« July 2017 | Main

August 2017

August 18, 2017

秩序あるクラブ

 ごく一部のタクティクスオウガのファン以外からしたら意味不明なこのタクティクスオウガシリーズ。

 引っ張ります。
 なぜなら、私がタクティクスオウガが好きだから(笑)。
 ただそれだけです。


 先日キャロットの募集価格が発表されました。

 すでに記事にしましたが、驚きはやっぱり1億4千万円の2頭でしょう。

 それでいいんじゃないですかね。とか、適当ぬかしてましたが、内心は、冷静ではなかったです。

 「それってアリだったんだ」

 というのうが、最初の正直な感想です。

 今まで、どんなに人気爆発が予想される募集馬でも、頑なとも言えるほど、市場価格が遵守されていました。

 具体的には、種牡馬価格(種付料)と繁殖の価格(血統・繁殖実績)の枠を超えるような価格設定はなかった。

 ところが、今年1億4千万円の値付けとなった2頭は、確かに繁殖実績、血統ともに素晴らしいですが、まだ結果の出ていない種牡馬の仔です。
 2歳戦で結果が出ていなくもないですが、あくまで2歳戦。今後どうなるかなんてまだハッキリとはわかりません。

 ディープの仔じゃないですからね。あくまでロードカナロアの仔ですから。
 「クラブ馬としての」市場価格を逸脱した価格設定だったと思います。

 言うまでもないことですが、なんとなくとか、勘違いでこの価格設定がなされたわけではなく、意図があってこの価格になっているわけです。

 その意図は、間違いなくコレ。
 確実に人気になるのが分かっているから、過度な人気集中を避け、同時に×取りを封じる。

 これでしょう。

 そうは言っても、どうせ人気にはなるわけですが、人それぞれ予算というものがある。
 募集価格が高くなったからといって、予算の枠が増えるわけではない。
 結果として、4口行こうと思っていた人は2口に。2口と思っていた人は1口に。元々1口のみと思っていた人は、そのまま強行するか諦めるか。という選択を迫られることになります。

 いずれにしても、過度な人気集中は避けられるでしょう。

 ×取りに関しては、そんなに影響はないかなと思います。
 結局、その分ある程度手ごろな価格の馬に人気が集中し、そちらに今度は×取りの票が集中するでしょう。
 募集馬は80頭以上いるわけですからね。


 思い出すのが、暗黒騎士ランスロットの台詞。

 昨日の暗黒騎士ランスロットの台詞には、まだ続きがあります。


暗黒騎士ランスロット
「人は生まれながらにして深い業を背負った生き物だ。幸せという快楽の為に他人を平気で犠牲にする・・・。より強い馬を望み、そのためなら他人を虐げることだっていとわない。しかし、そうした者でも反省をすることはできる。彼らは思う・・・、これは自分のせいじゃない。クラブのせいだ、と。」

「ならば、我々が乱れたクラブを正そうではないか。秩序あるクラブにしてやろう。文句を言うことしかできぬ愚クラブ会員には、ふさわしい馬を与えてやろう。すべては我々が管理するのだ!」


 私も、さんざん文句言ってきました。

 人気馬に出資できない。
 口数制限はどうなんだ。
 結局×があっても出資できないじゃないか。


 それに対するクラブの答えが1億4千万円なんだなと理解しました。

 文句を言うことしかできぬ愚クラブ会員である私は、管理されているんだなと、今さらながらに思うのでした。

 1億4千万円が高いと思う会員は、別の「ふさわしい馬」を買えということなのでしょう。
 これが、新たなクラブの秩序。
 秩序あるクラブへの道筋なんでしょう。

 この流れは、来年以降、他のノーザン系クラブに波及すると思います。
 サンデーRは社台RHとの共同募集という性格もあるので、どうなるかわかりませんが、次のターゲットは間違いなくシルクでしょう。


※この作品はフィクションであり、実在の人物・団体等は一切関係ありません。

| | Comments (2)

August 17, 2017

一口解放戦線

 覚えているでしょうか、一口解放戦線のことを・・・。
 覚えているでしょうか、風のシスティーナのことを・・・。

 って、覚えていないですよね(笑)。ごく一部のタクティクス・オウガファンを除いては。

一口解放戦線とは?

 
 風のシスティーナは、「平等」と「真の平和」のために戦っているのです。

 システィーナは最後にこう言いました。

「わかりました。でも私はあきらめない。必ず平等なクラブを築いてみせるわ。いつか、あなたたちも気づくはず。
争いのない真の平和を望むなら、個人の欲望は棄てなければならないことに。」


 もちろん、そんなクラブは存在しえないという皮肉を込めて、システィーナの言葉を借りたわけですが、今日、よくよく考えたら、すでにシスティーナの望む「真の平和」を」実現しているクラブがあることに気が付きました。

 それは、ちょうど昨日話題にした、DMMバヌーシーです。


 まず、争いのない「真の平和」を望むのであれば、「個人の欲望」は棄てなければならないとシスティーナは言いました。

 DMMバヌーシーは事業統括自らが、「この商品は元本を下回る可能性が極めて高い商品です。」と明言している。まさに、「個人の欲望」を棄てた人に向けたものなのです。

 そして「平等」について。
 口取りや牧場見学については必ずしも平等ではないようですが、少なくとも出資については平等。
 抽選もなければ×制度もない。もちろん実績制もない。
 だれでも出資できる。
 それも、誰もが欲しいと思う目がくらむような良血馬に。

 さらに「真の平和」がある。
 「感動の共有体験」をするためのクラブですから、最初に事業統括が言うように、「元本」とか「回収率」とか、そんな「真の平和」を乱すような者は最初からお呼びでないのです。
 あくまで、感動を皆で共有するのです。感動に向かって皆が一つになる。それが真の平和というものです。

 争いなど起きようもないです。
 誰もが自由に自由な口数出資でき、少なくとも出資に関しては完全な平等であり、誰かが差別されることもない。
 皆、「元本」とか「回収率」とかは気にせず「感動の共有体験」を求めているのです。


 おめでとうシスティーナ。
 一口解放戦線の勝利だ!

 お・わ・り・・・


 かと思いきや、なぜでしょう。
 真の平和が実現された理想のクラブのはずのDMMバヌーシーに、新規会員が殺到するかと思いきや、今のところそうなってはいません。

 争いがなく、平等で、真の平和があるクラブなのに、思ったほど人気が出ない。
 そんなはずはない。
 なぜなら皆、平等で真の平和があるクラブを求めていたはず。。。
 なぜだ・・・。


 答えは、システィーナがいれば、ヴァイスもいるということです。

「ばかなことを。俺たちが一緒に戦えるわけないだろう。こいつが言った『真の平和』ってのは『俺たち』が会員らしく生きていける世界ってことだ。おまえたちなんかと一緒に暮らす平等な世界なんて望んじゃいねぇッ!そんなモン、クソ食らえだ。」

 自分さえよければいい。

 いや、それはさすがに言い過ぎかもしれない。

 しかし、まず「自分」、「俺たち」が最初で、その後でみんなってことなんでしょう。

 「平等」と言いながら、馬の世界ではその実、平等を望んでいない人が多い。
 なぜなら、真に平等だったら、最初からゲーム性が失われてしまうという部分もあるでしょう。
 感動の共有体験だけでは飽き足らず、そこに「ゲーム性」があってこそ、夢中になれるものなんでしょうね。


 暗黒騎士ランスロットが言うように、幸せという快楽の為に他人を平気で犠牲にするのが人間なのかもしれません。
 だって、どんな方法にせよ、400口のクラブで401口以上の応募があったら、誰かは必ず犠牲になるわけです。
 全員が幸せになることはない。

 あれ、暗黒騎士ランスロットのことも忘れてしまわれましたか?
 困りましたね。

暗黒騎士ランスロットとは?

 暗黒騎士ランスロット
「人は生まれながらにして深い業を背負った生き物だ。幸せという快楽の為に他人を平気で犠牲にする・・・。より強い馬を望み、そのためなら他人を虐げることだっていとわない。しかし、そうした者でも反省をすることはできる。彼らは思う・・・、これは自分のせいじゃない。クラブのせいだ、と。」


 一口解放戦線の挑戦はまだ始まったばかり。
 システィーナが正しいのか、ヴァイスが正しいのか。それとも暗黒騎士ランスロットが正しいのか。
 全員正しくないのか。

 どの立場に立つのかも、人それぞれということでしょう。


※この作品はフィクションであり、実在の人物・団体等は一切関係ありません。


タクティクスオウガ
New 3DSでダウンロードできます。823円(税込)です。名作です。


| | Comments (0)

August 16, 2017

ばぬーしー

 なんというか、かなり出遅れた感はありますが、知らない間に、一口的な極めて怪しいファンドが開設され、募集が開始されていました。

 ご存知DMMバヌーシーってやつですね。

 遅ればせながら当該ファンドのwebを見ました。

 まず、薄汚いなあと思ったのは、他の広告的なバナーからたどると、トップ画面には、「募集馬情報」が出てこないこと。

 まず、何としてでも「無料で口座を開設」をクリックさせたいという画面構成。

 これじゃあ、自ら「詐欺っぽいことやってます」って言っているようなものだと思いますが。。

 「本当の」トップ画面にたどりつくと、そこには募集馬の情報へのリンクがあります。

 それをクリックすると、ご丁寧に、残口数も1口単位で書いてあるんですね。
 そこは潔いと思います。


 見ればわかりますが、まあ、売れてないんでしょうね。
 このままだと、どの馬も2割売れれば御の字ってとこでしょう。

 愛馬とか馬のためとか夢とか希望とか。
 耳触りの良い言葉を使ってみても、やっぱり皆、最初から損をすることがわかっているものには手を出さないですよね。

 会社側は、夢を、希望をと唱えても、出資する側は大事なお金を使うわけですから、相手側が考える以上に冷静でしょう。

 売る側と買う側の思惑がある程度は一致していないと、色々と難しいんじゃないかなあと思いました。

曹操 「口に大義をとなえても心に一致するものがなければ同志も同志ではない」
(横山光輝・三国志)

という言葉が思い浮かびました。

 バヌーシーに関しては、社長が、「来年はもっと安くできる」とかtwitterで言っちゃっているみたいですし、その辺もどうなのかなあ~と思います。

 安くできる・・・ってそれを企業努力と捉える人はほとんどいないでしょう。
 逆に、じゃあ今の値段が詐欺なんだなと勘ぐられてしまうのではないかなと思いました。
 ますます今年買う人はいなくなってしまうのでは。

 まあデビューするのはまだ先の馬も多いですし、初年度の2歳馬の活躍次第では、大人気一口的クラブになる可能性もありますから、とりあえずは外から半笑いで眺めていたいところです。


 真面目な話をすると、馬は客寄せパンダで、本当の目的は証券会社の口座を開設させることなんでしょう。
 銀行とかと同じで、一度作った証券会社の口座を意味もなく変える人ってほとんどいないと思います。
 若者を自分の口座に引っ張ってきて、長い付き合いをするには、堅苦しい証券会社じゃあ困りますものね。

 若者もいずれはおっさん、おばさん、になるわけです。その時、その人が金持ちになってからDMM証券ですとか言って売り込んでも歯牙にもかけられないでしょう。

 しかし、若いころからの付き合いとなれば話は別。
 様々な金融商品を人生を通じて買ってくれる「かもしれない」わけですから、先行投資というか、囲い込みの一種なんでしょうね。


| | Comments (0)

August 15, 2017

空前絶後のキャロット募集

 キャロットの募集馬の価格と東西の振り分けがクラブのWebを通じて発表されました。

 最高価格はラドラーダの16(ロードカナロア)とシーザリオの16(ロードカナロア)の2頭。
 なんと1億4,000万円というキャロット史上最高価格となりました。

 先日、今年も何個の「史上最高、史上初」が起きるのか、なんて書いていましたが、もう早速、まだ募集が始まる前の段階で判明するという。。これが現実か。。

 なんか、この価格を見た瞬間、頭の中で、

「空前絶後の~」

っていう、サンシャイン池崎の声が聞こえてきたような気がしました(笑)。

 別に、サンシャイン池崎が特に好きというわけでもなく、池添騎手に顔が似てるな、くらいにしか普段は思わないのですが、何か値段を見た瞬間に、自分もサンシャイン池崎のように叫びたくなりましたね。

 いやいや、そうきたか、という感想です。

 でも、それでいいんじゃないですかね。
 売れるとわかっている産駒、血統なんですから、この値段でも即満口ですよ。今のノーザンの勢いなら。

 さすがにこの値段なら、×2抽選はないと思いたいけど、昨年は1億2千万の馬で×2抽選でしたからねえ。。
 油断とか、思い込みはイカンですよね。

 これから、じっくりと、他の馬のことも考えたいと思います。

 とりあえず、今は、空前絶後の~~と叫んでおきたいと思います。


| | Comments (2)

ふっかつのじゅもん

 ドラクエの新作はやってません。

 ドラクエは好きですが、もうなんせ時間がなくて、新作ゲームをじっくりやるのは難しい。
 いつになるかはわかりませんが、働かないでゲームだけしていいということになったら、まだやっていないゲームをまとめてやりたいと思っています。

 ドラクエは6まではクリアしています。
 7は途中で飽きて止めてしまいました。

 思い出深いのは、やはり初期の頃の1~5です。

 この中でファミコンで発売されたのは、1~4の4作。

 1~4は、1,2と3,4でゲームの快適性?が大きく異なります。

 ドラクエ3以降は、ファミコンのカートリッジにバッテリーバックアップ機能が内蔵されています。
 ドラクエ1,2は、バックアップ機能がないので、「ふっかつのじゅもん」がありました。

 コンティニューというか、ゲームを再開するときに、「ふっかつのじゅもん」を入れると、最後に、「ふっかつのじゅもん」を聞いた状態で再開できるというシステムでした。

 ドラクエ1はまだ良かったのですが、2になったら、その「ふっかつのじゅもん」が長くて。。

 あるある、というか、語り草ですが、とにかくその「ふっかつのじゅもん」を書きとめるときに、写し間違えてしまうことが多かった。。

 全部ひらがななんですが、特に、「め」と「ぬ」とか、「ね」と「わ」とかの間違いが多かったです。
 この間違い方も個人差があるようで、「ぶ」と「ぷ」とか、「ば」と「ぼ」とかを間違うことが多かったという人もいますし、これらすべてにおいて間違えたという人もいるかもしれません。

 今思うと、とんでもない作業だったなと思います。

 でも、当時ゲームやっているときは、その「ふっかつのじゅもん」に特に疑問はありませんでした。

 ゲームってそういうもんだと思っていたし、とにかく面倒でもなんでもドラクエやりたいわけですから、文句なんてないです。

 むしろ、ドラクエ3が発売されて最初に電源切るときに、「これ本当に大丈夫なのかな?ちゃんとセーブされているのかな?」と心配になったくらいです。
 「ふっかつのじゅもん」に慣れていたから、むしろ新技術のバッテリーバックアップ機能のほうに疑問があるというか、すぐにはしっくりこなかった思い出があります。

 リアルタイムでファミコン版のドラクエ1,2をやっていた人ならば、「ふっかつのじゅもん」を普通に受け入れるでしょう。

 しかし、逆にドラクエ3以降から始めた人にとっては、後でドラクエ2をやってみようとしたら、「ふっかつのじゅもん」が出てきて、「なんだこりゃあ!」となるでしょう。

 やる気が大きく失われるでしょう。
 ドラクエ3だったら、冒険の書を記録しますか?→はい。で済んでいたことが、「ばべぼかにみそ むめらぽめよ・・・」とか意味不明なひらがなを書きとめなければならないんですからね(笑)。
 
 上を見てしまったら、下には戻れないというのはあるでしょう。


 一口では、ほんの10年位前までは、G1を勝つなんて40口のクラブでしかほとんどあり得ず、重賞すら400口のクラブでは珍しい事象という印象でした。

 私もG1どころか、重賞すら自分とは半永久的に無関係な話と思っていました。
 もちろん、希望はあるものの、周りを見渡しても、そうそう実現する希望ではないというのは認識できました。

 最近は400口のクラブ、特にキャロットの馬が上級条件で活躍する姿がすさまじく目立っていて、この状況から一口に参加したら、誰でも楽に、普通に重賞やG1を勝ててしまうと思ってしまうでしょう。

 現実にはそんなに簡単ではありません。
 何せキャロットは希望馬にはなかなか出資できない「予約がないと食べられない店」です。
 しかも予約して順番が回ってくるのをひたすら待っても、結果がでないこともあります。

 すべての馬が重賞・G1で活躍できないと、何か損した気分になってしまうというのもあるのかもしれません。

 私は「ふっかつのじゅもん」の頃を知っていますので、むしろ今が異常というか、信じられないくらいです。
 別に走らない馬を引いたとしても何の文句もありませんが、人それぞれ色々な感情があるなとは思います。

| | Comments (0)

August 14, 2017

それができたら苦労はない

 社台・サンデー・G1は6月の募集で既に過去の話。
 最近は東サラとシルクの募集があって、1次募集が終わった後も何かと話題の多いのはシルクですが、それもあと2週間。
 月末にはキャロットの募集が始まります。
 その頃には巷はキャロットの募集の話で埋め尽くされ、シルクのことを語る人もいなくなるでしょう。

 何せ、社台、サンデー、G1、東サラ、シルク、ときて、もう社台系の、特にノーザンの馬を手にするチャンスはここが最後になりますから、皆当然に必死です。

 シルクでは不本意な結果になったから、ぜひともキャロットでは!となると思います。

 昨年まではシルクとキャロットの順番が逆でしたから、キャロットでだめで仕方なくシルクという流れもあったのかもしれません。

 今年はキャロットが締めのクラブになる人も多いかもしれません。
 それだけに気合が入るでしょうが、自分だけでなく、皆気合が入っているわけです。

 皆の気合が集まった結果・・・元気玉が大爆発。。というか、人気馬は大爆発になるわけです。
 最優先当たり前。×1上等。×2ですら安全とは言えない昨年の1次募集の結果でした。

 ×2持ちの数が減っているのか増えているのかもわかりませんし、どの馬に×1、×2の票が集まるのかもわかりません。
 とにかく言えることは、それなりの数の人気馬が今年も必ず出て、それらはすべて×アリでなければ確実には出資できないだろうということです。

 それが1頭なのか、2頭なのか、5頭なのか、10頭を超えるようなことになるのか。
 昨今のキャロットの人気ぶりからは、正確に予想することは難しい状況です。

 毎年、まさかそこまでは・・・というレベルを超える人気になるのがキャロットの1次募集。

 ×2どころか、制度はないですが、実質的には×3、×4まで存在している今の状況は、本当に、

「予約しないと食べられない有名店」

そのものです。

 2年待ったら食べられるとは限らず、3年、4年待ちになることもある。
 それでも、そこまで待ってでも食べたいと思う。

 いや、そこまで待ったからこそ、もう極上の一品を食べないわけにはいかない。
 そういう思考もあるかもしれません。

 予約前提の店ですから、一見さんお断り。
 新規は、予約のメニューは食べられません。
 人気ではない通常メニューから選んで、とにかく会員になるしかない。

 そうして初めて、翌年キャロットの特別料理を食べられる「可能性」が得られるにすぎません。
 最高に人気の料理は、そこからさらに2年待たなければなりません。
 しかも、2年待ったところで、食べられるかどうかわからない。
 運が悪ければ3年待ち、4年待ちもある。

 うーん、ここまで書いていくと、いったいどれほど高級な料理なんだってことですよね(笑)。

 でも、別に誇張しているわけではなく、上記のことが毎年起きているのがキャロットです。

 私は高級料理を予約して3年経ちます。
 今年こそはと思いつつも、もうそこまで頑張る必要あるか?という自問自答もあります。

 超高級料理の数種類さえ避ければ、少なくとも×1があれば、ほぼ間違いなく食べられるはず。
 でも、それができたら苦労はないという話です。

 最悪なのは、超高級料理を食べたられたはいいけど、結果最終的には腹をこわすような結果になることかもしれません。。

 キャロットでは一度流れにからズレてしまうと、本当にドツボな流れになることもあるので、どこまで突っ張るのかも重要です。

 あくまでも四暗刻を目指してロン上がりは避けるのか、それとも対々和三暗刻で良しとするのか。
 自分の中で納得のいくように、また悔いのないように立ち回りたいですね。


| | Comments (2)

August 12, 2017

いよいよ次は

 シルク、東サラの募集が終わって、いよいよ次はキャロットの募集の番。

 一口ブームと言うよりは、ノーザンブームの今日この頃。
 シルクも当然のように昨年以上の満口馬が発生してていますが、キャロットは一体どうなることか。

 何せキャロットは全馬満口という快挙を成し遂げた恐ろしいクラブ。
 今年は1次募集で一体何頭満口になるのか。。

 バツ持ちの人は、強気に攻めるのか、それとも守備的に確実にいくのか。どのような作戦を取るのかで、その後の運命が大きく変わるかもしれません。

 「気合いため」の後に会心の一撃が出るのか。

 それとも、「ミス! ダメージを与えられない!」
となるのか。

 まさかの、「スライムの16は すばやく みをかわした!」
となるのか。

 今年も厳しい残暑がやってきそうです。


| | Comments (2)

« July 2017 | Main