« August 2018 | Main | October 2018 »

September 2018

September 27, 2018

ウルトラ未勝利

 スーパー未勝利が終わり、3歳の未勝利戦はなくなりました。

 現時点での中央未勝利馬は、いわゆる、

 「もう出られるレースがありません・・・」

 という状態です。

 いや、それでもまだウルトラ未勝利がある。

 いいえ、ありません。

 ルール上はそんなものはないのですが、実際には未勝利馬もまだチャンスがあるということです。

 一つは、一旦地方に転出して、年内2勝又は3勝して中央に再登録するというもの。

 これが今は一般的なウルトラ未勝利ですね。

 俺たちの戦いはまだまだ続く!○○先生の次回作にご期待ください!

 って感じで、次回作があるかどうかは、成績次第ということです。

 地方で2勝又は3勝できなければあきらめもつきます。


 もう一つは、格上挑戦を続ける方法ですよね。

 未勝利戦で勝ち上がれなかったら中央では終わりというのが基本的なルールですが、過去、この格上挑戦を勝ち抜いて栄光をつかんだ馬もいます。

 一番有名なのはダイユウサクですね。

 虚弱体質でデビューが遅くなり、初戦の格上挑戦では大差ビリのタイムオーバー。
 続く11月の4歳(今の3歳)未勝利(この時代はまだこの時期まで未勝利があった)でも連続して大差ビリでタイムオーバー。

 2戦連続でタイムオーバー。
 レース後に管理する内藤師は採決に呼ばれ、あの馬をクビにしろと言われたと昔読んだ本に書いてありました。
 なんとか採決をなだめ、また馬主さんにも了解を得て中央で続行することとなったダイユウサクはその後順調に成長してオープン馬に。

 ついには1991年の有馬記念において、単勝万馬券のダイユウサクが、伝説のイン強襲で武豊騎乗のメジロマックイーンを2分30秒6のレコードで打ち破るという大金星を挙げました。

 そのときのダイユウサクの担当だったのが今の栗東の平田師。

 ダイユウサクがいなければ、ひょっとしたら平田師も存在していなかったのかもしれませんね。


 もう一頭有名なのは、レディブロンドでしょう。

 デビューが遅れ、ある日突然5歳の未勝利馬が1,000万条件の特別戦に登場。

 1,000万条件を勝った次のレースが500万下という謎の事態も発生。

 そのまま5連勝してスプリンターズSでは4着。

 彗星のようにデビューして彗星のように去って行きましたが、まさに究極の未勝利馬だったでしょう。

 そして、レディブロンドがいなければ、その後のラドラーダ、そしてレイデオロと続く黄金の系譜も存在していなかったわけですから、競馬とは不思議なものです。


 一縷の望みがあるならば、そこに賭けてみたいですね。

| | Comments (0)

September 21, 2018

みんながんばれ

 タイトルは、言うまでもなく、ドラクエのAIコマンドです。

 ドラクエ4やっていない人にとっては、そうでもないかもしれませんが、「みんながんばれ」って都合のいい言葉ですよね。

 使いやすい言葉でもあり、誰も傷つかない言葉でもある。

 自分自身は、一歩引いたところから応援している。そういう意味合いの言葉でもあります。

 馬券も買っておらず、出資している馬も出走していないレースでは、「みんながんばれ」っていう気持ちになる。
 そういう気持ちになれるでしょう。

 馬券を買っていたり、出資馬が出走しているレースになると、途端に、「みんながんばれ」から、「めいれいさせろ」に変更になりますよね(笑)。

 もっと前に行け、とか、押さえろとか、色々命令したくなっちゃいます。

 そして、自分自身は、おそらく「渡竹勝利」になります。


 渡竹勝利っていうのは、昔のマンガの「ハイスクール奇面組」に出てくるキャラクターなんですが、マラソンが得意で、高校のマラソンの回で出てくるんです。

 なんか、すごく汚い手というか、しょうもない手をあれこれ使って、優勝しようとする。
 まさに名前通り「わたしだけかつとし」というキャラなんですよね。

 まあ、マンガだから面白いですが、そういうキャラが本当にいたらいやですよね。

 一口でも、自分の出資馬がいたら、なかなか「みんながんばれ」っていう気持ちにはなれないと思いますが、だからといって、「わたしだけかつとし」になってしまってもイカンよなあとも思います。

 特別な意味のある話でもなく、なんとなく、「わたしだけかつとし」を思い出してしまったので、どうしてもこの言葉を言いたくて書いただけです。

 なんかハイスクール奇面組が読みたくなってきますね(笑)。

 ちなみに、私が好きなキャラクターは、北殿軒戻樹(ほくとのけん もどき)と新鱈墓栄(しんだら はかえい)です。

 前者は、「わたしはすでに死んでいる。」という決め台詞が素晴らしかった。

 後者は、マンガを描くときにキャラクターの顔のスタンプで押すだけっていう方法に子供心に心を打たれました(笑)。

 奇面組の話になってしまいましたが、それもよしよし。


| | Comments (2)

特別な世界ではなくなりつつあるのかも

 最近は、乗り続けた馬であっても、前走で結果を出した場合であっても、あっさりと騎手が乗り替わりになることが多くあります。

 リーディング上位騎手に乗り替わる、イコール、外国人騎手に乗り替わるということにもなりつつあります。
 なりつつあるというか、もうなってますね。

 競馬の世界では、主戦、という言い方をして、この馬にはこの騎手という「組み合わせ」が成り立っていました。

 しかし、最近では外厩の発達もあり、そもそも厩舎と騎手と馬との結びつきが薄れた部分もあって、「組み合わせ」にこだわるようなことは、少なくなってきました。

 乗り替わりと言うと、何か特別なことのように思いますが、むしろ、一般社会では普通のことかもなと思いました。

 大事な顧客や、一大プロジェクトを信頼のおける成績の良い人間に任せることは会社組織ならば当然の話です。
 自分が育てた市場や顧客を、配置転換とかジョブローテーションとか言う言葉でもって、あっさり手放して会社の言うとおりにしなければならないことなんて、従業員数の多い上場会社ならば、当然の話でしょう。

 若手騎手が乗り替わられて、ひどい話だ、義理も人情もないという話になりますが、会社だったら大プロジェクトで何の経験もない若手を起用するなんて基本的にあり得ない話です。
 チョンボがあっても誰も責任取れないですし、誰も責任取りたくありませんから、そういう采配はないです。

 騎手の場合は、個人事業主で、すべて自己の危険と責任において行動しています。だからこそ、サラリーマンでは手に入らないような高収入が得られているというのもあるでしょう。

 でも、最近はどちらかというと、無難に乗って、無難な結果を目指す、サラリーマン的な騎手も増えたなと思います。

 競馬全体が、一般的な職業の世界に近づいている気がします。

 そうであるならば、成績が下位の騎手から成績が上位の騎手に乗り替わるのは当然。

 特にクラブ馬の場合は、最大の利益を挙げるファンドであるというタテマエから言えば、期待値の高い上位騎手を据えるのは当然の施策ということにもなるでしょう。

 私は、個人的には、上位の騎手に乗り替わるのは当然だと思いますし、それが嫌なら他の職業に就くしかないのかなと思います。まあ、他の職業に就いたとしても、そういう人は同じ結果になるとは思いますが。。


 ただ、それで競馬が面白くなるのかどうかというと、話は別。

 しかしながら、昔のように「主戦」が決まっている世界に戻せと言っても、それはもう無理な話。

 とすると、何か新しい施策を打つしかないでしょう。

 将来的には騎手ハンデ戦なんていうのもありうるかもしれませんね。

 若手の減量ではなく、リーディング上位騎手には斤量を加算し、下位騎手には斤量を減量すると。

 ルメール騎手とかデムーロ騎手とかは、当然にプラス2kgくらいでしょうねえ。プラス3kgもありうるかも。

 年に一桁しか勝たないリーディング下位騎手の場合は、マイナス2kgとか。もう、大盤振る舞いでマイナス5kgくらいしてもいいかも。でも、そうすると減量が厳しくて乗れないという人もでるかもしれませんが、さすがにもうそういう人は引退するしかないでしょう。

 馬券が売れるのであれば何でもするのが今のJRAですから、あながち寝ぼけた話でもないかなあとも思うのですが。

 一つ言えることは、どの世界でもプロである以上厳しいのは当たり前。
 泣き言をいう人間から去っていくのだろうなとは思います。

| | Comments (0)

September 13, 2018

今年は×2抽選の馬はナシ

 キャロットの満口馬が発表されましたが、今年は×2で抽選になった馬はいませんでした。

 極端に飛び抜けた人気を集める馬がいなかったということでしょう。

 しかしながら、満口馬自体は昨年以上に多く、票がばらけて、満遍なく口数が埋まって行った感じでしょうか。

 中間発表を見て可能性がありそう、いや、中間発表を見て結構チャンスが大きそうだと思っても、結局毎年最後に大どんでん返しで落選の憂き目に遭ってきた人が多いのか、結構票が保守的に流れたのかもしれません。

 また、各クラブ共通の事象として、妙にディープ牡馬が余るというのもキャロットでも継続されました。

 さすがに高すぎるという気持ちが先に立ってしまうのかもしれません。

 また、締め切り前に自然災害が重なったりしたこともあり、多くの人に目に見えない心理的な影響で、「おかねだいじに」というAIの変更があったのかもしれません。

 明日各個人の結果がわかるわけですが、今年はリーズナブルな価格の募集馬が、結構厳しい抽選になっているのではないかなあという気がします。

 逆に、値段が高めの馬は、抽選であっても、意外とチャンスの多い抽選かもしれません。

 とりあえず明日を楽しみにしたいですね。

| | Comments (0)

September 08, 2018

ガンガンいこうぜ?

 キャロットの1次募集の申し込みが締め切られました。

 今年は昨年ほどのキャロットの勢いはないのかなあと、勝手に想像しています。

 「ガンガンいこうぜ」って感じの人はそんなに多くないのかなとも思います。

 シルクで文字通り、ガンガンいこうぜ!とやってしまった人は、キャロットでは「おかねだいじに」っていう感じで、自分自身の脳内AIも変更されるのかなと。

 「おかねつかうな」っていうAIだったけど、終わってみたら「ガンガンいこうぜ」に変わってたという人もいるかもしれません。

 逆に、カタログが来る前は「ガンガンいこうぜ」だったけれど、色々考えた結果「おかねだいじに」に変更したという人もいるでしょう。

 キャロットは以前は伝説のマダンテ戦法もありだったわけですが、今は5口制限となり、マダンテは封じられました。

 今はそんなに「ガンガンいこうぜ」って感じの人は多くもないのかなあと思うのですが、どうでしょうか。

 新規会員も増えてはいるでしょうが、キャロットの場合は新規会員は極めて不利ですから、今後はもう爆発的に会員が増えることもないかもしれません。

 こんなこと言っておきながら、結局結果を見たら昨年以上の過熱ぶりだったりして。

 どうなるかわかりませんが、とりあえずどの程度抽選になる馬が出るか、発表を楽しみに待ちたいです。

| | Comments (4)

« August 2018 | Main | October 2018 »