« 新種牡馬たち | Main | クラシック第一弾終了 »

April 09, 2016

2016/4/9(土)結果

 今日は久しぶりに中山競馬場まで行ってニュージーランドTを見てきました。

 勝ったダンツプリウスは、なんとブライアンズタイム産駒。父ブライアンズタイムで母父マンハッタンカフェって、父と母父が入れ替わった誤植じゃないかなと思っちゃいます。ゲームの話のような本当の話です。
 いまさらながら、サンデー程ではなくとも、ブライアンズタイムも真に偉大な種牡馬だったなあと思います。


アストラエンブレム (ダイワメジャー) 牡5,000万 小島茂 4着

160409astra

 パドックで見た限り仕上がっていました。前走の明らかな余裕残しとは雲泥の差で、ここが勝負だったのでしょう。やや発汗はありましたが、気になるほどでもなく、パドックでは入れ込むこともなかったです。
 レースでは、五分のスタートを切るも控えて最後方から。道中も最後方のまま進み残り600くらいから押し上げていって4角から直線では大外に。上がり最速ではあったものの届かず4着まで。
 鞍上は最初から決め打ちで後方から行くつもりだったのでしょう。自信があったのか馬の能力を過信したのかわかりませんが、結果としては権利を逃すチョンボ騎乗となりました。そこが臨機応変な騎乗ができるリーディングを争うジョッキーとの違いということでしょう。馬券を買う方としては、前走ルメールの好騎乗で勝った馬が、乗り替わって引き続き人気だったら要注意ということですね。
 これでNHKマイル出走は厳しくなりましたが、今回相当程度に仕上がっていて余裕はなさそうでしたので、仮にで出れても今以上のパフォーマンスは難しいでしょう。


サーブルオール (ハービンジャー) 牡3,200万 萩原 7着

160409sarb

 マイナス8kgでしたがまったく細くはなく、好馬体でした。パドックでは落ち着いていましたが、レースではやや掛かり気味でしたね。この馬も人気でしたが着外。この馬も同様に前走ルメールの好騎乗で勝った馬でした。他の騎手に乗り替わって引き続き人気という危ないパターンだったということでしょう。この馬の場合、マイルがベストというわけでもなさそうな気がしますし、まだまだ上積みがありそうな馬体でしたので、次はまた変わってくるかもしれません。


カープストリーマー (ダイワメジャー) 牡2,200万 清水久 11着

160409carp

 パドックで見た限りは特に目立つ点もなかったです。レースでの位置取りは今日の展開であればほぼベストのポジションでしたが最後は伸びませんでした。これからの馬でしょう。


|

« 新種牡馬たち | Main | クラシック第一弾終了 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 新種牡馬たち | Main | クラシック第一弾終了 »