« やっぱり青天井 | Main | 競馬の世界の大晦日 »

May 28, 2016

一口破戒録

 自分自身への戒めのために・・・。

※この物語はフィクションであり、登場する人物団体等は実在のものとは一切関係ありません。
※専門家の指導のもと出資しております(ウソ)。


 ああ・・・・・・・・それにしても馬が欲しいっ・・・・・・・・・!!































 ここは、とある地下一口クラブのラウンジ・・・。

 Kイジは、悩んでいた。。
 現役出資馬が次々に故障。。

 気がついてみれば、現役稼働馬なし。。
 追加で出資したいところだが、もうすぐ15年産の募集も始まる。。
 そもそも所属しているクラブでは、もう残口のある馬がほとんどいない。。

 しかし、この地下一口クラブにはまだ残口のある良血馬がいるという。。


 ガヤ・・・ガヤ・・・


クラブ社員石和:「はいはいはい・・・!一口5万円、5万円」


クラブ社員沼川:「大丈夫大丈夫、残口はたくさんあるから・・・!なくならないよ・・・!。」


会員A:「おれにもアソヒビールの14を一口・・・!」


会員B:「おれにも・・・!」


会員M田:「おれはロングカンの14・・・・・・!」


クラブ社員沼川:「はい一口6万円」


会員M田:「ポテチの14も!」


クラブ社員沼川:「はいはい合計9万円・・・・!」


会員C:「カキピーの14・・・・!」


クラブ社員石和:「はいはい・・・・!カキピーの14、一口1万円・・・・!」


 ”バカがっ・・・・!”


 がや・・・がや・・・


 ”欲に流れて・・・・

 夢も追えないのか・・・・!?

 自堕落な連中めっ・・・・・・!”


 ”もうすぐ15年産の募集が始まるんだぞ

 なのに・・・こいつらときたら・・・”


 ”オレは違うっ・・・・!

 オレは貯めるっ・・・・!

 誰が使うかっ・・・・!”


 ”使うかっ・・・・!”


 がや・・・がや・・・がや・・・


 ”しかし・・・・

 くそっ・・・・・・・!

 ざわめきやがるっ・・・・・・!”


 ”オレは買えるっ!

 マルボロの14も、ポテチの14も、カンコーヒーの14、ヤキトリの14・・・サケの14・・・

 その気になりさえすれば・・・・!

 アソヒビールの14も・・・・!”


 ”くそっ・・・・!”


 ミシ・・・


クラブ班長:「フフ・・・」


Kイジ:「え・・・・・・・?」


クラブ班長:「15年産駒だろ・・・・・・!

       考えることは一緒だ・・!」


       「わしも最初そうだった。

       となりゃあ・・・・・・

       こんなとこで使っちゃあ いられねえよな」


       「気持ちはわかるよ

       けど・・・・・・・・

       無理はいけねえ・・・・

       無理は続かない・・・・」


       「適度に自分を許すことが一口のコツさ・・・・!」


 パサッ・・・・

 Kイジの前にカタログが置かれる。。


Kイジ:「は・・・・・・・・?」


クラブ班長:「Kイジくん新入会のお祝いさ
        入会金は取らねえよ・・・・・・・・!」


 ”班長・・・・・・・・”


 ”ううっ・・・・・・・・!”


 ”ひっ・・・・!まだガンガンに残口が残ってやがるっ・・・・・・!”


 ”あ・・・ありがてえっ・・・・・・!”


 ”犯罪的だっ・・・・・・

 魅力的すぎるっ・・・・・・”


 ”本当にやりかねないっ・・・・・・・・!

 一口のために・・・・・・借金だって・・・・・・”


Kイジ:「はぁ~~~~~っ・・・!」


クラブ社員石和:「さあ・・・・一口5万円、5万円・・・・!」


クラブ社員沼川:「もうすぐ入厩するよっ・・・・!」


 ”くそっ・・・・!”


 うま・・・うま・・・


 ”ディープ産駒・・・・

 ううっ・・・!”


 ”ディープ産駒に出資できたら・・・・

 さぞっ・・・・・・!”


 ”いったい・・・いくらするんだ? ヤキトリの14(ディープ産駒)・・・・・・”


 ”えっ・・・・? 一口20万円・・・・!?”


 ”バカ野郎っ・・・・・・・・!”


 ”買えるわけねえじゃねえかっ・・・・!

 くそっ・・・・!”


 ”くそっくそっくそっ・・・・!

 足元見やがって・・・・・・!

 しかし・・・・・・・・・・・・・”


 ”本当は違うっ・・・・・・・・

 買えなくもないっ・・・・!

 その気になれば・・・・・・”


 ”バカっ・・・・・・!

 ダメだダメっ・・・!

 そういう考えが破滅を呼ぶんだ”


 ”こんなとこで使えるかっ・・・・・・!”


















クラブ社員石和:「どっこいしょ・・・・」


クラブ社員沼川:「フー・・・・・・・・」


クラブ社員石和:「一段落ついたな」


クラブ社員沼川:「ああ・・・・・・・・」


 !


Kイジ:「・・・・・・・・」


 スッ・・・


クラブ社員沼川:「はいはいはいっ・・・・なにっ・・・・?

           なんなの? Kイジくん・・・・・・・・どうしたの・・・・・・・・?」


Kイジ:「・・・・・・・・だけ・・・・」


クラブ社員沼川:「は・・・・?」


Kイジ:「・・・・・・・・一口・・・・・・・・」


クラブ社員沼川:「一口・・・・・・・・!?

          一口って、それ・・・・・・

          アソヒビールの14かい・・・・?

          アソヒビールの14を一口ってことかい・・・・・・?」


 コク・・・


クラブ社員石和:「はいKイジくん、アソヒビールの14一口お買い上げっ・・・・・・・・!」


 ”一口はいい・・・・・・

 考えてみれば・・・

 十分我慢した・・・・・・

 今日は特別な日だ・・・・・・!”


クラブ社員沼川:「で・・・・他の馬は・・・・?」


Kイジ:「は・・・・・・・・?」


クラブ社員沼川:「せっかく入会するんだよ・・・・・・・・!

           1頭だけってんじゃ味気ないって・・・・・・・・!

           もう1頭出資しようよ・・・・・・・・なんでもいいからさ・・・・・・!」


Kイジ:「・・・・・・・・」


Kイジ:「じゃあ・・・・・・カキピーの14・・・」

クラブ班長:「嘘をついちゃいけない・・・・!」


 ノソ・・・


Kイジ:「え・・・・?」


クラブ班長:「フフ・・・・・・ヘタだなあKイジくん」


Kイジ:「え・・・・?」


クラブ班長:「へたっぴさ・・・・・・!

        欲望の解放のさせ方がへた・・・・」


        「Kイジくんが本当に欲しいのは・・・

        ディープ産駒(ヤキトリの14)・・・・・・!」


        「これに出資してワクワクしてさ・・・・

        重賞やG1で口取りしたい・・・・・・!

        だろ・・・・?」


Kイジ:「うっ・・・・?」


クラブ班長:「フフ・・・・・・

        だけど・・・それはあまりに値が張るから・・・・

        こっちのしょぼいカキピーの14でごまかそうって言うんだ・・・・・


        Kイジくん、ダメなんだよ・・・・・・!

        そういうのが実にダメ・・・・!


        せっかく新クラブに入会してこれからって時に・・・・

        その妥協は痛ましすぎる・・・・・・・・!」


        「そんなんで出資しても楽しくないぞ・・・・・・・・!」


        「嘘じゃない

        かえってストレスがたまる・・・・・・!」


        「買えなかったディープ産駒がチラついてさ・・・・・・・・

        全然スッキリしない・・・・!

        心の毒は残ったままだ

        出資のし方としちゃ 最低さ・・・・!」


        「Kイジくん・・・・・・

        出資ってやつはさ・・・・・・・・

        小出しはダメなんだ・・・・・・・・!」


        「出資するときはきっちり出資したほうがいい・・・・!

        それでこそ次の世代の出資までの励みになるってもんさ・・・・!」


        「違うかい・・・・・・?」


 ”言われてみれば・・・・

 確かにそうかも・・・・・・”


Kイジ:「じゃあ・・・・・・・・」


クラブ社員沼川:「はいっヤキトリの14一口お買い上げっ・・・・・・・・・!」


Kイジ:「実はポテチの14も・・・・・・・・」


クラブ社員沼川:「はいっポテチの14一口お買い上げっ・・・・・・・・・!」


クラブ社員石和:「となると・・・・・・牡馬ばっかりじゃ全然物足りないよね・・・・!


Kイジ:「・・・・・・・・」

    「・・・・・・・・」


 コク・・・


 こうしてKイジは地下一口クラブの新規会員となるべく申込書を書くのであった・・・・・・


















クラブ社員沼川:「バカ丸出しですね」


クラブ班長:「バカだからね。

        あんなもんよ・・・・・・

        今の会員なんて皆・・・・・・!」


        「申込書を書き終えたら・・・・・・

        奴はとりあえず満足して・・・・

        こう考えるだろう・・・・・・」


        「明日からがんばろう・・・・

        明日からはもう出資しない・・・・と・・・・」


        「その考えがまるでダメ・・・・・・・・

        『明日からがんばろう』という発想からは・・・・

        どんな芽も吹きはしない・・・・・・・・」


        「明日からがんばるんじゃない

        今日・・・・・・

        今日だけ がんばるんだっ・・・・・・・・!」


        「今日をがんばった者・・・・

        今日をがんばり始めた者にのみ・・・・・・

        明日が来るんだよ・・・・・・!」


        「そういう意味で奴はもうダメ・・・・

        終わったよ・・・・!」


 カシッ・・・


クラブ班長:「乾杯っ!」


 ゴク・・・


クラブ社員沼川:「フフ・・・」


クラブ班長:「ククク・・・・

        フ~~~~~~~~」


クラブ社員沼川:「また一人会員確保ってこってすね・・・!」


クラブ班長:「ああ・・・・・

        ってことになるな・・・・!」


        「一口の誘惑は強烈・・・・・・・・!

        一度知ったらもう抗えない・・・・・・!」


        「特に・・・・・・初年度から崩れるような奴にはな・・・・・・!」


        「結局のところ・・・・・・・・

        ちょっと一口ってのが大甘なのよ・・・・・・・・!」


        「その一口がこの地獄の・・・・・・・さらに地獄・・・

        地獄の底へ転がり落ちる

        最初の一歩・・・・

        入り口・・・・・・!」



 一口破戒録Kイジ・・・完


※元ネタが知りたい!という方は、ぜひこのマンガをお買い上げください。損はしませんよ!
(注)競馬とは関係のないマンガです。ギャンブルっていう点では共通かもしれませんが・・・。

これです


|

« やっぱり青天井 | Main | 競馬の世界の大晦日 »

Comments

悟空さんはG1でディープ産駒に追加出資したということでよろしいでしょうか笑

Posted by: ヤエノムテキ | May 28, 2016 at 08:02 PM

競馬悟空さんおはようございます。

地下チンチロ懐かしいですね。

地下に落ちる前に人間競馬(現在奇跡的にコンビニ版で再発売中)もやっていましたし、ほんの少しは競馬と関係あるのではないでしょうか。

数年前のキャ○ットであればヤキトリの14(一口額がだいぶ違いますが、様子見できたディープ産駒ローズ○ーブル号と仮定)も様子見できましたが、現在はカキピーの14にすらなりえそうな馬がいません…。Kイジくんが我慢できる素晴らしい環境と言えば言えるかもしれないですが…

しかし、Kイジくんがどれだけ我慢できたとしても、アソヒビールの15とヤキトリの15とポテチの15の同時購入はできず、最悪な場合、全滅もありえます。仮にどれだけペリカ(マンガ内での通貨)があったとしても、地下チンチロの売店と違い、欲しいものを全て買い漁ることができない状況になってしまったのがマンモスクラブとなったキャ○ットクラブ会員のつらいところですね。(まぁKイジくんの意志の弱さならシ○クやロ○ド、ノル○ンディーあたりの大口クラブにすぐ入会しちゃいそうですが)

Posted by: 人気泥棒 | May 29, 2016 at 07:09 AM

ヤエノムテキさん、おはようございます!
いえ、私の想定では、あるクラブでもう一度追加募集があるかもしれないと思っているので、それも含めて熱くならないように自分への戒めですね(笑)。基本的には14年産駒はもういいです。甘い言葉に誘われないように注意したいです。

Posted by: 競馬悟空 | May 29, 2016 at 09:04 AM

人気泥棒さん、おはようございます!
楽しんでいただけたようで何よりです(笑)。これ書くの結構時間がかかりました。。
確かに、人間競馬がありましたね。
昔のキャ○ットであれば、それこそカキピーの14くらいの値段の馬でも、大きいところを狙えましたが、最近は血統的にも安定していてあまり大きな逆転劇もないですし、高い馬から売れる印象です。
Kイジくんは、そんなキャ○ット嫌気がさして、この地下一口クラブにやってきてしまった・・・そんなところかもしれません。こっちなら、オレは買える!と。

Posted by: 競馬悟空 | May 29, 2016 at 09:12 AM

こんばんは。
あまりにもタイミングが良すぎてドキッとしてしまいました…。
地下クラブ(日高)のディープを買ったのは私です(ー ー;)

今後の戒めとして、私めの記録用ブログにリンクを貼らせていただきました。
都合が悪いようであれば、削除いたしますm(_ _)m

Posted by: キイロイダンナ | May 31, 2016 at 06:01 PM

キイロイダンナさん、こんばんは!
そうでしたか。納得して出資されたのであれば、何も振り返ることはないと思います。ディープ産駒ですから大活躍する可能性がありますよね。あとは応援するのみですね!
 リンクしていただきありがとうございます!私のほうは全く問題ありません。差し支えなければわたくしのほうも キイロイダンナさんのブログをリンクさせていただけでばと思っております。問題なければコメントいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Posted by: 競馬悟空 | May 31, 2016 at 07:45 PM

おはようございます。
今年は何頭かディープ産駒が海外に流れてますし、少しはチャンスが回ってくるのかな…という淡い期待だけは抱いております。

リンクの件ありがとうございました!
こちらこそ、どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m


Posted by: キイロイダンナ | June 01, 2016 at 06:01 AM

キイロイダンナさん、おはようございます!
ディープ産駒への期待は大きいですよね。まずはとにかく無事に行ってもらって、大きく成長して欲しいですね。
早速リンクさせていただきました。こちらこそありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

Posted by: 競馬悟空 | June 01, 2016 at 08:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« やっぱり青天井 | Main | 競馬の世界の大晦日 »