« 2016~2017POG用(東サラ) | Main | 2016/5/22(日)結果 »

May 20, 2016

2016~2017POG用(シルク)

 自分用POGのシルク編です。
 シルクは9頭のピックアップとなりました。
 特にシルクの所属馬がいいというわけではないのですが、種牡馬的に色々な馬を考えた場合に、穴っぽいところで面白そうなのが多かったという感じです。


66 マイネナデシコの14 (サーブルノワール)
父 ブラックタイド
母父 サッカーボーイ
牡 2,400
小島太
母年齢 10
生産 谷口牧場
誕生日 3月4日

 血統的には大穴ですね。POG本でもほとんど注目されていません。ブラックタイド産駒ですから、いくらキタサンブラックが活躍しているとはいえ、人気にはならないでしょう。
 馬自体は、実際に動いているところを見ましたが、非常に良かったです。クラシック云々ということになると、やっぱりサンデー系上位種牡馬と比較した場合には厳しいでしょうが、現時点でもそこそこ仕上がっている感じですし、期間内に2つくらい勝てるんじゃないでしょうか。上手く行けばそれ以上もあるかもしれません。490kgと大きさ的にも丁度いい感じです。
 調教師はかなり気に入っていて気合が入っているという話ですので、楽しみですね。


68 クライウィズジョイの14 (クライムメジャー)
父 ダイワメジャー
母父 トニービン
牡 4,000
池江泰寿
母年齢 17
生産 レイクヴィラF
誕生日 3月31日

 もう入厩しています。とりあえずゲート合格までは進めるようです。その後も、厩舎の馬房の関係もあるでしょうが、特に問題なければ早めに使い出すのではないでしょうか。速攻系というような早熟馬ではないですが、確実性があるタイプで、全然ダメの可能性は低そうです。入厩前に520kgくらいでしたので、デビューする頃にはこの父の産駒としては丁度いい大きさになるのではないでしょうか。
 これもクラシックというタイプではないですが、ダイワメジャー産駒も結構活躍馬が出てきていますし、侮れないですよね。マイル前後の手薄なところで稼いでくれそうな気がします。


37 ペンカナプリンセスの14 (トリコロールブルー)
父 ステイゴールド
母父 Pivotal
牡 4500
友道康夫
母年齢 12
生産 ノーザンF
誕生日 4月8日

 こちらももう入厩してゲート合格済。その後一旦しがらきに出て、再調整しています。今のところ7月の中京芝2,000mでデビューの予定です。ステイゴールド産駒で、おそらく中距離馬。クラシック向きの馬といえそうです。牧場での評判は上々のようですし、気性的にも今のところ難しいところがないので、ここまで順調に進んできました。馬体重は入厩前で480kg。ステイゴールド産駒であっても、やはり牡馬ですし、体はあったほうがいいので、その点は安心できます。
 順調に行ってクラシックに乗って欲しいですね。


46 ナイキフェイバーの14 (ナイトバナレット)
父 ディープブリランテ
母父 Favorite Trick
牡 2000
矢作芳人
母年齢 14
生産 白老F
誕生日 5月11日

 これも大穴っぽい馬です。POG本にもほとんど載っていなかったですが、なかなか見どころのある馬です。5月生まれで、まだ子供っぽいのですが、その割には目立つ馬体をしています。ディープブリランテの初年度産駒ですので、血統的にどこまでやれるのかは不明ですが、ひょっとしてという面白さはありそうかなと思います。
 気性的にも距離はマイル前後かなという感じですが6月に移動の予定らしいので、早めにデビューしてポンポンと行ければ楽しみが広がりそうです。現在470kgですが、腰高で、まだ大きくなるでしょう。この後の成長次第で楽しめそうな感じです。


57 アビの14 (インペリオアスール)
父 エンパイアメーカー
母父 Chief's Crown
牡 4500
石坂正
母年齢 19
生産 笠松牧場
誕生日 4月24日

 普通に考えれば、エンパイアメーカー産駒はクラシックでは用なしということになるでしょう。この馬はディープスカイの半弟ですし、動きも芝向きに見えるのですが、結局はダートかもしれません。いや、最終的には多分ダートになるでしょう。それでも、クラシックまでは芝でいいところを見せてくれるかもしれないという期待を抱かせる馬です。
 適正は厩舎が上手く考えてくれるでしょうし、その辺は間違いないところですから、後は芝にも適性があることを祈るだけですね。馬体重は490kgくらいで、丁度いい感じです。


42 ナスカの14 (カラル)
父 ルーラーシップ
母父 サンデーサイレンス
牡 4000
佐々木晶三
母年齢 11
生産 ノーザンF
誕生日 5月13日

 5月生まれで、募集時はあまり見栄えしなかったのですが、変わりました。成長力がありそうで、もう14秒台まで進んでいますし、始動は早そうです。馬体重も500kgと丁度いい感じ。不安要素は所属厩舎が以前ほど勝てていないことでしょうか。クラシック向きの馬でしょう。


44 フサイチエアデールの14 (インヘリットデール)
父 ルーラーシップ
母父 サンデーサイレンス
メス 2200
高野友和
母年齢 18
生産 ノーザンF
誕生日 3月25日

 血統馬ですし、募集時の動きも目立っていました。475kgと牝馬としては十分な大きさで、その点心配はありません。早期の始動はなさそうで、秋以降だと思います。じっくりといって血統的な素質が開花すれば面白いと思います。


58 クーデグレイスの14 (デクレアビクトリー)
父 ゼンノロブロイ
母父 ホワイトマズル
牡 1800
村山明
母年齢 8
生産 ノーザンF
誕生日 3月17日

 既に、しがらきまで移動してます。現在548kgと若干大きすぎるかなという印象はありますが、芝でもダートでもやれそうですし、それはそれでいいのかなと思います。
 今更ゼンノロブロイ産駒をPOGで選ぶ人も少ないでしょうから、穴っぽいところとして面白いかなと思いました。早めにデビューして順調に進めば期待以上に活躍してもおかしくないでしょう。


32 ミュージカルロマンスの14 (キラーコンテンツ)
父 ディープインパクト
母父 Concorde's Tune
牡 10000
藤原英昭
母年齢 7
生産 ノーザンF
誕生日 1月23日

 正直POGってことを考えると、選びにくい馬ですが、迷った結果ピックアップに入れました。そもそも厩舎側は、この馬についてクラシックという方向性を全く考えていなさそうですし、デビューも秋が深まった頃と予想されるので、POG的には旨みはないと思います。
 でも、なんだかんだで、この厩舎の馬はクラシックが終わるまでに3勝くらいするのもいるので、他のディープ産駒と路線が違うだけに上手いこと賞金を拾えるかもしれないと思いました。積極的には選びにくいですが、誰も選ばないのであれば、押さえとしては面白いかもしれないというところです。
 馬体的にも気性的にも1,200mがベストになりそうですが、馬体は490kgとディープ産駒としては大き目で確実性は高そうです。


|

« 2016~2017POG用(東サラ) | Main | 2016/5/22(日)結果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2016~2017POG用(東サラ) | Main | 2016/5/22(日)結果 »