« 東へ西へ | Main | しょうゆ漬け爆発のおそれと天皇賞(春) »

May 02, 2015

2015~2016POG用(キャロット)

 この時期はPOG本もどんどん発売されて、POGでどの馬を選択するのか非常に迷いますね。
 今日はキャロットクラブ募集馬の中から、自分用にPOG候補をピックアップしておきたいと思います。


11 ラドラーダの13
父 ダイワメジャー
母父 シンボリクリスエス
牡 4,000 万円
藤沢和雄
母年齢 7
生産 ノーザンF
誕生日 1月20日

 現在503kgで、ダイワメジャー産駒としては、丁度いい大きさになりそうです。1月生まれですが、まだ成長しそうで、最終的にどんな感じなるのかが楽しみです。トモの迫力が際立っていて、この馬が未勝利で終わるようなことは、まず、ないとおもいます。距離はマイル前後が適正になりそうで、クラシック向きではないですね。厩舎の意向にもよるのでしょうが、POG本では藤沢師は夏の東京で使えるんじゃないかと言っていますし、意外と使いだしは早いかもしれないですね。POGには向きそうな馬だと思います。


37 ヒルダズパッションの13
父 ディープインパクト
母父 Canadian Frontier
牡 12,000 万円
池江泰寿
母年齢 6
生産 ノーザンF
誕生日 1月26日

 ディープ産駒で初仔ですが、480kgまで成長しました。成長して素晴らしい見栄えになっています。早期からというタイプではなく、じっくり秋目標という感じですが、このクラブ1番の高額ディープ産駒ですし、期待通りの活躍が見込めそうです。


41 シーザリオの13
父 キングカメハメハ
母父 スペシャルウィーク
牡 12,000 万円
角居勝彦
母年齢 11
生産 ノーザンF
誕生日 1月29日

 青本の、岡田牧雄氏とアンカツとの対談でも絶賛されていました。馬体から醸し出す大物感は半端ではありません。POG本では夏からの始動もあるようなことを書かれていましたが、近況を考えると、おそらく秋からの始動でしょう。これだけの血統馬ですし、この厩舎所属ですから、使いだしの時期を心配する必要はありません。現時点では健康そのものですが、全兄、全姉がともに競走生活を全うできていないだけに、心配はそこだけですね。怪我さえなければ当然クラシックに乗ってくるはずと思います。


15 ヴィアンローズの13
父 ヴィクトワールピサ
母父 Sevres Rose
牡 2,600 万円
古賀慎明
母年齢 11
生産 ノーザンF
誕生日 5月19日

 募集時の段階から、値段の割に、と言っては失礼かもしれませんが、大物感を感じる馬でした。予想以上に成長してきていて、現時点の馬体は募集時に描いていた青写真通りと感じます。現在498kgです。新種牡馬だけに未知数な部分も多いのですが、それだけに未知の魅力も感じます。ただし、血統的に少し足りない感じはするので、突き抜けるまではどうかなという気もします。


55 ヒストリックスターの13
父 ステイゴールド
母父 ファルブラヴ
牝 7,000 万円
松田博資
母年齢 8
生産 ノーザンF
誕生日 4月9日

 募集時の動きは、まさに異次元というか、それくらい素晴らしいものでした。全身バネ、スーパーボールみたいにどこかに飛んで行ってしまうんではなかろうかというような動きが忘れられません。ハープスターの半妹で、血統的にも文句なし。厩舎も最高。問題は、やはり体が増えてこないことでしょうね。募集時からの写真を見ると、腹が巻き上がっている時期もあって、その辺の調整に苦労しそうだなという感じはします。人間側が上手くやれるかどうかというのも大事な要素になりそうです。クラシックの前に、名伯楽の手を離れることになるのも心配ですね。それでも、魅力あふれる馬です。


57 ガヴィオラの13
父 ダイワメジャー
母父 Cozzene
牡 3,600 万円
藤原英昭
母年齢 16
生産 ノーザンF
誕生日 3月29日

 現在472kg。左トモに疲れが出たとかで、少しペースダウンしていますが、大したことはないでしょう。ダイワメジャー産駒としては、もう一回り成長してほしい感じがしますから、このペースダウンもかえっていい方向に向くかもしれません。まとまりのある馬です。血統的にも母父Cozzeneは活躍馬のエピセアロームと同じですし、突き抜けるまではいかなくとも、堅実に稼いでくれそうな気がします。

|

« 東へ西へ | Main | しょうゆ漬け爆発のおそれと天皇賞(春) »

Comments

競馬悟空さんこんにちは!

キャロットの素質馬もPOGを賑わす時期になりましたね。
実はヴィアンローズ13はキャロット募集時の私の第1候補だったのですが結局クロノロジスト13の方を選択してしまいました。理由はギムレットに頑張って欲しかったのとギムレットの芦毛馬ていうのが珍しくて...
意外とこの馬勢いがいいとか長所ありなんですよ

さていよいよ天皇賞春ですね 私はホッコーブレーヴ ウインバリアシオンを軸にアドマイヤ ゴールドシップ で攻めてみました。まあまた外れることでしょう.....
ズバッとキズナが斬れちゃって

Posted by: ウィングス | May 03, 2015 at 02:02 PM

ウィングスさん、こんばんは!
ヴィアンローズの13は成長を感じます。面白そうだなあと思っています。
タニノギムレット産駒は、POGでは狙いづらいかなと思ってしまいます。クラシックというタイプはなかなか出てこないので。。でも型通りにいかないのが馬ですから、あっと驚く大物がまた誕生するかもしれないですよね。
 天皇賞は熱いレースでした。私はゴールドシップから買ったものの、2着馬3着馬を買っておらず。。でも、レース内容には満足しています。久しぶりに痛快なレースが見れた気がしています。

Posted by: 競馬悟空 | May 03, 2015 at 10:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 東へ西へ | Main | しょうゆ漬け爆発のおそれと天皇賞(春) »