« クラブの成績を下げる方法 | Main | 2016年度 G1レーシング(関東) 募集馬第一印象メモ »

June 02, 2016

社台・サンデー・G1の厩舎発表

 社台・サンデー・G1各クラブのWeb上で2016年度募集馬の予定厩舎が発表になりました。

 だいたい予想通りというか、特別驚くような組み合わせはなかった気がします。

 サンデーR関東では、シユーマの15は予想通り堀厩舎。

 スカイディーバの15は藤沢厩舎だろうと思っていましたが、こちらは木村厩舎でした。

 そのかわり、ザズーの15が藤沢厩舎でした。

 キンカメ産駒ではアンブロワーズの15が木村厩舎。
 その他にも4頭木村厩舎所属の馬がいます。多いなあという印象ですね。

 関西では、最高額馬のアゼリの15が池江厩舎。まあ当然というか、納得のところですね。

 ウィラビーオーサムの15は高野厩舎所属となりました。高野厩舎もG1で結果を出していますし、牧場側からかなりの信頼を得ているんでしょうね。

 プラウドスペルの15、ワールドリープレジャーの15は藤原厩舎。この辺も納得のところです。

 フリーティングスピリットの15は池添学厩舎。こちらはまだG1で結果を出しているわけではありませんが、信頼は厚いようですね。このほかにもブエナビスタの15も預かり、サンデーRからは4頭預かります。目が離せない厩舎です。

 ドナブリーニの15は石坂厩舎。まあ当然でしょう。

 リッスンの15は角居厩舎所属になりました。どれもこれも牝馬は石坂厩舎ってわけにもいかないんでしょうが、勝るとも劣らない名伯楽のところに所属。これは注目ですね。


 社台RH関東は、メイキアシーの15が堀厩舎。ターフローズの15はやはり藤沢厩舎ですね。
 関西ではコンテスティッドの15が藤原厩舎。これも納得。
 そしてジオング的な存在のデインドリームの15は角居厩舎。誰もが納得する厩舎になりました。

 明日にはカタログPDFが見れますから、あと一日字面で色々と考えたいです。


|

« クラブの成績を下げる方法 | Main | 2016年度 G1レーシング(関東) 募集馬第一印象メモ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« クラブの成績を下げる方法 | Main | 2016年度 G1レーシング(関東) 募集馬第一印象メモ »