« April 2018 | Main

May 2018

May 22, 2018

2018~2019POG用(東サラ)

 東サラからは3頭ピックアップしておきます。


レッドシルヴァーナ
22  シルバーフォックス16
父  ロードカナロア
母父  クロフネ
メス   2600
松田国英
母年齢  8
生産   ノーザンファーム
誕生日  2月29日

 すでに入厩していて、もうすぐゲート試験を受けるところまで来ているようです。
 牝馬ですが500kg以上の馬格があります。やや大きめですが、デビューに向けて鍛えていけば丁度良くなるでしょう。芦毛の馬は他の毛色の馬よりも良く見えないことが多いのですが、この馬は際立つ部分があります。
 募集時から目立っていましたが、ここまで順調に来ています。走ると思います。


レッドアルビオン
23  ラピーダシャリナ16
父  ダイワメジャー
母父  Vicar
牡   2000
昆貢
母年齢  10
生産   下河辺牧場
誕生日  4月1日

 550kgくらいあって、やや大きすぎるかなという心配はあるのですが、ダイワメジャー産駒は大きくても走るのはいますし、まだ牧場でこれから絞れて行くので大丈夫ではないかなと思います。
 札幌の後半で使えるかもしれないということなので、デビューもそんなに遅くはならないでしょう。大きくてもバランスが良いので楽しみです。


レッドルゼル
21  フレンチノワール16
父  ロードカナロア
母父  フレンチデピュティ
牡   2000
安田隆行
母年齢  11
生産   社台ファーム
誕生日  3月25日

 別にロードカナロア産駒ばかりを敢えて選んでいるわけでもないのですが、結果としてまたロードカナロア産駒になってしまいました。
 もう山元まで来ていて、順調そうです。
 血統的には見劣りするのですが、見た目も良いですし、早めから行けそうで確実なタイプではないかなと思います。


| | Comments (0)

May 20, 2018

スピード指数的今日のねらい目2018/5/20(日)

 今日はG1の日。天気が良くて競馬日和で何よりです。


 東京5Rです。
 ここは2番モリトユウブ、12番エピックアンが前走指数70で他とは差があります。鞍上も信用できますし、この2頭で決まるとみて1点で勝負です。

東京5R

馬連 2 - 12
ワイド 2 - 12


 東京6Rです。
 9番バトルマイスターが前走初芝でいきなり2着。指数も77と高く、ここは狙ってみたいです。相手も1番、13番が前走で70以上の指数を出しており、それらに次ぐ7番と11番まで押さえます。

東京6R

馬単 9 → 1,7,11,13
3連単フォーメーション
9 → 1,7,11,13 → 1,7,11,13


 幸運を祈ります。

| | Comments (0)

May 19, 2018

スピード指数的今日のねらい目2018/5/19(土)

 なんだか昼間は妙に暑かったり、と思ったら風が吹いたり、東京は変な天気です。


 京都4Rです。
 4番ロードマドリードと5番ブルベアトリュフが指数も安定していて、両馬とも60代後半の指数を出しています。この2頭は他とは差があります。素直に前走指数で考えるのであればロードマドリードですが、勝ち味に遅い面もあるので、馬券的にはブルベアトリュフ頭の馬券も買いたいです。

京都4R

馬連 4 - 5
3連複2頭軸 4,5 - 7,11,14,18
馬単 5 → 4,7,11,14,18
3連単フォーメーション
4,5 → 4,5 → 7,11,14,18


 京都6Rです。
 指数で1番手は9番メリッサーニで前走指数65ですが、他に4番、14番、15番も前々走で60台後半の指数を出しています。
 この4頭が抜けていて、この4頭で勝負になるはず。BOXで。

京都6R

馬連BOX 4,9,14,15
ワイドBOX 4,9,14,15
3連複BOX 4,9,14,15
3連単BOX 4,9,14,15


 幸運を祈ります。


| | Comments (0)

May 18, 2018

Return of 清一色

 2年位前に、清一色っていう記事を書きました。

 ノーザン一色で出資馬を埋めてみたらどうなるか、というような内容でした。

 2年経つと、なんというか、別にそれって普通じゃん?っていう世の中になってました。

 なんか別に清一色でもなんでもない。ほとんど平和(ピンフ)並みに、誰でも可能な内容です。


 本当の清一色は何かと考えたところ、「厩舎で統一」とか「種牡馬で統一」とかのほうが面白そうですね。

 「実績」と「×2」があれば不可能ではないかもしれないです。

 今年はディープ産駒のみとか。 

 ○○厩舎のみとか。

 ディープのみでの清一色は意外と簡単にできそうですね。

 募集価格が上がったので、人気になるのは限られているでしょうし。意外と揃えやすいかも。

 清一色はちょっと偏りすぎると思うのであれば、ディープとロードカナロアの混一色っていうのがいいかも。

 でも、ディープよりも意外とロードカナロアのほうが揃わないかも。

 ディープ産駒は揃って、リーチまでは行くけど、最後抽選でロードカナロア産駒が外れて、流局~。なんて。


 厩舎で清一色のほうが難しそうですね。

 特に、堀厩舎とか池江厩舎とかの人気どころだと、極めて難しいでしょう。


 ゲームとかでも、飽きると、自分で自分にルールを加えて楽しむ場合がありますよね。

 信長の野望だったら、鉄砲を一切使わないでやってみようとか。

 三国志だったら、諸葛亮と呂布は禁止(使わない)とか。

 大昔、多人数のマルチプレイができたころは、友人同士でやるとモメるんですよねえ。

 諸葛亮がいると、どんどん武将引き抜かれたり、呂布のせいで一騎打ちでどんどん武将討ち取られたり(笑)。


 まあ、そんなのと一緒で、ただ漫然と出資するのに飽きたのであれば、一色手というのも面白いかも。

 過去には、チチカステナンゴ総流しという禁じ手もあってくらいですし。。
 まあ、本当にやった人がいるとも思えませんが。


| | Comments (0)

May 17, 2018

2018~2019POG用(社台RH)

 社台RHからのピックアップです。
 ちょっと少なくなり、牡馬だけになってしまいました。


セントレオナード
1 リリーオブザヴァレーの16
父 ディープインパクト
母父 (Galileo)
牡 12,000万円
堀宣行
母年齢 9
生産 社台ファーム
誕生日 3月7日

 まだ北海道にいますし、ディープ産駒で早めからというタイプではないですが、品があって募集時から目立っていました。秋以降になりそうですが、王道を歩んでほしいです。


フォルコメン
25 イマーキュレイトキャットの16
父 ヴィクトワールピサ
母父 (Storm Cat)
牡 4,000万円
堀宣行
母年齢 8
生産 社台ファーム
誕生日 3月13日

 こちらもまだ北海道ですし、大型馬でもあり、まだ時間はかかりそうですが、いい馬だと思います。この馬がダメならばヴィクトワールピサ産駒はダメだろうと思えるくらいで、仕上がりさえすればその後はポンポンと行ってくれるのではないかなと思います。


イニティウム
50 ゴールデンドックエーの16
父 ハーツクライ
母父 (Unusual Heat)
牡 6,000万円
須貝尚介
母年齢 11
生産 白老ファーム
誕生日 1月20日

 こちらはすでに入厩していてゲートも合格済みです。早期デビューも視野ということで、頼もしいです。募集時から目立っていた馬ですし、このまま順調にデビューまで迎えて、そのまま突き進んでほしいです。


| | Comments (0)

May 15, 2018

2018~2019POG用(サンデーR)

 昨年ピックアップしたサンデーRの馬は全部勝ち上がりはしたものの、POG的にはもう一つといったところでした。
 今年はさらに上を目指せる素材であってくれることを祈ります。


バイキングクラップ
109 マジックストームの16
父 ハーツクライ
母父 (Storm Cat)
牡 10,000万円
堀宣行
母年齢 17
生産 ノーザンファーム
誕生日 2月7日

 募集時から非常に目立っていた馬で、ここまで順調に来ているようです。馬体のサイズ、バランスともにベストと言えると思います。血統的には言うことない馬なので、あとは陣営が上手くやってくれるでしょう。楽しみしかないです。


ミディオーサ
106 ミスエーニョの16
父 ディープインパクト
母父 (Pulpit)
メス 7,000万円
堀宣行
母年齢 9
生産 ノーザンファーム
誕生日 4月8日

 今年の牝馬でどれか1頭選べと言われたら、私はこの馬を推したいです。それくらい馬自体は良いと思います。
 すでにゲートを合格しており、順調そのもの。6月デビューもありうるとのことですが、何分この血統は気性面がすべてと言ってもいいくらい難しいですから、焦らないという選択もあるかもしれないですね。
 気性さえまともならきっとやってくれると思います。


ブルスクーロ
183 ダークサファイアの16
父 キンシャサノキセキ
母父 (Out of Place)
牡 2,800万円
池添学
母年齢 16
生産 ノーザンファーム
誕生日 2月23日

 クラシック向きではないのでしょうが、馬体は見栄えがしますし、計算しやすい馬だと思います。ここまで順調で7月デビューとなりそうとのこと。早めから賞金を稼ぐという意味ではPOG向きかもしれません。


アルテヴェルト
154 アルテリテの16
父 ハーツクライ
母父 (Literato)
牡 5,000万円
庄野靖志
母年齢 6
生産 ノーザンファーム
誕生日 2月1日

 すでにゲート合格済みで、7月の函館開催でデビューの方向とのこと。やや小柄な点がどうかというのはありますが、まだこれからの成長もあるでしょうし、早めに賞金を稼いで行ければPOGでも面白い存在になるのではないかなと思います。


| | Comments (2)

May 14, 2018

2018~2019POG用(シルク)

 勢いのあるシルクです。
 シルクのピックアップはイマイチ失敗した感があるので、今年はもう少し上を目指したいです。


アーデンフォレスト
52  ロザリンドの16
父  ルーラーシップ
母父  シンボリクリスエス
牡   3,500万
藤原英昭
母年齢  5
生産   ノーザンF
誕生日  2月08日

 予定ではもう間もなく本州に向けて移動するはずです。ここまで順調に来ていて健康そうなのは何より。ルーラーシップ産駒としてはやや詰まった感じのする馬体で、距離的に限界があるかもしれませんが、確実なタイプだと思います。早めからの活躍を期待します。


メテオスウォーム
46  プリモスターの16
父  ロードカナロア
母父  サンデーサイレンス
牡   3,000万
矢作芳人
母年齢  15
生産   グランド牧場
誕生日  02月10日

 両前肢が種子骨炎になったとのことで一旦お休みを挟みましたが、軽症で順調に回復しているようです。このまま無事ならばもう間もなく本州に移動になるでしょう。
 計算できそうなロードカナロア産駒で、早めから活躍してくれそうな雰囲気があります。距離はやはりクラシックまではもたないかもしれませんが、それでもPOG期間中に稼げる馬ではないかなと思います。


レーヴドカナロア
48  レーヴドスカーの16
父  ロードカナロア
母父  Highest Honor
メス   3,000万
斉藤崇史
母年齢  19
生産   ノーザンF
誕生日  1月31日

 良血馬ですが、すでに一旦入厩してゲート合格済み。その後しがらきに戻って調整が続けられています。デビュー時期は未定ですが、良血らしい品のある馬ですので、クラシックを目指してほしいです。


シハーブ
7  サマーハの16
父  ゴールドアリュール
母父  Singspiel
牡   5,000万
藤沢和雄
母年齢  10
生産   ノーザンF
誕生日  3月21日

 馬自体はこの馬が一番良いとも言えるのですが、如何せん、この父の産駒だけにダート向きでしょう。この厩舎ですから、芝から使ってくるかもしれませんが、最終的にはダートになると思います。
 JRAはクラシックシーズンまでのダート戦は少なく、賞金も稼げませんので、そこをどう考えるかでしょうね。

| | Comments (0)

May 13, 2018

スピード指数的今日のねらい目2018/5/13(日)

 今日はこの1レースで勝負です。


 東京10R青竜Sです。
 6番スマハマが素直に強いと思います。東京のマイルで結果を出していて、前々走の指数が80でこのメンバーでは最高値。2番手も順当に4番オメガパフュームが前走指数74となります。他は距離が不安か指数的に差があるかなので、堅く収まると思います。

東京10R

馬単 6 → 3,4,5,9,12
3連単フォーメーション
6 → 3,4,5,9,12 → 3,4,5,9,12


 幸運を祈ります。


| | Comments (0)

May 12, 2018

スピード指数的今日のねらい目2018/5/12(土)

 来週はオークス、再来週はダービーで、3歳戦もあとわずか。
 馬券のほうも、ここらで調子を上げて、クライマックスの盛り上がりにつなげたいです。


 京都4Rです。
 10番リュウドカズマが前走指数68と、ここでの指数は飛びぬけています。千二の芝が合っているでしょう、ここは単勝が勝負ですが、相手もそれなりに絞れそうです。

京都4R

単勝 10
馬単 10 → 2,4,13,16
3連単フォーメーション
10 → 2,4,13,16 → 2,4,13,16


 京都9Rあやめ賞です。
 8番ニシノキントウンを狙います。前走指数は72、前々走が70と安定していて、ここでも一番手。
 前々走の、4Rのリュウドカズマが2着だったレースで、ニシノキントウンが1着でした。
 4Rのリュウドカズマが飛んだら、危ないので買わないほうがいいかもしれませんが、逆に4Rのリュウドカズマが来たら、信頼性はさらに上がるかもしれないですね。
 相手が絞り切れないので、ここも勝負は単勝で。

京都9R

単勝 8
馬単 8 → 1,2,4,5,7,10
3連単フォーメーション
8 → 1,2,4,5,7,10 → 1,2,4,5,7,10


 幸運を祈ります。

| | Comments (2)

May 11, 2018

馬主気分

 ここ数年、特に最近は、努めて「一口馬主」という単語を使用しないように心がけています。

 クラブ馬主、とか、一口クラブ会員とか、出資者など、別の単語で表現するようにしています。

 理由は、クラブ会員は単なるファンドの出資者に過ぎず、決して馬主ではなく、また当然のことながら一切の馬主行為も認められません。

 各クラブに申し込んで抽選等で馬主席での観覧ができたり、ウィナーズサークルでの口取りも、すべて馬主会の「厚意」です。

 規約等に、いちいち恩着せがましく「厚意」ですとは書いていないかもしれませんが、本当のところはそういうことです。

 一口馬主という言葉が先行しすぎると、このような「厚意」を「権利」と勘違いする人が出てくるでしょう。

 今後クラブ会員になりたいと思っている人に対して、勘違いを助長してしまうことになるかもしれず、あまり一口馬主という言葉を使うこと自体、良くないのかもしれないなと最近思っているのもあって、冒頭のような言葉づかいをするように心がけるようになりました。


 「手軽に馬主気分を味わえる。」

 まるでどこかのクラブの標語のようにも聞こえてしまいますが、「馬主気分」って何でしょうか。


 出資馬が勝ったらうれしい。

 馬主気分で世界が違って見えた。

 これならば特に問題ないと思います。

 どちらかというと、問題は負けたときでしょう。

 出資馬が人気になって負けたとき、騎手や調教師などをボロクソに言うのが「馬主気分」なんでしょうか。

 勝ったら自慢げにオレの馬、私の馬と勝ち誇り、負けたら関係者に罵声を浴びせる。

 それが本当に「馬主気分」なんだろうかと考えさせられます。


 話がズレますが、競馬で一番偉いのは誰かと考えた場合、私は、「競馬ファン」であると考えます。

 ファンあってこその競馬。

 というと聞こえがいいですが、要するに馬券を買って適当に遊んで損してくれる人がいてこそ成り立つのが競馬ということです。

 胴元であるJRA等が偉いという考え方もあるでしょう。
 実際JRAに逆らって競馬の世界で生きながらえることはできませんから、それはそれで正しいでしょうが、ここではそういう権力云々の話は抜きにして考えたいです。


 ファンが競馬を支えていると考えるのであれば、本当の馬主気分とは、次のようになるのではないでしょうか。

 もし自分の出資馬が人気で負けたのならば、その馬の馬券を買ったファンに対して申し訳なく思う。

 そして、負けてしまった騎手や調教師に代わって、又は、騎手や調教師とともにファンに対して詫びる気持ちを持つ。

 出資馬が勝ったら、口取りの場所を取るのに必死になるのではなく、まずは騎手、調教師、外厩、牧場、応援してくれたファンに対して感謝の気持ちを持つ。

 これが本当の「馬主気分」なのではないかなと最近は思っています。


 もちろん、馬主気分ではなく、単なる「馬券ファン」という立場であれば、いくら騎手や調教師をボロクソ言っても許されると思いますよ。
 もちろん限度はありますが、騎手も人気商売ですし、批判されるのは仕方ない。
 曙似の天才競馬予想家が、騎手のことをボロクソ言うのはある意味当然。
 
 でも、「馬主気分」であるならば、ちょっと違うのかなと。


 まあ、キレイゴトですよね。

 こんなこと言っておきながら、じゃあお前は最初からそういう気持ちで今までやってきたのかと言われたら、そうだとは言えないです。

 10年以上やって、ようやっとそう思うようになったという感じでしょうか。

 キレイゴトではありますが、真の「馬主気分」を味わえるよう、日々精進していきたいと思います。

| | Comments (2)

祝1億円牝馬誕生

 社台・サンデーの17年産の募集馬の価格が判明しました。

 ディープ牡馬は1.5億の時代。

 ディープ牝馬も普通に8,000万になりました。

 そうならざるを得ないご時世ですから、特別なインパクトは個人的にはなかったかなと。
 ある意味、ここまでは予想通りです。

 ロードカナロア産駒もそこそこ値が上がった感はありますが、ディープと比較すると安く感じるから不思議です。

 数字のマジックに踊らされてしまいます。


 そんななか、驚いたのは、社台RH募集のスタセリタの17。

 最初、ディープ牡馬で1億かあ。むしろちょっと控えめな値付けかもなあ~とかトンチンカンなことを考えながら見ていましたが、よく考えたら牝馬でした。

 ついに来たか、牝馬で1億、という印象です。

 社台Gの募集馬では史上初でしょう。

 社台G以外では過去に1億円牝馬の募集があったようですが、社台Gでは初です。

 エポックメイキングな年になりました。


 ディープ産駒の価格の青天井ぶりはとどまるところを知らず、このままついていくのか、それとも方向転換して、他の種牡馬に目を向けるのか。

 高いけれども、ディープ産駒は走るだけに、悩みは尽きないですね。

| | Comments (0)

May 10, 2018

2018~2019POG用(キャロット)

 POG本関係も今日発売の東スポザッツPOGで最後でしょうか。。

 今年も自分が所属しているクラブのクラブ馬からおもしろそうなところをピックアップしたいと思います。

 今日はまずキャロットです。
 頭数は絞り込みました。

 一応、自分自身の期待順で上から並べてあります。


サートゥルナーリア
52  シーザリオの16
父  ロードカナロア
母父  スペシャルウィーク
牡   14000
角居勝彦
母年齢  14
生産   ノーザンF
誕生日  3月21日

 募集時から一際目立っていましたが、ここまで順調に来ていてすでにゲート合格し、一旦しがらきに放牧。6月の阪神2週目にM.デムーロ騎手でのデビューの予定です。
 走るのは間違いないと思いますが、やや詰まった馬体で確実性が高い分、距離が延びるとどうかというのはあるかもしれません。
 それでも、能力だけでクラシックシーズンは何とかなってしまうかもしれないですね。


クラージュゲリエ
45  ジュモーの16
父  キングカメハメハ
母父  タニノギムレット
牡   5000
池江泰寿
母年齢  10
生産   ノーザンF
誕生日  2月24日

 キンカメ牡馬の走るカタチをしていると思いますし、やはり募集時から目立っていた1頭です。4月に左前球節に腫れが出て一頓挫ありましたが、現在は坂路で乗られているようなので特に心配ないでしょう。
 超良血馬軍団の中に入ると血統的にはやや見劣りはしますが、確実に走るタイプだと思います。このまま無事に行ってくれれば早めから楽しませてくれそうです。


ベルクワイア
13  スカーレットベルの16
父  ロードカナロア
母父  エリシオ
メス   2800
国枝栄
母年齢  15
生産   ノーザンF
誕生日  2月23日

 初年度から最高の結果を出したロードカナロア産駒の牝馬というだけも期待ができます。牝馬らしからぬ500kg超の馬体でありながら重苦しさはなく、気性的にも素直なようなので、そこそこ距離ももちそう。
 すでにゲート合格済みで、6月のデビューを目指して天栄で調整中です。
 国枝厩舎で2年連続クラシックの栄光を目指します。


ソルドラード
11  ラドラーダの16
父  ロードカナロア
母父  シンボリクリスエス
牡   14000
藤沢和雄
母年齢  10
生産   ノーザンF
誕生日  1月24日

 こちらもロードカナロア産駒。ダービー馬の半弟に当たるだけに期待は当然に高まりますが、期待に応えられるだけの素質はありそうです。この馬の場合は、やはり心配は距離だけで、ある程度のところで限界は来るでしょう。
 ただ、能力でクラシックに乗ってくる可能性はあると思います。基本はマイル前後かなと思います。


| | Comments (0)

May 06, 2018

スピード指数的今日のねらい目2018/5/6(日)

 今日はG1デーですね。
 天気も良いですし、絶好の競馬日和です。
 メインまでにお金が無くならないように気をつけたいです。


 京都5Rです。
 10番ブラックピクシー、11番タガノアム、12番タマモカトレアの3頭が前走で60台後半の指数を出しており、他と差があるので、この3頭の争いと見ます。

京都5R

馬連BOX 10,11,12
3連複 10,11,12


 東京5Rです。
 人気の10番ゲンパチカイナルが前走指数72で1番手。他に11番と5番が70以上の指数を出したことがあり、この3頭に絞っていきたいと思います。

東京5R

馬連BOX 5,10,11
3連複 5,10,11


 幸運を祈ります。

| | Comments (0)

May 05, 2018

スピード指数的今日のねらい目2018/5/5(土)

 GWも残り2日。良い天気のまま終わりそうですが、夜は急に寒くなったりもするので気をつけないといけないですね。
 

 京都2Rです。
 ここは7番ミトノブラックが前走指数63で、15番ディキディキが前走初戦で指数57と、この2頭がやや抜けているいる印象。2頭軸で。

京都2R

馬連 7 - 15
ワイド 7 - 15
3連複2頭軸 7,15 - 6,9,10,13,14


 新潟3Rです。
 5番センスオブワンダーは毎回一歩足りない印象ですが60以上の指数を出したことがあるのは、ここではこの馬だけですし、今回は決めてくれるでしょう。

新潟3R

馬連 5 - 6,7,8,10,11
3連複1頭軸 5 - 6,7,8,10,11


 新潟10Rわらび賞です。
 脚質的に難しい馬ですが、9番マイネルアンファンが前走指数73でここでは1番手。そこそこ人気にはなるでしょうが、頭で買えばそれなりの配当になりそうです。

新潟10R

単勝 9
馬単 9 → 2,3,6,10
3連単フォーメーション
9 → 2,3,6,10 → 2,3,6,10


 幸運を祈ります。

 

| | Comments (2)

« April 2018 | Main