« September 2018 | Main | November 2018 »

October 2018

October 30, 2018

難しいなあ

 最近競馬を見て思うのは、日本人騎手のサラリーマン的な騎乗が多いなということです。

 一旦隊列が決まったら直線までテコでも動かない。それこそ微動だにしない。

 いい位置取って、人気の馬に乗っているのだったらそれで誰も文句ないですが、そうでない場合は、もう少し何かワクワク・ドキドキさせてくれてもいいんじゃないかなと思います。


 F騎手とか、T騎手とかが、内枠引いて、インにこだわった結果、詰まりました。ごめんなさい。

 これはある意味理解できるんですよ。

 内枠引いたのに、外にワープする必要あるのかっていうのもあるし、インにこだわって距離を稼いで、最上の結果を狙うというのは作戦的には間違っていない。

 ただ、もちろん、レースには流れもあるし、他の馬もいるので、そうそう思い通りにならない。
 結果として最悪のどん詰まりになった。ごめんね。

 これは、下手くそがバカ野郎めって話になるかもしれないけれど、筋道は立っている。


 意味不明なのは、外枠引いて、スローにもかかわらず馬なりでいってなんとなく後ろに。

 そのまま後ろのまま4角回って、そこからバカみたいに追って上がり最速で3着とか4着とか。

 それは一体何の踊りなんですか?と言いたくなる部分はある。


 確かに、外枠だって、動くに動けない場所になってしまう場合もあるけれど、いずれにしてもそういう騎乗が多すぎるというか、妙に目立つなと思います。

 外国人騎手が違うのは、積極的にポジションを取りに行きますよね。

 馬を動かすことを恐れないというか。

 日本人騎手は、馬は「乗ってもいいけど、動かしてはいけないもの」だと思っているのではないかと考えてしまいます。


 でももう、無理なんだろうなと思います。

 外国人騎手にある意味「市場」が解放されてしまって、太刀打ちできなくなってしまった今の状況は、もう変わらないでしょう。

 結局は日本人騎手の活躍を促すには、「利権」として、「保護」するしかない。

 前半の1R~3Rくらいは日本人騎手限定レースにしたらどうですかね。

 そうしたら、日本人騎手の勝ち星も増えるかもしれないし、同時に、某外国人騎手によくある、午前中のレースでのあからさまな「気合ため」のシーンも見なくて済むかもしれない(笑)。

 前半に乗らなければ、後半に力を残せるのは道理ですから。


 昔、地方競馬の騎手のコメントで、「3コーナーで突然M・文男騎手が捲ってきてレースをメチャメチャにされてしまいました」というのを読んだことがります。

 そういう気概のある人は出てこないですかな。


 出てこないだろうなあ。

 鉄人と普通の人を比較してはいけないですよね(笑)。

 いろいろと難しいなあ。

 

| | Comments (0)

October 05, 2018

雷神チャンス

 今週から東京開催です。

 とはいっても、最近全然競馬場に行けていないのもあって、東京開催のありがたみも薄く感じてしまいます。

 中山の後半でいかんなく発揮されたモレイラマジック。

 競馬予想TVでは、ヒロシが、「雷神チャンス」と評していました。


 雷神チャンスは、1回きりらしいです。

 2回目はないと。

 ナックビーナスも結果としてそうなりました。

 確かにヒロシが言っていたことが正しかった。


 雷神チャンスは、当然に東京開催でも続くものと思われます。

 一部に、雷神チャンスは札幌だけじゃないのか??なんていう声もありましたが、全く関係なし。

 雷神は中山でも強かった。

 東京でも強いでしょう。

 やっぱり、馬を動かせるところが強みですよね。

 優等生騎乗にこだわり、良く言えば流れ重視、悪く言えばマンネリの日本人騎手の心理を見透かしたように動いて勝利をかっさらってしまう。

 義理や人情の世界がないからできる芸当と言われればそうかもしれませんが、義理や人情がなかったとしても、同じことできる人はいないんじゃないかなあ。

 とにかく、やはり注目の的です。

 東京開催で「雷神チャンス」に該当する馬は要注目ですね。


| | Comments (2)

« September 2018 | Main | November 2018 »