« 天栄ツアー展示馬決定 | Main | 競馬は続くよどこまでも »

March 30, 2014

キングカメハメハの実力2014(その2)

 キングカメハメハの実力2014の続きです。なお、価格別、クラブ別のデータは、全牧場生産馬を対象としています。キングカメハメハ産駒は、社台G生産馬以外もデータ上無視できないと考えましたので、全牧場生産馬のデータで集計しています。


6.価格別

価格別牡馬
Kame_kakakubetsu_boba

 牡馬を価格別で見た場合は、やはり高額馬ほど成績が良いという傾向になると思います。2,400万~2,999万のところの回収率が非常に高いのは、ロードカナロア、グランドシチーが含まれているからですが、回収率と長打率以外は高くありません。基本的には、高額馬、特に社台G生産の6,000万円以上の超高額帯の成績が抜けて良いです。
 キングカメハメハ産駒の高額牡馬は、超良血馬が多いので、価格は青天井です。最高額は1億8,000万円のルーラーシップまでいます。それでも、その超高額馬のほとんどが活躍していて、高額馬の信頼性は非常に高いです。8,000万円のローズキングダム、1億2,000万円のトゥザグローリー、1億6,000万円のソリタリーキング、ルーラシップなど。
 中途半端な血統でそこそこの価格の馬よりは、血統的に超良血と言い切れるような馬のほうが、結果として回収できる可能性が高くなっています。


価格別牝馬
Kame_kakakubetsu_hinba

 牝馬のほうは、それなりに値段が高めのほうが長打は出ているのですが、回収率などは、価格によってそれほど大きな差はなさそうです。牝馬のほうは、3,200万以上の一番高額帯の部分で結果が出ていないのが気になります。牝馬は、あまり母系の血統レベルや価格を気にしすぎないほうがいいかもしれません。


7.クラブ別

クラブ別牡馬
Kame_kurabubetsu_boba

 クラブ別の牡馬では、サンデーRが回収率・長打率ともに抜けている感じですね。平均価格も高いですし、それだけ良血繁殖につけて確実に結果を出してきたということでしょう。ただ、キンカメ産駒全般的には、サンデーRといえども打率は高くなく、それなりに当たり外れは大きい感じです。


クラブ別牝馬
Kame_kurabubetsu_hinba

 牝馬は社台RHとグリーンが良いですね。この2つのクラブは、牝馬全体の成績も良いところです。社台F生産馬が主体のクラブでは、キンカメ牝馬はそれなりに平均的に成績を出せている感じです。
 ノーザンF生産馬主体のサンデーRも長打はありますし、打率は低いですが、そこそこの馬を出している感じでしょうか。キャロットは頭数が多い割に、回収率、打率とも低く、キンカメ牝馬は、あまり良い馬は来ていない感じですね。


8.まとめ

 芝、ダート、短距離、中距離、どんな条件でも活躍できる産駒を出すキングカメハメハは、クラブでもディープインパクト産駒に次ぐ人気の種牡馬でしょう。最近ではディープ産駒に人気が集中するのであれば、その隙をついてキンカメ産駒を狙うという戦法も有効でしょう。
 クラシック向きの馬を重視するならば、やはりディープインパクト産駒のほうが適しているのかなとも思いますが、芝のクラシックディスタンス以外にも目を向けるなら、よりオールラウンダーに近いキンカメ産駒のほうが面白そうです。

 データから見た場合には、やはり牡馬のほうが魅力的ですね。特に超良血の高額クラブ馬は、ほとんどの馬が結果を出していると言ってもいいほど成績が良いです。ローズキングダムの母はローズバド。ソリタリーキングはヴァーミリアンの半弟。ルーラーシップの母は言わずと知れたエアグルーヴ。トゥザグローリーの母はトゥザヴィクトリー。トゥザグローリーの全弟のトゥザワールドもすでに弥生賞を勝って重賞勝馬になっています。これらは超良血馬なので、活躍して当然というところもありますが、そうは言っても、良血馬でも結果が出ないことも多いのが競馬の世界です。良血牝馬につけて、結果を出せるキングカメハメハは、牝系の能力を素直に引き出せる馬なのでしょう。だからこそ、色々な繁殖に応じえ、オールラウンドに活躍する産駒を出せるのかもしれません。

 牡馬のポイントは、前にも言っていますが、まずは関西牡馬でノーザンF生産馬ですね。回収率231.2%、打率0.417、長打率0.333、三振率0.167と高い値になります。ただ、よく見ると、この区分でも6,000万未満の馬はあまり活躍しておらず、結局のところ高額の良血馬が安心確実なのかなと思います。6,000万円以上のノーザンF生産牡馬で区分すると、回収率261.3%、打率0.556、長打率0.556、三振率0.000となります。勝ち上がり率は100%で最も安定した区分なのではないかなと思います。
 あとは、馬体重のところでも触れたように、大きめの馬が良さそうです。大きめの馬が凄く良いと思いがちですが、実際にはそんなに大きくなくても、ローズキングダムやソリタリーキングなどの活躍馬もいますので、絶対条件ではありません。どちらかといえば、大きいほうが安心できるという感じでしょう。

 牝馬のほうは、データからはこれといったポイントはなく、悪くはないものの、積極的に買いたい条件というのもないです。とりあえずは小さすぎる馬は割り引くとして、あとはデータ以外の要素で絞ったほうがいいかもしれないですね。


|

« 天栄ツアー展示馬決定 | Main | 競馬は続くよどこまでも »

Comments

おはようございます。

牡馬は高い牡馬は安定していますね。高すぎて私は選んでおりませんが。牝馬は当たりが少ないですが、走る馬もいるので、気に入るのがいれば選択したいところではありますね。

Posted by: ラロ | March 30, 2014 at 07:12 AM

競馬悟空さん、おはようございます。
中価格帯=中途半端な良血のキンカメ牡馬に手を出し続け、失敗し続けている者としては、非常に納得できる?データでした。
悟空さんは以前からこの点を指摘しておられたと思いますが、先立つものがなく、なかなか高価格帯には手が出せないのが当方のジレンマです。芝ダ長短を問わず活躍馬を出すキンカメは、非常に魅力的ではあるのですが・・・。

Posted by: レッドスター | March 30, 2014 at 09:31 AM

競馬悟空さん、こんにちは^^

価格の高い馬が走るというのは、キンカメは素直だということの象徴ですね(^^;)
社台、特にサンデー=ノーザンFがいいというのもわかりやすいです(^_^)v
この前、満口になったシルクのダイヤモンドビコー12は気になっていたのですが、6000万で一頓挫があって行けませんでした(>_<)ただ、社台系生産馬じゃないから微妙なところです(-_-)

Posted by: レプティリア | March 30, 2014 at 11:37 AM

競馬悟空さん、こんばんは。
今回も勉強になるデータありがとうございます。明日~明後日の正午までのキャロットクラブ様のキャンセル募集の馬は全て6000万未満ですが、競馬悟空さんのツアーレポートだとチアズメッセージの12が3月生まれ辺りならもっと高い値付けした気がしますね。

気になりだしてきたキューは5000万関東と条件から外れますが、母年齢気になりますけど母父フレンチでボールドルーラークロス+ナスルーラ要素満載と只今血統勉強中ながら魅力的で馬体重心配無さそうです。

ただまぁ凄い倍率でしょうから、宝くじ感覚ですね(笑)

Posted by: フィル | March 30, 2014 at 08:47 PM

ラロさん、こんばんは!
牡馬は高額馬が安定傾向ですね。牝馬は確かに走る馬もいるのですが、何を根拠に選んでいいのかは迷いますね。でもいい馬がいるならば、今年は考えてもいいかなと思っています。

Posted by: 競馬悟空 | March 30, 2014 at 10:24 PM

レッドスターさん、こんばんは!
確かに傾向的には、どうせなら超高額馬に行ったほうが、結果は出てるんですよね。社台G生産以外であれば、それこそロードカナロアとか、高額でない活躍馬もいるわけですし、探せばいるのかなとも思いますが、なかなか難易度が高いのかもしれません。高額なキンカメ産駒は人気でしょうし、仮に予算があっても買えない場合もあるでしょうから余計に難しさがあります。

Posted by: 競馬悟空 | March 30, 2014 at 10:31 PM

レプティリアさん、こんばんは!
ノーザンF生産のサンデーR募集馬が結果を出していて、それも高額馬で見事なくらい結果が出ていますよね。ダイヤモンドビコーの12は、母は元々社台Fに居たのが外に出て行って、それをノーザンFが買うという不思議なサイクルの馬ですね。取捨に困りますが、データ的にはあまり推す材料はないのかもしれません。これが入れば6,000万以上の区分がより一層意味あるものになりそうです。

Posted by: 競馬悟空 | March 30, 2014 at 10:40 PM

フィルさん、こんばんは!
チアズメッセージの12は馬自体は非常に良いと思います。体があまり大きくないのと、血統的に超良血とまでは行かないところがどうなのかなというところです。まあ贅沢言い過ぎですけど。。キューの産駒は気性面で難しい馬が最近多いのがどうでしょうか。馬はいいので、難しい判断になりますね。
キャンセル募集は完全に宝くじ気分になる感じですが、当たる人もいるので、神に祈るしかないですよね!

Posted by: 競馬悟空 | March 30, 2014 at 10:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 天栄ツアー展示馬決定 | Main | 競馬は続くよどこまでも »