« 競馬をとりまく指標 | Main | POG虎の巻2014 »

April 14, 2014

牝馬

 牝馬クラシック第一弾が終わりました。結果は1番人気の勝利。しかもクラブ馬が優勝でした。2着もクラブ馬でした。どちらも、誰でも出資の可能性があった馬ですから、馬選びの能力を高めて、将来はこういう馬たちを見抜けるように頑張りたいですね。

 桜花賞を勝ったのは、今年もディープインパクト産駒の牝馬で、4年連続ということになります。ファーストクロップから4年連続というのは本当にすごいですね。この調子なら、気が早いですが来年の桜花賞もディープインパクト産駒が優勝しても不思議ないというか、多分勝つんじゃないかなと思ってしまいます。

 それはそうと、私はやっぱり牝馬を選ぶのは苦手で、成績にもそれが表れています。牡馬のクラシックには、出資馬が過去2回出走してくれましたが、牝馬クラシックには今まで1回も出走したことはありません。今年もダメでした。

 牝馬を選ぶにはコツがありそうですね。少なくとも今までの自分のやり方では今後も厳しいなということで、12年産は高額牝馬にも出資してみました。どうなるかはわかりませんが、試行錯誤は続けていきたいと思っています。

 とりあえず、何となく思っていることは、牝馬は牡馬よりも血統を重視したほうが良いだろうということです。馬体、厩舎、血統、と大きく分けて3つの重要な要素があると考えていますが、牝馬の場合は、牡馬に比べて血統レベルが反映されやすいのかなと思っています。もちろん、種牡馬次第のところもありますが、ディープインパクト産駒の牝馬の活躍馬は、やっぱり超良血が多いですし、血統を素直に信じたほうがいいのかなと思います。

 あと2か月ほどで13年産の募集も始まりますが、今年は牝馬については少しアプローチ方法を変えていこうかなとも思っています。


|

« 競馬をとりまく指標 | Main | POG虎の巻2014 »

Comments

競馬悟空さん、こんばんは。
ハープスター、強かったですね。
自分も牝馬で当たりを引きたいですが、難しいですね。ハープスターも欲しかったのですが人気馬2頭はキャロットでは無理ですからね(笑)これからも精進して牝馬で当たりを引ける様にお互いに頑張りましょう。

Posted by: パパディー | April 15, 2014 at 08:09 PM

パパディーさん、こんばんは!
本当に強い競馬でしたね。2着馬も強かったですが、どちらもクラブ馬というのは夢が広がりますね。キャロットは制度的に人気馬2頭は出資できないですし、これだという1頭で我慢するしかありませんね。そうするとどうしても牡馬を選びたくなっちゃいます。他のクラブも含めて、色々見て、牝馬でもいい馬を選べるように頑張りたいです。

Posted by: 競馬悟空 | April 15, 2014 at 11:23 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 競馬をとりまく指標 | Main | POG虎の巻2014 »