« 2014/2/1(土)結果 | Main | シンボリクリスエスの実力2014(その2) »

February 02, 2014

シンボリクリスエスの実力2014(その1)

 種牡馬の実力の第3弾となります。今日はシンボリクリスエスについて見てみましょう。ついに昨年念願のクラシックホースを輩出することもできましたし、注目度は再度上がってくるかもしれないですね。


1.全馬
Kriss_zentai

 全馬で見た場合は、至極平均的という感じです。可もなく不可もなくで、回収率もそこそこですし、長打も平均以上で悪くないですね。
 牡馬と牝馬では、やはり牡馬のほうが良いです。印象通りというところでしょうか。しかし、牝馬全体のデータと比較すれば、シンボリクリスエスの牝馬は平均を超えていますし、決して悪くはないです。
 それから、シンボリクリスエス産駒の不思議な特徴は、なぜか関東馬のほうがクラブ馬の成績が良いです。関東の水が合うのか、何なのか、よくわかりません。普通はどういうデータを取っても、ほぼ関西馬のほうが高くなるのですが、シンボリクリスエスの場合は明確に関東のほうが高く出ます。非常に不思議です。


2.社台G
Kriss_shadaig

 社台G生産馬で見た場合は、やはり牡馬のほうが良いデータが出ます。特に関東の牡馬の長打率は素晴らしいですね。まさに関東の救世主といった感じです。

 牝馬は回収率もさることながら、やはり長打率が低くなってしまいます。もちろん、牝馬のほうが価格が安い分長打も出にくいわけですが、牡馬に比べると目立ちませんね。それでも、関東の牝馬は長打はないもののデータ的には頑張っている感じです。長打を狙わないのであれば、関東牝馬もアリかもしれません。


3.その他
Kriss_sonota

 社台G以外のその他の牧場の産駒でも、やはり関東牝馬がデータ的に目立ちますね。長打も出ていますし。関東牝馬以外はデータ的には買い材料はなさそうです。


4.社台G牧場別
Kriss_shadai_bokujoubetsu

 社台G内部の牧場別では、かなりハッキリした傾向があって、社台Fと白老Fが抜けていますね。それも牡馬の方です。社台Fと白老Fの牡馬の長打率は素晴らしいです。もちろん、長打率だけでなく、回収率、打率も良いので、この区分は非常に狙い目ですね。ノーザンFの牡馬からは、もちろんエピファネイアが出ているわけですが、それにもかかわらず、平均データとするとノーザンF産馬は活躍できていない感じです。

 牝馬のほうは、社台F産の牝馬のほうが素晴らしいですね。打率が5割を超えているのは素晴らしい限りです。長打はないのですが、堅実に頑張ってくれる馬が多いです。


5.体重別

体重別牡馬
Kriss_taijubetsu_boba

 体重別では、シンボリクリスエス産駒の牡馬は、かなり明確な傾向が出ます。小さい馬はかなり厳しいです。小さい産駒自体がほとんどいない種牡馬ではあるのですが、460kg台以下の牡馬だと、回収率27.8%、打率0.000、長打率0.000、三振率0.250、となり、かなり厳しくなります。最低でも470kg台くらいある、ある程度馬格がある馬を選ぶのがコツになりそうです。


体重別牝馬
Kriss_taijubetsu_hinba

 牝馬も小さい馬は厳しいですね。牝馬は、牝馬全体で考えれば430kg台で競馬に出てこれれば全然問題ないのですが、シンボリクリスエス産駒の場合は450kg台はないと厳しい感じです。440kg台以下で集計すると、回収率12.4%、打率 0.000、長打率0.000、三振率0.643、となってしまいます。3分の2が出走しても賞金ほぼゼロなのですから、このデータには逆らわないほうが良さそうです。シンボリクリスエス産駒の牝馬に限っては、小さくても問題ないという考えは捨てたほうが良さそうです。


 次回は引き続きシンボリクリスエスの価格別、クラブ別データを見て、最後にまとめの考察をしていきたいと思います。


|

« 2014/2/1(土)結果 | Main | シンボリクリスエスの実力2014(その2) »

Comments

競馬悟空さん、こんばんは^^

シンクリの関東馬の成績が良いのは元々関東馬だったからではないでしょうか?それにしてもここまで関東馬が頑張ってる種牡馬は他にいませんよね~(^_^;)以前、検討したことがありましたが、シンクリも傾向がわかりやすい種牡馬ですので機会があれば、また来年以降検討していきたいと思います(^^)/~

Posted by: レプティリア | February 02, 2014 at 11:18 PM

競馬悟空さん、こんばんは。
非SS種牡馬として期待を集めすぎたので裏切られた感があるのか、
「シンクリはハズレ」なんて言われることも多いですが、
実はかなり優秀なんですよね。ついにクラシックも勝ちましたし。

私はシンクリ牡馬に出資したいとかねがね思っているんですが、
12年産はキャロットにもロードにもいませんでした。
社台のウイングレットを第1希望にしなかったことが
返す返すも悔やまれます…。

Posted by: かつげん | February 03, 2014 at 01:29 AM

おはようございます

クリスエスは興味がある種牡馬ですね。ダートも芝もいけますし。関東馬にはランフォルセですかね。安い馬でもG1勝った馬今したね。名前が出てこないですが。キャロットにいい馬がくれば是非出資したい一頭ですね。

Posted by: ラロ | February 03, 2014 at 08:33 AM

レプティリアさん、こんにちは!
そうですね、確かに、シンボリクリスエスは関東馬でしたから、関東に縁があるってことなんでしょうね。それにしてもこれだけ関東に偏りがある種牡馬は珍しいですね。関西の厩舎が嫌がった結果、関東にいい馬が流れてきたというのもあるかもしれないですが。2013年産もそれなりに産駒はいますので、クラブにも何頭か来るでしょうから、楽しみにしたいですね。

Posted by: 競馬悟空 | February 03, 2014 at 12:08 PM

かつげんさん、こんにちは!
そうですね、やはりキンカメ位の活躍を皆、期待していたわけで、それが裏切られた感があったので、評価が低くなったのでしょう。成績自体はリーディングの上位ですし、特にクラブ馬に限れば非常にお得感のある種牡馬ですよね。社台のウイングレットは、データ上かなり有力になると思われます。申込時はその時々で情勢が変わりますし、難しいですよね。2013年産もいい馬が出てくる可能性はありますので、そっちに期待しましょう~。

Posted by: 競馬悟空 | February 03, 2014 at 12:11 PM

ラロさん、こんにちは!
ランフォルセは2006年産なので、今回のデータからは漏れているのですが、2007年産以降もサイレントメロディ、アリゼオ、アルフレードなどが関東から出ていますし、総じて関東馬は頑張っていますね。2013年産はノーザンF産もそれなりに数がいますので、キャロットにどんな馬が来るのか楽しみにしたいですね。

Posted by: 競馬悟空 | February 03, 2014 at 12:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2014/2/1(土)結果 | Main | シンボリクリスエスの実力2014(その2) »