« June 2017 | Main | August 2017 »

July 2017

July 31, 2017

2017年度シルクツアー写真その5

 ノーザンFイヤリングY11&12で撮った写真です。これで最後です。


2.ミュージカルロマンスの16

1707s21


4.スイープトウショウの16

1707s41


8.ディアジーナの16

1707s81


35.リアアントニアの16

1707s351


39.バラダセールの16

1707s391

1707s392


48.レーヴドスカーの16

1707s481

1707s482

1707s483


49.プチノワールの16

1707s491

| | Comments (6)

2017年度シルクツアー写真その4

 ノーザンFイヤリングY9&Y10での展示で見た馬です。


14.ブラックエンブレムの16

1707s141


20.メジロフランシスの16

1707s201


26.フサイチパンドラの16

1707s261


45.ラッドルチェンドの16

1707s451


50.グランプリエの16

1707s501


51.ツルマルワンピースの16

1707s511


53.グリューネワルトの16

1707s531


57.トップライナーⅡの16

1707s571


| | Comments (0)

July 30, 2017

2017年度シルクツアー写真その3

 ノーザンFイヤリングY3で撮った写真です。


7.サマーハの16

1707s71

1707s72

1707s73


25.ユキチャンの16

1707s251

1707s252


34.サロミナの16

1707s341


42.シェアザストーリーの16

1707s421

| | Comments (0)

2017年度シルクツアー写真その2

 ノーザンFイヤリングY5&Y6で撮った写真です。


3.ロジャーズスーの16

1707s31


5.リードストーリーの16

1707s51


11.ウルトラブレンドの16

1707s111

1707s112

1707s113


13.キーオブライフの16

1707s131

1707s132


38.ヒッピーの16

1707s381


47.ビアンカシェボンの16

1707s471


52.ロザリンドの16

1707s521

1707s522


63.スカイクレイバーの16

1707s631


| | Comments (0)

2017年度シルクツアー写真その1

 シルクのツアーで撮った写真です。

 最初は早来ファームです。


1.シルキーラグーン

1707s11

1707s12

1707s13


10.ルシルクの16

1707s101

1707s102

1707s103


41.スナッチドの16

1707s411

1707s412

1707s413


46.プリモスターの16

1707s461

1707s462

1707s463


56.ラフアップの16

1707s561


| | Comments (0)

(有料)2017年度 シルク 募集時レビュー

 2017年度(2016年産)のシルクのレビューを有料で作成しました。

 価格は昨年と同じです。ご興味のある方だけ下記リンクから特設サイトにお進みください。


※終了しました。

|

July 25, 2017

(有料)2017年度 東サラ 募集時レビュー

 2017年度(2016年産)の東サラ募集馬の募集時レビューを有料で作成しました。

 価格は昨年と同じです。ご興味のある方だけ下記リンクから特設サイトにお進みください。


※終了しました。

|

July 21, 2017

2017年度 東サラ 募集馬第一印象メモ

 東サラも募集馬の画像が出ました。
 カタログPDFだけを見ての、自分用のメモです。


1 レッドヴァージン16
まとまっていますが、特別目立つというほどではない感じ。

2 レッドエルザ16
ディープ牝馬としては普通に見えます。

3 レッドファンタジア16
バランスは悪くない感じです。動きが気になります。

4 アルレシャ16
顔に目が言っちゃいますけど、馬体もそれなりにまとまってそう。

5 サセッティ16
トモの形が好きではないです。

6 レッドシェリール16
普通かなと思います。

7 レッドベルフィーユ16
これも特には目立たないですね。

8 メテオーリカ16
トモの感じはまあまあ良さそう。

9 ストゥデンテッサ16
うーん、あんまり良くは見えないです。

10 シェーンフレール16
値段なりでしょうか。

11 レッドソンブレロ16
あんまりクロフネらしくないです。

12 サンクスアロット16
全体のバランスが今一つかなと。

13 エリザベスムーン16
まさかの出血大サービス?特別悪くも見えないですが。

14 セレブレイションキャット16
バランスは良いので、あとは動きですね。

15 ナイトオブドバイ16
ディープ産駒としては特に目立たないです。

16 レジュールダムール16
上がイマイチだったという印象もあるかもしれませんが、普通にしか見えないです。

17 レッドメデューサ16
トモが今一つかなと。

18 レッドアゲート16
安いと思ったらやっぱりという感じです。

19 トゥーピー16
値段見て牡馬だと思い込んでいました。ちょっと盛りすぎではないかと。

20 ライラッククイーン16
普通です。

21 フレンチノワール16
鈍重な感じに見えますが、動きはどうでしょうか。

22 シルバーフォックス16
芦毛でよくわかりませんが、上のほうがよかったかも。

23 ラピーダシャリナ16
普通かな。

24 スタイルリスティック16
人気になりそうですが、そんなに見栄えはしません。

25 ワイオラ16
普通です。

26 ビジュアルショック16
ハービンジャーにしては悪くないかも。

27 ヴェイルオブアヴァロン16
セール出身だけあって目立ちますね。大きすぎなければいいですが。

28 マチカネハヤテ16
子供っぽい感じですが、良くは見えないです。

29 リヴィアローズ16
うーん。

30 エポカプラヴァ16
まとまっています。動きと大きさが気になります。

31 リトルディッパー16
トモがイマイチですかね。

32 ショウダウン16
うーん。


 例のやつはシルクの後になりますが、そんなに遅くはならないと思います。

| | Comments (1)

July 18, 2017

2017年度 シルク 募集馬第一印象メモ

 第一印象の自分用メモです。

1 シルキーラグーンの16 5月生まれということを考えれば悪くなさそう。

2 ミュージカルロマンスの16 まとまってはいそう。

3 ロジャーズスーの16 特別目立つわけでもないですが、動きを見たいです。

4 スイープトウショウの16 6月生まれでかなり子供ですが、みどころはありそう。

5 リードストーリーの16 よくいるダイワメジャー産駒という感じですが、値段的にも面白いかも。

6 シーイズトウショウの16 まあ、よくいるダイワメジャー産駒という感じでしょうか。

7 サマーハの16 見た目が特別目立つわけではないですが、母方のほうが強く出ているみたいです。あとは動きがどうか。

8 ディアジーナの16 結構大きい感じで、そこが心配でしょうか。

9 ターシャズスターの16 よくいるこの父の産駒の牝馬という感じ。

10 ルシルクの16 見た目は目立ちません。

11 ウルトラブレンドの16 この父はこういうのが走りそうな気もしますが、動画を見てから。

12 モシーンの16 普通です。

13 キーオブライフの16 この父の産駒らしい馬体です。大きくなりすぎないでほしいです。

14 ブラックエンブレムの16 見た目は悪くないので、動きが気になります。

15 ケアレスウィスパーの16 普通かな。

16 サトノジュピターの16 よくいるハービンジャーという印象。

17 アンティフォナの16 デカいのかなと思ったら全然そんなことはなく、結構おもしろそうかも。

18 ポーレンの16 5月生まれにしては悪くはないかなと。

19 シルクユニバーサルの16 牝馬としては大きすぎる気も。

20 メジロフランシスの16 どうしても兄と比べてしまいますが、これはこれでいいんじゃないかなと思います。

21 リュナティクの16 うーん。

22 ウィストラムの16 写真だけでは何とも。動き次第でしょうか。

23 ムスタパルタの16 これもよくいるトーセンホマレボシ産駒という感じ。

24 リングレットの16 うーん。

25 ユキチャンの16 真っ白でわからない部分もありますが、結構良さそうな気が。

26 フサイチパンドラの16 母は毎年良く見せる仔を出しますし、そろそろ走る馬が出てもいいと思うのですが。

27 レアクラシックの16 普通です。

28 ヒカルアマランサスの16 普通のワークフォース産駒。

29 レースパイロットの16 今年もいました、おなじみタートルボウル産駒。

30 ショアーの16 普通かなあ。

31 ディフィカルトの16 見た目は普通です。

32 ゴールドティアラの16 ダートっぽい感じだから、牡馬だったらおもしろかったんですが。

33 ウイングステルスの16 謎の種牡馬ではありますが、見た目的には捨てがたい部分も。

34 サロミナの16 普通ですかね。

35 リアアントニアの16 もっと小さいのかなとおもっていましたが、そんなことはありませんでした。あとは動
き次第でしょうか。

36 キューティゴールドの16 見た目は目立たないです。

37 ピンクパピヨンの16 先に厩舎が気になっちゃいますよね。

38 ヒッピーの16 値段分の価値があるかはわかりませんが、動き次第で面白そう。

39 バラダセールの16 まあ悪くはないかなと。

40 レジェンドトレイルの16 5月生まれだけに化ける可能性はありそう。

41 スナッチドの16 この先生にはあっていそうなタイプですね。

42 シェアザストーリーの16 この血統は馬体面よりも健康面が気になります。

43 サダムグランジュテの16 よくいるゴールドアリュールの牝馬という印象。

44 ヴィヤダーナの16 写真では目立たないです。

45 ラッドルチェンドの16 普通です。

46 プリモスターの16 悪くなさそうですし、個人的には祖母がチーターというのが、何とも泣かせるというか。動きに期待。レースを見ていた人でなければわかりませんが、祖母チーターの度肝を抜く最後の失速ぶりに何度泣かされたことか。

47 ビアンカシェボンの16 まとまっていますし、動画次第では。

48 レーヴドスカーの16 ちょっと華奢な感じがします。

49 プチノワールの16 見た目は良いですし、血統馬なので期待ですね。

50 グランプリエの16 見た目は悪くないですし、動きを見るのが楽しみです。

51 ツルマルワンピースの16 前面に出たヴィクトワール感がどうなのか。

52 ロザリンドの16 とんでもない大外れなのかと勝手に予想していましたが、どうやらそういうことはなさそう。血統馬ですし、動きを見るのが楽しみです。

53 グリューネワルトの16 普通です。

54 マハーバーラタの16 母父ディープでハービンジャー感が抑えられていて見た目は悪くないですが、走るかどうかは別問題ですね。

55 アーデルハイトの16 普通ですね。

56 ラフアップの16 動き次第では面白そうです。

57 トップライナーⅡの16 特に目立ちません。

58 ウインフロレゾンの16 エイシンフラッシュ産駒は良く見せるのが多いのですが、この馬も良く見えるほうだと思います。あとは動きかな。

59 アンナヴァンの16 父が前面に出ていますが、牡馬だし、むしろそれでいいのかも。

60 ラトーナの16 トーセンホマレボシ産駒だなという印象です。

61 クレヨンルージュの16 ワークフォース感満載です。

62 ドリームスケイプの16 子供っぽいですが成長すれば面白いのかも。

63 スカイクレイバーの16 馬体は悪くないです。母も高齢で今さら感はありますが。

64 カラヴィンカの16 うーん。

65 ラックビーアレディトゥナイトの16 普通ですね。


 例のやつは週末を目処に考えています。


| | Comments (0)

July 17, 2017

キャロット2017年度募集馬発表

 金曜に会員webでキャロットの今年の募集馬のラインナップが発表されました。

 一通り眺めてみて、やっぱり母優先馬が多くなったなあ~と思いますね。
 クラブの特徴とはいえ、ここまで多くなったかと感慨深くもあり、逆に母優先がないと多くには出資できないかもしれません。

 「気に入った馬に多く」出資できないのではなく、もう何でもいいので出資したくても、本当に余っている馬以外は出資できないかもしれないという危惧はありますね。

 昔だったら、一般抽選だっただろうなという馬が最優先で抽選に、昔だったらさすがに1.5次までは残っただろうなという馬が、1次で満口に。
 もう、毎年この繰り返しですから、慣れてきたというのもありますが、あらかじめ覚悟が必要でしょう。

 母優先馬で目立つのは、やっぱりシーザリオの16、ハープスターの16、ラドラーダの16、アヴェンチュラの16などなど。。やっぱり母優先のある馬でしょうね。

 カタログを見ないことには何が人気になるかはわからないですが、この辺りが人気にならないはずがないというところですね。

 ディープ牡馬は2頭で牝馬は5頭。小口クラブには、そうそうディープ牡馬は多くは振り分けられないということでしょうか。セールに出せば飛ぶように売れるわけですし。

 注目のロードカナロア産駒は牡馬4頭牝馬4頭と十分なラインナップ。

 新種牡馬のジャスタウェイ産駒も牡馬2頭、牝馬5頭の合計7頭と多いですね。
 この辺りの種牡馬から大当たりが出てくると面白くなってきます。


 しかし母優先権がある母馬の仔が出てきた場合に、優先権があるとは言っても、どんな種牡馬の仔かによって、その価値?は大きく異なります。

 私も、過去に持っていた牝馬の名前を見つけて、お!っと思ったのですが・・・ワークフォースかあ~って感じです。
 思わず、ワークフォースかあ~って言葉が出てしまいましたね(笑)。
 
 さすがにワークフォースまで人気ってことはないと思うんですが、母優先権をありがたく行使するかどうかは、良く考えたいと思います。

| | Comments (6)

July 12, 2017

ノルマンディーの4次募集馬で満口馬

 別にもう珍しいことでもなんでもなくなりましたが、ノルマンディーの4次募集で2頭満口馬が出現しました。

 募集No.38 タニノジャドールの15、募集No.39 リンダムーンの15、ともに2口以上の申込は1口に変更の上、さらにそれでも全員には行きわたらず、抽選になるという状況。

 この時期の募集でこれだけの人気になるっていうのもすごいことです。

 ノルマンディーも設立当初からは考えられないくらいの人気クラブになってきて、なかなか自由には出資選択できないクラブとなってきました。

 1口のみにでよいというのであれば、出資できる可能性も高く、良いのかもしれませんが、いざ、この馬で勝負!というような状況になったときに、結果として1口しか申し込めないとなると、ちょっと拍子抜けという感じになることもあるかも。

 ノルマンディーのように、リーズナブルな価格の馬が多いのであれば、なおのこと、一発大勝負をかけてみたいという気持ちになることもあるでしょう。
 実際に勝負をかけるかどうかは別にしても、可能性は残しておきたいというのもある。

 でも、それならば1/40の馬も用意されているので、最初からそっちを取りなさいってことになるでしょう。

 しかし、いきなり1/40っていうのも、なかなか勇気がいりますよね(笑)。
 なんちゅうか、もう少し刻めないものか・・・と。

 クラブによって特徴がありますし、これがノルマンディーの特徴なのだと納得するしかないですね。
 人気馬に出資したいのであれば1口で我慢するしかないですが、それでも外れるよりはマシかもしれません。

| | Comments (0)

July 11, 2017

おめでとう全馬満口

 「新規ご入会は入会時に一口以上の出資が必要となりますため、誠に申し訳ございませんが、受付を行うことができません。ご入会をご希望の方は、9月1日より開始いたします2017年度1歳募集にて、ご検討いただければ幸いです。」

 キャロットの2016年度募集馬が全馬満口となりました。

 会員になってからそれなりの年数が経ちましたが、何か感慨深いです。

 会員の立場からすると、おめでとうなのか、残念なのか、何とも難しいところかもしれませんが、ここは素直におめでとうでよいのかなと。
 人気クラブここに極まれりと言えるでしょう。

 冒頭のクラブからのお知らせにある通り、これで2017年度募集まで、入会ができなくなりました。

 以前にも言いましたが、キャロットにおいては、「新規会員」は「虫けら同然(注)」ですから、新規入会の人が、それなりに希望の馬に出資できる可能性があるのは、2017年度募集で入会しても、結局2018年度となってしまうかもしれません。
(注)あくまで1次募集で満口になる馬の出資者決定順位の上での話です。


 とんでもない人気クラブになったものです。
 10年前には考えられない未来でした。

 しかし、人気になるのは必ずしもいいことばかりではないなと思うこともあります。

 以前TV番組で、アンジャッシュの渡部(グルメなほうの人)が、お店を紹介して、並ばないと食べられませんと言ったんですね。
 そうしたら、他の出演者から、そんなに並ぶのか~っていうような文句が出たんですが、アンジャッシュの渡部は言いました。

 「いや、並べば食べられる店はまだいいんですって。予約でしか食べられない店なんて、いつ食べられるかわからないんですよ。最悪ですよ。」

 と言っていました。

 言われてみれば・・・確かにそうかも・・・。
 と思ってしまいました。

 今のキャロットは、食いたくても予約しなければ食えない店みたいなものですね。
 2年前から予約を入れて、2年後に食べられる「可能性」があるという状況。
 運が悪ければ、そこからまた1年、さらに1年と待たされることもある。
 そういう状況です。

 そう考えると、あまり人気の店にならないほうが良いのかもしれない。

 結構多くの人が経験あると思いますが、いつも昼飯食っている店が、ある日行ったら、突然行列ってことありません?
 理由はTVや雑誌で紹介されたから。

 前から食っている人はウンザリっていう状況ですよね。
 やっぱり人気になりすぎるのも、良し悪しかもしれません。

 そう考えると、色々と文句を言う人が多いシルクなんかは、むしろこのままでいてもらったほうがいいのかも。

 文句を言う人が辞めていって、新たな会員が入って、トントンのほうが実はいいのかもなあと思いました。

 ということで、私もシルクの悪口を喧伝したいと思います(笑)。
 入らないほうがいいですよ。


 それにしても、キャロットは×2の人はどれくらいいるんでしょうね。×3×4も結構いるかもしれない。

 ツアーとかで、

 魏延 「ここに×3、×4のものはおるか!」

 と叫んだら、

 馬岱 「ここにいるぞ」

 って。結構多くの人が馬岱風に叫ぶかもしれないですね。


| | Comments (2)

July 09, 2017

東サラ2017年度募集馬厩舎発表

 先日東サラの募集馬の厩舎が発表されました。

 関東馬は13頭の募集で、そのうち4頭が藤沢厩舎。
 全部Yオーナーの預託馬の仔ですね。
 東サラらしい予定調和と言えばそうかもしれませんが、関東でここ以上の厩舎と言ってもいいのは堀厩舎くらいでしょうから、素直にこのクラブの良いところと捉えた方がいいかなと思います。

 貴重な純粋なノーザン生産のノーザンからの馬であるメテオーリカの16はキムテツ厩舎。
 うーん。何となくですが、字面からはあまり期待できないような気がしてきました。

 関西ではYオーナーの預託馬の仔であるディープ産駒のナイトオブドバイの16が角居厩舎。
 これは期待したくなりますが、社台生産になるので、社台育成かどこかほかの育成かでしょう。
 なかなか悩ましいです。

 関西だと純粋なノーザン生産の注目馬はスタイルりスティックの16でしょうか。
 ジャスタウェイ産駒で須貝厩舎。これは人気になりそうですね。

 あとは、ヴェイルオブアヴァロンの16でしょうか。
 高齢の母の仔になりますが、角居厩舎に入るのであれば、やはり期待したくはなります。ヴィクトワールピサ産駒ですが、大きすぎなければ面白そうです。

 エポカプラヴァの16は、厩舎は平田厩舎なのでそんなに人気にはならないでしょうが、先日重賞勝ち馬が出たディープブリランテ産駒で純粋なノーザンF生産馬。やはりそこそこの人気は集めそうな気はします。値段が気になりますね。

 今年は社台・サンデーでも、意外とディープ牡馬が人気にならなかったのもあり、そのあたりの値付けが気になるところです。
 ディープが高すぎるということになれば、その他の種牡馬の産駒に人気が集まるでしょう。

 あとは、このクラブでも当然にノーザン育成馬が人気になるでしょうね。
 ただし、実はこのクラブで突き抜ける活躍をしているのは、レッドディザイア、レッドリヴェール、レッドファルクスと、すべて社台生産・社台育成の馬。
 この現実をどう受け止めるかで、方針も変わりそうです。


| | Comments (2)

July 02, 2017

ロードカナロア産駒

 ロードカナロア産駒が、2歳戦で目立っています。

 以前、ロードカナロア産駒に期待しているようなことを書きましたが、期待以上です。

 キンカメにさらに仕上がりの早さが加わっている感じで、スピードがありますね。
 当たり種牡馬の予感がします。

 ここから先は、どれだけ大物が出るかという興味に移っていきますが、多分それなりに大物が出ると思っています。

 そう考えると俄然注目が集まるのがロードカナロア産駒の募集馬。
 次に募集が行われる東サラとシルクでは、それぞれ5頭、6頭と募集馬がいます。

 東サラはまだ募集価格が出ていませんが、シルクはすでに価格も出ていて、最高で4,500万とそこそこ手が出やすい値段ですし、人気になりそうですね。

 

| | Comments (8)

« June 2017 | Main | August 2017 »