« ダイワメジャーの実力2014(その1) | Main | 本当にあった恐い馬券の話 »

February 26, 2014

ダイワメジャーの実力2014(その2)

 ダイワメジャーの実力2014の続きです。


6.価格別

社台G生産価格別牡馬
Daiwa_kakakubetsu_boba

 牡馬を価格別に見ても何か特徴的なことがあるわけでもないですね。高めの価格設定の良血馬が必ず走るというわけでもなければ、低めの価格の馬がダメということもない。今回のこのデータは社台G生産馬のみで算出していますが、社台G生産馬以外の成績が良いことも考えると、やはり母系のレベルよりも種牡馬自身の能力を伝えやすい種牡馬なのかもしれません。そのため、似たような体型、レース振りの産駒が多く、また、三振も少ないかわりに場外ホームランも出にくいという感じになっているのかも知れませんね。


社台G生産価格別牝馬
Daiwa_kakakubetsu_hinba

 牝馬の方も価格別に見ても特に何かがあるということはないですね。エピセアロームは1,800万、エクセラントカーヴは2,000万だったことを考えると、長打は中価格帯に出ていることになります。やはり牝馬も母方の血統レベルに左右されるということは少ないのかもしれません。


7.クラブ別

社台G生産馬クラブ別牡馬
Daiwa_kurabubetsu_boba

 クラブ別ではシルクが相性が良いですね。フラムドグロワールもいますし。サンデーRとキャロットもそこそこ頑張っている感じです。社台RHはグループオーナーズのほうに振り分けられた馬から長打が出た分、クラブのほうはたまたま低めになってしまったということでしょう。


社台G生産馬クラブ別牝馬
Daiwa_kurabubetsu_hinba

 牝馬はキャロットが相性が良さそうです。低めから中価格帯で走ってくれている馬が多く、ローガンサファイア、サンブルエミューズなどがいます。他のクラブは似たり寄ったりですね。


8.まとめ

 ダイワメジャー産駒については、今回のデータにおいては、まだ2世代分しか対象とならないため、他の種牡馬と比較すると不利な値が出ています。それでも、それなりに格好のつくデータを出してくれていいますし、非常に安定性の高い種牡馬だと思えます。たしかに、ディープインパクトなどは2世代分のデータでも十分すぎるほどの結果を出していたので、それと比較したら見劣りはするのかもしれません。でもリーディング4位としての実力は見せてくれていると思います。

 データを見ると、三振率が低く、牡馬は勝ち上がり率も非常に高いです。そういう安定性の良さが、生産者にも購買者にも人気となっている理由でしょう。全然ダメという馬が非常に少なく、1つは勝ってくれるというような産駒を多く出す種牡馬は、生産者にとっては種付けしやすく、かつ、売りやすい。また買う側からしても、買いやすいでしょうから。

 牡馬については、とにかく三振率が低く、また勝ち上がり率が非常に高いというのが特徴です。今回のデータで、全牧場の牡馬を対象にすると、勝ち上がり率は実に63%です。これはかなり高めの値だと思います。牡馬はとにかく安全確実という印象が強いですね。

 ダイワメジャー産駒の牡馬は一目でダイワメジャー産駒とわかるものも多く、似たような顔つき、似たような体型の馬が多いように思います。その結果、飛び抜けた産駒は出にくく、かといって、全然ダメの馬も少なく、似たような成績にもなりやすいのかもしれません。

 まだ2世代のデータしかない状態で傾向を掴むのは難しいです。今のところでいうと、安全策で行くならば、社台G生産の関西牡馬で、480kg台以上となる馬が、回収率135.6%、打率0.429、長打率0.000、三振率0.000、となり、非常に安定しています。7頭いて6頭勝ち上がっていますので、勝ち上がり率も86%と非常に高いですね。

 ただし、馬体中のところでもふれたとおり、オリービンとかカレンブラックヒルとかはそこまで大きい馬ではないですからね。このデータに素直に乗っかると長打が出ないことにもなってしまうので、難しいです。

 牝馬については、あまりダイワメジャーに似ていないほうがいいのかもしれませんね。少なくとも大きいほうが良いということはなさそうですし、あまりムチムチしたタイプよりは、それなりに牝馬らしいタイプのほうが良いのかもしれません。一方で、エピセアロームやマーブルカテドラルのように非常に筋肉質なタイプも走っていますので、いわゆる牝馬らしいというタイプよりは、ややゴツゴツしてたほうがいいのかもしれません。この辺はこの先もっとデータが増えてくればわかってくるのかもしれないですね。

 牝馬のほうは、今のところはデータ的にこれが良さそうというのは見つけられないです。今後の活躍馬の状況を見ればだんだんと傾向が出てくると思います。

|

« ダイワメジャーの実力2014(その1) | Main | 本当にあった恐い馬券の話 »

Comments

競馬悟空さん、おはようございます。膨大なデータ集計お疲れ様でした。

ちょうど、ロードサラブレットオーナーズ様でダイワメジャー産駒のエルテアトロの12出資しましたので、大変参考になりました。社台さん以外でもデータ悪くなくて、父似の顔のガチムチ馬になったので、個人的には勇気を貰えるデータでした。唯一値段のところがネックでしたが、そこは社台さんの日高産の差だと信じます(笑)

Posted by: フィル | February 27, 2014 at 05:28 AM

フィルさん、こんにちは!
価格別は、今回は社台G生産馬のみで抽出していますので、気にしなくて良いと思います。ちなみに、社台G生産馬以外で1,800万~2,399万までだと、回収率144.3%、打率0.750、三振率0.000、となりますので、データ上は期待できるのではないでしょうか。価格別のところはなるべく同じ物差しで測りたいというのがあり、社台G生産馬がそれなりにいる場合は社台G生産馬のみで出しています。データ通りの活躍に期待したいですね!

Posted by: 競馬悟空 | February 27, 2014 at 12:19 PM

競馬悟空さん、新たなデータありがとうございました。打率7割5分って黄金期のバルサ並みの勝率ですね(汗) 日高産だと、やはり価格抑えられる傾向あるっぽいので、1勝して掲示板何度か確保すれば最高のイメージなんですね。何か3頭いる出資馬と一番安心して見れそうな気がしてきました。この度はありがとうございました。

Posted by: フィル | February 27, 2014 at 06:58 PM

フィルさん、こんばんは!
ダイワメジャー産駒の牡馬は高確率で勝ち上がるはずなので楽しみですね。どこまで行けるか楽しみに待ちましょう~!

Posted by: 競馬悟空 | February 27, 2014 at 09:07 PM

初めて書き込みます。ダイワメジャー産駒の興味深いデータを読ませていただきました。
特に牡馬は非常に堅実、勝ち上がり率が高く、大ホームランも出ない代わりに三振も出ないとは、まったくその通りだなと。

サンデーRでブレイズアトレイルに出資しています。
ヴァーミリアンに出資していたので、血統背景が非常に近く、募集価格もたまたま同じだったので決めました。

大ホームランではなかったですが、堅実でこつこつとオープンまで上がり、良く走ってくれます。母父エルコンなので、晩成だと思っていて、まだ頑張ってくれそうです。
ただ、ダイホームランはないかもしれません^^;

Posted by: bega | March 02, 2014 at 10:42 PM

begaさん、はじめまして、コメントいただきありがとうございます!
ブレイズアトレイルは堅実に活躍してくれていいですね!OPや準OPまで行ってくれると本当に一口孝行というか、安心できますよね。
ヴァーミリアンに出資されていたというのはすごいですね!うらやましいです。たくさんの記憶に残るレースをありがとうと言いたいですよね。
ダイワメジャー産駒は、確かに今のところも今後も場外ホームランは出にくいのかなあとは思います。何というか、ちょっとそういうのが想像しにくいところはありますね。でもその分堅実ですので、牡馬ならば、新しく一口を始めたい友人とかに勧めるのに最適かもしれませんね。またぜひ遊びに来てくださいね!

Posted by: 競馬悟空 | March 02, 2014 at 11:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« ダイワメジャーの実力2014(その1) | Main | 本当にあった恐い馬券の話 »