« 2012年産クロフネ産駒の注目馬 | Main | ハーツクライの実力2014(その2) »

March 10, 2014

ハーツクライの実力2014(その1)

 第9弾はハーツクライの実力2014です。いよいよ本丸に近づいてきた感があります。
 なお、ハーツクライは今回のデータの対象となるのは2008年産~2010年産の3世代分のみです。他の4世代分産駒がいる種牡馬に比べると、回収率、打率及び長打率において不利な状況となっています。その点ご注意ください。


1.全馬
Hearts_zentai

 まだ3世代分しか産駒がいないのですが、回収率、打率、三振率とも文句なしに良いデータが出ています。残念なのは牝馬でまだ長打がないことくらいでしょう。
 牡馬、牝馬ともに打率は4割近くに達しています。まだ3世代しかおらず、他の4世代いる種牡馬に対してビハインドがあるはずですが、このデータは心強いですね。もちろん4世代目が三振ばかりだったらデータは悪くなるわけですが、そういう大崩れは考えにくいですね。
 データ上は関東牝馬と関西牡馬のデータが良いです。


2.社台G
Hearts_shadaig

 ハーツクライ産駒のクラブ馬は、9割が社台G生産馬となりますので、1の全馬のデータとあまり変化はないです。やはり関東牝馬と関西牡馬のデータ良く、関東牝馬は三振率ゼロです。牝馬で三振率ゼロというのは非常に珍しいですね。


3.その他
Hearts_sonota

 社台G以外の生産馬は非常に少ないので、データとしてはあまり意味がないですね。あえて言うなら牡馬のほうが良さそうということくらいでしょうか。


4.社台G牧場別
Hearts_shadai_bokujoubetsu

 社台Gの牧場別では、やはりノーザンFが抜けて良いですね。ウインバリアシオンがいるので回収率が高いのは当然ですが、ノーザンF生産馬の三振率がゼロというのには驚きますね。ノーザンF生産クラブ馬の牡馬も牝馬も全馬最低でも掲示板には載っているわけですからね。これぞまさに、クズを出さない種牡馬の典型と言えるでしょう。
 ノーザンFが目立っていますが、社台G内の他の牧場も全然悪くはないというか、他種牡馬と比較したら十分良いと言えるデータですね。追分Fの牝馬がちょっと残念な感じですが、牝馬も他の3牧場はすべて回収率は100%を超えていて、打率も良いです。安定感なら全種牡馬の中でもトップでしょう。


5.体重別

体重別牡馬
Hearts_taijubetsu_boba

 牡馬を馬体重別で見てみましょう。ハーツクライ産駒の牡馬には馬体重による偏りはあまりないですね。牡馬の一般的事項の通り、450kg以上あればまったく心配ないでしょう。
 大物狙いを考えるのであれば、490kg以上が良いかもしれません。回収率207.8%、打率0.500、長打率0.167、三振率0.000、となり、長打がある上に三振ゼロという素晴らしい成績です。ウインバリアシオン、ギュスターヴクライ、ステラロッサといった牡馬の長打はすべてここに入ります。クラブ馬ではありませんが、ジャスタウェイなんかも490kg台以上になると思うので、説得力のあるデータではあります。


体重別牝馬
Hearts_taijubetsu_hinba

 牝馬は馬体重別に見ると非常に幅広く、400kgに満たない馬から、500kg台の馬までいます。牝馬のほうも、特に馬体重による偏りはあまり感じられません。非常に珍しいのは、430kg台以下で区切ると、5頭いるのですが、回収率154.3%、打率0.800、長打率0.000、三振率0.000となり、非常に安定してます。牝馬ですし、元の値段が安いから打率が高くなるというのもあるのですが、それでも立派なデータだと思います。ハーツクライの牝馬は小さいからといって、それだけで切り捨てるのは早計かもしれません。
 逆に、490kg台以上の大きい馬で区分すると、4頭しかいませんが、回収率10.4%、打率0.000、長打率0.000、三振率0.250、となります。ハーツクライの牝馬は、大きすぎるのはちょっと注意したほうがいいのかもしれません。


 次回、価格別、クラブ別と見てからまとめていきます。

|

« 2012年産クロフネ産駒の注目馬 | Main | ハーツクライの実力2014(その2) »

Comments

今年はハーツクライと思いながら結局違う馬にてしてしまいました。データを見てちょっと後悔です。コートアウトが何かわかりませんかピンときませんでした。
ちなみにグリーンのミスベルベールの2012はどう思われますか?堅実な母と父、厩舎も一流!!問題は何故かグリーンからの募集。そしてミスベルベール2011の全兄はどこに行ったのでしょうか!?

Posted by: VA | March 12, 2014 at 08:35 AM

VAさん、こんばんは!
ハーツクライ産駒は成績を上げてきていますから、今後も注目ですよね。ミスベルベールの2012は私も写真を見たときはトモに良さがあっていいなあと思いました。ただDVDを見ると、正直ちょっと私は好みではないなと感じました。全兄は確かにデビューしてないですし、どうしちゃったんでしょうかね。私にもわかりません。。

Posted by: 競馬悟空 | March 12, 2014 at 06:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2012年産クロフネ産駒の注目馬 | Main | ハーツクライの実力2014(その2) »