« March 2017 | Main

April 2017

April 29, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/4/29(土)

 今日は穴っぽいところで。一つのレースに集中です。

 東京7Rの3歳500万下はゴールドドリームの弟が人気ですが、ほかの馬にはチャンスがありそう。
 3番サンマルライバル、ティーラウレアはそれぞれ前走67、前々走で74と高い指数を出しているので、一角崩しがありそう。

 馬単BOX3,7,8,9,10,15,16、3連複BOX3,7,8,9,10,15,16で勝負します。

| | Comments (0)

April 26, 2017

キャロット 15年産中央馬全馬満口

 キャロットの15年産の募集馬のうち、中央所属馬がついに昨日全馬満口となりました。

 すごいことですね。
 これだけ満口が並ぶと、ある意味壮観というかなんというか。

 サンデーRのほうはまだ残口のある馬がいるにもかかわらず、キャロットのほうが先に全馬満口になるとは、昔を考えると信じられないような気もしますが、これが現実。

 これで、キャロットには、中央所属馬で今すぐ入会することはできなくなりました。
 まだ地方馬が1頭残っているので、入会して既会員になっておくことはまだ現時点ではできます。

 最後の地方馬1頭も売り切れたら、いよいよ、(すぐには)入会すらできなくなるという恐ろしいクラブになってしまいます。

 15年産で既会員になっておけば、8月に始まる16年産の募集では、会員としての権利が付与されます。
 すなわち、最優先で外れても×がもらえますし、新規会員に対しては抽選になった馬についてはすべての面で優遇される。

 一方、新規会員は、ヴァイスの言葉を借りれば、1次募集に関しては「虫けら」ですから、ほとんどの人気馬に落選することが最初から決まっている状態になります。16年産の募集では、おそらく希望通りの出資は叶わないでしょう。

 新規でキャロットの会員になるつもりの人は、これから夏までの間は、難しい決断を迫られるのかもしれませんね。

 また、最後の1頭の地方馬が大活躍したら、それはそれでドラマチックだなあと思います。


| | Comments (2)

April 24, 2017

シルクの追加募集はやっぱりあった

 先日、今年は趣を変えた天栄ツアーがあったようですが、それと同時にシルクの追加募集の発表がありました。

 さらに同時に、偶然でもあるでしょうが、シルクでまだ残っていた最高価格のディープ牡馬も満口に。
 ノーザン産のディープ牡馬ですから、よっぽど虚弱とか小さいとかでもない限り、そもそも売れ残るわけはないのですが、案外満口までに時間がかかった印象はありますかね。
 それでも何でも満口に。今のノーザン系の勢いは全く衰えを知らずというところでしょう。

 キャロットはほぼ全馬満口という状態ですから、ノーザン産の馬を小口で買うならば結局のところシルクしかない。ということで、皆目が向くところは同じであって、シルクで追加募集があるのも当然と言えば当然の流れなのでしょう。

 天栄ツアーの内容が変わったこともあり、今年は追加募集馬の展示もなかったようですが、基本的には余っている馬なので、あまり大きな期待をしてもいけないのかなとは思います。

 それよりも、注目するのは、いわゆるキャロットの「OUR BLOOD」に該当する馬が2頭も募集になっていること。

 「OUR BLOOD」に該当する母馬自体が増えすぎているというのもあるので、今後はこういうことも普通にあるんでしょうね。
 母に出資していた人にとっては納得がいかない部分もあるかもしれないけれど、何か保証があるわけでもない。
 そう考えると、「母優先」っていうのは、本当に空手形なんだなあと思ってしまいます。

 大活躍した母馬の仔はそうそう他にはいかないでしょうが、そこそこの活躍程度の母だと、今後は難しいことがあるのかもしれないなと思いました。

| | Comments (0)

April 23, 2017

社台Gの募集馬リストを眺めて

 先日社台Gの今年の提供牧場別の募集予定馬リストが来ました。

 なんか1年アッという間だなという気もします。

 ざっと眺めてみると、キャロットやシルクで募集されていた母馬の仔がサンデーやG1になったりと、毎年の入れ替え的なことはありますが、そんなに驚くような変化はなく、例年通りかなと思います。

 今年も人気はやはりディープ産駒でしょうか。

 ただやっぱり、ディープも牡馬は高くなりすぎてしまっているというのもあるので、人気はむしろ牝馬かもしれません。

 ディープ以外ではレーヴディソールの牝馬とかは人気になりそうですね。ロードカナロア産駒が新馬戦からどれくらい活躍するかというのもあるでしょうが、楽しみです。

 価格を見るまでもなく、ある程度予想できる馬もいますね。例えば地方オーナーズ募集のストロングメモリーの16とかは、多分すごく小さいんじゃないですかね。
 そうでもなければ、ゴールドアリュールの牡馬が地方に回るとはちょっと思えないですもんね。

 そういう余計なことを考えながらしばらくリストを眺めるのも楽しいものです。

| | Comments (0)

スピード指数的今日のねらい目2017/4/23(日)

 今日はまず京都3Rです。
 16番のメイショウモウコが前走指数64で前々走は63と、ここでは能力が1枚上。ここは決めてくれるんじゃないかなあと思っています。
 馬単16→3,7,9,12、3連単16→3,7,9,12→3,7,9,12で勝負。


 それから、重賞の東京11RフローラSです。
 14番フローレスマジックの能力が抜けていると思います。前走指数は75でした。前走は相手が強すぎただけですし、この馬としては能力は出しているはず。今回のメンバーは前走に比べれば2枚は落ちる組み合わせなので、まともならば突き抜けておかしくないと思います。もっと人気が集中するかと思いましたが、意外と人気はばらけているようなので、馬券的には美味しいかも。
 馬単14→4,5,11,12,13、3連単14→4,5,11,12,13→4,5,11,12,13、3連複1頭軸14-4,5,11,12,13、で。
 なんかの間違いでアロンザモナとか来ないかなあ~と夢想しています。

| | Comments (2)

April 22, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/4/22(土)

 先週の皐月賞は展開を大きく読み違えたという感じはないですが、結局は切れる馬は全馬壊滅。
 近年の傾向は何だったのかというくらいの大ハズレである意味清々しい気もしました。
 当然馬券も大ハズレでカスリもしませんでした。
 それでも毎週競馬はありますので、気を取り直していきたいと思います。


 今日はまず東京2Rです。
 人気ですが、15番エンセラダスで大丈夫そう。前走指数が61で、指数通りならば、ここは楽勝するはず。
 馬単15→1,3,9,10,16、3連単15→1,3,9,10,16で。


 あとは、京都10Rの橘Sです。

 ここは上位馬の実力が接近していますが、その中で人気が低そうな7番ショウナンマッシブが面白そうかなと。
 指数は前走74でここでは1番手。後は距離がどうかだけですが、そこは成長に期待。
 馬連7-1,4,9,11、3連複1頭軸7-1,4,9,11、3連単7→1,4,9,11→1,4,9,11で。


 今日こそ幸運が来ることを期待して。

| | Comments (2)

April 21, 2017

POGの季節

 まだクラシック真っ最中ですが、すでに次年度のPOG関係の書籍・新聞が発売され始めています。

 とりあえず、月末にかけて発売されるPOG本を大体見てから、ここにピックアップを載せたいと思っています。

 昨年は何をピックアップしたのか自分でも忘れていましたが、今見返してみると、キャロットだとレイデオロ、リスグラシュー、エピカリス、サンデーRではダンビュライト、シルクはあんまり活躍馬はいないですが、とりあえずナイトバナレット、トリコロールブルー、クライムメジャーと現時点での賞金上位は入っていたのでまあまあですかね。

 ただ、皐月賞を買ったアルアインは外していますし、社台RHは選びもしなかった(忘れていたという説も。。)。
 アルアインはいい馬でしたけど、ディープばっかり選んではイカンというような感じもしましたし、ヘリファルテのほうがよく見えたので期待したのですが、なかなかPOGという期間で考えると、アクシデントも含め難しいです。
 ピックアップした中でも期待されながらも今のところ難しい状況の馬もいますし、なかなかうまくいきません。

 それでも、何でもそうですが、「選ぶ」っていう楽しみもあると思うので、今年も期待できそうなのを上手く選びたいです。

| | Comments (2)

April 15, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/4/16(日)

 明日は特にコレというレースもなかったので、皐月賞に絞りたいと思います。


 近年の皐月賞はある程度の特徴があって、まず一番大事なのが上がりの脚です。
 競馬予想TVで亀谷氏も言っていましたが、とにかく終いの脚がないことには馬券にはなかなか絡みません。
 スピード指数で言うと、上がり指数が大事ということになります。

 例外はロゴタイプ、キタサンブラック、ウインフルブルームという逃げ又はそれに準ずる展開を得意とする馬。
 ロゴタイプやキタサンブラックはG1やG2を勝って臨んでいる馬ですから、上がりの脚が足らなくても逃げたり2番手からならば通用したということでしょう。
 そう考えると過去5年では本当の例外はウインフルブルームのみという感じです。


 さて、上がりの脚が大事になるということを考えるのであれば、もう1頭しかいません。
 前々走で25という上がり指数を出しているファンディーナです。

 ファンディーナの前走はあまり評価に値しません。指数は71で、ファンディーナ自体は強かったですが、相手が重賞としては弱すぎました。実質牝馬限定の500万条件戦を楽勝したのと同様。

 しかし、ファンディーナの前々走は非常に高く評価できます。
 楽な競馬だったという人もいるみたいですが、普通の馬だったら2着馬は差せない展開です。
 度肝を抜く上がり指数25で勝ちきった。これは非常に価値が高いと思います。

 もし皐月賞がスローの展開になるのであれば、まず間違いなく勝つと思います。

 ただ、そんな甘い展開にはならないとも思いますが。

 いずれにしても、ファンディーナが3着を外すということはまず考えられないと思っています。

 ちなみに昨年の皐月賞では、マカヒキとサトノダイヤモンドがすでに皐月賞前に上がり指数25という値を出していましたが、2着、3着。まあ絶対ではないわけですが、4着以下はないと思って良さそうです。


 そのほかの馬はどれも帯に短したすきに長しというところがあります。

 指数の高い順に行くと、まずペルシアンナイト。
 指数は前走80と高いのですが、上がり指数がそんなに高くないです。勝った際の上がり指数は前走の14が最高。逃げか2番手につけるような馬以外では、こういうタイプが近年馬券に絡んだことはありません。
 すごく人気というわけでもないので押さえはしますが、頭はないかなという感じです。


 次にレイデオロ。こちらは前走指数79ですし、実際強いと思いますが、休み明けでクラシックというのは条件が厳しすぎますね。この馬も上がりの脚が足らないタイプでもあります。スピード指数が高いので一応押さえておくという感じです。


 ウインブライトは前走指数78ですが、上がり指数が足りません。最高が13で、先行タイプでもないですから頭は厳しいでしょう。これも押さえまで。


 人気のないクリンチャーですが実は前走指数は78と悪くありません。上がり指数は最高6で、全然このレースに向くタイプではありませんが、逃げタイプというのがポイント。押さえる価値はありそう。


 アダムバローズも人気がありませんが、前走指数は76で逃げタイプ。穴をあける可能性があるタイプなので、ヒモには必要でしょう。


 大穴はコマノインパルス。人気ゼロという感じですが、初戦で上がり指数18を出していて、葉牡丹賞では指数76を出していますから、指数的にたらないということはないです。穴男が騎乗しますし、この馬も実は重賞勝ち馬ですからね。当然に押さえます。


 スピード指数的にはこんなところ。

 あとは上がり指数の高い馬をピックアップします。

 スワーヴリチャードは前々走で上がり指数21ですから、買わないわけにはいかないですよね。ただ、この枠順でどう乗るのか。ムーアやモレイラでもどうすることもできないと思います。況や・・・ということです。押さえまで。

 カデナは前走の評価が低くなるのでいかにも危ない人気馬に見えるのですが、前々走、前走で連続して上がり指数20を出しており、ファンディーナがいなければ勝ってもおかしくないことになります。
 ただ、スワーヴもカデナもそうですが、この2頭が勝てそうな展開になるのであれば、間違いなくファンディーナが差し切ってしまうので、結局勝ちはないということになります。


 アウトライアーズは百日草で上がり指数20を出しているので買ってもいいんだけど、3着のときの上がり指数ですからね。全頭買うわけにもいかないので、切りでいいかなあ。

 アルアインも指数は足りますが、上がりの指数が足りないので切り。

 サトノアレスも同様です。
 全部買うわけにもいかないですから。


 ということで、結局消去法で考えると勝つのはファンディーナ以外にいないという結論になってしまうのですが、速いペースを経験していないという点は不安でもありますから、一応ファンディーナが2着、3着になった場合も考えておきたいと思います。


 3連単、8→2,3,4,15,16→2,3,4,5,715,16,17
 3連単、2,3,4,15,16→8→2,3,4,5,715,16,17
 3連単、2,3,4,15,16→2,3,4,5,715,16,17→8
 3連複BOX 2,3,4,8,15,16
 3連複軸1頭、8-2,3,4,5,715,16,17


 安めが来たら諦めます。中穴~大穴のヒモ荒れを希望です。


 皆様の幸運をお祈りいたします。


| | Comments (2)

スピード指数的今日のねらい目2017/4/15(土)

 まずは中山2R16番コスモクウェンチで堅いんじゃないかなと思っています。前走指数は57でしたし、ここでは能力的には抜けていそう。相手も結構絞れそうなので、馬単と3連単で。

 馬単16→2,5,14、3連単16→2,5,14→2,5,14で。


 それから中山5Rも。8番ショウナンアエラが前走指数66でここは」信頼できそうです。

 馬単8→1,3,7,10,11、3連単8→1,3,7,10,111→1,3,7,10,111で。


 今日はここで少し稼いで、明日のクラシックにつなげたいところです。

| | Comments (0)

April 09, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/4/9(日)

 今日は天気が悪いので予想も難しいですね。

 こういう難しそうな日は競馬やらないのが一番かもしれないですが、G1デーですし、何にもしないっていうのも残念です。

 とりあえず、リラックスして軽く行きますか。


 福島5Rです。
 2番ヒドゥンパラメータ、4番ブルベアバイソン、10番ホウオウジャンプの3頭が60以上の指数を出していて、ここでは抜けている感じです。この3頭で。
 馬連BOX2,4,10、3連複2-4-10で。


 福島7Rは、1番アルマシャール、7番コンボルド、12番ダノンスターズの3頭が60以上の指数を出していて抜けている感じ。ここも3頭のBOXで。
 馬連1,7,12、3連複1-7-12で。


 中山2Rは、11番トワードポラリスが前に行く馬ですし、指数も前走58とここでは抜けて高く、逃げ切り勝ちするでしょう。今日の馬場だと信頼度は高いと思います。単勝でもいいのですが、つまらないので3連単で。
 3連単11→4,6,9,13→4,6,9,13で。


 さて、ここまででお金が尽きていないことが前提ではありますが、せっかくなのでクラシックの桜花賞も予想しておきます。

 競馬予想TVでも指数派の予想家は大体同じでしたが、ソウルスターリング、アドマイヤミヤビ、アエロリットあたりが指数的には上位になるでしょう。そこは私も変わりません。

 私は1番手はアドマイヤミヤビ。単純に前走の指数が79と1番高いというのもありますし、この馬は速い時計にも対応しつつ、スローの上がり勝負でも上り指数19と高い指数を出していますので、遅い時計にも対応できる。その割に人気はソウルが被っていますので、こっちのほうが馬券的には美味しいかなと。
 ただ、今日の馬場と、さらにはこういう馬場になると変に色気を出してまさかの展開を演出する人が出てくるかもしれないので、難しいですね。

 ソウルスターリングはスピードに長けていて、沈むシーンというのはちょっと考えにくいです。パンパンの良ならば切れのある馬に脚元をすくわれるという展開もあるかなと思っていましたが、そういうこともなさそう。かなり有利な立場だと思います。去年のように鞍上がチョンボ騎乗しなければ勝ち負けはまず間違いないでしょう。

 アエロリットはクイーンCの2着は指数が高く評価できますが、その割に人気がなくおいしそう。鞍上がどのような作戦でくるのか読めませんが、勝ちはなくても間隙をついて2着くらいならあるかもしれないと考えました。

 ミスパンテールは2戦目でチューリップ賞で2着と非凡なところを見せました。指数を考えても、フロックではないと思えます。ダイワメジャー産駒だけに、ひょっとしてこういう馬場が合っていたりもしないかとも思いますし、押さえておきたいです。

 レーヌミノルは上位と勝負付けが済んでいますし、どう乗っても勝ちはないと思いますが、展開次第で連下はあるかもと思い押さえます。

 リスグラシューも同様に上位との勝負付けは済んだと考えますが、連下は十分にありそうです。

 大穴ではアロンザモナ。特に材料があるわけではないですが、人気もないですし、前々走ではそれなりに走っていますので、爆弾として仕込んでおきます。

 3連単で楽しみたいと思います。
 3連単12,14,15→6,10,11,12,14,15,16→6,10,11,12,14,15,16で。

 堅いところが来たら負けですが、まあそれもまた一興ということで。
 皆様の幸運を祈ります。


| | Comments (4)

April 08, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/4/8(土)

 今日はまず、福島7Rから。

 3番のメリークンが前走指数61と能力的には抜けています。さすがにここは頭は堅いでしょう。
 2番手も5番のウィズアウィッシュっで多分大丈夫でしょう。しかしこの組み合わせでは配当が。。
 かといって3番手以下に何を選ぶのかに迷うレースです。
 絞り込んで勝負。
 3連単、3→5→8,15,16で。


 次に中山6Rです。
 ここも頭は16番のニーマルサンデーで大丈夫そう。前々走で中山のダ千八で63という指数を出しているので間違いなさそう。
 ただし、人気なので、ここも相手を絞って3連単でいきます。
 3連単、16→5,11,12→5,11,12で。


 それから、中山7R。
 ここは上位混戦なのですが、上位と下位の差があると思うので、上位5頭でBOXで行きたいと思います。
 6番のエッシャーが前走指数64で一番信用できそうですが、他も上位は差はありません。
 馬連BOX5,6,7,8,15と、3連複BOX5,6,7,8,15で。安めが来たら仕方ないです。


 最後に阪神2Rです。
 ここは8番マジカルスペルで間違いない。去年の8月で指数60ですから、まともならここで負けるわけがない。
 相手も2番手は12番メイショウマトイと15番ダンツブレーブでだいだい大丈夫だと思うので、これらの3連単で。
 3連単8→12,15→12,15を本線で。万が一の大穴も抑えて、3連単8→12,15→6,9,11,12,15の馬券もちょっとだけ。


 そろそろ、ズバッと当ててみたいところですが、どうなるでしょうか。

| | Comments (2)

April 02, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/4/2(日)

 今日はまず中山5Rです。

 人気だけど15番バトルサンバが前走指数60で、ここでは断然。頭は決まり。
 ヒモは難しいですが、頭が人気なので絞らないといけません。そこで、1,2,13を選びます。
 馬単15→1,2,13、3連単15→1,2,13→1,2,13で勝負。


 次に中山6Rです。

 ここは抜けた馬がいないのですが、人気の馬が飛ぶ可能性もありそうなので、美味しい馬券にありつけるかもしれないと思いました。
 一応中心は3番ウィンドライジズか9番サレンティーナかなとも思います。どちらも過去に67、69と高い指数を出しています。そういう意味では、ニシノアップルパイも過去に69を出していて侮れない。
 馬券はウィンドライジズ軸の3連複で、運試し。3連複3-1,5,9,12で。


 それから、阪神も。阪神は4Rを狙います。

 ここもレベルは高いながらも混戦のレースで、6番テイエムアニマンテ、8番ケンシュナウザー、10番オアシスクイーン、15番アードラーと、70以上又は70近くの指数の馬がいます。
 何となく荒れそうな気もするので、これらにさらに3頭加えて、大馬鹿野郎の7頭BOXで行きたいと思います。
 3連複3,6,8,10,11,13,15のBOXで。


 最後に中山10Rの伏竜Sです。
 上位は混戦ですが、前走芝で負けて人気が落ちている6番グランドディアマンを狙います。前々走の指数は75で、前々走分走れば勝ち負けになるでしょう。
 単勝6番、馬連6-2,3,4,5,7、馬単6→2,3,4,5,7、3連複軸一頭6→2,3,4,5,7、3連単6→2,3,4,5,7→2,3,4,5,7で。


 そろそろどれか1レースくらい当たって欲しいですなあ。

| | Comments (2)

April 01, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/4/1(土)

 今日は中山は天候がどうなるのか心配です。
 午後には雨は上がりそうですが、今は降ったり止んだり。

 ということで、阪神の方がよいかなと思いましたので、今日は阪神5Rで勝負。

 7番ローズストリートと16番タスクフォースが力的には上位と考えます。前者は前走69、後者は71と、甲乙つけがたいので、2頭軸で。
 どちらも人気なので、馬券は3連系の馬券で。

 3連複7,16-7,16-4,6,10,14と、3連単7,16→7,16→4,6,10,14で。

| | Comments (2)

« March 2017 | Main