« 競馬最強の法則2016年10月号 | Main | ガイセンモン »

September 25, 2016

イナゴ

 キャロットの1次募集、1.5次募集が終わって、残った募集馬は関東馬9頭、関西馬10頭、及び、地方馬4頭。
 84頭の募集でしたが、もう残り23頭になってしまいました。

 2次募集でも、すでに残口表示が出ている馬は早々に売り切れてしまうでしょうし、本当に凄まじい売れ行きです。

 三国志ふうに言うと、イナゴの大群がやって来て、食い荒らしていったというような感じでしょうか。

 もちろん、私自身そのイナゴのうちの一匹です。

 今後、さすがに残った23頭が瞬時に売れてしまうというようなことはないでしょうが、特に問題なさそうな馬から順繰りに埋まって行って、最後は何か頓挫している馬しか残らないという昨年と同じ状況になるでしょう。
 もう様子見という言葉自体がキャロットにおいてはあまり意味をなさない気がします。

 食い足りないイナゴは、コーエーの三国志のゲームだと翌月に隣国に移動するんですよね(笑)。

 隣国はやはりあのクラブしかないでしょう。

 私というイナゴも当然隣国に移動です。
 ブ~ン。

|

« 競馬最強の法則2016年10月号 | Main | ガイセンモン »

Comments

こんばんは。
2次募集で早くも5頭埋まりましたからねー、まさにイナゴですね(笑)
シルクの方はお金持ちが根こそぎ持ってくでしょうから、宦官の搾取?

Posted by: Nashwan | September 26, 2016 at 10:48 PM

Nashwanさん、こんばんは!
今日もさらに満口馬が増えていますね。。本当に、イナゴの被害のような満口馬の拡大のしかたに驚くばかりです。
中常侍ですね(笑)。30人そろって三十常侍になるのかもしれないですね。

Posted by: 競馬悟空 | September 27, 2016 at 06:59 PM

袁紹が十常侍を倒すという展開は無さそうです(苦笑)
新規入会者という曹操が人気馬を持ってきそうではありますが(笑)

Posted by: Nashwan | September 27, 2016 at 11:07 PM

Nashwanさん、こんばんは!
サンデーR、キャロット、シルクの三国志状態になりつつありますね。どの国が今後勢力を伸ばすのか。やはり首都洛陽に相当する繁殖を擁するサンデーRが威厳を示すのでしょうかね。。

Posted by: 競馬悟空 | September 28, 2016 at 07:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 競馬最強の法則2016年10月号 | Main | ガイセンモン »