« 引退、そして種牡馬へ | Main | 年度の終わり »

May 31, 2014

2014~2015POG用(サンデーR)

 今日はサンデーRの募集馬についてです。いい馬ばっかりなので、あれもこれもと、全部選びたくなりますが、そうもいかないので、7頭に絞り込みました。ディープ全部とか、そういうつまらないことにならないように気をつけましたが、そうは言ってもディープ産駒は重要ですよね。


104 アドマイヤグルーヴの12
父 キングカメハメハ
母父 (サンデーサイレンス)
牡 1億円
東 堀宣行
募集時評価 B B B B
血統レベル AAA
母年齢 12
ノーザンF
誕生日3月22日

超良血馬です。厩舎も関東で一番と言えるところで安心です。15秒台まで進んでいますが、若干気性の悪さもあるようです。でも、この血統ですから、おとなしすぎるようなのよりはかえって良いのではないでしょうか。秋デビューを目指すとのことで、現在495lg。ここまでは順調ですね。人気にはなるでしょうが、押さえたい一頭です。


117 エイグレットの12
父 クロフネ
母父 (サンデーサイレンス)
牡 3400万円
東 萩原清
募集時評価 B A A A
血統レベル C
母年齢 12
ノーザンF
誕生日3月7日

クロフネ産駒は、牡馬では大物が出る可能性は少ないのですが、その分確実性のある馬は多いと思います。この馬は現在520kgと馬格もありますし、15秒台で乗れていて調整も順調です。募集時の動きが素晴らしく、クロフネ産駒でこんないい馬は珍しいなと思うくらいでした。POG本ではあまり注目されていないと思いますが、面白いかもしれません。


145 アドマイヤハッピーの12
父 ディープインパクト
母父 (トニービン)
牡 8000万円
西 池江泰寿
募集時評価 A B B A
血統レベル A
母年齢 14
ノーザンF
誕生日5月22日

いいですね。5月22日と遅い生まれですが、すでに490kgと馬格もあります。15秒くらいのところまで進んでいるみたいですが、デビューは秋になるでしょう。この母の最近の産駒は色々あってあまり活躍できていないですが、この馬は期待できると思います。調教師も期待しているようなことがPOG本にも書いてありましたし、牡馬のディープ産駒では一番注目しています。


146 リッスンの12
父 ディープインパクト
母父 (Sadler's Wells)
メス 6000万円
西 石坂正
募集時評価 B A B A
血統レベル AA
母年齢 7
ノーザンF
誕生日2月21日

正直言って、牝馬はディープ産駒だけ選んでおけばいいという気もします。そのいうなかでも、この馬がやはりこの年のディープ牝馬で一番の注目馬でしょう。450kg台と、牝馬として丁度いい大きさですし、血統、馬体、動きすべてにおいて申し分ないですね。POG本でも注目されていましたが、当然のことでしょう。所属厩舎も超一流ですから、この馬は外せないでしょう。


148 レーヴドスカーの12
父 キングカメハメハ
母父 (Highest Honor)
牡 1億円
西 松田博資
募集時評価 B A B A
血統レベル A
母年齢 15
ノーザンF
誕生日5月8日

現在465kg。少しずつ大きくなってきました。この母は何をつけても走りますので、この馬も走ります。もうほぼ断言できると思います。一つ上の半姉も父ゼンノロブロイでクラシックまでにしっかり2勝しましたし、キンカメ牡馬のこの馬がハズレになることはまずないでしょう。あとはどこまで上を目指せるかということですが、現時点ではまだ幼い感じなので何とも言えない部分もあります。ただし、この馬は5月生まれなので、このあとグングン成長してくると思います。POG的には人気になる血統ですから、あまり面白味はないかもしれませんが、確実性ではこの馬の上を行く馬はほとんどいないでしょう。


151 レディスキッパーの12
父 ダイワメジャー
母父 (クロフネ)
牡 2800万円
西 西園正都
募集時評価 A B C B
血統レベル D
母年齢 5
ノーザンF
誕生日2月4日

すでに555kgとかなりの大型馬です。ダイワメジャー産駒の大型牡馬は勝ち上がり率が極めて高いので、この馬もその恵まれたトモから繰り出すスピードでガンガン押して、勝ち上がりは間違いないでしょう。ただし、ダイワメジャー産駒は超大物は出にくい感じですし、また、クラシック向きかと言われると少し違う気もします。クラシックではなく、NHKマイルを目指す枠で指名したら面白そうです。まだ北海道にいますが、すでに14秒台でも走れているので、デビューが遅くなるようなことはないでしょう。秋口には競馬で使えるのではないでしょうか。


179 マチカネチコウヨレの12
父 ワイルドラッシュ
母父 (Deputy Minister)
メス 1800万円
西 吉田直弘
募集時評価 A C C C
血統レベル B
母年齢 13
ノーザンF
誕生日2月27日

POG本で特に取り上げられていたわけでもないですが、ダートで面白そうかなと思っています。牝馬でダートだと古馬になってからどうするのかという問題はありますが、POGなら確実に2勝するというカテゴリーで考えるなら面白い存在なのではないかなと思っています。すでに入厩しゲート試験合格を目指しているところです。そのままデビューとなるかどうかはわかりませんが、デビューは遅くはならないでしょう。クラシックというタイプではないので、POG的には多分誰も注目しないでしょうが、意外とこういう馬が点数を稼いでくれたりするかもしれません。


(注)左から、トモ-後脚-肩-全体のリズム、の評価です。
トモはトモの大きさ及び迫力で評価しています。後脚はクセがないか、スムーズか等で評価しています。肩は肩の出のスムーズさ、硬さで評価しています。全体のリズムはスムーズな全身運動ができているかを評価しています。

|

« 引退、そして種牡馬へ | Main | 年度の終わり »

Comments

競馬悟空さん、こんにちは。
サンデーさんは私も確認しましたが本当に良い馬揃いですよね。私は40クラブで自分はシンクリ産好きなんだと発見しましたし(笑)、メイショウサムソン産も良かったかなぁと。

リッスンの12は各地で1位指名続出なんでしょうね。母父サドラーズヴェルズが良い方向に働けば凱旋門賞もしくはチャンピオンステークスの夢が見れそうな馬かなと思っています。

Posted by: フィル | June 01, 2014 at 01:59 PM

フィルさん、こんばんは!
いい馬ばっかりですよね。それでも全部が全部、活躍するというわけではないというところが本当に難しいですし、実際出資するとなると実績の壁もあるのでなかなか思う通りには行きません。せめてPOGでは好きな馬を指名したいものです。シンボリクリスエス産駒は、今までも、これからも狙い目ではあると思っています。忘れたころにやってくる感じですかね。クラシック向きではないかもしれませんが、安定感がありますね。リッスンの12は人気でしょうねえ。ディープの牝馬はPOGでは絶対に押さえないとだめだと思うので。この馬は厩舎も魅力です。

Posted by: 競馬悟空 | June 01, 2014 at 08:58 PM

悟空さん お疲れ様です。
もう少ししたらみんな寝不足でカタログ、DVDとにらめっこする時期が来ますね!

去年はマチカネチコウヨレ、リーチマイハーバーとかなりいい指名が出来たと自己満足していましたが、悟空さんに二頭とも名前を挙げていただけるなんて光栄です。

チコウヨレがメーデイアみたいになることを祈ります。

どうしても毎年人気のある馬が欲しくなるので、人気には影響されずに指名したいと思っています。でも人気馬が欲しくなるですね~
現時点ではフィルさんのようにシンボリクリスエス産駒に注目してます。リビアーモなんか良さそうな気がしますがどうでしょう。カタログ公開が待ちどうしいです。

Posted by: VA | June 02, 2014 at 02:20 AM

VAさん、こんばんは!
マチカネチコウヨレの12は面白そうですよね。募集時に思った以上に人気になっていたのでちょっとびっくりしましたが、ここまで順調に来ていますし、人気通りに活躍してくれるといいですよね。ダートでの走りが楽しみです。リーチマイハーバーの12は、クラブのコメントがかなり強気なので、走ると踏んでいます。社台RHのコメントは、あまりお世辞は出ないので、だいたい額面通り受け取って良いことが多く、特にこの時期くらいからのコメントで強気なコメントがある場合は信頼性が高いと感じています。デビューを楽しみにしています。

Posted by: 競馬悟空 | June 02, 2014 at 09:43 PM

こんにちは。
エイグレットの12への解説ありがとうございます。ダートで活躍してクロフネ牡馬の代表産駒にならないかと妄想してしまいます。

Posted by: ヤエノムテキ | June 03, 2014 at 07:06 PM

ヤエノムテキさん、こんばんは!
クロフネ産駒はダートで大物が出ても良さそうなものなのですが、今のところ父のような圧倒的な強さの馬は出てこないですよね。でも、エイグレットの12は本当にいい馬ですし、活躍を期待したいです。動きからは芝でもやれると思うのですが、どのように育っていくか、楽しみにしたいと思います。

Posted by: 競馬悟空 | June 03, 2014 at 11:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 引退、そして種牡馬へ | Main | 年度の終わり »