« 種牡馬の実力2014(総合その8) | Main | ネオユニヴァースの実力2014(その2) »

January 23, 2014

ネオユニヴァースの実力2014(その1)

 お待たせしました。種牡馬の実力2014、種牡馬別の第1弾はネオユニヴァースです。母集団の数も多めで、毎年産駒が募集されますし、まだ募集中の産駒もいます。初回には最適な種牡馬かなということで、ネオユニヴァースを見ていきましょう。


1.全馬
Neo_zentai

 ネオユニヴァース産駒全体の成績は、決して褒められたものではありませんね。回収率、打率は全馬平均を下回り、三振率は上回っているという状態です。全馬データだけ見ると、期待は持てないようにも思います。
 しかし、牡牝別を見ていただくと、不振の原因がわかります。データが下がっている原因は明らかに牝馬が原因です。牡馬に関しても良いとは言えないですが、ギリギリ許容できる範囲内というところでしょうか。
 牝馬に関しては、何が原因で成績が不振なのかはハッキリとしたことはわかりませんが、気性的なことが大きいのでしょうね。レースで自分を見失ってしまうような馬が多いです。いくら素質があってもレースでその能力を発揮できないということであれば厳しくなってしまいます。


2.社台G
Neo_shadaig

3.その他
Neo_sonota

 社台G生産馬とその他の牧場生産馬を比較して見ていきましょう。
 まず、社台G生産馬だけで見ていくと、牡馬に関しては飛躍的にデータ上成績がUPします。牡馬に関しては、回収率も平均以上ですし、打率も良い。長打率も高いです。さらに三振率は極めて低くなります。芝でもダートでもやれるタイプの馬が多いので、全然ダメというタイプは少ないのでしょう。最近はネオユニヴァース産駒の人気は下降気味ではありますが、社台G生産の牡馬に関しては今後も注目できそうです。

 一方、社台G以外の牧場産クラブ馬の成績は、正直、悪いと言わざるを得ないですね。牝馬は致し方ないとしても、牡馬に関しても活躍馬は皆無という状態です。

 これについては、後で出てくる価格別のところにも関連するかとも思いますが、一番関係するのは育成なのかなとも思います。あくまで推論に過ぎませんが、ネオ産駒は色々難しいところがあるとも聞きますし、育成段階で何かコツがあるのかもしれませんね。社台Gはネオ自身を現役の頃から見ているわけですし、当然生産頭数も多いわけですから、その中で何か育成に大事なことを学んでいるのかもしれません。

 ただ、そう考えると、牝馬についてはどうなんだということになります。牝馬は社台Gだろうが何だろうが、データ上は厳しい感じです。牝馬については育成技術の蓄積をもってしてもどうにもならない何か気性面での狂気があるのかもしれませんね。

 いずれにしても、ネオユニヴァース産駒に出資するなら社台G生産の牡馬が良さそうです。


4.社台G牧場別
Neo_shadai_bokujoubetsu

 社台Gの各牧場別で見てみますと、ノーザンFと追分Fのデータが良いですね。当然のことながら、どちらもデータが良いのは牡馬のほうです。ノーザンF牡馬の打率はすごいですね。半分近くは募集額まで賞金を掴んできているのは安心できます。追分Fもすごいのですが、なにぶん頭数が少ないのでデータとしては信頼性が薄くなってしまいます。


5.体重別

体重別牡馬
Neo_taijubetsu_boba

 牡馬を体重別に見てみましょう。牡馬の場合は460kg台以上でレースに出てこれれば安心という感じですね。ネオユニヴァース産駒に限らず、牡馬全体で言えることですが、やはり小さい馬は厳しいです。ネオユニヴァースの牡馬で小さい馬はそんなに多くはいないと思いますが、小さすぎるのはやはりマイナスでしょう。


体重別牝馬
Neo_taijubetsu_hinba

 牝馬に関しても、小さい馬は成績が良くありません。牝馬のほうが小さい馬の割合が多いだけに、傾向としては顕著かと思います。牝馬でも450kg台くらいは欲しいところです。データ上は、好き好んでネオユニヴァース産駒の牝馬を買う必要はないと思うのですが、それでも出資するのであれば、なるべく大きい馬のほうが良さそうです。

 その2では、引き続いて価格別、クラブ別で見ていきます。

|

« 種牡馬の実力2014(総合その8) | Main | ネオユニヴァースの実力2014(その2) »

Comments

競馬悟空さん、こんばんは^^

いよいよ種牡馬シリーズが始まりましたね。楽しみにしておりました(*^_^*)しかし、いきなりネオとは驚きました(^_^;)僕的には今年ブラックエンブレム12に出資したので、タイムリーで嬉しかったのですが。
ブラックに関しては、関東馬ということ以外は後押ししてくれるデータが多くて、ちょっと安心しました(^_^)v
元々牡馬のほうが走ることは有名でしたが、これを見ると印象だけでなく、事実だということが確信できますね(^^)/
明日以降も楽しみにしてます(^^)/~

Posted by: レプティリア | January 23, 2014 at 10:36 PM

レプティリアさん、おはようございます!
ネオユニヴァースはデータで見ると、色々と特徴があって、題材としてわかりやすい種牡馬なんですよね。そんなわけで1番手にしました。まだ残口もある馬もいますし。牡馬は確実性のあるタイプが多いですし、高額馬は上まで行ける可能性もありますから楽しみですね。関東が今一つなのは別にネオユニヴァース産駒に限ったことではないので、あとは厩舎を信じるしかないですよね。次回もお楽しみに!

Posted by: 競馬悟空 | January 24, 2014 at 08:21 AM

競馬悟空さん、こんにちは。
ネオユニヴァース産駒は色んなタイプがいて面白いです。たまたま11年産駒は2頭出資しましたがどちらもタイプが違うので参考になります。12年産駒は好みなタイプがいなかったので出資していませんが機会があったらまた出資したいです。

Posted by: パパディー | January 24, 2014 at 02:59 PM

パパディーさん、こんばんは!
私は最近はほぼ毎年のようにネオユニヴァース産駒に出資しています。11年産ももうすぐデビューしそうですしね、いい走りを期待しましょう~。13年産も良駒がいたら狙いたいですよね。

Posted by: 競馬悟空 | January 24, 2014 at 10:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 種牡馬の実力2014(総合その8) | Main | ネオユニヴァースの実力2014(その2) »