおっしゃっていましたが、これからまだ当然に成長していくでしょう。この馬の良さについてはすでに何度も記事で繰り返していますので、もう何も言うことはありません。逆に心配な点を言うと、無理にクラシックに間に合わせようとして不本意なことにならなければいいなとは思います。高馬ですからクラシックを目指すのは当然なのですが、この馬は古馬になってからも長めの距離で頑張ってくれそうな気がするので、大事に行ってくれたらいいなあと思っています。


シルクユニバーサルの12

 この馬は牧場の方もおっしゃっていましたが、順調に成長していると思います。馬体も最初から悪くはないですし、最近の写真ではさらに良くなってきていると思いました。ただ、この馬はツアーで見たときは緩い感じでしたし、その辺がどうなのかなと思います。もっと心配なのは血統面ですね。パシフィカスの近親ということとシルクゆかりの血統ということで母は実力以上の評価がなされているような気がします。よく考えると近いところに活躍馬はいませんし、母父ブライアンズタイムにディープインパクトの組み合わせもどうなのかなと思います。ディープの牡馬は、もうこちらしか残っていないので、ディープの牡馬がどうしても欲しければ考えるのもアリなのかなくらいの印象です。


ダンスノワールの12

 キンカメ牝馬ですが、こういうキンカメ牝馬パドックでいるなという印象です。悪い意味ではなくて、新馬とか未勝利だったら買いたい馬だなという感じです。ただ、母系の近いところに活躍馬がいるわけでもないですし、一つ勝ってその後どうなっていくかは何とも言えないなという感想です。キンカメ牝馬が欲しいならいいかもなと思います。


ダイヤモンドビコーの12

 この馬のついては先日書きたいことは全部書いてしまいましたので、もう特にありません。大物感あふれる馬だとは思います。


ブラックエンブレムの12

 動画を見ると本当に良く見えますよね。いい馬の動きというのはいくら見ていても飽きないという牧場の方の言葉が非常に印象に残りました。つい先日満口になって、さすが検討会の効果があったのかなと思います。気性については結局のところトレセンに入ってから、さらには競馬に出てみないことにはわからないですよね。ちょっと気になるのは、ネオユニヴァースの産駒でありながらディープインパクトっぽいという点ですかね。私はそういうのは確実性が低いタイプかなと思います。この馬の場合は何よりも血統的な魅力が大きいですよね。母はG1馬ですから。ただ、ディープ産駒の半兄は個人オーナーに行って、ネオ産駒のこの馬がクラブ所属というのは私は少し気になります。関東所属なので、この所属厩舎が好きかどうかでも意見が分かれるでしょうし、こういうネオ産駒がどういう活躍をするのか楽しみな馬です。


ファストフレンドの12

 この馬は画像が更新されるたびに、毎回馬体は良く見えますね。更新されるたびに、いいなあこの馬と思って色々考えるんですが、毎回同じ思考過程で、出資するには至らないという結論になってしまいます。この馬の場合は単純に母の繁殖能力がかなり低下していると感じます。上が皆ダメで、この馬だけ活躍するというような都合のいいことがあるだろうかと思ってしまいます。でも馬体はいいですね。残っている馬の中では目立ちます。


オーバーザウォールの12

 チチカステナンゴ産駒の牝馬ですが、この馬も悪くないですよね。悪くないとは思うのですが、母系がサンデー系ではなく、また、母も高齢です。母高齢でもG1勝つ馬がいるじゃないかと言われるかもしれませんが、私はそういうのはあくまで例外だと思っています。例外を普通の事象だと思ってしまうのは間違いの始まりだと思っているので、こういうタイプはやはり買いにくいなという印象です。


プルーフオブラブの12

 チチカステナンゴ産駒ならこちらのほうが私はいいと思いますね。単純に考えて母父サンデーで安心感がありますし、所属厩舎も上位のところです。牧場の方も短いところを目指すとおっしゃっていて、目的・目標が結構はっきりしています。私自身は別クラブでチチカステナンゴの牝馬にすでに1頭出資していますので、もういいかなというのもありますが、安めの馬なら面白そうですよね。


クロースシークレットの12

 牧場の方のおすすめでした。父ウォーエンブレムで母父Storm Cat という組み合わせの牝馬です。気性的な面では不安しか感じません。馬体も小さいですし、仮に出資するにしても、こういうのはギリギリまで様子見したいです。


アコースティクスの12

 この馬はいい馬だと思いますよ。100口募集で、しかも6,000万という値段設定なので売れていないですが、別のクラブだったらとっくに売り切れですよね。問題は脚が曲がってるって言う話ですよね。まあその辺のお話はツアーのときに書いているのでそれを見て下さい。専門家が言うには、これくらいは特に気にするレベルではないということです。ただまあ、馬っていうのは商品なので、最初からケチがついているのは買いたくないという気持ちが働くのも否めないですよね。それでも牧場側は強気な値段設定をしてきているのですから、自信はあるんだと思います。私としてはこの馬が余っているほうがどっちかっていうと「事件」のような気がしますが、100口っていうのがまずかった感じですね。幸せなことにまだまだ様子見できそうなので、気が済むまで様子見して、最後の最後でいけると感じるなら出資するという戦法もアリですよね。多分あと何年かしたら他クラブの様に様子見はできなくなると思うので、ある意味この世代で大注目の一頭だと思います。


 その他マル外3頭については、まあ予想通りというか、グロリフィカムスの12が一番期待できそうに感じました。ファイアダンスの12は大穴という感じですね。スノークリスタルの12は良いという人とそうでないと思う人とが分かれるとのことでしたね。自分としてはマル外以外でいい馬がまだ残っているので、無理にマル外に突っ込む必要もないかなと思いました。検討会の話で特に心は動かされなかったです。

 長々とくだらない感想を書きましたが、動画を見ながらの独り言ですので、他人の独り言を聞いてしまったというくらいの軽い気持ちで読んでいただければと思います。

|

« 今年も残り少し | Main | 究極の二択 »

Comments

競馬悟空さん こんばんは!
自分もファストフレンド12の調教動画が良く見えますね。上の兄姉の父はみんな硬いタイプの種牡馬で、今回父にサンデー系種牡馬を迎えて初めて牡馬に出ましたので、そこに可能性を見出したいと言うか、柔らかいネオユニとノーザンテーストの相性の良さにも期待したいです。

Posted by: うりうり | December 29, 2013 at 12:03 AM

競馬悟空さん、こんばんは^^

アーマインは検討会をしている時点で8口だったので、ホントすぐに売れたでしょうねΣ( ゜Д゜)ハッ!
ブラックエンブレムも負けず劣らず、90口ぐらいあったのが1週間で売れたわけですから販促効果は抜群だったんでしょう(*^ー゚)bグッジョブ!!
中尾さんがディープっぽいと言ってましたね~。僕もこれがネオ産駒としてプラスなのかマイナスなのかがちょっと気になってます(;´▽`A``確かにパワーっぽい筋肉ではなく、しなやかな感じに見えますよね。野球選手でいえば、松井ではなくイチローみたいな感じ。気性も含め、どこまでやれるか楽しみにしたいと思います(o^-^o)

Posted by: レプティリア | December 29, 2013 at 12:59 AM

うりうりさん、こんばんは!
ファストフレンドの12は動画も良いですし、立ち姿も良いですね。キャロットで募集されていた血統をわざわざシルクに持ってきて売れ残ったのでは沽券にかかわるというか。。でも他にいい馬も多くいるので仕方ない気もします。確かにサンデー系種牡馬がついて牡馬に出たのは初めてですし、変身はあるかもしれないですね。ただ母は、繁殖能力が衰えてきている典型例かなとも思うので、その点はどうしてもひっかかります。馬体はいいだけに、悩みます。

Posted by: 競馬悟空 | December 29, 2013 at 05:03 PM

レプティリアさん、こんばんは!
アーマインの12は検討会の後売り切れるのが確実な情勢だったので、検討会でもそんなに押し?が強くなかったような気もしました。ブラックエンブレムの12は結構一気に来ましたよね。それだけ様子見していた人が多かったんでしょうね。ディープっぽいっていうのはどうなんですかねえ。最近のネオ産駒はパッとしないのが多いので、そういう感じのほうがかえっていいのかもしれませんし。走ってみるまでわかりませんが、動画の通りならこれからが楽しみですよね!

Posted by: 競馬悟空 | December 29, 2013 at 05:06 PM

競馬悟空さん、はじめまして。
ずっとブログは拝見していましたが、初めてコメントさせて頂きます。

まずは、今年も楽しく興味深いブログを提供して頂きましてありがとうございました。

私はシルクではブラックエンブレム12の一頭です。
この馬、とにかく馬体が素晴らしいと感じています。どれだけやれるか楽しみです。

来年もご愛馬たちの活躍と、楽しいブログを楽しみにしています。
よいお年をお迎えください。

Posted by: 馬好き | December 30, 2013 at 06:23 PM

馬好きさん、はじめまして、コメントいただきありがとうございます!
いえいえ、こちらこそ、戯言を読んでいただきありがとうございます。
ブラックエンブレムの12はネオユニヴァース産駒らしくない部分もある綺麗な馬体が特徴的ですよね。どういう競走馬になるのか本当に楽しみですね!
来年も一口馬主ライフの何かの役に立つような記事を書いて行きたいと思いますので、またぜひ遊びに来てくださいね!

Posted by: 競馬悟空 | December 30, 2013 at 09:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 今年も残り少し | Main | 究極の二択 »