« September 2017 | Main | November 2017 »

October 2017

October 29, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/10/29(日)

 すごい雨です。
 なんか最近そればっかりのような気がしますが、とにかく東京は雨。
 これはやっぱり馬場は今日もとんでもないことになるんじゃないでしょうか。

 馬券は買わないほうがいいかもなと思いつつも、瞬発力が削がれる分、むしろスピード指数どおりに来るんじゃないかとか、都合のいいことを考えたりしつつ、今日も競馬を迎えます。


 まずは京都1Rです。
 4番メイショウオーパスが人気ですが前走指数56で、ここでは抜けた存在。だいたい大丈夫でしょう。

京都1R

馬単 4 → 1,2
3連単フォーメーション
4 → 1,2 → 1,2


 芝のレースは馬場が不安ですが、京都3R。
 3番のバトルカグラシアが前走のレベルの高かった未勝利戦で指数54を出していますので、ここでも中心。

京都3R

馬連 3 - 1,4,10
ワイド 3 - 1,4,10
馬単 3 → 1,4,10
3連単フォーメーション
3 → 1,4,10 → 1,4,10


 幸運を祈ります。

| | Comments (2)

October 28, 2017

大手が良いとも限らないか

 大した話じゃないんですけどね。
 改めて思ったことがありました。

 今日、家族の付き合いで、バッグを売りに行ったんです。

 男性にとっては意味不明だと思いますが、バーキンっていうエルメスのバッグがあって、それが買うと社台・サンデーの馬の一口分くらいの値段がするんです。
 ただの皮のバッグですけどね。皮の鎧ですらありませんけど、人気なんですね。

 新品では直営店でも基本的に買えないんです。
 長くなるのでその辺の説明は省きますが、まあ、そういうバッグなんです。
 なので、中古品でも結構な値が付きます。

 せっかく買ったのに、何だか知らないけどもういらないんだって。
 とにかく何だかわからないけど、いらないから売るってことです。
 そんで、その、あるでしょ、大黒屋とか、そういうところに売りに行くことになりました。

 なるべく高く売りたいので、昨日の夜遅くまで色々調べました。
 今は何でもインターネットを通じて調べられる時代ですから、付け焼刃ですが、バーキンに詳しくなりました。
 自分としてもまったくの無駄な知識ですが、仕方ありません。

 実は過去にも何度かバーキンではありませんが、エルメスだなんだを売りに行ったことはあって、自分としてはいいなと思っている買取屋があります。

 最初にそこに行きました。
 高額な品なので、それなりにいろいろと細かく調べられて、傷がどうこうとかいろいろ指摘事項もあり、値段が出ました。

 こちらとしては、若干ではありますが、希望額に足りなかったので、結局そこでは折り合いませんでした。
 でも、本当に親切に色々調べてくれて、お礼を述べて帰りました。
 気が変わったらまた来てくださいねということで、一応こちらとしても保留という感じですかね。

 しかし、そのお店はものすごく狭くて、ハッキリ言って、独房?以下かなと思えるようなとこでした。
 買取しかやっていないところなので、なるべく経費をかけないようにしているんでしょうね。
 正直、お店の人が気の毒になりました。

 次に、一応、ダメもとで、大手の買取屋に行きました。
 そこは都心の中心地に大きな店を構えているようなところ。
 まあ、有名な買取屋ですね。

 大手だけあって、売却に訪れる人も多く、待合室もきれいで広い。
 ドリンクコーナーなんかもあったりして至れり尽くせり。

 しかし、査定してもらったところ、先ほどの独房の店よりも2割も安く提示されました。

 ええー!っと内心思いましたが、そんなことを言っても仕方ないので、おとなしく売らずに帰ってきました。

 結局、最初に行ったところが親切で良心的だったし、買取価格も高かった。
 正直、ここまで差があるとは思わなかったです。

 でも、後から考えると、受付も立派で、待合室も広く、ドリンクコーナーもあるお店は、それだけ金がかかってるってことですよね。
 その金はどこから来るのかと言ったら、売買の差額、要するにマージンです。
 その2割のマージンの差が、この環境に影響しているのだということです。

 こちらとしては、従業員の方には申し訳ないけれど、独房であっても買取価格が高いほうがいいです。
 多分、もう大手の買取屋には二度と行かないと思います。
 やっぱり以前から知っている、ちっぽけではあるものの独房で頑張っているほうに売るのが吉です。


 競馬の話になりますが、厩舎の預託料は、中央競馬の場合、今回のように2割とか差がつくことはないですよね。

 でも、外厩や牧場の預託費は、外厩や牧場によって、2割以上差がつくところも普通にあります。

 それはやっぱり施設の差であったり、人件費の差なんでしょうね。

 そりゃあ出資する側としては、安いほうがいいに決まっているんですが、やっぱり良い施設で、より良いヒトに携わってもらいたいとも思います。
 それが親心ってもんでしょうか。

 その辺はどっちがいいのか、単純にカネで割り切れない部分もありますよね。

 なお、後日談ではありますが、今日の朝から、私が見るwebサイトの広告は、「バーキン高価買取!」っていうので埋め尽くされております(笑)。


| | Comments (0)

スピード指数的今日のねらい目2017/10/28(土)

 今週もまた天気がどうなるのかわからない状況です。

 こればっかりは予想がつきませんので、割り切っていくしかないですね。

 今日はまず、京都3Rから。

 前走2着の9番リシュブールは負けてなお強しの内容でした。前走指数が57で上がり指数が10と、未勝利では負けようがない指数です。
 ただ、当然のことながら人気は一本被りですので、相手をレースぶりに進境のある8番ウインイノベーターに絞ります。

京都3R

馬連 8 - 9
ワイド 8 - 9
3連複2頭軸 8,9 - 2,5,6
3連単フォーメーション
9 → 8 → 2,5,6


 それから京都9Rの萩Sです。

 こちらは穴っぽいところで2番シースプラッシュがいいかなと思っています。
 前走4着とはいえ着差は僅差でしたし、指数も66と今のオープンなら通用する値。
 相手も強い未勝利戦を買った3番リュクスポケットで。

京都9R

馬連 2 - 3
ワイド 2 - 3


 幸運を祈ります。

| | Comments (0)

October 27, 2017

若貴

 かつて大相撲には若貴時代がありました。

 毎場所初日から満員御礼の垂れ幕が下がり、若貴フィーバーの相撲人気がありました。

 若貴はどちらも藤島部屋。
 同部屋ですから、大相撲の本場所本割で対戦することはありませんでした。

 その当時は、若貴が強かったのもあり、同部屋対決がないのはおかしいという声もよく聞かれました。

 今にして思えば、その後の無気力相撲からの八百長問題への流れを考えると、やっぱり同部屋対決というのはありえない(行えない)ものなのだなと感じました。


 競馬では、今はノーザンF生産馬が圧倒的な強さを誇っています。
 強いといわれのない批判を受けます。

 相撲におけるモンゴル人力士と同じです。

 当初は凄い凄いと持ち上げておきながら、強すぎるとなると、やれ心技体やら神事やら大して相撲のことを知りもしない人間まで適当な言葉を持ち出して強いものを非難する。
 挙句の果てには日本人力士が行ったことなら感動で、モンゴル人力士が行ったことならば卑怯とか言う始末。

 ノーザンも強すぎると言われます。
 また、いわゆる「同部屋」対決がないとは言いませんが実際少なくなるのは事実。

 基本的にはノーザンの期待馬同士は新馬や未勝利でかち合わないことが多いでしょう。
 いわゆる使い分けってうやつですね。
 クラシックロードに向かうトライアルでも同様なことはあります。
 あっちが朝日ならこっちはホープフルとか、今後も色々あるんじゃないかなと思います。

 ノーザン以外は、「強い」ノーザン馬と新馬や未勝利から戦わなければならない。
 一方で、ノーザンに所属していれば、最初から強い者同士で戦うことは避けられるという利点があるかもしれない。

 そうは言っても、最終的な目標であるG1ではノーザン同士で戦うことになるんだから、それはそれでいいのかもしれません。
 相撲だって、本割で対決しないだけで、優勝決定戦では対決することになります。

 そもそもG1目指すような馬だったら、最初っからノーザンだなんだっていって避けて通っていって良い結果になることもないでしょう。そんなのは最終的にはその程度ってことなんでしょう。


 でも現実問題としては、「そこそこ」の馬が多いわけでして、出資馬がそこそこならば、なおさら強い馬とは当たりたくないと思うのも人情。
 誇りはないのかと言われても、実際出資金や維持費を無視して夢ばっかりおっているわけにもいきませんから、稼げるところで稼ぎたいです。

 そう考えると、ノーザン生産馬は芝の中距離では特に強いですから、ノーザン以外ではそれ以外の区分が得意そうな馬がいいかもしれない。

 ダートは全般的にいいですよねえ。血統を無視して走る馬が出てくることもあるので、今はむしろこっちのほうが夢があるかも。

 芝でオグリキャップが出ることはもうないでしょうが、ダートでのオグリキャップならば、ひょっとするとあるかもしれない。

 芝の短距離もいいですよね。
 スプリンターズS連覇のレッドファルクスとか、夢があります。

 クラブごとに、所属馬が目指すものは色々と違うでしょう。

 クラシックだけが競馬じゃないですし、広い目で競馬を見たほうが、チャンスはあるのかもしれないなと思います。


| | Comments (0)

October 22, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/10/22(日)

 今日は東京も京都も不良ということで、買わないほうがいいんじゃないかという気もしますが、そんな中でもなんとか良いレースがないものかと探しました。

 今日は京都8Rのなでしこ賞です。

 ハヤブサマカオーが前走ぶっちぎって勝ってルメール騎乗。当然のごとく人気していますが、指数的には52と、単に前走は相手が弱かっただけの可能性もある。今回距離が短くなるのもどうなのか。
 それならば、11番のユニオンローズでしょう。前走は未勝利で7馬身差で勝ち、同じ日の2歳500万下の勝ち馬と0.1秒差で指数は64でした。ここも連勝して良い器です。
 馬場云々は考えてもわからないので、考えないことにします。


京都8R

単勝 11番
馬連 11 - 2,7,9
ワイド 11 - 2,7,9
3連複1頭軸 11 - 2,5,6,7,9
3連単フォーメーション
11 → 2,7,9 → 2,5,6,7,9


 幸運を祈ります。

| | Comments (0)

October 21, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/10/21(土)

 堅いところしか当たらない感じですが、今日も道悪競馬。
 穴狙いに徹するというのも一興かも。

 とはいえ、今日は2歳戦であまりいいレースがなくて、1レースのみ。

 東京3Rが一番おもしろそうかなと。
 強そうな馬が多い未勝利戦ですが、減量が乗る10番エスターテ中心で。
 前走指数が51ですが、今回も3kg減で、道悪を軽量でこなせれば楽しみ。
 他には人気どころの12番、5番あたりが強そうですが、やや手広くいきます。

東京3R

単勝 10
馬単 10 → 2,3,4,5,12
3連複1頭軸 10 - 2,3,4,5,12
3連単フォーメーション
10 → 2,3,4,5,12 → 2,3,4,5,12


 幸運を祈ります。

| | Comments (0)

October 18, 2017

不満はあっても

 ノルマンディーの先行募集が締め切りになり、結果いきなり9頭満口に。

 そのうち7頭が抽選で2頭が口数調整の上全員当選で満口。

 ノルマンディーもいよいよ希望通りには行かなくなってきた感じでしょうか。

 それにしても、今年のノルマンディーの2歳馬は目立っていません。
 というか、デビューに至っていない馬も多いですし、デビューした馬もまだ結果が出ていません。

 不満のある人もいるかもしれないですが、結果はいきなり9頭満口。

 思ったほど不満はないということなんでしょう。

 政治の話はあまりしなくはないですが、どこかの政党が、かけそば・もりそば、の問題で盛り上がって、不満に思う人は多くとも、結局は多くの人が信任してしまうというのと似ているのかも。

 ブログとかでは異常に盛り上がっても、結局ほとんどの人は冷静なんだなと強く感じます。

 かといって、成績が悪いままで良いはずはなく、もちろん誰しも成績向上を願っています。
 満口になったからといって信任されたわけではないので、最終的には結果が出てほしいなと思います。

 別にノルマンディーの肩持つわけでもないですが、実際のところ今の時点で2歳馬で勝ち上がっているのなんて、ほとんど社台系、特にノーザン系ですよね。
 他では毎年2歳で稼ぐラフィアンが存在感を見せているくらいで、あとはほとんど似たり寄ったりでしょう。
 これが普通なのかなという気もします。

 セールに出すな。いい馬はクラブに出せ、と言ったところで、明らかにクラブでの「一般的な」募集価格よりも高額で買う人がいたら普通はそっちに売りますよね。
 ノーザンは他とは比較にならないほど馬の数が多いし、色々な意図もあってクラブにもそれなりに活躍馬が回ってきているだけでしょう。そもそもノーザンと比較したらいけないのかなと思います。

 細かく考えていけば、色々な不満が浮き上がってきてしまいます。
 心の平静を保つには、必要以上の期待を持ち過ぎないというのも重要なのかもしれませんね。

| | Comments (0)

October 15, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/10/15(日)

 うーん、昨日は東京9Rのプラタナス賞で3連単を取れなかったのが運の尽きでした。
 2着馬をバッチリ当ててるんだから、もっと手広く流しておけよって話ですが、なかなか難しい。
 我慢と辛抱でなんとか調子が上げたいです。


 今日はまず京都3Rです。
 昨日3着馬がまた3着と負けてしまいましたが、6番メガリージョンの前走はレベルが高いレースだったのは間違いないはず。前走指数が65ですから、指数通りならば即重賞で通用してしまうほど。
 人気で配当は低いですが、迷わず単勝で。

京都3R

単勝 6


 あとは京都9Rです。
 こちらは前走指数59だった人気の5番ダノンスマッシュで間違いないはず。2着のラブカンプーも昨日楽勝しましたし、ダノンスマッシュは前走も楽勝でした。8頭立てですが、相手はやや広めに。

単勝 5
3連単フォーメーション
5 → 1,2,3,7 → 1,2,3,7


 幸運を祈ります。


| | Comments (2)

October 14, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/10/14(土)

 東京は今日も雨ですね。

 これは今日も競馬は難しくなりそうな予感。
 馬場がどうあろうと、私は指数に頼るだけです。


 まずは東京3R。シルクの馬が被った人気ですが、この馬場ですし他に指数が高い馬もいます。その指数の高い馬が10番アイスフィヨルド。前走指数は57でした。
 今回減量が乗りますし、午前中は雨の影響が大きく残りそうですし、もし前回のようにスイスイ行けたら逆点もあるかも。

東京3R

単勝 10
3連単フォーメーション
10 → 4 → 1,5


 東京9Rプラタナス賞は、頭は6番ルヴァンスレーヴで大丈夫でしょう。初戦は楽勝で指数58と、今後がかなり楽しみな逸材。
 2着も7番ソリストサンダーでいいんじゃないかなと思います。3連単のみで。

東京9R

3連単フォーメーション
6 → 7 → 8,9


 京都1Rは人気ですが2番ダンツタイヨウが前走指数50でここでは抜けた存在。欲張らずに単勝のみで。

京都1R

単勝 2


 京都2Rは、8番ラブカンプーが強いとは思いますが、絶対に取りこぼさなないとも言えないので、5番キンショーブラックとの2頭軸で。

京都2R

3連単フォーメーション
5,8 → 5,8 → 2,7


 京都3Rは10判のガールズバンドを狙います。
 初戦の上位2頭は妙に強かったですし。しかしガールズバンドの指数も62と新馬にしては非常に高かった。雨の日だったので、馬場指数が狂っているのかもと心配しましたが、このレースに出た馬がその後ダートではありますが2頭勝ち上がり、さらに他の馬も次走ほぼ初戦の指数通り走っているので、指数は担保されそう。
 2番手以下は混戦で買い目が多くなってしまいそうなので、それならむしろ単勝のみで。

京都3R

単勝 10


 幸運を祈ります。


| | Comments (0)

October 09, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/10/9(月)

 珍しく寝坊しました。

 前置きはなしで、早速レース。

 今日は東京1Rを狙います。
 11番ワンダーツーは前走は勝ち馬が強すぎただけ。この馬も指数は59という高い値でしたからまともならここでは楽勝のはず。ここは素直に単複で。


東京1R

単勝 11
複勝 11


 幸運を祈ります。

| | Comments (0)

October 08, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/10/8(日)

 昨日は難しい馬場でした。
 今日はそんなに天気の心配はしなくてもよさそうです。


 まずは東京2Rです。
 1番ロマンテソーロ、8番コスモフェリーク、10番ブラックイメルの3頭が指数が高くねらい目です。
 圧倒的人気になりそうな11番も飛ぶことはなさそうなので、馬券をどう買うかが難しいです。

東京2R

馬連BOX 1,8,10
ワイドBOX 1,8,10
3連単フォーメーション
1,8,10 → 1,8,10 → 1,6,8,10,11


 今日はもう一つ、京都9Rのりんどう賞です。
 3番のアリアが前走指数が60でねらい目です。距離的な不安もありますが、京都千四ならばなんとかなりそう。

京都9R

単勝 3
馬単 3 → 1,4,5,6,8
3連単フォーメーション
3 → 1,4,5,6,8 → 1,4,5,6,8


 幸運を祈ります。

| | Comments (0)

October 07, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/10/7(土)

 今日は東京は雨。馬券も難しくなりそうですね。

 あまり今日はいいレースがないのですが、あえて狙うならば京都1Rです。

 人気ですが5番のバイラは前走指数が57ですから、まず負けないだろうと思います。
 相手はダート変わりの馬が怖い部分もありますが、とりあえず3,4,6で良さそうです。
 単勝と3連単のフォーメーションで。


京都1R

単勝 5
3連単 5 → 3,4,6 → 3,4,6


 幸運を祈ります。 

| | Comments (0)

October 01, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/10/1(日)

 少しずつ馬券の調子も戻ってきている感じの今日この頃。
 何とかこの波に乗っていきたいです。

 今日は中山9Rのサフラン賞を狙います。
 どうでもいいことですが、サフラン賞っていうと、いまだに東京開催のイメージです。
 あれ、今日から東京開催だっけか?とか勘違いしてしまいます。
 レース名で季節感を感じているので、レースの条件や施行時期を移動するのはやめてほしいものだなあと思います。

 サフラン賞は、1番レッドレグナントと8番ミュージアムヒルの2頭でほぼ間違いないんじゃないかなあと思っています。前者が前走指数62で後者が61でした。他とは差があります。
 この2頭の馬連中心で。


中山9R

馬連 1 - 8
3連単 1,8 → 1,8 → 5,7,9


 幸運を祈ります。

| | Comments (2)

« September 2017 | Main | November 2017 »