« January 2017 | Main | March 2017 »

February 2017

February 26, 2017

おめでとう ネオリアリズム

 中山記念を勝って重賞2勝目となりました。

 本当は、今日は中山までレースを見に行こうと思っていたのですが、色々とやらなければいけないこともあって断念。
 家でTV観戦となりました。

 プラス15kgは、ちょっと予想とは違っていましたし、不安はありました。
 レースではスタートが上手くいったのは良いのですが、スローに落とされてしまって案の定引っかかってしまいます。
 これは負けるパターンだなあと思っていましたが、途中から他の馬が行ってくれたのもあって、持ち直した感じでしょうか。
 前半はスローでしたが、最後の5ハロンはなし崩しに脚を使わされるような感じで後ろにいた馬は脚を使えず、インコースで脚を溜めて最後に一伸びしたネオリアリズムが優勝。うれしいGⅡ2勝目となりました。

 スピード指数的には、前走の香港はノーカウントで考えると1番手の評価でしたし、勝って不思議ということはありません。
 しかし、相手もG1馬を含めて強かったですから、勝ちきるまでは難しいかなとも思っていました。

 今回はスローをこなしたというのが大きいですね。
 本当に成長したんだなと、すごく感慨深いです。
 昨年の金杯の頃は、この気性だと今後相手が強くなっていくと厳しいかなと思っていましたが、そこから重賞2勝。
 馬自身が成長したのもありますが、馬に携わっている人のサポートも大きいと思います。
 もちろん、最後の仕上げのレースでは、絶好調のデムーロ騎手の好騎乗もありましたし、上手くいくときはこういうものなのでしょう。

 GⅡを2勝しましたから、あとは、やっぱりすべての馬の目標であるGⅠということになるのでしょうが、こればっかりは運もありますし、「嚙み合えば」ってところでしょう。

 次はドバイか大阪杯というところでしょうが、とにかく自分のレースができるかどうかがすべての馬なのだなと改めて感じました。自分のレースができれば、コーナー4つのコース以外でも頑張れるとは思います。
 ただやっぱり、自分のレースがし易いのは、コーナー4つのコースなんでしょうね。

 今年は出資馬が出走している割にはまだ勝ち星が少なくて、何ともモヤモヤするレースもありましたが、これで前半の早い時期に今年も重賞を勝ててとても嬉しいですし、なんだかホッとしました。

 重賞を勝つと、クラブでクオカードがつくられるのがヤッパリ何よりうれしいですね。
 楽しみにしたいと思います。

 関係者の皆様優勝おめでとうございました。

| | Comments (14)

February 25, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/2/26(日)

 うーん、土曜は前半はまあまあ、単勝は取れたのですが、最後の勝負が残念な結果に。
 なかなかうまくいかんもんです。


 明日はまず小倉1Rです。
 14番のダンサクドゥーロと8番クリノライメイが抜けていると思えます。前走指数が64と60で他とは差があります。この2頭で決まると予想します。
 馬連8-14、3連単8,14→8,14→4,12で勝負します。

 次に中山7Rを狙います。
 ここはあまり人気はないですが、14番のビップソルダーを狙います。
 前走指数は68と、未勝利どころか上のクラスでも勝ち負けになる指数を出していました。その2着だったのが今日勝ったペプチドリリーです。
 ということは前走のレースの指数は信用していいということ。
 ということで、指数通りならここも勝ち負けになると思います。
 馬券は、14から馬連総流し、それから、3連複1頭軸、14を軸で相手が1,9,10,12の馬券を。

 それから阪神5Rです。
 ここは未出走馬が出てくるので紛れが多くなりそうですが、未出走馬が変に人気するならば既出走馬から行きたいと思います。
 9番のカンポデフィオーリは前走指数が61で、今回の2400mが合うかどうかはわかりませんが、指数は上位。
 9番の単勝と、馬単9→3,10で。

 最後は阪神9RすみれSです。
 キセキが人気しているようですが、指数的には人気先行に思えますので、違うルーラー産駒を。
 6番ダノンディスタンスを狙います。
 前走指数は76で、指数通りならば勝てるはず。
 単勝6番と馬連は1-6の1点で。


| | Comments (4)

スピード指数的今日のねらい目2017/2/25(土)

 今日は買いたいレースがたくさんあります。

 まずは中山9R水仙賞。
 ここは8番ワンダープチュックが前走指数77と抜けた存在。
 今回はさすがに勝てるだろうと思いますが、怖いのは切れるタイプ。2番のサトノクロニクルはやっぱり怖いですが、中山なら押し切れると思います。
 8番の単勝、8→2,6,10の馬単で。

 次に、京都6Rです。
 11番ファッショニスタが前走指数66で、今回は川田騎手に乗り替わり。人気にはなるでしょうが、ここは頭で狙いたいです。
 11番の単勝と、11→5,6,7,10→5,6,7,10の3連単で。

 そして、小倉の3Rです。
 ここは13番のペプチドリリーを狙います。
 前走指数64で、ローカルの未勝利ならば楽勝してもおかしくないです。
 人気でしょうが、この馬から。
 13番の単勝、13→1,11の馬単で。

 どれかは当たって欲しいです。

| | Comments (4)

February 23, 2017

指数派

 先週のつばき賞で勝ったファンディーナは強かったです。

 初戦のレース振りは確かに良かったけど、指数的には取り立ててどうこう言うほどのこともなく、つばき賞も半信半疑で馬券は買いませんでした。
 結果は圧勝。

 今回もスローなのでスピード指数自体は低いのですが、注目すべきは終いの脚。
 スピード指数(西田式)にも、実は「上がり指数」っていうのがあって、どれだけ良い終いの脚を使えたかという指標があるのです。

 ただ、私自身は、予想において上がり指数を重視することはほとんどありません。
 上がり指数が主に意味を成すのはスローになった時なので、なかなか使い道が難しい。
 そもそも、あらかじめスローになるとわかっているようなレースには賭けないようにしているので、あまり重要視していません。

 しかし、馬そのものの強さを測定する上では、結構重要だったりします。
 というのも、上のクラスに行けばいくほど終いの脚は重要になりますし、現に2月の東京開催の芝のレースは、本当に上がり勝負で決着することが多かったです。

 自分としての一応の目安では、上がり指数が20以上出せれば、結構出世するかなと思っています。

 ただし、この上がり指数というのは、あくまでペースとの相関関係で示されるものなので、超スローになればなるほど、上がり指数は高く出やすいわけです。ただ、そこは基準タイムや馬場指数の補正も受けるので、単にスローだったら高く出るという単純なものでもなく、数字自体はそれなりに信頼できるものであると考えています。

 なので、いくら上がり指数が20出ていたとしても、着順が5着や6着ではあまり評価できません。
 勝ったとき、悪くても勝ち負けに絡んだときの上がり指数でないとあまり意味はないでしょう。

 今回のファンディーナの上がり指数は24でした。
 といっても、この24という上がり指数がどの程度凄いのかよくわからないと思いますが、結構凄いです。

 エイシンフラッシュがダービーで25でした。
 あと、確かブエナビスタが桜花賞で23だったと記憶しています。

 20くらいならばそこそこ出せる馬も多いですし、20くらいで重賞絶対勝てますとも言えないのですが、偏差値と一緒である程度の数値を超えると、なかなか数字が出なくなる。23とか24っていう指数はなかなか出ないんですよ、経験上。

 そう考えると、ファンディーナは即重賞級という評価で間違いないでしょう。
 確かに相手云々っていうのもあるでしょうが、スピード指数は、基本そういう相手関係の格を重視せずにその馬自身の能力を測ることに意味があるものですから、私の指数的な評価は高いです。急に高くなりました。

 レース振りだけが目立つ馬っていうのはよくいるので、なかなか信用できないんですよね。
 私も何十年も競馬やってきて、何度も騙されました。
 スシトレインとか。。
 あ、もういい加減スシトレインはうんざりですかね(笑)。

 まあ、そういうこともあって、すぐには評価できない部分もあるのですが、ファンディーナは本物だと思いますよ。

 ちなみに、上がり指数と言えば、先日引退したモーリス。
 そのモーリスがまだ能力を完全に示す前のスピカSにおいて出した上がり指数は、なんと・・・

 28でした。

 その後のモーリスがどのような蹄跡をたどったかを考えると、やっぱり終いの脚は重要だと言えると思います。


 話は変わりますが、指数派の人ってどれくらいいるのかなと、ふと思いました。

 私は指数でしか予想せず、他人の予想や新聞の印など一切関係ないので、あまり他の人がどのような予想をしているとか気になることはありません。

 競馬予想TVだと、市丸さん、小林君、高柳さんと3名も指数派と言える人がいるので、予想の上では多数派なのかなとおもっていましたが、よくよく考えたら、自分以外に「私は指数派です」っていう人と現実に会ったことないです。

 パドックとかで指数派の人が、「指数派」っていう帽子とかかぶっていてくれたらわかりやすいんですが(笑)、そういうこともないので、なかなか誰が指数派なのかってわからないです。
 まあ、そもそも指数派はパドック見ないっていう説もありますが。。

 でも、25年前からずっと指数は続いているわけだし、それなりに市民権というか、ファンが多いはずです。
 今後も指数派が多数とはならないまでも、それなりの精度でそこそこ当たるものであって欲しいなと思っています。

 なお、私は、競馬予想TVでは、あまり指数派の方の意見は参考にしません。
 自分が指数派ですから、もう指数は間に合っています。
 なので、それ以外の方々の意見を参考にすることが多いですね。
 亀谷氏や太組さんとか、自分と違う視点の方々の意見を聞くのが楽しいです。

| | Comments (0)

February 19, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/2/19(日)

 昨日は完全に予想と逆というか、まあ普通ならそうなるだろうという結果でした。
 やっぱり京都千八はディープが強いし、今の東京は終いの脚がないとどうにもならんということを思い知りました。

 その辺のことはスピード指数ではどうにもならん部分もあるので、まあ仕方ないかなと自分に甘く考えております。

 フリージア賞を勝ったトリコロールブルーは、まだ余裕がある感じで幼いし、取りこぼすんじゃないかと思っていましたが、予想以上に脚を使えました。この先楽しみなところがあると思うので、怪我しないように進んでほしいです。
 切れという点ではヴェルラヴニールの方がいいんはないかと思っていましたが、位置取りが今一つだったことを考えても今回は目立つものはなかったです。ハービンジャーだからと考えるしかないんですかね。
 なんにせよ、今の東京は終いの脚がしっかりしていないとダメということを思い知りました。


 芝で打ちのめされたので、今日はダート戦です。

 京都6Rの12番イナズママンボで勝負。
 前走指数は65でした。そのレースで勝った馬がヒヤシンスSに出るスターペスマリアで、スターペスマリアも人気はないけどオープンでもやれると思っています。
 イナズママンボは今回減量の2kg減の恩恵を受けるので、チャンス十分。ここで狙いたいです。

 馬券は、12番から3,4,6,8,13,14への馬連。12番1頭軸で3,4,6,8,13,14への3連複で勝負です。


 さて、今日はG1のフェブラリーSですが、私が使っている西田式スピード指数は地方のレースは指数を出せませんので、馬券は買わない予定です。
 見るレースということで。
 津村騎手のカフジテイクが1番人気というのにはある意味驚きですが、指数は上位ですし、不思議ではないのかも。
 それにしても、どの馬が勝ってもおかしくないような難しいメンバーです。
 やっぱり見るだけにしておきます。


 それから、京都9Rのつばき賞にはデビュー戦で目立つ勝ち方をしたファンディーナが出走。
 京都千八でディープですから勝つでしょう。初戦は確かに目立っていましたが、指数的には特にどうということもなかったので、ここでのレースぶりに非常に注目しています。馬券は買いません。


 あと、なんといっても注目は東京9RのヒヤシンスSでしょう。
 いいメンバーがそろったなあと思います。

 底が全く見えていないエピカリスと他の馬という構図になりますが、どのようなレースになるのか楽しみです。
 個人的にはエピカリスに勝った欲しいと思っていますが、全然配当がつかないので、馬券はアディラートからほんの少しだけ買っておこうかなと思います。

 

| | Comments (4)

February 17, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/2/18(土)

 土曜はコレといったレースはない感じなので、穴狙いで。


 京都5Rを狙います。
 ディープ産駒の良血2頭が人気でしょうが、4番シャイニーピースと5番ダノンスターズを狙います。
 前走指数が67と66と、ここを勝っても不思議のない2頭。京都の外回りの1800mだからディープが強いんでしょうが、競馬ですし何があるかわからないですからね。たまにはこういうのを狙っていかないと。
馬連4-5、3連複2頭軸4,5で相手は8,9へ。3連単は、フォーメーションで、4,5→4,5,8,9→4,5,8,9を買います。


 もう1レース。東京9Rのフリージア賞。
 今の東京の傾向からして終いの脚がないことには勝負にならんというのもあって、人気は切れる脚が使えそうなところになっていますが、あえて逆を突いてみたいと思います。

 ここは13番マイネルズイーガーを中心に。
 前に行くでしょうからそのままの残り目を狙います。
 馬連13から2,7,10へ。それから、2,7,10,13の馬連BOXと3連複BOXを。


 これらの馬券ならそこそこ配当もつくでしょうから、薄く遊び程度に買いたいと思います。

| | Comments (0)

February 16, 2017

自動

 最近いろいろ忙しくて、なんだか週末をするだけのブログになっていますが、まあ仕方ないです。
 忙しいときもあります。


 知らないうちに2歳馬の馬名が決まっていて、シルクのwebを見たら、出資馬が急に知らない名前になっていておどろきました。

 私は馬名はどうでもよくて、ああ、決まったんだという感想です。

 クラブ馬の馬名は「誰か」が決めているのではなく、「自動」で決まっていると思うようにしているので、どんな名前になっても不満もないですし、感動もありません。

 馬名の由来も、正直言うと、どうでもいいです。

 いや、本当はどうでもよくないのかもしれないですが、どうでもいいと思うようにしているのかもしれません。

 クラブ馬は実質的に共有状態ですから、自分の思い通りにならないことの方が多いです。

 それも一長一短あって、自分の思い通りにならない代わりに、他人(他の持分所有者)の思い通りにもなりません。
 素人の誰かが騎手やローテーションに口出しすることなく、クラブが(たてまえ上)最高の選択をしてくれることになっている。

 自分も口出しできないけれども、どこの誰だかわからない人に口を出されないというのも一口の魅力に一つだと考えるようにしています。

 どうしても自分の思い通りにしたければ、一頭丸ごと買うしかない。

 共有状態でいいこともあれば悪いこともありますが、あまり思い込み過ぎないことも一口のコツかなと、最近は思っています。

| | Comments (0)

February 11, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/2/12(日)

 本日の結果は、うーん、当たったと言えば当たったのですが、2着じゃなあ~~。
 こういう負け方すると、やっぱり騎手のせいにしたくなりますね(笑)。

 気持ちを切り替えて明日へ。


 明日は、京都の天候がどうなるのかわからないのが心配ですが、京都のレースを選んでしまいました。


 京都2Rの14番シンギュラリティを狙いたいです。
 ムーア騎乗で人気になるんでしょうが、前走指数は61で、未勝利は楽に勝てるはず。今回はメンバーも軽く、芝からダートに変わった馬がよっぽどの変わり身を見せない限り、まず負けないと思います。
 今度は大丈夫だと思います。ムーアですしね。
 単勝で勝負します。


 京都が中止になったらつまらないので、東京のレースからも一鞍。

 東京2Rを狙います。
 ここは、8番リンガスネオが指数52、9番サウンドストリートが指数49で抜けています。抜けているという割には指数が低いと思うかもしれませんが、要するに他が弱いということです。
 この2頭で決まる可能性が高いと考えます。
 怖いのは、ダート替わりの馬。こればっかりは考えても仕方ないので、いないものとみなして勝負します。
 8番9番の馬連とワイド各1点で勝負です。


| | Comments (6)

スピード指数的今日のねらい目2017/2/11(土)

 今日は雪で小倉開催が中止に。

 東京は晴れているのでなんだか少し変な気分ではありますが、日本も意外と広いということでしょう。

 今日はスピード指数的にあんまりいいレースがないなあと思っていたのですが、一つだけありました。

 京都6Rの3歳500万下ダート1800m戦。

 ここは、4番タガノディグオで勝負したいです。
 前走指数は70と、今の時期のこのクラスを楽勝しても良いくらいの指数を出していましたが、相手が強すぎた。
 そのレースの3着馬も次であっさり勝ち上がりましたし、能力的には間違いないでしょう。
 鞍上は心配ではありますが、乗り続けているし、それで逆に配当がつくなら儲けものかも。

 4番タガノディグオの単勝、4番からの馬単1,3,10,14、4番からの馬連1,3,10,14で。

| | Comments (2)

February 04, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/2/5(日)

 今日は全くカスリもせずという結果でした。

 ちょっと攻めすぎた感じもありましたが、仕方ないです。
 エルフィンSのビーカーリーはちょっと早熟っぽい感じかなあ。夢見すぎました。
 ミリッサは負けるならあの形だろうという負け方でした。ただやっぱり、ディープとダイワメジャーでは違うのかなという気もしないでもなかったなあと。

 そういう意味では、明日のきさらぎ賞はやっぱりディープ産駒のサトノアーサーでしょう。
 初戦で大したことない馬だなと思ったら前走ではとてつもない決め手で楽勝。
 サトノアーサーのようなタイプは、今の競馬に向くタイプで、G1を勝ち切れるタイプでもあると思います。能力は間違いなくG1級で明日も恐らく通過点でしょう。
 ただ、馬券は買いません。さすがに1.3倍とかの単勝は買いたくないですし、スピード指数自体が高いわけではないので、買うレースというよりは見るレースということで楽しみにしています。


 買うレースは、まず京都2Rのテイエムグッドマンです。
 前走指数は60で、負けたのは運が悪かっただけ。
 今回は相手も弱そうなのが多いですし、まず大丈夫じゃないかなと思います。
 2倍はつかないでしょうが、2番の単勝で。


 2Rで資金を確保しておいて、京都3R。ここは3番のベルエスメラルダ。
 前走指数は62でしたが、逃げて勝っているんで確かに心配な部分はあります。ただ、その分減量が乗って人気が低いというのもあるので、狙う価値はあるかなと。
 3番の単勝と、3番から2,4,5,10,11への馬単及び馬連、3番頭で2,4,5,10,11を2着3着付けの3連単で薄く勝負です。


 あと、明日は珍しく古馬のレースも買うつもりです。
 買うのは東京11R東京新聞杯の3番マイネルアウラート。
 前走が強かったので次で狙おうと思っていました。前走指数は93でした。十分勝ちきれる能力があると思っています。
 エアスピネルが人気ですが、展開的には恵まれそうですし、力をつけていると思うので、ここで勝負したいです。
 3番の単勝と、3番から2,5,6,7,9,10への馬連及び馬単、3番頭で2,5,6,7,9,10を2着3着付けの3連単で薄く勝負です。

| | Comments (4)

スピード指数的今日のねらい目2017/2/4(土)

 今日はこれといってスピード指数的に確率な高そうなレースがなかったので、穴っぽいところを。

 東京7Rのミスパイロが面白そう。
 前走指数が63でこのクラスでもやっていけるところを見せましたし、確かパイロの産駒って東京1400mが得意だったんじゃなかったでしたっけ?
 全然スピード指数的でない部分もありますが、そんなに人気ではないようですので、2番ミスパイロから馬連総流しで行きたいと思います。


 それから京都10RのエルフィンS。
 決め手のあるミリッサが人気になりそうなので、ここは指数が高いビーカーリーを買いたいです。
 この馬牝馬だったんですね。なんか牡馬だったように勘違いしていました。
 前走指数は68で指数的には十分。ただやっぱり距離的に厳しいかもしれません。
 7番ビーカーリーからやはり馬連総流しで。

| | Comments (0)

« January 2017 | Main | March 2017 »