« April 2019 | Main | June 2019 »

May 2019

May 14, 2019

2019~2020POG用(東サラ)

 2017年産の東サラ募集馬からのピックアップです。

 

ラストグルーヴの17 (レッドルレーヴ)

 エアグルーヴがボトムラインの超良血馬です。現在450kgで6月に本州への移動を予定しているとのこと。これだけの良血馬ですから、期待するなというほうが無理な馬です。キンカメ牝馬の頂点を目指してほしいです。

 

| | Comments (0)

May 12, 2019

2019~2020POG用(シルク)

 2017年産のシルク募集馬からのピックアップです。

 

キューティゴールドの17(セントオブゴールド)

 ディープ牡馬です。すでに入厩済みでゲートも合格済み。このまま進めるか一旦放牧に出すのかというところのようです。使い分けの問題などもあるので、いつデビューになるのかは定かではないですが、この後大きな問題がなければ近々にデビューとなるのではないでしょうか。血統的な背景もしっかりしていますし、馬体も募集時から目立っていました。上を目指せる素材だと思います。楽しみです。

 

モシーンの17(モーソンピーク)

 ディープ牡馬です。5月生まれでまだ成長途上というところでもあります。最近の傾向としては、夏までに使えるくらいでないとクラシックには間に合わないことも多々あるのですが、素材としてはクラシックに出て不思議ないと思います。全姉はすでに重賞2勝で、将来的にはそれを超えることができるかもしれません。POG的にはちょっと間に合わないかもしれないですが、伸びしろに期待です。

 

ミュージカルウェイの17(リズムオブラヴ)

 ディープ牝馬です。秋からの始動を目指すということでまだ何か動きがあるわけではないのですが、ディープ牝馬として走るタイプだと思いますし、馬体の大きさや所属厩舎などを考えても期待が大きいです。良血馬ですから結果が期待されますが、頓挫がなければ期待通りに行くでしょう。楽しみが多い馬です。

 

タイタンクイーンの17(ギルデッドミラー)

 オルフェーヴルの牝馬です。父の産駒はつかみどころのない部分がありますが、この馬はすでに入厩していて馬体も見栄えしますし、これが走らないわけないだろうと思わせてくれます。厩舎もこの父の産駒で結果を出していますし、この馬でも同様にクラシックで結果を期待したいです。

 

ルージュクールの17(ベイサイドブルー)

 ロードカナロアの牡馬です。540kgくらいあってかなり大型の馬なのですが、鈍重さを感じさせない馬です。ロードカナロア産駒の活躍ぶりは今更どうこう言う必要もないほどですが、この馬もさらに父の名を高めてくれるのではないかと思えます。すでに入厩済みでまずはゲート合格を目指します。頓挫なく行ければ早目から活躍してくれそうです。

 

アドマイヤセプターの17(スカイグルーヴ)

 エピファネイアの牝馬です。非常に見栄えする馬なのですが、やや気性的にカッカするようなところがあって、体が減ってしまうようなところがあるようです。見た目はすぐに使えそうなくらいですが、その辺のことを慎重に対応しているのでまだ牧場にいます。これからの成長次第ですが、まともならクラシックに乗ってもおかしくない器と思えます。

 

アイムユアーズの17(モーベット)

 オルフェーヴルの牝馬です。すでに入厩してゲート合格済みです。さらに6月1週目にデビューすることも決まっています。牧場の期待も大きいようでPOG本でも多く取り上げられていました。当たり外れが大きい父の産駒ですが、きっと期待に応えてくれると思います。

 

 

 

| | Comments (0)

May 04, 2019

2019~2020POG用(キャロット)

 2017年産のキャロット募集馬からのピックアップです。

 

ラドラーダの17(アブソルティスモ)

 ダイワメジャーの牡馬です。おなじみの血統馬であり、すでに入厩済み。距離は短めかと思いますが、この血統で早めから始動できますので、それなりの結果は間違いなく出るでしょう。あとはどこまで上に行けるかです。


マラコスタムブラダの17(レシステンシア)

 ダイワメジャーの牝馬です。骨片除去の手術を行った関係で、少し遅れていますがその後は順調です。募集時から良い馬体の馬でしたが、やはり見栄えします。焦らず行けば結果は出ると思います。ダイワメジャー産駒だけに早め始動が理想ではありましたが、秋以降の始動でもPOG期間中に結果を出せると見込んでいます。


スネガエクスプレスの17(チェルヴィーノ)

 リアルインパクト産駒の牝馬です。牝馬に見えない馬ですが、馬体は目立ちます。すでに入厩済みで、順調なら早めから行けそうな気配でもあり期待は高まります。新種牡馬の産駒だけにわからない部分もありますが、そこが未知の魅力でもあります。


ペルレンケッテの17(バンデアミール)

 ロードカナロア産駒の牡馬です。やはり見栄えのする馬です。まだ北海道にいますが、今後さらに良くなってきそうです。距離的にはどのあたりが適正なのかはわかりませんが、上に行きそうな雰囲気の馬です。


マルティンスタークの17(リグージェ)

 ブラックタイド産駒の牡馬です。この母からは特別な馬は出ていませんが、安定した成績の馬が出ています。すでにゲート合格済みで早期デビューが期待されていましたが、残念ながら鼻出血があったとのことで仕切り直しです。いきなりのデビューはなくなりましたが、先々は楽しめる馬だと思います。

 

| | Comments (0)

May 03, 2019

2019~2020POG用(G1)

 2017年産のG1募集馬からのピックアップです。

 

ゴールデンドックエーの17(リンドブラッド)

 ディープ牡馬ならばこの馬に期待したいです。まだ牧場にいますが、順調に来ています。馬体も480kg台とディープ牡馬としては丁度いいかなと思います。秋の王道の始動を期待します。


クリアンサスの17(クレイス)

 ロードカナロア産駒の牡馬です。牧場で15秒くらいのところまで来ていて、優等生な馬だそう。募集時から目立つ馬でした。まだ具体的に移動の時期等はわかりませんが、順調に来ているのは何より。ロードカナロアの名をさらに高めてくれそうです。

| | Comments (0)

May 02, 2019

2019~2020POG用(サンデーR)

 サンデーRの2017年産募集馬からのピックアップです。

 

レーヴディソールの17(レーヴドゥロワ)

 キンカメ産駒牡馬ではこれでしょう。馬体も目立っていて文句なし。血統も厩舎も最強。気性面に少し幼さがあるようで、それがためやや時間がかかるかもしれませんが、時間がかかるとしても期待値は下がりません。王道を歩んでほしい期待馬です。


シルヴァースカヤの17(シルヴェリオ)

 ハーツクライ産駒牡馬ならばコレという馬です。馬体のバランスも良く、順調に調整が進んですでに入厩しています。6月の阪神開催でデビューとすでに予定も出ていますので、早めからクラシックを目指すという今のノーザンF、今のクラシックの王道を進んでくれることでしょう。楽しみです。
 

フレンチバレリーナの17(ルリアン)

 キズナ産駒の牡馬です。キズナ産駒は正直どうなのかなあと半信半疑ではありますが、この馬に関しては非常に見栄えがして、これがダメだと厳しんじゃないかなとも思えるくらいです。
 すでに、NFしがらきに移動していて入厩に備えているようです。このまま順調ならば早めから行けそうですし、父の名を高めてくれる馬になって欲しいです。


ラテアートの17(カヴァス)

 カレンブラックヒル産駒の牡馬です。マイナー種牡馬の産駒なのですが、とにかく見た目は抜群です。すでに入厩していてまずはゲートまで進めるようです。血統的にはクラシックではないのですが、今は色々な道がありますし、また、新種牡馬の産駒だけにどのような適性があるかはわかりません。未知の魅力に期待です。


リビングプルーフの17(レインカルナティオ)

 ルーラーシップ産駒の牡馬です。すでにゲート合格済みです。ここまで順調で500kgくらいの馬体。牡馬としては申し分ない馬格ですし、馬体はルーラー牡馬の走るタイプだと思えます。心配なのは厩舎ですが、今はNF天栄がバックにいますから大丈夫でしょう。この血統で更なる重賞制覇を期待したいです。

 

| | Comments (2)

2019~2020POG用(社台RH)

 POG本も大体出揃いました。楽しみな季節になりました。

 まずは2017年産の社台RH募集馬からのピックアップです。

 

アイアムラヴィングの17(ラヴアンドゲーム)

 敢えて穴っぽいところから。
 ダイワメジャー産駒の牝馬ですが、幼さを残しつつも割とバランスの良い馬で、すでに入厩済み。さらにはゲート合格済みです。一旦山元に戻っていますが、このままデビューに向けて進めて行けそうです。早めからまず1勝、そしてさらなる活躍を期待したいです。
 

スタセリタの17(スパングルドスター)

 ディープ牝馬です。こちらはPOG本にも当然のように載っています。半姉はG1勝ち、全姉は重賞勝ちという良血馬ですから当然です。馬体重も現在460kgくらいあって、ディープ牝馬としては丁度いい感じではないでしょうか。ディープ牝馬らしい馬で、全姉よりも上に行けるはずと期待しています。順調に行っても秋のデビューになりそうですが、超良血で藤沢厩舎ですから、期待するなと言う方が無理な馬です。楽しみです。


ダイワズームの17(ヴィアメント)

 こちらもある意味速攻系というか、ダイワメジャーの牡馬です。
 すでに入厩済みで、ゲート試験合格を目指しているところ。キンカメに母父ハーツクライというニュータイプの組み合わせではありますが、非常に見栄えのする馬体で期待が高まります。早めのデビューから2歳重賞での活躍も期待したいです。


スペシャルフロートの17(マカロンパフェ)

 ロードカナロアの牝馬です。すでに山元に移動しています。ゲート合格まで進めるため、近々入厩の予定もあるようです。ツアー時に結構手を焼かせていた印象が強いですが、気性面もそれなりには成長しているようです。ロードカナロア産駒ですから、スピードに期待したいです。全然ダメの可能性もありますが、一発もありそう。楽しみです。



 

 

 

| | Comments (0)

« April 2019 | Main | June 2019 »