« October 2017 | Main | December 2017 »

November 2017

November 28, 2017

シルクの追加募集発表

 シルクの追加募集馬が発表されました。

 国内セールの購入馬5頭にマル外1頭という組み合わせの6頭です。

 マル外は高くても仕方ないと思います。色々経費が掛かりますから。

 セール購入馬は、結構維持費又はマージンが乗っかってきている馬がいるなあという印象。

 馬ごとに、この上積み額に結構違いがあるのはなんなんでしょう。

 上積みが一定額ならば、むしろわかりやすいです。

 それがいわゆる、ノーザンの「プレミアム」ということですよね。

 それならば納得が行くんですが、微妙というか、結構な額の違いがあるので、なんでだろう~って感じですね。


 キャロットはもう残り1頭、20口のみ。

 シルクも頭数が少なくなっていますが、ここで6頭追加され、まだ選ぶ余地がありますね。

 万が一、シルクが来年から既存会員優先のようなことになったら、シルクの残りもすごい勢いで売れていくのでしょうが、きっとそういうことはないでしょう。

 だとすると、追加募集もいきなり満口は出ないんじゃないかなあと思いますが、どうでしょうか。

 このくらいの値段で大当たりがいたら面白いですよね。

| | Comments (2)

November 26, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/11/26(日)

 今日はジャパンカップまでに何とか資金をためたいところですが、逆に資金が尽きないように注意しないといけませんね。


 まずは京都3Rです。

 10番のドミナートゥスは前走指数が58で、前走を負けたのは単純に相手が悪かったと考えるべきでしょう。
 速すぎない今の京都の馬場も合いそうです。相手は指数の高い7,13,18と、上がり指数の高い8,14で。

京都3R

馬単 10 → 7,8,13,14,18
3連単フォーメーション
10 → 7,8,13,14,18 → 7,8,13,14,18


 次に東京7Rベゴニア賞です。

 11番ソイルトゥザソウル、10番エングローザー、7番エントシャイデン、8番アンプロジオが、それぞれ、66、64、61、61という前走指数で他馬と大きく差があります。人気どころですが、この4頭で決まるのではないかなと思っています。
 どれが頭になるのかは何とも言えないので、BOXで。

東京7Rベゴニア賞

馬連BOX 7,8,10,11
3連複BOX 7,8,10,11


 最後に京都9R白菊賞。

 ここは前走指数が62と高いわりにあまり人気のない8番アリアから。相手は絞れないので手広く。

京都9R白菊賞

馬連 8 - 1,3,4,5,9,10
3連複1頭軸 8 - 1,3,4,5,9,10


 幸運を祈ります。


| | Comments (2)

November 25, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/11/25(土)

 今週で東京開催も終わり。
 大分、外も寒くなってきました。


 今日はまず京都3Rです。

 千四がどうかというのはありますが、15番エイシンテースティは前走指数55でこのメンバーならば中心。
 人気なので頭で。

京都3R

単勝 15
馬単 15 → 3,8,13,14,16
3連単フォーメーション
15 → 3,8,13,14,16 → 3,8,13,14,16


 次に東京9Rカトレア賞です。

 2番モリトユウプと4番マイネルユキツバキが指数60と59で上位。どっちが来てもおかしくないので、2頭軸で。

東京9R

3連単2頭軸マルチ
2,4 → 1,3,6,7,8


 幸運を祈ります。

| | Comments (0)

November 21, 2017

ニューワールド

 ハナズゴールで有名なマイケル・タバート氏が設立したニューワールドレーシングが、40口ファンド募集をまもなく開始するようです。

 まずは、以下の競馬ラボの記事を読んでいただくのが良いでしょう。

https://www.keibalab.jp/column/specialtalk/vol_50_1/


 私も全部読みましたが、なかなか興味深い内容です。


 この中で、主なクラブの特徴が以下のようにまとめられています。


【ニューワールドレーシングの主なコンセプト】

1.入会費、毎月会費、年会費は一切なし

2.育成が始まってから引退まで毎日の情報更新

3.レントゲン、喉検査の映像や心臓検査結果など、獣医チェックの情報を全て開示

4.明確な目標=桜花賞(牝馬)、ダービー(牡馬)を掲げ、
出資馬が出走した場合に所属厩舎に謝礼金500万円をボーナスとして支払う

5.浦河町を中心に、日高の牧場が生産し育てた馬を厳選

6.会員の声をなるべく反映する姿勢


>1.入会費、毎月会費、年会費は一切なし

 いいですねえ。間接的な経費が掛からないというのは非常にうれしいですよね、一見。
 ただ、ご本人も婉曲に言い含めているように、ようするに馬代金にあるていど「利ざや」が乗っているということですよね。
 それが適正なのかどうなのかは、誰にもわかりませんから、考えようによってはこれらの経費は前払い形式であると言えなくもないです。
 この辺はすべての原価が開示されない限り、要するにすべての帳簿書類が開示されない限り追及しても致し方のないことですので、各々で判断するしかないですね。


>2.育成が始まってから引退まで毎日の情報更新

 最高ですね。40口のクラブは、現状、情報の更新回数が非常に少ないというのは事実です。
 個人的には毎日でなくてもいい気もしますが、何でもいいので、情報を知らせてくれるというのは、マイナスな点は一切ないでしょう。誰にとってもマイナスにならない要素だと思います。


>3.レントゲン、喉検査の映像や心臓検査結果など、獣医チェックの情報を全て開示

 うれしい内容だと一見思えますが、実は私は獣医でもなんでもない(あたりまえですが・・・)のでそんなもの見せてもらったところで仕方ないです。
 ただし、情報を開示する姿勢というのは評価されるべきだと思います。
 実際セールだったらレポジトリでこれらの情報を得られるわけですし、見たところでわからなくても、「隠さない」という姿勢が評価されるでしょう。
 しかしこれは40口で将来の馬主候補の人を主な顧客として設定しているからできることですよね。
 400口、500口のクラブでこれやったら、有象無象がアレコレと後でクラブに文句をつけてきて収拾がつかない事態になるかもしれない。
 いずれにしても、クラブ会員が常識的な行動をとる限りは、プラスでしかなく、マイナスな要素ではないでしょう。


>4.明確な目標=桜花賞(牝馬)、ダービー(牡馬)を掲げ、
出資馬が出走した場合に所属厩舎に謝礼金500万円をボーナスとして支払う

 これはどうなんでしょうか。大いに疑問も残ります。
 桜花賞とダービーは18頭ずつしか出られません。
 そこを目指して無理をするとロクなことにならないというのも私を含めて多くの人が経験しているでしょう。
 適材適所という言葉がある通り、イチローをキャッチャーで使ったり、ラミレスをセカンドとかショートで使ってもいいことないでしょう。それと同じで、馬にも色々向き不向きがあると思うので、全部が同じ目標っていうのはどうなんでしょうね。
 そういう名馬を集めてきたんだと言われたらそれまでですが、合理的な会計のプロが言うこととしてはちょっと違和感あるかな。
 厩舎に500万円というのは、どうでもいいですね。馬の世界では500万なんて牛丼一杯くらいの感覚ですから。


>5.浦河町を中心に、日高の牧場が生産し育てた馬を厳選

 日高の馬+マル外という組み合わせで戦っていくと。
 現実的な選択だなと思いました。
 結局のところ馬が走れば「大勝利」ですし、ダメなら「炎上」っていうのはこの世界の掟のようなものですから、結果を待つしかないでしょう。


>6.会員の声をなるべく反映する姿勢

 多くの人にとっては良いことなのではないでしょうか。
 これがコンセプトに挙がってくるということは、会員の声に耳を傾けないクラブが多いってことでしょう。
 私自身は、このコンセプトには何の魅力も感じません。
 そもそも最初から規約に書いてあることに納得して入会していますし、あとは規約の範囲内で「プロ」に好きなようにやってもらいたい。素人の「会員」が余計な口出しをするようなことは絶対に排除して欲しいという考え方です。会員の声を反映しない姿勢でいてもらいたいと常日頃思っています。
 もちろん、Webを見やすくしてほしいとか、飲み会を開催してくれだとか(笑)、そういう声に耳を傾けるのはいいことだと思います。
 一方、馬そのものやクラブの経営に関わるようなことはクラブに自尊心と責任を持ってしっかりやってほしいと思っているので、ここはあんまり魅力を感じませんでした。


 記事を読んで、“循環”だという話には非常に納得が行きました。
 正常営業循環基準というのが会計にはあって、会計やった人ならば誰でも習う言葉ですが、それに似ているなとも思いました。
 言うならば、「正常”馬”循環基準」でしょうか。

 影響力のない個人馬主だったら、初代ウイニングポストの名言、「いまちょっと詰まってまんねん」っていうことになってしまうわけですよね。
 もう、いきなり、そこで循環終了。

 でも多くの人を集めて、そこから出資金を得て、「グループ」になれば、循環していく。
 わかりやすいお話です。

 あと、本当はみんな、ノーザンFしがらきとかを使いたいという、言いにくいところを正直に言っているところも好感を持ちました。
 本当のことなのですから仕方ないですよね。


 ニューワールドレーシングの募集馬は、Twitterで発表になっています。
 現状40口のみの募集。

 先ほどの記事で言及されているとおり、将来個人馬主を目指すような層をターゲットにしているようで、400口、500口の会員は現状はターゲットになっていない模様。

 個人的には40口クラブというところに興味があります。

 40口専門は、社台・サンデーとG1しかないですからね。

 ノルマンディーは基本400口と少数の40口のハイブリッド。

 ラフィアンとかターファイトとかは基本100口。

 400口、500口のクラブは結構たくさんあります。

 40口専門は珍しくなりました。


 ただやっぱり、40口で買うなら、実績制が採用されているところにお金を使いたいなというのはあります。
 その辺が難しいところでしょうね。

 無尽蔵にお金がある人ならばともかく、個人馬主を目指すような人であっても、予算に限りがあるでしょうし。

 現状で社台・サンデー、G1の実績制の囲い込みの中にいる出資者を引きはがして持ってくるのは、結構難儀な気がします。

 いやいや、実績制でないクラブででも、1.4億の馬とか普通に満口になるじゃないかって話ですが、あれはノーザンですし、そもそもが特殊な血統馬。
 しかも、ノーザンF天栄又はしがらきのセット価格ですから。
 ノーザンだからできることであって、他が真似できるのかなという疑問もあります。

 でも、本当に「一口」がブームならば、ノーザンでなくても満口になるはず。

 自分自身は、とりあえず様子見ですね。もう今年の予算も使い切りましたし。

 馬がガンガン売れて、楽しそうだったら、さらに興味もわくかもしれません。


| | Comments (2)

November 19, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/11/19(日)

 今日は昨日とは打って変わって東京は快晴。競馬日和ですね。

 まずは東京1Rです。

 5番ニシノジャガーズ、8番イルルーメ、15番ラヴァーズインメイの3頭が50台後半の指数で上位です。ニシノジャガーズ中心でもいいかなと思いましたが、結構混戦なので、これら3頭中心のBOXで中荒れを狙いたいです。

東京1R

馬連BOX 4,5,8,14,15
3連複BOX 4,5,8,14,15


 もう一丁京都9Rの秋明菊賞です。

 1番のレッドシャーロットは人気ですが、前走指数が62で上がり指数6とともにこのメンバーでは1番手。まともならば負ける理由はないです。ここは勝ち切ってくれると信じ、頭で。

京都9R

馬単 1 → 2,4,7,10
3連単フォーメーション
1 → 2,4,7,10→ 2,4,7,10


 幸運を祈ります。


| | Comments (0)

November 18, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/11/18(土)

 東京はもう雨がパラついてきました。

 今日は堅く東京1Rを。

 4番のリョーノテソーロは、前走についてはこれこそまさに相手が悪かったとしか言いようがありません。自身は前走指数64で、上のクラスでも勝ち負けになるレベル。人気になるでしょうがアッサリ勝つのではないかと思います。2番手以下はやや混戦です。

東京1R

単勝 4
3連単フォーメーション
4 → 2,6,7,12,15,16 → 2,6,7,12,15,16 


 幸運を祈ります。

| | Comments (0)

November 16, 2017

圧倒的コンプライアンス

 皆さん、もう読みましたか。

 何って、あれですよ。

 「中間管理録トネガワ第6巻」ですよ。

 有名なカイジのスピンオフ漫画ですが、面白いですよね。

 あと、絵が上手(笑)。

 福本先生も「銀と金」の頃の「圧倒的漫画家に向いてない感」の絵に比べれば飛躍的に上手になりましたが、こっちのスピンオフの作画のほうが、本家カイジよりも絵は綺麗です。原作に忠実でありつつ絵がきれいになっているってすごく不思議な感覚です。


 ところで、残念なことがありました。

 もう読まれた方はわかっているでしょうが、なんと楽しみにしていた「人間競馬」の部分がバッサリ割愛。

 理由は、

「圧倒的コンプライアンス」

によるそうです。


 世の中ついにここまで来たかと思います。

 それしか感想はないです。

 みんなが「表面上いやな思いをしない」世の中を作りたいんだったら、結局はこうなっていくしかないですもんね。

 TV番組も、そのうちクイズ番組と動物番組しかなくなるでしょう。

 競馬もゲートのシーンとかはそのうち、ムチ男がコンプライアンス違反ってことになって、ゲートのシーンになったら全馬ゲート入りするまで空を映してアナウンサーが「清々しい秋晴れです」とか言うシーンになっているかも。
 それか急にグリーンチャンネルの「グリーンヒーリング」の仔馬たちがじゃれている映像とか(笑)。


 結局のところ、何か問題になるんだったらやらないほうがいい。隠したほうがいいってことになりますもんね。

 ブログなんかも、最終的には、出資馬が勝ちました。うれしいです。負けました。悔しいです。っていうブログだけになってしまうのかもしれません。

 もちろんそういうブログは、それはそれで素晴らしいですが、それだけではないブログも存在して欲しいです。

 自分が一番どうでもいい内容しか書いていないので、えらそうなこと言えないですが(笑)。

 でも、余計なこと書いてトラブルになるくらいだったら、書かないほうがいいってことになるでしょうね。

 文句も書かず、偉そうなことも言わず、常に楽しんでいる雰囲気のブログ。これが理想なのでしょう。

 ですが、読みたくないなあ~(笑)。そういうのは。


 一方で、圧倒的コンプライアンスをぶち破る競馬ベジータ氏のブログみたいなのが、皆声には出さないけれど、かえって求められる世の中かもしれません。


| | Comments (0)

November 14, 2017

こころの動き

 この季節になると有力馬や良血馬がどんどんデビューしてきて、クラブ馬についても色々と毀誉褒貶があって騒がしくなります。

 一口はPOGと違い、実際にお金を出資していますから、その一喜一憂も激しいものがあります。

 POGだって、元西武の「ひ○しお」並みに賭博で捕まるほどの金額の差し馬をしていたら、緊張感も半端ないかもしれないですが(笑)、基本的にはそんな大事になることはないでしょう。

 大昔、友人が伝説のビバカーリアンを、私がスカーレットメールを指名して差し馬でPOGをやりましたが、盛り上がらないこと甚だしかったことを思い出します。
 しまいには、友人が、「もう計算するの面倒だからやめない?」という始末。
 両馬の競走成績的にも、それ以上POGを続けても意味ないだろうということ自然消滅するという寂しいものでした。

 雑誌の懸賞とかで、POGで商品もらえたらうれしいかもしれませんが、別に参加料を何十万円と取られるわけでもないですし、そういう意味では緊張感はないですね。


 一口の場合は、実際に身を切るわけですから、やっぱり緊張感が違うとは思います。

 普通のジャンケンと漫画のカイジに出てくる「限定ジャンケン」くらいは違うんじゃないかなと思います。

 大きな違いは、やっぱり「心の動き」でしょう。

 飲み会の余興とかのジャンケンだったら、いちいち、グーなのかチョキなのかとか考えないです。

 しかし「限定ジャンケン」ともなれば、バランス理論だの、買い占めだの、色々な考え方やルールがあったりして、緊張感は半端ではない。
 カイジの場合は、負け=事実上の死、という緊張感もありますから、一口とは比較にはなりませんけど、似てる部分はあるかも。

 なんとなく一口始めて、へらへら、ニヤニヤしているうちに大損とか(笑)。


 私もそうでしたけど、始めたときにはリスクにはなかなか気づけないものです。

 馬券の場合は負債が発生することはないのですが、一口の場合は、資産と負債が両建てで発生する形になります。
 その馬が引退するまで支払うべき「維持費」が目に見えない負債ということになります。

 最初、そのあたりに気付かずに、ヘラヘラしていたとしても、だんだんそれに気づいてきて、真剣に一口に取り組むっていう人も多いかもしれません。

 POGの場合は、建前ではそこに負債が発生する余地はないですし、仮に発生したとしても一口の負債額とはくらべものにならないものでしょう。

 そういう意味ではやっぱり緊張感が違うのかなと思います。

 また、一口始めればわかることですが、実際は、実績やら抽選やら、さらに複雑怪奇な出資者決定方法があったりと、馬選びそのもの以外で悩む部分も多いです。

 基本的にイイトコドリできないシステムになっているので、そこもジレンマになるでしょう。

 馬選びも重要ですが、結局一番大事なのは忍耐力というか、「打たれ強さ」ってことになるんですかね(笑)。

| | Comments (0)

November 12, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/11/12(日)

 今日はまず東京2Rから。

 3番のデルマシャンパンが前走指数53で、ここでは能力的に抜けている感じです。
 人気ですが3番中心で。相手も4,7,10という感じですが、初ダートの2も押さえで。

東京2R

単勝 3
馬単 3 → 2,4,7,10
3連単フォーメーション
3 → 2,4,7,10 → 2,4,7,10


 それと京都2Rです。

 3番バイラが3走前に57という高い指数を出しており、前走も46とここでは抜けています。初ダートの馬もいますが、この馬を中心で良いと思います。

単勝 3
馬単 3 → 4,9,10,11,12
3連単フォーメーション
3 → 4,9,10,11,12 → 4,9,10,11,12


 幸運を祈ります。

| | Comments (2)

November 11, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/11/11(土)

※公開するのを忘れていました。


 今日は2歳戦は堅そうなレースが多そうですがどうなるでしょうか。

 今日は1レースのみ。
 東京9Rのオキザリス賞です。

 4番のダークリパルサーが前走指数61で最上位。
 3番のクレヴァーパッチがそれに続いて、人気の1番アントーニオは指数上は3番手。
 ダークリパルサーの前走も不良の日だったので、良馬場の今日どのような走りをするかわからない部分もありますが、ダートは芝ほど走りが変わることもないと思うので、指数どおりに。

東京9R

馬連 3 - 4
3連複3頭軸 3,4 - 1,6,7
3連単フォーメーション
3,4 → 3,4 → 1,6,7


 幸運を祈ります。

| | Comments (0)

November 06, 2017

プロ野球選手応援歌

 日本シリーズも終わりました。
 両チーム力を尽くした試合で、見ごたえがありました。

 ところで・・・。


問1 以下の文章の誤りを指摘しなさい。

「燃えろ発彦 燃えろ発彦 場外ホ~ムラン~♪」


 いきなり意味不明ですが、ライオンズの辻発彦監督の現役時代の応援歌です。

 その昔、ライオンズは常勝軍団でありました。
 その常勝軍団であったころ、私自身もライオンズファンだった時代があったのです。

 その頃のライオンズは、東尾、秋山、清原、石毛、ブコビッチ・・・ブコビッチ? まあいいや(笑)。とにかく数多くの名選手を抱える最強軍団だったわけです。
 関係ないけど、初代ファミスタの「ひかしお」のシュートは凶悪でした。

 その最強軍団の名二塁手だったのが辻選手でした。

 辻と言えば、印象的には、足が速く、守備がうまく、出塁率が高く、本塁打は少ない、という感じでしょう。
 当時のプロ野球ファンのほぼ共通認識だと思います。

 あれ。
 しかし、何と辻選手の応援歌は、一体どういうことなんでしょうか?

 場外ホームラン?

 見たことある人いるんでしょうか。
 本当に見たことがある人はツチノコとか雪男並みの珍しいものを見たくらい価値があるかも。。

 そもそも西武ドームでどうやって場外打つんだっていう突っ込みはナシで。
 その頃はドームではなかったですしね。
 まあ、今もアレをドームと言うのはちょっと違和感ありますが。。

 とにかく、辻選手の応援歌は、ご本人の戦績と歌詞がまったく一致していないわけです(笑)。

 でも、別にファンだった時は、特に気にしていませんでした。
 歌詞の意味なんて考えなかったし。

 気になりだしたのは、ファンではなくなった後に、急に思い出して、友人と笑いあってからです。

 「よくよく考えたらさ、辻が場外って、ありえねーよな。」

 まあ、そうなんですよ。
 冷静に考えたらそうなっちゃうんですが、あくまで「応援」なんですよね。
 そこは、斜に構えるんじゃなくて、スルーすべきところだと思うのです。

 決して歌詞は「誤り」ではないんですよね。
 あくまで、「可能性」としては、辻が場外ってこともないわけではない。
 冷静になって考えると、ちょっと変だなと思うと。

 他所のチームのファンからしたら、変な応援歌だなと思うかもしれませんね。
 ファンじゃないから、冷静になるでしょう。

 でも、ファンからしたら応援して当然なわけです。


 一口の出資者はウザがられることがあります。
 新馬、未勝利を勝っただけで、すぐに重賞だのG1だの夢想が始まってしまう。

 冷静な競馬ファンからしたら、そういう出資者はウザいのかもしれない。

 でも、出資者というのは、その馬の「ファン」そのものですから、基本ウザいもんです。

 辻の場外ホームランと同じです。
 実際にそれが起こるかどうかは別にして、次も勝ったら・・・というのは、馬に対する応援歌でもあるわけですよね。


 逆もあるわけです。
 ファンが敵チームの選手をディスる応援歌っていうのもあるんですよね。
 代表的なのは、記憶が定かではないですが、これです。

「チャンスに三~振~する。チャンスに三~振~する。巨人軍史上~最低の四番打者、三振~た○○○~」

 っていうやつです。

 正式なものかどうか知りませんが、友人のとにかくジャイアンツが嫌いな男が年がら年中歌っていたので、いまだに頭から離れません。
 まあ、だいたいわかると思いますけど、念のため、背番号8の人ですね。

 昔から思うんですが、ジャイアンツが嫌いな人の中には、とことんディスるっていうか、そういう感じの人がいますよね。
 この友人も、何かとりつかれたように嫌っていました。


 クラブ馬も色々言われることも多いですが、それも、この応援歌と同じかなと思います。
 応援歌に一々反応しても仕方ないでしょう。

 この歌の人も、日本シリーズで涙の満塁ホームラン打ちましたから。
 結局は競馬も本人(本馬)が頑張るしかない。

 応援歌は応援歌。
 結果は結果。

 馬について色々耳に入って納得いかないときは、それは敵チームの応援歌。
 自分は味方チームの応援歌を歌い続ければよいのだと思います。


| | Comments (4)

November 05, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/11/5(日)

 今日は東京にはあまり良さそうなレースがなかったので京都から。


 まず、京都2Rです。
 13番のヤマニンヌヌースは人気のわりに指数が高く、前走と3走前に2回、51という指数で走っています。
 勝ち切ることは難しいかもしれないですが、先行できれば粘りがあってもよさそう。
 穴狙いで手広く。

京都2R

馬連 13 から総流し
3連複フォーメーション
13 - 1,9,10 - 全通り


 次に京都3Rです。
 5番グレートタイムが前走指数57で、1番ダージリンクーラーが前走指数52となっています。この2頭で決まる可能性が高いです。
 馬連2倍を切りそうなので、無理に買う必要もないかもしれないですが、他のレースとの兼ね合いでどうするか考えたいです。

京都3R

馬連 1 - 5


 最後に京都4Rです。
 5番のウォルビスベイが前走指数60、前々走61で圧倒的。さすがに負けないとは思いますが、一応2着以下になった場合の馬券も。

京都4R

馬単 5 → 3,4,7,8,10
3連複1頭軸 5 → 3,4,7,8,10


 幸運を祈ります。


| | Comments (0)

November 04, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/11/4(土)

 今日は買いたくなるレースが結構あります。

 まずは東京1R。
 3番ミヤギウイングが前走指数54で抜けているので、楽勝するんじゃないかと思っています。
 人気でしょうが単勝で。

東京1R

単勝 3


 次に東京2Rです。
 8番トーセンヴィータは前走指数が60で、ダートの未勝利でこの指数で負けるのは運が悪かったとしか言いようがありません。さすがに今回は大丈夫でしょう。


東京2R

馬単 8 → 3,6
3連単フォーメーション
8 → 3,6 → 3,6


 それから、東京4R。

 16番アイスフィヨルドは前走東京コースで崩れているのは気になるところですが、能力的には前々走の指数が57で、ここでは1枚上のはず。

東京4R

単勝 16
馬単 16 → 5,7,8,15,18
3連単フォーメーション
16 → 5,7,8,15,18 → 5,7,8,15,18


 最後に京王杯2歳Sです。

 タワーオブロンドンは前走指数61で1番手ですが、他とそんなに指数的に差があるわけではありません。
 それならば、人気のない10番ピースユニヴァースを狙いたいです。前走指数59で、上がり指数も11と、今回も崩れる可能性は少ないと思います。

東京11R

単勝 10
馬連 10 - 1,6,8
馬単 10 → 1,6,8
3連複1頭軸 10 - 1,2,6,8,9
3連単フォーメーション
10 → 1,2,6,8,9 → 1,2,6,8,9


 11Rまでに資金が尽きないと良いですが。
 幸運を祈ります。


| | Comments (0)

November 03, 2017

スピード指数的今日のねらい目2017/11/3(金)

 今週は3日間開催。

 今日は2歳の牝馬重賞があります。
 なかなか面白そうなレースですので、そのファンタジーSを狙ってみたいです。

 本命は前走指数64で連勝中の10番アマルフィコースト。
 他と大きく差があるわけではないですが、連勝している割にはあまり人気していませんし、ここはねらい目かと。
 指数的には1番手であることには変わりないので、ここからそこそこ手広くいきたいです。

京都11RファンタジーS

単勝 10番
馬連 10 - 1,3,6,8,13
馬単 10 → 1,3,6,8,13
3連複1頭軸 10 - 1,3,6,8,13
3連単フォーメーション
10 → 1,3,6,8,13 → 1,3,6,8,13


 幸運を祈ります。

| | Comments (0)

« October 2017 | Main | December 2017 »