« ゴールドアリュールの実力2014(その1) | Main | 2012年産キャロット残口ありの馬一言メモ »

February 07, 2014

ゴールドアリュールの実力2014(その2)

 今日も引き続き、ゴールドアリュール産駒のデータを見ていきます。


6.価格別

価格別牡馬
Gold_kakakubetsu_boba

 価格別とクラブ別は、ゴールドアリュール産駒については社台G生産馬以外のデータも含めた全馬で集計しました。ゴールドアリュール産駒の成績自体が、社台G以外の牧場の生産馬のほうがデータも良いですし、社台G生産馬だけに絞ってしまうと母集団の数が少なすぎるため、そうしました。
 牡馬を価格別に見てみても、とくに大きな偏りはないように思います。3,000万以上のところのデータが良いですが、そもそも3,000万以上の馬はほとんどいませんし、今後もほとんど出てこないと思われるので、このデータをどう考えるかは迷いますね。3,000万台でこのデータというのを鵜呑みにするならば、もしかすると、超良血馬につけたりしたら、あっと驚く大物も出るのかもしれないですね。
 傾向としては2,000万前後の馬が一番活躍しています。今回のデータに入っていない過去の馬を見てみると、エスポワールシチーやシルクフォーチュンは1,000万台ですし、オーロマイスター、タケミカヅチ、タイキパーシヴァルの1億円稼いでいる馬たちはいずれも2,000万の馬です。安い値段で場外ホームランの夢まで見れるというのは、この種牡馬ならではかもしれません。
 値段によってそんなに差がないというを考えると、基本的には、繁殖の能力よりも種牡馬自身の能力を伝えやすい種牡馬だということでしょう。ゴールドアリュールをつけたら基本はダート馬が産まれてくるという前提で考えて問題ないのではないかと思います。


価格別牝馬
Gold_kakakubetsu_hinba

 牝馬はどんな区分で見ても買う要素がないですね。価格別でも、基本的には高い馬を買っても値段分走る可能性は少ないと考えたほうがよいでしょう。


7.クラブ別

クラブ別牡馬
Gold_kurabubetsu_boba

 牡馬のクラブ別ですが、表中のクラブだと基本社台G生産馬となることもあり、母集団が少なくなってしまいます。そのため、あまり有用なデータとは言い難いです。目立つのはG1サラブレッドでしょうか。1頭しかいないのでデータとしての信頼性などはまったくないのですが、追分F生産馬主体(に今後加速するはず)のG1から、やはり同じ追分F出身の種牡馬であるゴールドアリュールの牡馬が募集され、きっちり結果を出しているというのは注目に値しますね。このクラブで狙うなら、ここでしょうね。
 キャロットもデータは良いです。クリソライトが引っ張り上げていますが、惜しくも引退したネクタルなんかもいました。サンデーRやセールにきらびやかな血統の馬が行くなら、キャロットとかにこういう渋めの種牡馬の産駒で良駒が来ても不思議ないかもしれないですね。


クラブ別牝馬
Gold_kurabubetsu_hinba

 牝馬のほうは同じ言葉の繰り返しですが、どのように区切ってもデータは良くないです。クラブ別でもそれは変わりません。


8.まとめ

 ゴールドアリュールは自身の遺伝力が強く、基本は硬い筋肉のパワータイプが産まれてくるのでしょう。そのためダート・短距離で活躍する傾向にあり、どんな血統の馬でも、最終的にはそのように収束していくのだと思います。種牡馬としての遺伝力が強いため、あまり血統的に優れていない繁殖につけても、種牡馬の力だけで活躍馬を出せるタイプなのでしょう。ステイゴールドなんかと似てるのかもしれませんね。

 ただ、産駒はほとんどがダート向きのパワータイプです。パワータイプと言っても、ダートを走らせると快速馬になることも多く、単純なパワータイプとは違うのかなとも思います。。その辺が自身は500kg以上あったのにもかかわらず、なぜか活躍馬は自身の体重よりも低い470~490台の馬が活躍しているという点と関係しているのかもしれません。

 まずは牡馬で平均よりもやや大きめくらいの馬格の馬を選ぶというのがポイントになりそうです。

 牝馬に関してですが、かなり厳しいと言わざるを得ないですね。種牡馬としての遺伝力が強いとすると、そのパワーが伝わるのはいいのですが、牝馬に出た場合には、そのパワーは減殺されざるを得ないでしょう。牝馬として備えるべき素軽さみたいな部分が伝わらず、結局は鈍足馬が多く出てしまうというのが現状かもしれません。理由はともあれ、ゴールドアリュール産駒の牝馬に関しては、買うべきポイントは見つけられないですね。

 あと、今後そんな馬が出てくるかどうかはわかりませんが、もしゴールドアリュール産駒の超良血牡馬が出てくるならば、ひょっとしてという可能性もあるのではないかなと思いますね。ゴールドアリュールでこの値段って、ありえないだろうという感じの馬ですね。ただもちろん、ダート向きだとは思いますが。

|

« ゴールドアリュールの実力2014(その1) | Main | 2012年産キャロット残口ありの馬一言メモ »

Comments

おはようございます。
今後も募集される数は少ないでしょうが、クリソライトやレッドアルヴィスのように近親にG1馬が居る良血で、関西一流厩舎に入る牡馬ならば大いに狙えるという話ですね。
アルヴィスの次走は、ベルシャザールのフェブラリーS共々楽しみですね。

Posted by: うりうり | February 08, 2014 at 07:59 AM

うりうりさん、こんにちは!
おっしゃるとおりだと思います。これだという牡馬が関西に入るなら割高でも狙ってみるのは面白そうな種牡馬ですよね。レッドアルヴィスなども含め、最近の私は妙にダートの成績が良いので、ゴールドアリュール産駒は今後も個人的に気になります。2頭とも次走も良いパフォーマンスを見せてくれるよう祈っております。

Posted by: 競馬悟空 | February 09, 2014 at 10:57 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ゴールドアリュールの実力2014(その1) | Main | 2012年産キャロット残口ありの馬一言メモ »